ホンダ・S660

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・S660
JW5型
α フロント
Honda S660 α.jpg
α リヤ
Honda S660 α (JW5) rear.JPG
α コクピット
HONDA S660 JW5 03.jpg
販売期間 2015年4月2日 -
(発表:2015年3月30日)
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアオープン
エンジン S07A型:
658cc 直列3気筒DOHCターボ
エンジン位置 ミッドシップ
駆動方式 後輪駆動
最高出力 47kW (64PS)/6,000rpm
最大トルク 104N・m (10.6kgf・m)/
2,600rpm
変速機 6速MT
無段変速オートマチック(CVT
サスペンション 前:マクファーソン式
後:マクファーソン式
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,180mm
ホイールベース 2,285mm
車両重量 830-850kg
ブレーキ 前:油圧式ディスク
後:油圧式ディスク
-自動車のスペック表-

S660(エスロクロクマル)は、本田技研工業が開発、販売する軽自動車規格の2人乗りオープンスポーツである。

概要[編集]

本田技研工業が開発したモデルとしては、1996年に販売を終了したビート以来、約19年ぶりに復活した軽規格の2シーターオープンスポーツカー。高い旋回性能にこだわり、駆動方式にミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)レイアウトを採用するとともに、手軽にオープンエアドラインビングを楽しめるよう、脱着式ソフトトップ「ロールトップ」を装備した。エクステリアは2013年の東京モーターショーで公開された「Honda S660 CONCEPT」のイメージを受け継ぐデザインとしている[1]。なお、生産はホンダオートボディー(旧:八千代工業株式会社 四日市製作所)にて行われている[2]

企画そのものは、本田技術研究所設立50周年を記念し、社内で「新商品企画提案」が開催されたことに端を発し、応募総数約800件の中から第1位に選ばれた椋本陵の案が原案となっているが、1988年生まれの椋本は、上述のビートに対するリメイクが一切ない状態で企画を提案した[3]

入社4年目だった椋本は上述の経緯から、2011年にS660のLPL(ラージプロジェクトリーダー、開発責任者)に史上最年少で選出された[4]。椋本はモデラー部門在籍故にエンジニアの経験がないため、LPL代行としてLPLやPL(プロジェクトリーダー)経験のある3人のベテランエンジニア(安積悟、瀬田昌也、深海政和)をバックアップに充てたものの、それ以外の開発PLは、平均年齢30代のメンバーで構成されている。

メカニズム[編集]

エンジンはN-BOXをはじめとするNシリーズに搭載される「S07A型」ターボエンジンをベースに、新設計のターボチャージャーを採用した改良型を搭載。トランスミッションでは、エンジンパワーを最大限に活用するためワイドレンジ&クロスレシオに設定した軽自動車初の6速MTを新開発。さらに、スポーツモードへ切り替えが可能な7速パドルシフト付CVTを設定した。吸・排気音、ターボチャージャー作動音、アクセルオフ時に過給圧を開放するブローオフバルブ音などに独自のサウンドチューニングを施すことにより、スポーツカーならではのエンジンサウンドを実現している[5]。CVT車にはアイドリングストップを装備することで、JC08モード走行燃料消費率において6MT車が21.2km/Lに対しCVT車は24.2km/Lいう数値を実現している[6]

シャシーはミッドシップエンジン・リアドライブレイアウトの採用により前後重量配分を理想的な45:55とし、慣性モーメントの最小化とトラクション性能の向上を図った。サスペンションは前後ともストラット式を採用[注 1]。また、軽自動車としては初となる電子制御システム「アジャイルハンドリングアシスト」を採用。車体の動きに応じたコントロールに「ブレーキ制御」を活用することで、コーナリング時に狙ったラインをトレースしやすく、少ないステアリング操作でスムーズな車両挙動を実現する機能である[7]

安全性[編集]

走行性能とともに衝突安全性能の向上のため、直線+なめらかな曲線で構成したボディ骨格「一線入魂ボディ」を採用し、オープンボディにおける高剛性、高強度化と軽量化を両立を図った。また、ロールオーバー(横転)対策では北米法規を参考にし、ホンダ独自の社内基準を設定。フロントピラーとセンターピラーに補強材を追加することで乗員保護性能を高めている[8][9]

