アメリカ合衆国環境保護庁

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
アメリカ合衆国環境保護庁
Environmental Protection Agency, EPA
Logo of the United States Environmental Protection Agency.svg
組織の概要
設立年月日 1970年12月2日
人員 17,964人 (2005年)
年間予算 73億ドル (2007年)
行政官
ウェブサイト www.epa.gov

アメリカ合衆国環境保護庁(アメリカがっしゅうこくかんきょうほごちょう、: United States Environmental Protection Agency, EPA)は、市民の健康保護と自然環境の保護を目的とする、アメリカ合衆国連邦政府の行政機関である。大気汚染水質汚染土壌汚染などが管理の対象に含まれる。

リチャード・ニクソン大統領により設立され、1970年に活動を開始した。長官アメリカ合衆国大統領により任命される。正規の職員数は約1万8000人であり、本部は首都ワシントンD.C.にある。

主な取り組み[edit]

自動車の燃費調査[edit]

アメリカ合衆国で自動車を生産・販売する事業者は、EPAに自動車を持ち込み、当局職員による燃費テストを受けることが求められる。また、市場に出回っている自動車を抜き打ちで検査し、基準に適合しているか確認する。適合していない自動車について、調査・罰則を行う。

2012年バラク・オバマ政権下のアメリカ合衆国環境保護庁は、2022年から2025年型車までの環境基準について技術的な評価を行い、2025年の規制値を1ガロン当たり54.5マイル(1リットル当たり23.2キロメートル)の燃費にするなどの規制を設定した。なお、この基準は地球温暖化を否定するドナルド・トランプ政権の発足に伴い、2018年8月には大幅に緩和方針が発表されている[1]


エナジー・スター[edit]

1992年から、「エナジー・スター (Energy Star)」と呼ぶ電子機器の省電力を促進するプログラムを実施している。このプログラムの基準を満たしていることを示すステッカーが、現在多くのコンピュータテレビなどの家電製品に貼付されている。コンピューターの起動時には、同様のロゴが表示されるものもある。

発癌性評価[edit]

EPAは様々な物質の発癌性を評価し、公表している。 設立後に人体被害の影響を考慮してDDTの製造禁止を発表している[2]

環境会計プロジェクト[edit]

1992年環境会計プロジェクトを発足させ、国民経済計算財務会計管理会計のうち、管理会計(環境管理会計)に関する多くの手法が開発されてきている。1995年には民間企業、IT企業、会計士事務所などの参加により「An Introduction to Environmental Accounting as A Business Management Tool: Key Concepts And Terms 経営管理手法としての環境会計入門」を公表し、基礎的な概念を確立した。現在、環境会計プロジェクトの傘下に環境管理会計研究情報センター (EMARIC) を設立し、環境管理会計の開発が続けられている。

脚注[edit]

外部リンク[edit]