ホンダ・エリシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エリシオン(ELYSION)は、本田技研工業の販売するミニバンの車種。2004年から2013年にかけては日本で販売され、現在は中国専売車種となっている。

概要[編集]

ラグレイト[1]の実質的な後継車として、大海原を疾走するクルーザーをモチーフにデザインされた車種である。オデッセイより全長・車幅は一回りほど大きいが、ラグレイトよりは大幅にサイズダウンされ、車高は1,800mm以下に抑えられている。新開発の低床プラットフォーム(オデッセイのものとは別)により大柄なボディながら安定的な走行性能を実現した。

K24A型(2.4L)とJ30A型(3.0L)の2種のエンジンラインナップで、J30A型はインスパイアと同じ気筒休止エンジン(VCM)を備えるほか、ハイオク仕様(最高出力は同じ)とした。気筒休止時(後ろ側3気筒を休止)に生じる振動は液封エンジンマウントのアクティブ制御・消音スピーカーなど、ボディ側の工夫により対処されている。その後追加された「プレステージ」にはレジェンド(前期型)と同じJ35A型(3.5L)が搭載され、最高出力はFF仕様で300PSを達成(4WDは279PS)し、日本国内製ミニバンの最大値となった。

時速15km/hで自動的にドアロックが施錠され、シフトレバーを「P」にするとドアロックが解錠される安全装置が標準装備されている。また、シフトレバーはインパネにあり、全車5速ATではあるが、オデッセイのようにSマチックは付いていない。また、スマートキー装備車は、施錠の時はハザードランプが1回、解錠の時は2回点滅する。

初代は2004年5月から日本国内を中心に販売され、2013年10月に日本国内での販売が終了したが、それ以降も中国では東風本田汽車によって2015年まで製造・販売が続けられ、2016年には、広汽本田汽車で生産されるオデッセイの兄弟車として2世代目に移行し、生産・販売が続けられている。

==RR1/2/3/4/5/6型 | 車種=普通自動車 | 車名=ホンダ・エリシオン | 車名補=RR1/2/3/4/5/6型 | | 1枚目画像名=Honda Elysion RR 001.JPG | 2枚目画像の説明= リア | 2枚目画像名=Honda Elysion (first generation) (rear), Serdang.jpg | 販売期間=2004年5月 - 2013年10月
中国:2012年6月 - 2015年12月 | 乗車定員=7/8人 | ボディタイプ=5ドア ミニバン | エンジン=K24A型:2.4L DOHC i-VTEC
J30A型:3L SOHC i-VTEC
J35A型:3.5L SOHC VTEC | トランスミッション=5速AT | サスペンション=ダブルウィッシュボーン | 駆動方式=FF/4WD | 全長=4,920mm | 全幅=1,845mm | 全高=1,790mm | ホイールベース=2,900mm | 車両重量=1,800 - 2,020kg | 自由項目1(項目名)=ブレーキ | 自由項目1(内容)=前:油圧式ベンチレーテッドディスク
後:油圧式ディスク | 自由項目2(項目名)=スタビライザー形式 | 自由項目2(内容)=トーション・バー式 | 先代=ホンダ・ラグレイト(実質) | 後継=ホンダ・オデッセイ(5代目、実質) }}

