ホンダロジスティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ホンダロジスティクス
Honda Logistics, Inc.
種類 株式会社
略称 HLI
本社所在地 日本の旗 日本
102-0082
東京都千代田区一番町6
一番町SQUARE4階[1]
本店所在地 513-0836
三重県鈴鹿市国府町7754-1[2]
設立 2006年10月1日[1][3]
業種 ロジスティクス
法人番号 6190001005354
事業内容 一般運送二輪車四輪車輸送、納入代行、梱包貨物倉庫業物流機器の製造販売[1][4]
代表者 永井髙志(代表取締役社長[1]
資本金 13億円(本田技研工業株式会社100%)[1]
売上高 連結:1125億円
単独:537億円
2009年3月期)[5]
従業員数 1325人[1]
決算期 3月31日
主要株主 本田技研工業:100%
外部リンク http://www.honda-logistics.co.jp/
テンプレートを表示

ホンダロジスティクス(英:Honda Logistics Inc.)とは二輪車四輪車部品の陸・海上輸送を中心に、部品納入代行、通関業梱包倉庫業、販売引越し物流機器の研究開発製造販売などの様々な業務を手掛ける日本の物流会社である[1][4]2006年3月に株式交換によりホンダ・エクスプレス(1961年にホンダ開発興業(現・ホンダ開発)より独立)と光明(1960年設立)が本田技研工業により完全子会社化され、同年10月1日、2社が合併し設立された[6]本田技研工業連結子会社であり[1]日本梱包運輸倉庫ホンダ運送とともに輸送の面で同社を支える[7]

沿革[編集]

ホンダロジスティクスの沿革[編集]

合併後の株式会社ホンダロジスティクスとしての沿革を記す[3]

  • 2006年 ホンダ・エクスプレスと光明が合併し発足
  • 2007年 広汽本田物流有限公司 設立(後述)
  • 2008年 CAMPINAS COMPONENTES INDUSTRIAIS LTDA.、KDM LOGISTICS, SRL DE C.V. 設立(後述)
  • 2010年 LSL TRANSPORTES ARGENTINA SRL 設立(後述)
  • 2011年 特定旅客自動車運送事業をグループ会社のベストロジ栃木に移管

ホンダ・エクスプレスの沿革[編集]

合併以前のホンダ・エクスプレスの沿革を記す[3]

  • 1960年 ホンダ開発興業(現・ホンダ開発)運輸部として発足
  • 1961年 ホンダ・エクスプレスとして独立
  • 1962年 浜松営業所(現・静岡事業所)開設
  • 1964年 狭山営業所(現・埼玉事業所)開設
  • 1968年 宇都宮営業所(現・栃木事業所)開設
  • 1976年 熊本事業所開設
  • 1983年 浜松宝輪(現・ベストロジ静岡)設立
  • 1986年 勢鹿(現・ベストロジ三重)設立 初の海外グループ企業(MIDWEST EXPRESS INC. (アメリカ)、CLARK TRUCKING INC. (アメリカ))設立
  • 1987年 プルービング・サービス(現・ピーエスジー)設立
  • 1988年 狭山物流設立(現・ベストロジ埼玉)
  • 1990年 欧州初のグループ企業(SOUTH MARSTON DC LTD.(イギリス))設立
  • 1991年 熊阿物流サービス(現・ベストロジ熊本)、デポックス・エクスプレス設立
  • 1995年 アジア初のグループ企業(AAL CO., LTD.(タイ))設立
  • 1997年 南米初のグループ企業(LOGÍSTICA SUMARÉ LTDA.(ブラジル))設立
  • 2003年 DSウインズ(現・ベストロジ栃木)設立
  • 2004年 中国初のグループ企業(武漢東本儲運有限公司)設立
  • 2005年 航空事業部セントレアオフィス開設 インド初のグループ企業(HONDA EXPRESS LOGISTICS INDIA PVT.LTD) 設立
  • 2006年 ベスト・エクスプレス設立
  • 2009年 関連会社の「ホンダエクスプレス販売(店舗名:ホンダプリモ・エクスプレス→ホンダカーズ狭山)」が「ホンダカーズ埼玉」に吸収合併される。

光明の沿革[編集]

合併以前の光明の沿革を記す[3]

  • 1960年 光明倉庫として設立
  • 1966年 狭山事業所(現・狭山物流センター)開設 
  • 1967年 光明運輸倉庫に社名を変更
  • 1981年 鈴鹿事業所(現・鈴鹿物流センター)開設
  • 1982年 浜松出張所(現・高丘東物流センター)開設 光明に社名を変更
  • 1987年 日高事業所(現・日高用品物流センター)開設
  • 1990年 物流機器三芳工場(現・三芳工場)開設
  • 1991年 海外物流センター(現・所沢物流センター)開設
  • 1997年 新町自動車(現・コムルス)を子会社化
  • 1998年 KOPLS Co.(フィリピン)設立
  • 1999年 亀山パーツ物流センター開設
  • 2002年 Komyo America Co., lnc (アメリカ)設立

