ホンダ・EA型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

EA型エンジン(EAがたエンジン)は、本田技研工業製造されていた軽自動車用の4サイクル直列2気筒ガソリンエンジンである。

機構[編集]

空冷直列2気筒N360E/LN360E型の後継エンジンとして登場。吸排気バルブは吸/排気とも1個で、タイミングベルト駆動されるが、日本国内で最初にタイミングベルトを採用したエンジンである。エンジンの一次振動を打ち消すためにチェーン駆動された2本のバランサーシャフトを組み合わせている。

市販ガソリンの低鉛化の対応として、バルブシートに耐熱焼結材を使用している。

歴史[編集]

バリエーション[編集]

シングルキャブレター仕様
  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気1 排気1
  • 排気量:356cc
  • 内径×行程:67.0mm×50.6mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター
  • 参考スペック(SA ライフ)
    • 最高出力:23kW(31PS)/8,500rpm
    • 最大トルク:29N·m(3.0kgf·m)/6,500rpm
    • 圧縮比:8.8
デュアルキャブレター仕様
  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気1 排気1
  • 排気量:356cc
  • 内径×行程:67.0mm×50.6mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター(CVデュアルキャブレター
  • 参考スペック(SA ライフTWIN)
    • 最高出力:26kW(36PS)/9,000rpm
    • 最大トルク:31N·m(3.2kgf·m)/7,000rpm
    • 圧縮比:9.0

搭載車種[編集]

シングルキャブレター仕様
デュアルキャブレター仕様
  • ライフ(SA)
  • Z(SA)

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]