パッシブセーフティ性能では「運転席/助手席i-SRSエアバッグシステム」に加え、「i-サイドエアバッグシステム」を標準装備。特に「助手席用i-SRSエアバッグシステム」には、従来よりも長い時間内圧を保持することが可能な「内圧保持式エアバッグシステム」を世界初採用とた。また、アクティブセーフティ面では、「VSAABSTCS・横滑り抑制)」や「ヒルスタートアシスト機能」に加え、急ブレーキ時に後続車へ注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を全タイプに標準装備。さらに、30km/h以下での追突防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)」をCVT車にメーカーオプション設定とした[10]

デザイン・機能性[編集]

ボディ形状は脱着式ソフトトップ「ロールトップ」を備えたオープンボディとし、「ロールトップ」をはずした状態でもシート背後のロールバーが残るタルガトップ風のデザインを採用[注 2]。ボディフォルムは、絞り込んだアッパーボディと大きく張り出させたリアフェンダーにより、ワイド感とともにタイヤが地面を踏みしめる「 踏ん張り感」 を表現している。 フロントビューは、ホンダ車共通のデザインモチーフ「ソリッドウイング・フェイス 」を採用。また、ボディサイドには鋭いキャラクターラインが刻まれるとともに、フロントフェンダーにはエアアウトレット、リア・フェンダーにはエアインレットが設けられ、MRレイアウト車らしいデザインを強調した。キャビン後方のエンジンフードは、運転席/助手席に繋がるようなコブ状のデザインを採用し、マフラーはボディの中心部にレイアウトした一本出し仕様としている[11] [12] なお、ベーシック仕様の「β」と上級タイプの「α」では細部デザインが多少異なり、アルミホイールのカラーリングは「β」がシルバー、「α」がブラック+シルバーとなるほか、フロントフェンダー後方のサイドマーカーランプも「β」がアンバー色、「α」がクリアタイプとなる[13]

インテリアは、ドライバーの着座姿勢やヒップポイント、アクセルやブレーキペダルの位置を最適化し、クルマとの一体感を追求。ホンダの市販車としては最小径となるDシェイプ形状のφ350mmのステアリングホイールや、ヒール&トゥがしやすいペダルレイアウトを採用している。また、オープン走行を一年中楽しめるよう、腿から腰にかけて風を送り込めるエアアウトレットを新設した「ミッドモード付フルオート・エアコンディショナー」や、風の流れを調節する昇降式のパワーリアウインドウを装備した。シートには、運転席と助手席でシートカラーが異なる「アシンメトリーカラースポーツレザーシート」をメーカーオプションで用意した(詳細は、下記「年表」欄の2015年3月30日を参照。)[14] [15]


年表[編集]

