ホンダ・オルティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・オルティア
EL1/2/3型
Honda Orthia.jpg
前期型
ORTHIA MC.jpg
後期型
概要
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1996年2002年
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ステーションワゴン
駆動方式 FF/4WD
パワートレイン
エンジン B20B型:直4 DOHC 2.0L
B18B型:直4 DOHC 1.8L
最高出力 B20B型:
145PS/6,200rpm→150PS/6,300rpm
B18B型:140PS/6,300rpm
変速機 5速MT/4速AT
サスペンション
前:ダブルウイッシュボーン
後:ダブルウイッシュボーン
車両寸法
ホイールベース 2,620mm
全長 4,570mm
全幅 1,695mm
全高 1,450 – 1,500mm
車両重量 1,220 – 1,300kg
その他
フロント共有車種 ホンダ・インテグラSJ(前期型のみ)
ベース車種 ホンダ・シビック(6代目)
系譜
先代 ホンダ・シビックシャトル(実質的)
後継 ホンダ・エアウェイブ(実質的)
テンプレートを表示

オルティアORTHIA)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたステーションワゴン型の小型乗用車である。

概要[編集]

6代目シビック(EK型)のプラットフォームをベースとし、リアオーバーハングを200 mm程度延長し荷室を拡大、ルーフレールガラスハッチフォグランプ(2.0 Lモデル)などが装備された。プラットフォームは初代CR-Vとも共用である。

エンジンは同じくEK型のプラットフォームを共有するCR-Vに搭載されていたB20B型とB18B型の2種類。トランスミッションは発表時点では2.0Lが4速ATのみで、1.8 Lには4速ATの他に5速MTも用意された。その後、マイナーチェンジの際に2.0 Lにも5速MTが追加された。

4WDは「リアルタイム4WD」と称するスタンバイ式で、ホンダ独自の「デュアルポンプシステム」が搭載された。通常走行はFFで、雪道などで前輪が空転し、後輪の回転数を上回った場合に発生する油圧でクラッチをつなぎ、後輪に駆動力を伝達する。スポーティ走行より、生活四駆的な性格のシステムである。

メーカーオプションで、ホンダナビゲーションシステムも設定された。

オルティアの車体を使った商用車ライトバン)のパートナーもあり、オルティアの生産終了後も2006年(平成18年)2月まで生産されていた。同年3月、パートナーはモデルチェンジでフィットの派生車であるエアウェイブがベースとなり、車格が1ランク下がった。

搭載エンジン[編集]

B20B型
  • エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
  • 弁機構:DOHCベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,972cc
  • 内径×行程:84.0mm×89.0mm
  • 圧縮比:9.2 → 9.6
  • 最高出力:145PS/6,200rpm → 150PS/6,300rpm
  • 最大トルク:18.2kgf·m/5,200rpm → 18.8kgf·m/4,500rpm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量(FF):52L
  • 燃料タンク容量(4WD):53L
B18B型
  • エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
  • 弁機構:DOHCベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,834cc
  • 内径×行程:81.0mm×89.0mm
  • 圧縮比:9.2
  • 最高出力:140PS/6,300rpm
  • 最大トルク:17.4kgf·m/5,200rpm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量:B20B型(FF)を参照

初代 EL1/2/3型(1996年-2002年)[編集]

1996年2月21日
4代目シビックのバリエーションであったシビックシャトルの実質的後継車として発表(発売は3月1日)。発売当初は「2.0GX-S(4WD)」「2.0GX(FF/4WD)」「GX(1.8L FF)」の構成であった。
販売店はベルノ店とプリモ店で、ベルノ店は「オルティアV」、プリモ店は「オルティアP」と称し、前者は「フォグランプが丸型、リアコンビランプのウィンカーがアンバー」の設定、後者は「フォグランプが角型、リアコンビランプのウィンカーがクリア」の差異がある。発売当初は月産5,000台をクリアするほど好調な滑り出しであった。
1996年2月29日
フロントフェイスを共用するインテグラSJが発表され、同じく3月1日より販売された。フロントバルクヘッド以後は、半年前に登場した2代目シビックフェリオ(EK型)の物を流用した[1]
1996年3月14日
姉妹車であるライトバンのパートナー(初代)が発表された(発売は翌3月15日)。
1997年2月13日
マイナーチェンジABSSRSエアバッグ(運転席・助手席)を標準装備の上、新色を追加した。
また、オルティアVとオルティアPが車名を「オルティア」に一本化。外装などはオルティアVのものを踏襲している。
1998年1月22日
マイナーチェンジ。「2.0GXエアロ」など、エアロパーツを標準装備したスポーティグレードを追加した。
1999年6月17日
マイナーチェンジ。エンジンは出力が150PSに向上した2.0Lに一本化され、車高を15mmさげたスポーティグレードの「Sタイプ」を追加した。フロントグリルをホンダの高級車と同じ五角形タイプに変更し、テールゲートおよびテールランプの形状も変更された。
内装については、EK型シビック後期モデル同様、センターコンソールが2DIN対応とされ、カップホルダーも500mlペットボトルが入れられるように改良された。
2000年9月
シビックのフルモデルチェンジ後も継続生産されてきたが、派生車種であったストリームの登場やステーションワゴン市場の冷え込み、エンジンが環境基準に適合できなくなったことなどを理由に、2002年1月に生産終了後、同年10月[2] に在庫対応分が完売し、販売を終了した。
これにより、2005年4月に、後に2代目パートナーの姉妹車となるエアウェイブが発売されるまで、ホンダのラインナップから5ナンバークラスのステーションワゴンがなくなった。姉妹車のパートナーは2006年まで生産された。新車登録台数の累計は9万3830台[3]

車名の由来[編集]

  • ギリシャ神話に登場する子供の守り神とされた「実りの女神」の名前から。

脚注[編集]

  1. ^ シビックフェリオがプリモ店の専売なのに対して、インテグラSJはベルノ店の専売となる。
  2. ^ 週刊日本の名車第60号17ページより
  3. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第60号17ページより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]