WLTP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

WLTPとは、Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedureの頭文字で、日本では「乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法」と訳される。 乗用車および小型商用車(LDV:Light-duty Vehicle)の燃費二酸化炭素および大気汚染物質の排出レベルについて、国際的に整合した標準試験方法を定めるものである。 これにより、現在は各国や地域が独自に設定している排出ガス・燃費の試験サイクル・試験方法が統一され、自動車メーカーは一度の試験で複数の国・地域での認証に必要なデータが取得可能となることが期待されている。

概要[編集]

国際連合欧州経済委員会が主導して世界共通の排出ガス試験方法を作成する活動である。走行パターンを検討する試験サイクル開発グループ(DHC:development harmonized cycle)と試験法開発グループ(DTP:Development Test Procedure)からなり、参加国の協力によって世界中の実運転状況をカバーしうる共通の走行パターンの作成と世界統一試験法の作成を行っている。各国の実際の運転状況を調査し、それを統計処理を行うことにより走行パターンを作成する手法を用いており、日本では日本自動車研究所が受託研究を行った[1]

2014年3月にスイスジュネーブで開催された国連自動車基準調和世界フォーラム 第162回会合において乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)の世界統一技術規則(GTR)として成立した。

なお、WLTPインフォーマルグループは2021年まで活動予定で、3つのフェーズに分かれている。当初計画では、各フェーズの活動期間はPhase1が2009年〜2013年、Phase2が2014年〜2018年、Phase3が2019年〜2021年となっている。Phase1では通常温度での基本的な排ガス、燃費測定の試験法、Phase2では高地試験、低外気温試験など環境条件及び耐久性確認試験法などを作成する。さらにPhase3では、排出ガス規制値や試験燃料の統一を目指す。

国土交通省は2016年10月31日、日本国内の排出ガス/燃費試験の基準を従来のJC08モードから2018年10月よりWLTPに全面的に移行する旨を発表した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ H21年度受託テーマ(官公庁)
  2. ^ JC08モードは2018年10月で廃止、国際基準「WLTP」に順次移行(1/2)”. ITmedia (2016年11月11日). 2016年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]