国内拠点[編集]

本社東京都千代田区一番町6 一番町SQUARE4階に置く[8]。また営業本部管理本部技術本部をそれぞれ東京都港区、埼玉県狭山市三重県鈴鹿市に設置している[8]

  • 本社・営業本部:東京都千代田区一番町6 一番町SQUARE4階
  • 管理本部:埼玉県狭山市新狭山1-12-5
  • 技術本部:三重県鈴鹿市国府町7754-1(登記上の本店)
  • 技術本部(物流研究部): 三重県鈴鹿市国府町7775-4


グループ企業[編集]

国内に9社[9]海外に22社[10]のグループ企業を擁す。以下にグループ企業の社名・所在地・業務内容の一覧を記す[9][10]

国内[編集]

  • 株式会社デポックス・エクスプレス(宮城県・納車点検整備)
  • 株式会社ベストロジ栃木(栃木県・物流サービス・特定バス事業)
  • 株式会社ホンダテクノフォート(栃木県・研究開発サポート)
  • 株式会社ベストロジ埼玉(埼玉県・物流サービス)
  • 株式会社コムルス(埼玉県・輸送・引越し・人材派遣)
  • 株式会社ベストロジ静岡(静岡県・物流サービス)
  • 株式会社ベストロジ三重(三重県・物流サービス)
  • 株式会社ベスト・エクスプレス(三重県・完成車車両輸送)
  • 株式会社ベストロジ熊本(熊本県・物流サービス)

海外[編集]

北アメリカ

  • MIDWEST EXPRESS INC.(アメリカ・部品納入、梱包、他)
  • CLARK TRUCKING INC.(アメリカ・陸上輸送、航空貨物取扱)
  • ONE WORLD LOGISTICS OF AMERICA INC.(アメリカ・陸上輸送)
  • SOUTH EAST EXPRESS INC.(アメリカ・部品納入、SUB-ASSY業務)
  • NEW SOUTH EXPRESS L.L.C.(アメリカ・部品納入)
  • ONE SOLUTION LOGISTICS OF INDIANA INC.(アメリカ・物流)
  • KOMOYO AMERICA CO.,INC.(アメリカ・補修部品管理・物流容器販売)
  • KDM LOGISTICS, SRL DE C.V.(メキシコ・リターナブル容器管理業務)
  • SIMCOE PARTS SERVICE INC.(カナダ・部品納入、梱包、他)

ヨーロッパ

  • SOUTH MARSTON DC LTD.(イギリス・陸上輸送、部品納入、他)

南アメリカ

  • LOGÍSTICA SUMARÉ LTDA.(ブラジル・陸上輸送、部品納入、他)
  • LSL TRANSPORTES LTDA.(ブラジル・陸上輸送、部品納入、他)
  • CAMPINAS COMPONENTES INDUSTRIAIS LTDA.(ブラジル・陸上輸送、部品納入、他)
  • LSL TRANSPORTES ARGENTINA SRL(アルゼンチン・陸上輸送)

アジア

  • AAL CO., LTD.(タイ・部品納入)
  • HONDA MOTORCYCLE LOGISTICS THAILAND CO., LTD.(タイ・二輪車国内輸送)
  • 武漢東本儲運有限公司(中国・部品納入、陸上輸送、他)
  • 広汽本田物流有限公司(中国・四輪タイヤASSY、物流)
  • 台灣先進捷通股份有限公司(台湾・陸上輸送)
  • KOMYO PHILIPPINE LOGISTIC SERVICE CO.(フィリピン・物流容器製造販売)
  • PT.BEST LOGISTICS SERVICE INDONESIA(インドネシア・陸上輸送、部品納入)
  • HONDA EXPRESS LOGISTICS INDIA PVT.LTD(インド・陸上輸送)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 会社概要”. ホンダロジスティクス. 2011年8月11日閲覧。
  2. ^ ホンダロジスティクス国税庁法人番号公表サイト
  3. ^ a b c d 株式会社ホンダロジスティクスの沿革”. ホンダロジスティクス. 2011年8月19日閲覧。
  4. ^ a b (株)ホンダロジスティクス”. 本田技研工業. 2011年8月19日閲覧。
  5. ^ 業績報告”. ホンダロジスティクス. 2011年8月19日閲覧。
  6. ^ 本田技研工業 / 物流子会社、ホンダエクスプレス、光明合併”. LNEWS (2006年9月21日). 2011年8月11日閲覧。
  7. ^ 輸送効率の向上”. 本田技研工業. 2011年8月23日閲覧。
  8. ^ a b 国内拠点一覧”. ホンダロジスティクス. 2011年8月19日閲覧。
  9. ^ a b 国内グループ会社”. ホンダロジスティクス. 2011年8月19日閲覧。
  10. ^ a b 海外グループ会社”. ホンダロジスティクス. 2011年8月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]