2013年10月23日
第43回東京モーターショー2013に、次世代軽オープンスポーツモデル「Honda S660 CONCEPT」の出展を発表[16]
2015年3月30日
「S660」の発売を発表。4月2日発売。同時に、発売を記念した特別限定車「S660 CONCEPT EDITION」を660台限定で、同日発売[17]
ラインアップは「β」と上級タイプの「α」の2タイプ構成。「α」は専用装備として、クルーズコントロール、ステンレス製スポーツペダル、本革巻ステアリングホイール、本革巻MTシフトノブ or CVTセレクトレバー、スポーツレザーシートを装備するほか、インテリアパーツにクロームメッキを採用した。
ボディカラーは、「β」では「プレミアムスターホワイト・パール(有料色)」、「アドミラルグレー・メタリック」、「プレミアムミスティックナイト・パール(有料色)」の3色を設定。「α」は「β」との共通色3色に加え「フレームレッド」、新色「カーニバルイエローII」、新色「プレミアムビーチブルー・パール(有料色)」の全6色から選択可能[18]
インテリアカラーは「ブラック」が標準設定で、シート素材は「β」がメッシュ×ファブリック、「α」が本革×ラックススエードを採用。また「α」には「アシンメトリーカラースポーツレザーシート」(運転席:ライトグレー/助手席:ダークグレー、シート素材:本革×ラックススエード)をメーカーオプション設定(ボディカラーが「プレミアムスターホワイト・パール」の場合のみ選択可能)。
特別仕様車「S660 CONCEPT EDITION」は、第43回東京モーターショー2013で公開した「Honda S660 CONCEPT」をモチーフとしたモデル。エクステリアでは、ボルドーレッド ロールトップ、2トーンカラーサイドミラー、内部ブラック塗装エキパイフィニッシャーに加え、撥水ボディーコート「ウルトラグラスコーティングNEO」、ドアガラス 撥水ガラスコートを採用。インテリアでは、アシンメトリーカラースポーツレザーシート(運転席)、本革巻ステアリングホイール、シフトブーツ、本革巻MTシフトノブ(シフトパターン刻印:レッド/6MT車のみ)に専用レッドステッチを施したほか、シリアルナンバー(1~660)付アルミプレート、センターディスプレイ(internavi POCKET連携対応)を特別装備。また、ベース車両ではメーカーオプション設定となるシティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)も装備される(CVT車のみ)。なお、ボディカラーは「プレミアムスターホワイト・パール(有料色)」のみの設定[19]
2016年12月16日
2017年1月13日から開催される「東京オートサロン2017に、「S660 Bruno Leather Edition(エスロクロクマル ブルーノ レザーエディション)」を参考出展すると発表[20]
2017年5月18日
特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」を設定[21]。(6月2日発売、11月30日までの期間限定受注)
「α」をベースに、エクステリアではブラックドアミラー、オールブラックアルミホイールを採用。また、インテリアではジャズブラウン インテリア(スポーツレザーシート/本革巻ステアリングホイール/インパネソフトパッド)とアルミ製コンソールプレート、センターディスプレイ(internavi POCKET連携)を特別装備とした。ボディカラーは「プレミアムスターホワイト・パール(有料色)」と「アドミラルグレー・メタリック」に加え、新色「ベルベットマルーン・メタリック」を特別色として設定。
2017年10月20日
特別仕様車「#komorebi edition(コモレビ エディション)」を設定[22]。(11月10日発売、2018年1月31日までの期間限定受注)
「β」のCVT車をベースに、エクステリアではブラウンルーフトップ、インテリアでは、ライトタンインテリア(スポーツレザーシート・インパネソフトパッド)、アルミ製コンソールプレート(#komorebiロゴ入り)を特別装備。また、ベースモデルではメーカーオプション設定となるシティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)を標準装備とした。ボディカラーは「プレミアムスターホワイト・パール(有料色)」と「フレームレッド」に加え、特別色の「ヒダマリアイボリー・パール」を加えた3色を設定。
2018年5月24日
一部仕様変更。同時にコンプリートモデル「Modulo X」を追加[23]。(7月6日発売)
ボディカラーの設定を変更。全タイプ設定色の「プレミアムミスティックナイト・パール(有料色)」に替わり「ナイトホークブラック・パール」、「α」専用色の「プレミアムビーチブルー・パール(有料色)」に替わり、新色「フレンチブルー・パール」を設定。また、「α」のみ「ブリティッシュグリーン・パール」も追加し「β」は全3色、「α」は全7色の設定とした。
「α」のみの変更点として、S660専用Gathers スカイサウンド インターナビの装着を可能とするナビ装着用スペシャルパッケージ[注 3]を標準装備とした。また、iPod対応USBプレーヤー/AM・FMチューナーをメーカーオプションに変更するとともに、インテリアランプの光源に新たにLEDを採用。また、特徴的なカラーリングの「アシンメトリーカラースポーツレザーシート」のメーカーオプション設定を廃止した[24]
新設定の「Modulo X」はHonda車を知り尽くした熟練のエンジニアが、ベース車両の走行性能、質感、デザインに「匠の技」を注いで完成させるコンプリートカーブランド。「S660 Modulo X」は、シリーズ第5弾となる。
エクステリアでは、走行風を狙った位置に導くエアガイドフィンを採用したグリル一体型専用フロントバンパーと、専用フロントバンパーの空力特性に合わせ「ガーニーフラップ」を採用したリアアクティブスポイラーを新採用し、空力性能を追求。また、LEDフォグライト・カラードドアミラー(ブラック)・ロールトップ(ボルドーレッド)・リアロアバンパー・専用リアエンブレム・「ステルスブラック塗装」を施した15インチアルミホイール(フロント)&16インチ アルミホイール(リア)・アルミホイール用ホイールナット(ブラック)を採用。ボディカラーは専用色の「アラバスターシルバー・メタリック」に加え、「プレミアムスターホワイト・パール(有料色)」、「アドミラルグレー・メタリック」、「フレンチブルー・パール」の全4色を設定。
インテリアでは、専用スポーツレザーシート(本革×ラックス スェード/ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xロゴ入り)の採用をはじめ、本革巻ステアリングホイール・サイドブレーキカバー・本革製セレクトノブ(CVT車)・フロアカーペットマット(デザインタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)を「ボルドーレッド×ブラック」の専用インテリアカラーでコーディネイト。また、インパネソフトパッドを「ボルドーレッド」色としたほか、Modulo Xロゴ入りのメーターおよびアルミ製コンソールプレートを装備した。なお、6MT車専用装備として、シフトノブ(チタン製)×シフトブーツ〈グレーステッチ〉を採用する。
走行性能においては、接地性の向上を図った専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)、ドリルドタイプのディスクローターおよびスポーツブレーキパッドを採用。

