ホンダ・EV Plus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・EV Plus
ZA1型
フロント
1997-1999 Honda EV Plus 02.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1997年 - 1999年
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドア ハッチバック
駆動方式 FF
モーター DCブラシレスモーター
最高出力 49kW/1,700-8,750rpm
最大トルク 275N·m/0-1,700rpm
変速機 1速固定減速比
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:トーションビーム
全長 4,045mm
全幅 1,750mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,530mm
車両重量 1,615-1,630kg
電費 10・15モード:220km
40km/h定地走行:350km
80%放電:160-190km
類似車 ホンダ・ロゴ
後継 ホンダ・FCX
ホンダ・フィットEV
-自動車のスペック表-

EV Plus(イーブイ プラス)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたハッチバック型の電気自動車である。

概要[編集]

GMEV1と同じくカリフォルニア大気資源委員会(CARB)のゼロエミッション車普及プログラムに対応する形で開発が行われた。300台の生産が計画され、主にアメリカカリフォルニア州でリース販売され、ニューヨーク州日本スイスでも少数リース販売が行われた。

同社で生産されていた小型ハッチバック、ロゴとスタイルが酷似しているため、ロゴと車体の大部分を共有してるように見られがちであるが、プラットフォームから電気自動車に合わせた専用設計となっている。安全性も十分に考慮されており、日米の安全基準に適合する。全高が高く、ドア形状も全く異なり、ボンネットやウインドシールドの角度も異なる。

パワーユニットは独自開発の水冷DCブラシレスモーターで、最高出力(連続定格)は49kW/1,700-8,750rpm、最大トルクは275N·m/0-1,700rpm、最高効率は96%、平均効率は90%(LA-4モード走行時)である。 変速機は1速固定減速比。 ニッケル水素電池を使用しており、充電器は車載でAC100V、200Vに対応し、家庭でも充電可能である。アメリカでは充電にAvcon社のコンダクティブコネクターが用いられている。充電は回生ブレーキによっても行われる。

エアコンはヒートポンプ式で、ヘッドランプHID式のプロジェクタータイプ。通常の自動車と同様に走行に12Vの鉛蓄電池を使用する。

その他スペック[編集]

  • バッテリー:12Vシール型Ni-MH電池24個
  • 電圧:288V
  • 充電時間:6-8時間
  • 1充電走行距離:10・15モード 220km、40km/h定地走行 350km、80%放電 160-190km
  • 加速:4.9秒(0-50km/h)
  • 最高速度:130km/h以上

歴史[編集]

販売[編集]

販売は36ヶ月のリース形式で行われた。料金はアメリカでは月々455ドルで、メンテナンス、ロードサービス、保険費用などすべて含む。リースではなく5万3,000ドルの希望小売価格も示していたが、実際販売されることはなかった

日本では登録諸費用、メンテナンス料等を含んで月々26万5,000円で、98年までに21台がリース販売された[1]。型式はZA1。

一部のユーザーには数年の延長リースが実施されたが、最終的には全車ホンダに返却され、大半が解体された。一部車体はホンダ・FCX実験車のベースとして利用された。

脚注[編集]

  1. ^ 1998年度の環境保全活動実績

関連項目[編集]

外部リンク[編集]