黒柳眞理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒柳眞理(くろやなぎ まり、1944年4月19日 - )は、東京都出身の元バレリーナエッセイスト美容家

黒柳守綱夫妻の次女。黒柳徹子は実姉、紀明は実兄。元夫は元プロ野球選手の井石礼司[1]

来歴・人物[編集]

札幌市在住。小牧正英のもと幼少時からバレエに取り組み[2]チャイコフスキー記念東京バレエ学校に学ぶ。バレエに傾倒するあまり香蘭女学校中退した。その後、ボリショイ・レニングラードバレエ団に入団しプロバレリーナとして活躍。しかし、19歳の時、足首の捻挫に見舞われ、やむなく退団。慶応野球部だった井石礼司と慶大のパーティで知り合い、20歳で結婚し二人の子をもうけたが、39歳で離婚[2]。その後、美容学校に入学し美容師免許を取得し、美容家に転身。また、在住する北海道のテレビ番組でコメンテーターとして出演している。

1950年に友里と改名したが、1999年に現在名に戻す[2]

現在の出演番組[編集]

著書[編集]

  • 『イノセントエンジェル』 中西出版、1999年
  • 『Wake up~心の目を覚まして!』 中西出版、2005年

出典[編集]

  1. ^ チョッちゃんが行くわよ p.213 黒柳朝著  角川文庫刊 1988年 ISBN4-04-171901-1 註:元々1982年に主婦と生活社から単行本として出版された。出典元には文庫化後も離別の旨は追記されていないが、彼女が39歳の時(1983年~1984年)に離婚したとされる http://kingendaikeizu.net/geinou/kuroyanagitetuko.htm
  2. ^ a b c 黒柳徹子系図近現代・系図ワールド