メーカー純正以外のモデル[編集]

  • 2016年5月26日 - 無限(M-TEC)は無限コンプリートカーの第3弾として「Honda S660 MUGEN RA」を10月3日に発売すると発表[25]。660台限定で価格は289万円。レーシングを表現するRと、アルファベットの最初の文字であるAを車名に使い、S660のカスタマイズを楽しむためのファーストステップ向けモデルとして設定。外観では、ドライカーボン製フロントグリル、切削鍛造により製造された濃紺のBBS製アルミホイール(純正ホイールから約5.8kg/4本合計の軽量化)。単筒倒立式のビルシュタイン製車高調整式サスペンション(純正状態から+10mm~-25mmの幅で車高を調整可)、スポーツサイレンサーとしてオリジナルデザインのオールステンレス製フィニッシャーを備えた。またインテリアでは、無限ロゴをステッチで施した赤い本革製専用カラーシートのほか、無限コーポレートカラーのセンターポジションマークや下側部分のレッドレザー、レッドステッチなどを使った専用配色ステアリング、専用デザインのシフトノブ(6速MT)/セレクトレバー(CVT)、シリアルナンバー付アルミプレートなどを装着した。なお、このHonda S660 MUGEN RAはベースとなるS660αが生み出されている当時の八千代工業 四日市製作所のラインで生産が行なわれた。
  • 2018年8月30日 - S660をベースにクラシカルなスタイリングへカスタマイズが可能な「S660 Neo Classic KIT」の発売を発表[26]
ホンダアクセスは、S660をベースに、外装や灯体などを組み替え、クラシカルなスタイリングにカスタマイズできる「S660 Neo Classic KIT」を9月21日に株式会社ホンダユーテック オートテラス店3店舗にて発売。S660 Neo Classic KITは、未塗装のFRP製外装部品と灯体等で構成。装着する車両に合わせた塗装を行った上で、外装部品や灯体などを組み替えて架装することでカスタマイズカーとして完成する。このキットを用いて、ホンダユーテックがS660中古車をベースにカスタマイズを行い、“Honda認定中古車「S660 Neo Classic」”として販売。また、現S660ユーザーが自身のS660を持ち込み「S660 Neo Classic」にカスタマイズすることも可能。架装された中古車の販売、持ち込み車両のカスタマイズともにホンダユーテックが行う。「S660 Neo Classic」は2016年1月に開催された東京オートサロン2016に、ホンダアクセスが「N Lab.(エヌラボ)」として出展した「S660 Neo Classic Concept」がベース。商品化の検討を続け、中古車装着を想定したパーツキットとして商品化を実現。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ホンダの呼称は「マクファーソン式」
  2. ^ 外した「ロールトップ」はフロントフード内の「ユーティリティーボックス」に収納が可能となっている
  3. ^ パッケージ内容:リアカメラ・照明付オーディオリモートコントロールスイッチ・センターコントロールスイッチ・ハンズフリーマイク

