ホンダ・J型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

J型エンジン(Jがたエンジン)は、本田技研工業で製造されている大型車種用のV型6気筒ガソリンエンジンである。

機構[編集]

VTEC[編集]

  • J25A,J30A,J32A,J35A,J37A

従来のC型の後継エンジンにあたる、V型6気筒 SOHC 24バルブ クロスフロー エンジンである。回転方向は、当時の同社 他型式エンジンと異なり逆時計回り[1]である。

吸・排気バルブはそれぞれ2個ずつで、タイミングベルトで駆動されるカムシャフトにより、ロッカーアームを介し開閉される。そのロッカーアームには可変バルブタイミング・リフト機構が装備され、さらに摺動部には動弁系のフリクションを低減するためにローラー機構を使用している。なお、低速域[2]で吸気バルブのうち片方を休止させる「VTEC-E」に類似した仕様もある。点火プラグ燃焼室の天井中央部に取付けられており、カムシャフトを避けるために上側を排気バルブ側に傾けている。シリンダーブロックアルミ製で、バンク角はC型の90からV6エンジンとして一般的な60度へ改め、回転バランスを向上させた。

燃料供給装置はPGM-FI仕様のみで、インテークマニホールドの各気筒のポートにインジェクターが取付けられたマルチポイント式で、暖機時にインテークマニホールドから2次エアを供給し、燃料の霧化を促進するAAI(エアアシストインジェクター)が装備されている。インテークマニホールドに可変吸気装置が装備されている仕様があるほか、後述するVCM仕様以降ではエキゾーストマニホールドが無く、シリンダーヘッド内で隣り合う排気ポートが集合し、その直後に排気ガスを浄化する三元触媒が装備されている。

VCM[編集]

  • J30A,J35A

高出力と低燃費とをより高い次元で両立するために、可変バルブタイミング・リフト機構を応用し、低負荷時に一部気筒の吸気バルブを休止[3]させることにより擬似的に排気量を可変させ、合わせて吸・排気のポンピングロスも低減させている。

気筒休止時には、一部気筒のみが燃焼エネルギーを発生するためエンジン振動とこもり音が増大する。エンジン振動を吸収させるために、液封エンジンマウントに内蔵したアクチュエーターを打ち消すように作動させる、アクティブコントロールエンジンマウントを採用している。こもり音を低減させるために、室内にこもり音と逆位相の音を発生して打ち消す、アクティブノイズコントロールを採用している。

EARTH DREAMS TECHNOLOGY[編集]

  • J35Y

2014年までに各車両カテゴリーで燃費No.1を目指し、2020年までにCO2排出量を2000年比で30%の低減を目指すために投入される次世代革新技術で、燃料供給方式に筒内直接噴射(直噴)が採用されている。加えて、VTECやVCMに新動弁機構を採用するなどにより、燃費は10%、出力は5%程度向上している。

歴史[編集]

バリエーション[編集]

J35A[編集]

VTEC仕様[編集]

J35A
  • 弁機構:SOHC VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:3,471cc
  • 内径×行程:89.0mm×93.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(RR5 エリシオン・プレステージ)
    • 最高出力:221kW(300PS)/6,200rpm
    • 最大トルク:353N·m(36.0kg·m)/5,000rpm
  • リッジライン(YK1)
  • TL(UA8)
  • BF175A/BF200A/BF225A(船外機

VCM仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC i-VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:3,471cc
  • 内径×行程:89.0mm×93.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(CP3 インスパイア)
    • 最高出力:206kW(280PS)/6,200rpm
    • 最大トルク:342N·m(34.9kg·m)/5,000rpm
  • オデッセイ(RL5 北米仕様)
  • パイロット(YF3/4)
  • クロスツアー(TF1/2)

J35Y[編集]

Multi-point injection仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC i-VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:3,471cc
  • 内径×行程:89.0mm×93.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(北米仕様 アコード)
    • 最高出力:207kW(278hp)/6,200rpm
    • 最大トルク:342N·m(252lb·ft)/4,900rpm
  • アコード(北米仕様)

Direct injection仕様[編集]

弁機構:SOHC i-VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2

  • 排気量:3,471cc
  • 内径×行程:89.0mm×93.0mm
  • 燃料供給装置形式:筒内直接噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(RLX)
    • 最高出力:231kW(310hp)/6,500rpm
    • 最大トルク:376N·m(272lb·ft)/4,500rpm
  • RLX

J37A[編集]

J37A
  • 弁機構:SOHC VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:3,664cc
  • 内径×行程:90.0mm×96.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(UA9 TL)
    • 最高出力:227kW(309PS)/6,300rpm
    • 最大トルク:370N·m(37.7kg·m)/5,000rpm
  • MDX (YD2)
  • TL(UA9)
  • ZDX(YB1)

存在したバリエーション[編集]

J25A[編集]

J25A(ホンダ・インスパイア)
  • 弁機構:SOHC VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:2,495cc
  • 内径×行程:86.0mm×71.6mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(UA4 インスパイア)
    • 最高出力:184kW(200PS)/6,200rpm
    • 最大トルク:296N·m(24.5kg·m)/4,600rpm

J30A[編集]

VTEC仕様[編集]

J30A(ホンダ・オデッセイ)
  • 弁機構:SOHC VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:2,997cc
  • 内径×行程:86.0mm×86.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(TA3 アヴァンシア)
    • 最高出力:158kW(215PS)/5,800rpm
    • 最大トルク:272N·m(27.7kg·m)/5,000rpm

VCM仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC i-VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:2,997cc
  • 内径×行程:86.0mm×86.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(RR3 エリシオン)
    • 最高出力:184kW(250PS)/6,000rpm
    • 最大トルク:309N·m(31.5kg·m)/5,000rpm

J32A[編集]

  • 弁機構:SOHC VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:3,210cc
  • 内径×行程:89.0mm×86.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(UA6 TL)
    • 最高出力:201kW(266PS)/6,200rpm
    • 最大トルク:323N·m(32.9kg·m)/5,000rpm

搭載されていた車種[編集]

J25A[編集]

J30A[編集]

J32A[編集]

  • インスパイア/セイバー(UA5)
  • TL(UA5/6)
  • CL(YA4)

J35A[編集]

  • ラグレイト/オデッセイ 北米仕様(RL1,3)
  • MDX(YD1)
  • パイロット(YF1/2)
  • レジェンドRL(KB1)
  • TL(UA7)
  • サターン・ヴュー(Z63)
  • インスパイア(CP3)
  • エリシオン プレステージ(RR5/6)

J37A[編集]

  • レジェンド/RL(KB2)

脚注[編集]

  1. ^ 出力取出軸端より見た時の回転方向。JIS B 8001による。なお、J型エンジン以降に開発された他型式エンジンも順次逆時計回りに変更されていった。
  2. ^ エンジン回転数の正式名称はエンジン回転速度。 JIS B 0108-1による。
  3. ^ 市販初期では6気筒-3気筒の2段階で、その後の仕様では6気筒-4気筒-3気筒の3段階に可変させる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]