火曜時代劇 (フジテレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火曜時代劇』(かようじだいげき)は、2001年4月17日から2004年3月16日までフジテレビ系列局が編成していた時代劇放送枠である。

概要[編集]

かつてフジテレビでは水曜20:00枠で時代劇(フジテレビ水曜夜8時枠時代劇)が放送されていたが、2000年春の改編でこの枠がバラエティ番組枠に置き換えられてからは時代劇のレギュラー放送が途絶えていた。それから1年後の2001年4月、それまで火曜20:00枠に編成されていた『火曜ワイドスペシャル』に替わってこの枠が編成され、時代劇のレギュラー放送が復活した。

この枠は、水曜時代から放送されていた『鬼平犯科帳』や『剣客商売』などの継続放送のみならず、後期には『スーパー時代劇』という新機軸のシリーズも設けていた。しかし、2004年春の改編で廃枠になり、単発特別番組枠『カスペ!』がスタートした。これ以後、フジテレビは時代劇専門の放送枠を設けておらず、2004年10月期と2005年10月期にそれぞれ『大奥〜第一章〜』と『大奥〜華の乱〜』を『木曜劇場』内で、2014年10月期に『信長協奏曲』を『月9』内で短期間放送したのみに留まっている。

なお、本枠編成前にもフジテレビの火曜20:00枠では時代劇が放送されていたが、これらの

編成時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 火曜 19:59 - 20:54 (2001年4月17日 - 2003年8月19日)
    • 冒頭に1分間の『火曜時代劇』統一オープニング映像が流されていたため、時代劇本編は20:00から放送されていた。
  • 火曜 19:00 - 19:54 (2003年10月14日 - 2004年3月16日)
    • 日曜19:58枠の『笑う犬』シリーズが火曜20:00枠へ移動してきたのに伴い、編成時間を59分繰り上げ。同時に統一オープニングを廃止した。
    • ローカルセールス枠への降格により、これ以後は系列局であっても本枠を編成しない局や、夕方の再放送枠などを利用して編成する局も出た。

作品一覧[編集]

火曜19:59枠時代[編集]

火曜19:00枠時代[編集]

  • 夜桜お染(2003年10月 - 2004年1月、若村麻由美主演)
  • 剣客商売(第5シリーズ)(2004年2月 - 2004年3月)
フジテレビ系列 火曜19:59枠
前番組 番組名 次番組
火曜ワイドスペシャル(第3期)
(2000年4月18日 - 2001年3月27日)
※19:00 - 20:54
火曜時代劇
(2001年4月17日 - 2003年8月19日)
各局ローカル編成のミニ番組
(フジテレビでは『スリーアミーゴスの踊るワールドカップバレー』)
※19:54 - 20:00
笑う犬の太陽
(2003年10月14日 - 2003年12月9日)
※20:00 - 20:54、日曜19:58枠から移動・改題
フジテレビ系列 火曜19:00枠
とくダネ!発 GO-ガイ!
(2003年2月4日 - 2003年9月23日)
※金曜19:00枠へ移動
火曜時代劇
(2003年10月14日 - 2004年3月16日)
カスペ!
(2004年4月13日 - 2015年3月31日)
※19:00 - 20:54