出典[編集]

  1. ^ ホンダが新型の軽スポーツ、S660を発表”. webCG (2015年3月30日). 2018年11月18日閲覧。
  2. ^ ホンダが新型の軽スポーツ、S660を発表”. webCG (2015年3月30日). 2018年11月18日閲覧。
  3. ^ モーターファン別冊 ニューモデル速報 第512弾 HONDA S660のすべて P14-15
  4. ^ 【きょうの人】ホンダ「S660」開発責任者、椋本陵(むくもと・りょう)さん(26) 歴代最年少の開発者「『ホンダっていいね』のきっかけに」 - 産経ニュース
  5. ^ “新型オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年3月30日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150330-s660.html 
  6. ^ 徹底解説 ホンダS660”. AUTOCAR JAPAN (2015年3月31日). 2018年11月18日閲覧。
  7. ^ プレスインフォメーション(FACT BOOK)11ページ”. 本田技研工業株式会社 (2015年3月30日). 2018年11月18日閲覧。
  8. ^ プレスインフォメーション(FACT BOOK)13ページ”. 本田技研工業株式会 (2015年3月30日). 2018年11月18日閲覧。
  9. ^ “新型オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年3月30日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150330-s660.html 
  10. ^ “新型オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年3月30日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150330-s660.html 
  11. ^ プレスインフォメーション(FACT BOOK)31~33ページ”. 本田技研工業株式会社 (2015年3月30日). 2018年11月18日閲覧。
  12. ^ 徹底解説 ホンダS660”. AUTOCAR JAPAN (2015年3月31日). 2018年11月18日閲覧。
  13. ^ 今まで販売したクルマ(中古車カタログ)「S660:主要装備」”. 本田技研工業株式会社 (2018年11月18日). 2018年11月18日閲覧。
  14. ^ プレスインフォメーション(FACT BOOK)26ページ”. 本田技研工業株式会社 (2015年3月30日). 2018年11月18日閲覧。
  15. ^ 徹底解説 ホンダS660”. AUTOCAR JAPAN (2015年3月31日). 2018年11月18日閲覧。
  16. ^ “「第43回東京モーターショー」 Hondaブース出展概要について 〜Honda独創のモビリティコンセプトモデルを出展〜” (プレスリリース), 本田技研工業, (2013年10月23日), https://www.honda.co.jp/news/2013/c131023.html 
  17. ^ “新型オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2015年3月30日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150330-s660.html 
  18. ^ 今まで販売したクルマ(中古車カタログ)「S660:タイプ・価格」”. 本田技研工業 (2018年11月18日). 2018年11月18日閲覧。
  19. ^ ホンダS660に660台の限定車が登場”. webCG (2015年3月30日). 2018年11月18日閲覧。
  20. ^ “「東京オートサロン2017」出展概要” (プレスリリース), 本田技研工業, (2016年12月16日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4161216.html 
  21. ^ “「S660(エスロクロクマル)」に特別仕様車を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2017年5月18日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170518-s660.html 
  22. ^ “「S660」に特別仕様車を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2017年10月20日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4171020-s660.html 
  23. ^ “「S660 Modulo X」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, https://www.honda.co.jp/news/2018/4180524-s660modulox.html 
  24. ^ 「ホンダ S660 カタログ」、2018年5月発行。B411SZ1850000 1805、本田技研工業
  25. ^ 「Honda S660 MUGEN RA」発表 | 無限 MUGEN” (日本語). 無限 MUGEN. 2018年9月2日閲覧。
  26. ^ “2シーター・オープンスポーツモデルS660をベースに、クラシカルなスタイリングへカスタマイズが可能な、「S660 Neo Classic KIT」を発売 | Honda Access | 広報発表 | Honda” (日本語). Honda公式ホームページ. https://www.honda.co.jp/ACCESS/press/2018/hac2018083002.html 2018年11月11日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]