第19回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第19回日本レコード大賞
Imperial Garden Theater Japan.jpg
会場の帝国劇場
受賞対象 音楽
開催日 1977年12月31日 (1977-12-31)
会場 帝国劇場
日本の旗 日本
主催者 社団法人 日本作曲家協会
日本レコード大賞制定委員会
日本レコード大賞実行委員会
プレショー
司会者
高橋圭三
久米宏
黒柳徹子
最新受賞者 沢田研二勝手にしやがれ
テレビ/ラジオ放送
放送局 TBSテレビ
放送時間 土曜日19:00 - 20:55(JST
視聴率 50.8%
プロデュース 斎藤正人、吉田恭爾
ディレクター 神保泰宏(総合演出)
久保嶋教生(舞台監督)

第19回日本レコード大賞は、1977年昭和52年)12月31日帝国劇場で行われた、19回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

この回では、開始以来単独担当だった男性司会が2名に増加、今までの高橋圭三を番組を総括する総合司会ポジションに据え、細部進行を担当する「司会」ポジションとして当時テレビ番組『ぴったし カン・カン』と『トップスターショー・歌ある限り』を担当していた久米宏(当時局アナ)が新加入、そして女性司会は森光子から黒柳徹子に交代、放送時は主に久米・黒柳のコンビが舞台下手の司会ブースで進行全般を担当し、上手に一人用の司会ブースを用意された高橋が随所にそこから両司会者をアシストする形で進行に関わる形となっていた[1]。尚、久米と黒柳は、既に翌年1月からのスタート予定となっていたテレビ音楽番組『ザ・ベストテン』(『歌ある限り』の次番組)の司会を務めることが決定しており、その宣伝を兼ねての起用だった。この他前回では無かった「補佐役」が復活、当時『飛べ!孫悟空』のナレーターで人気を上げた小島一慶(当時局アナ)が主に会場レポート等を担当した。

第19回の大賞は、沢田研二の「勝手にしやがれ」に決定した。沢田研二は初の受賞。

この年の大賞候補曲ベスト10(大賞・最優秀歌唱賞・歌唱賞の候補)は、八代亜紀の「愛の終着駅」、松崎しげるの「愛のメモリー」、野口五郎の「風の駅」、沢田研二の「勝手にしやがれ」、桜田淳子の「気まぐれヴィーナス」、山口百恵の「秋桜」、岩崎宏美の「思秋期」、石川さゆり津軽海峡・冬景色」、小柳ルミ子の「星の砂」、西城秀樹の「ボタンを外せ」である[2]

審査員の得票は、沢田研二「勝手にしやがれ」が42票、次点の石川さゆり津軽海峡・冬景色」が3票、3位は山口百恵「秋桜」と岩崎宏美思秋期」が2票など、沢田の圧勝だった。

この回から、従来の「作詩賞」を「西条八十賞」に、「作曲賞」を「中山晋平賞」に名称変更した[2]

西条八十賞は、阿久悠さだまさし島武実松本隆竜真知子らがノミネートされ、決選投票でさだが30票、阿久が19票を獲得しさだの受賞が決定した[2]

中山晋平賞は、大野克夫・さだまさし・都倉俊一三木たかし森田公一らがノミネートされ、決選投票で三木が26票、都倉が23票を獲得し三木の受賞が決定した[2]

編曲賞は、惣領泰則竹村次郎馬飼野康二萩田光雄船山基紀らがノミネートされ、決選投票で船山が28票、馬飼野が21票を獲得し船山の受賞が決定した[2]

企画賞は、RVCの「ビューティ・ペア」、CBS・ソニーの「ソウルこれっきりですか」、テイチクの「GO!GO!掛布」、東芝EMIの「演歌の源流を探る(李成愛)」、日本コロムビアの「宇宙戦艦ヤマト」、日本フォノグラムの「オレンジ色のランプ(ボニージャックス)」、ビクター音楽産業の「日本のジャズ・ポピュラー史 -戦前・戦後編-」、ポリドールの「ダーク・ダックスによる甦る大正ロマン」の8社がノミネートされ、決選投票でビクター音楽産業が27票、東芝EMIが22票。3社目はRVCが32票、CBS・ソニーが17票となりビクター・東芝EMI・RVCの受賞が決定した。

特別賞は、満場一致で小畑実小林旭フランク永井春日八郎に決定した[2]

新人賞(最優秀新人賞の候補)は、まず清水健太郎が過半数の25票を獲得し真っ先に受賞が決定。続いて2位は高田みづえ狩人の決選投票で高田に、3位は狩人、4位は太川陽介清水由貴子の決選投票で太川に、5位は清水と榊原郁恵の決選投票で榊原に決定した[2]

大衆賞はキャンディーズ、郷ひろみダウン・タウン・ブギウギ・バンド、ビューティ・ペア、ピンク・レディーらが候補に入り、ピンク・レディーが45票、郷とキャンディーズが各2票でピンク・レディーの受賞が決定した[2]

今回は審査に当時最先端のコンピューターが導入された[2]

最優秀歌唱賞は八代亜紀。前年第18回に続いて2年連続の受賞。

視聴率は7.9P上昇の50.8%。歴代史上最高視聴率を達成(TBSの音楽番組歴代1位、TBSの番組歴代3位)。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

歌唱賞[編集]

大衆賞[編集]

新人賞[編集]

中山晋平賞(後の作曲賞)[編集]

編曲賞[編集]

西条八十賞(後の作詩賞)[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

審査委員会顕彰[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • 運営プロデューサー:野中杉二、青柳脩
  • 制作プロデューサー:渡辺正文、政田一喜、大友和夫、小松敬、梅津汎、今里照彦、西内綱一
  • 構成:保富康午、太田イサム/フルハウス(スタッフ参加)、小野寺真
  • 音楽:長洲忠彦、半間厳一、前田憲男
  • 指揮:長洲忠彦
  • 振付:土居甫
  • 演奏:高橋達也と東京ユニオン、宮間利之とニューハード、ベストアンサンブル
  • コーラス:日本合唱協会、ミュージック・クリエイション/APPLE、マーガレット
  • 技術スタッフ
    • 技術:佐藤一郎
    • T・D:田中浩、小林忠雄、中村秀夫
    • 映像:大野健三、佐藤賢二郎
    • カラー調整:鈴木克彦、松本修昌
    • 音声:椎木洋次、吉田克弥、中島博和
    • 照明:橋本英一、高橋寛
    • 音響:平田研吉
  • 美術制作:和田一郎、河瀬洋男
  • 美術デザイン:三原康博、宮澤利昭
  • コンピューター:研究開発部
  • 制作スタッフ:酒井俊一/桂邦彦弟子丸千一郎、多良寛則、島津剛史、山田修爾、小田忠明、深尾隆一、五十嵐衛、八木康夫、石川眞実
  • 中継担当:鈴木宏義
  • 舞台監督:久保嶋教生
  • 演出:神保泰宏
  • プロデューサー:斎藤正人、吉田恭爾
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高橋を総合司会とし、男性司会者をもう一人入れて男女1ペアの司会コンビが細部進行を行うという形式が採られたのは、同年に高橋が夏の参議院議員選挙に当選し、以降参議院議員としての活動が多忙であったために、企画段階から番組に関与する事が困難だったという事情を与してのものであり、この後も1982年(第24回)までこの変則的な司会体制は継承される。
  2. ^ a b c d e f g h i タイムカプセル  「1977輝く日本レコード大賞」TBS、ぶらりぶらり、2016年6月27日。(T&C ミュージック元社長・貫泰夫のブログ)。

外部リンク[編集]