  • 2003年
  • 2004年
  • 2005年
    • 1月13日 - 特別仕様車「Gプレミアム」「VGプレミアム」を追加。
    • 9月29日 - マイナーチェンジ。「AEROバージョン」の追加、「VZ」を除く全タイプへ新デザインのフロントグリルの採用が行われる。
  • 2006年
    • 1月13日 - 特別仕様車「G AERO HDD NAVIエディション」「VG HDD NAVI AEROエディション」を追加。
    • 12月21日 - マイナーチェンジ。エクステリア・インテリアが一部変更・簡素化され、各所に新デザインが用いられる。また、上位モデルとして専用デザイン(ヘッドライト・フロントグリル・リアコンビネーションランプ)や3.5L・V6エンジンを採用した「プレステージ」を追加(発売は2007年1月25日)。
  • 2007年
    • 8月30日 - プレステージに2.4Lエンジンの「S」タイプを追加。3.5Lモデルの「SZ」「SG」に装備されるVSA(横滑り防止装置)、スノーモードスイッチ、アクティブノイズコントロール、ドライブバイワイヤ、ツインサイレンサーなどは装備されず、シングルサイレンサーに17インチアルミホイールが装備される。
  • 2008年
    • 12月22日 - マイナーチェンジ。フロントグリルのデザインを変更すると共に、オートライトコントロール、アレルフリー高機能脱臭フィルターが、全グレードに標準装備された。標準タイプには廉価グレード「LX」を追加すると共に、「プレステージ」で好評の「HDDナビ スペシャルパッケージ」を標準タイプの全グレードに展開した。また、プレステージの「SZ」と「SG HDDナビ スペシャルパッケージ」には、国産ミニバンで初めて電子制御パーキングブレーキが設定される。
  • 2009年
    • 9月3日 - 一部改良。2.4L・4WD車が「平成22年度燃費基準+15%」の達成に伴い、従来からの2.4L・FF車と同じく「環境対応車普及促進税制」に適合した。
  • 2010年
    • 5月17日 - 「HDDナビ スペシャルパッケージ」をベースに装備を充実させた特別仕様車「HDDナビ スマートセレクション」を追加。
    • 11月18日 - マイナーチェンジ。全グレードに3列目中央のヘッドレストを標準装備し、プレステージの「S」「S・HDDナビ スペシャルパッケージ」にはウッドコンビステアリングが標準装備される。グレード体系が整理され、標準タイプは「G AERO」「G AERO・HDDナビ スペシャルパッケージ」の2グレード(V6エンジン搭載車は廃止)、プレステージは「S」「S・HDDナビ スペシャルパッケージ」「SG」の3グレードに集約された。
  • 2011年
  • 2012年
    • 6月28日 - 「プレステージ」で一部改良。Hondaインターナビ+リンクアップフリー+プログレッシブコマンダー+ETC車載器、フルセグチューナー、全席3点式ELRシートベルトおよびヘッドレストが標準装備され、さらに、「SG」には本革シート(運転席&助手席シートヒーター付)も標準装備された(本革シートは「S」でもメーカーオプションにより装備可能)。ボディカラーは総入れ替えとなり、全て新色の4色が設定された。なお、ナビゲーションの標準装備化によりグレード体系が一部変更となり、「S・HDDナビ スペシャルパッケージ」が廃止された。またこの一部改良に伴い、標準タイプの「エリシオン」が廃止された。
    • 7月12日 - 東風本田汽車中国市場でエリシオンを発売開始した(中国名:艾力绅)[3]。外観は「プレステージ」に概ね準ずるが細部が異なる。エンジンは2.4L i-VTECのみとなる。
  • 2013年
    • 10月31日 - 日本国内での生産、販売が終了したことに伴い、公式ホームページの掲載を終了。後継車は無く、実質的に同日フルモデルチェンジされたオデッセイと統合する格好となる。なお、これにより2015年2月にレジェンドが復活するまでの約1年半、ホンダの日本国内ラインナップからV6エンジン搭載車種が消滅することとなる。

2代目(2016年 - )[編集]

ホンダ・エリシオン(2代目)
Honda Elysion II 01 China 2016-04-17.jpg
製造国 中華人民共和国の旗 中国
販売期間 2016年1月-
乗車定員 7名
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン K24V6型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC
駆動方式 FF
変速機 CVT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:車軸式
全長 4,940mm
全幅 1,845mm
全高 1,710mm
ホイールベース 2,900mm
車両重量 1,860-1,925kg
製造拠点 東風本田 第一工場
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2015年11月20日広州国際モーターショーにて発表、2016年1月9日発売開始。5代目オデッセイの姉妹車で、フロントマスクが異なり、レジェンドに似たデザインのライトを採用する。

搭載エンジン[編集]

車名の由来[編集]

  • ギリシャの叙事詩『オデュッセイア』(兄弟車のオデッセイの語源)に登場するギリシャ神話の楽園の名、「エリュシオン」の英語読みから。
  • プレステージというサブネームは、かつて初代オデッセイのV6搭載車のサブネームとして使われていた。

脚注[編集]

  1. ^ 2代目北米仕様オデッセイ:アメリカ向けの大柄なボディサイズが災いし、日本では販売面で苦戦した
  2. ^ 2011年広州モーターショー出展概要”. 本田技研工業ニュースリリース (2011年11月21日). 2013年7月26日閲覧。
  3. ^ 售价28.38-31.98万 ELYSION 艾力绅上市” (中国語). 東風本田汽車 (2012年7月12日). 2013年7月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]