水曜劇場 (フジテレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水曜劇場』(すいようげきじょう)は、1992年10月 - 1996年3月(第1期)、1997年4月 - 2003年6月(第2期)に、毎週水曜日の21:00 - 21:54に、フジテレビ系クロスネット局テレビ宮崎も含む)で放送されていたテレビドラマの枠。

概要[編集]

  • フジテレビ系水曜21時台は1985年3月までドラマ枠であったが(『30分作品水曜ドラマシリーズ平岩弓枝ドラマシリーズ』)、翌4月に月曜22時台に放送していた『夜のヒットスタジオ』が枠移行しタイトルを『夜のヒットスタジオDELUXE』(1989年9月27日まで)[1]に変更と同時に一旦は消滅された。
  • 1992年10月より水曜22時枠と放送枠を交換する形で7年半ぶりに水曜21時枠に(平岩弓枝ドラマシリーズの時間帯で)ドラマ枠が復活した。
  • 1996年4月からは、火曜21時台のバラエティと放送枠をスポンサーごと交換し、旭化成の1社提供の『メトロポリタンジャーニー』に当てたため、一旦消滅しているが、1997年度から新枠として再開(スポンサーは水曜22時枠から移行)、水曜21時台のドラマ枠が1年ぶりに復活することになった。この頃からは『ショムニ』シリーズなどがヒットした。
  • 『30分作品』→『水曜ドラマシリーズ』→『平岩弓枝ドラマシリーズ』や『水曜劇場』のフジテレビ系水曜21時台ドラマを「フジ版水9」と言う。1992年10月期の『誰かが彼女を愛してる』から2003年4月期の『ダイヤモンドガール』までこれらの作品は「月9」と「平岩弓枝ドラマシリーズ」を足して2で割ったような作品である[要出典]
  • スタート当初は直前の水曜20時枠に時代劇が編成されており、『メトロポリタンジャーニー』で中断中以外は2連続してドラマが編成、そして1998年4月から1999年9月までは水曜22時枠にもドラマが編成されたため、1年半の間3連続してドラマが編成されていた。
  • 2001年10月以降は視聴率1桁を出す作品も多くなった。そのため2002年10月期(10月 - 12月)の『天才柳沢教授の生活』と2003年1月期(1月 - 3月)の『熱烈的中華飯店』は予定よりも1話短縮して放送されることになった。2003年4月期(4月 - 6月)の『ダイヤモンドガール』(観月ありさ主演作)を最後に9年半続いたこのドラマ枠は廃枠、代わりに2002年10月 - 2003年3月に30分間の深夜番組として放送されていた『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』がこの時間枠に昇格、バラエティ枠に置き換えられた。

平均視聴率10傑[編集]

最高視聴率10傑[編集]

主な作品リスト[編集]

水曜劇場の連続ドラマは、フジテレビグループのテレビ番組制作会社・共同テレビジョン製作の作品が多く放送されている。タイトル末尾の▲マークは共同テレビが製作した作品である。

1992年[編集]

1993年[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

1996年度はドラマを中断し、旭化成一社提供による『メトロポリタンジャーニー』を放送。

1997年[編集]

主演:木村拓哉
主演:三上博史
主演:草彅剛瀬戸朝香

1998年[編集]

主演:鈴木保奈美
主演:織田裕二、香取慎吾
主演:明石家さんま広末涼子
主演:常盤貴子

1999年[編集]

主演:観月ありさ 
主演:藤原紀香
主演:小泉今日子
主演:草彅剛、西村雅彦

2000年[編集]

主演:江口洋介
主演:江角マキコ・原作:安田弘之(講談社モーニングKC刊)
主演:菅野美穂伊藤英明
主演:江口洋介

2001年[編集]

主演:織田裕二
主演:観月ありさ
主演:深田恭子ユンソナ
主演:本木雅弘天海祐希

2002年[編集]

主演:常盤貴子、窪塚洋介・原作:楳図かずお小学館少年サンデーコミックス刊)
主演:ユースケ・サンタマリア飯島直子
主演:江角マキコ・原作:安田弘之(講談社モーニングKC刊)
主演:松本幸四郎・原作:山下和美(講談社モーニング掲載)

2003年[編集]

主演:鈴木京香
主演:観月ありさ

ネット局[編集]

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
青森県 青森放送 日本テレビ系列 遅れネット 作品によって放送局が異なっていた。
青森テレビ TBS系列
岩手県 岩手めんこいテレビ フジテレビ系列 同時ネット
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 山形テレビ 1993年3月まで
テレビユー山形 TBS系列 遅れネット 1993年4月から1996年3月まで、一部作品のみ
さくらんぼテレビ フジテレビ系列 同時ネット 1997年4月開局から
福島県 福島テレビ
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 遅れネット
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列 同時ネット
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ
岡山県
香川県
岡山放送
広島県 テレビ新広島
山口県 テレビ山口 TBS系列 遅れネット
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
愛媛県 テレビ愛媛 フジテレビ系列 同時ネット
高知県 高知放送 日本テレビ系列 遅れネット 1996年3月まで[2]
高知さんさんテレビ フジテレビ系列 同時ネット 1997年4月開局から
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビくまもと
大分県 大分放送 TBS系列 遅れネット
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
同時ネット
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列 遅れネット
→同時ネット
1994年3月までは日本テレビ系列とのクロスネット局
沖縄県 沖縄テレビ 同時ネット

ネット局に関する備考[編集]

  • 鹿児島テレビは1994年3月までフジテレビ系列と日本テレビ系列とのクロスネット局だったため当初は時差ネットだったが(1994年3月までの当枠は『生ダラ』の同時ネット)、1994年4月にフジテレビ系フルネット局に変更されたと同時に、同時ネットに変更された。
  • 山形県では1993年4月に山形テレビがテレビ朝日系列にネットチェンジしたため、ほとんどのフジテレビ系番組が打ち切られたが、当枠についてはさくらんぼテレビ開局までの間、テレビユー山形で一部の作品が番販ネットで放送された。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 夜のヒットスタジオDELUXE』開始と同時に、一部のクロスネット局などでは番組編成の都合から『夜のヒットスタジオ』シリーズの打ち切りを余儀なくされた。
  2. ^ 但し木曜劇場と交代での放送であった。
  3. ^ ただし、ケーブルテレビなどで近隣のフジテレビ系列局(仙台放送・秋田テレビ・新潟総合テレビ・福島テレビ)を受信できた場合は同時ネットで視聴できた。
フジテレビ 水曜21時枠
前番組 番組名 次番組
SOUND ARENA
(1992年4月 - 9月)
【ここのみ音楽番組枠】
水曜劇場(第1期)
(1992年10月 - 1996年3月)
【ここのみドラマ枠】
メトロポリタンジャーニー
(1996年4月 - 1997年3月)
【ここのみ旭化成一社提供のバラエティ枠】
メトロポリタンジャーニー
(1996年4月 - 1997年3月)
水曜劇場(第2期)
(1997年4月 - 2003年6月)
【ここのみドラマ枠】
トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜
(2003年7月 - 2006年9月)
【ここから再度バラエティ枠】