小牧正英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小牧 正英(こまき まさひで、1911年9月25日 - 2006年9月13日)は、日本のバレエダンサー振付家である。

生涯[編集]

本名を菊池榮一といい、1911年に岩手県江刺郡岩谷堂町江刺市を経て、現在の奥州市)で生まれた。21歳のときに画家を志してパリ留学を計画し、大連まで行ったがその企図は失敗に終わった。その後彼はハルピンバレエ学校に入学したのち、上海バレエ・リュスに入団して同バレエ団で主要な役柄を踊った。

1946年、上海から引き揚げてきた小牧は同年東京バレエ団[1]の結成に参加した。東京バレエ団は、小牧が引き揚げの際に持ち帰ったバレエ音楽の楽譜を基にして『白鳥の湖』全幕を日本初演し、振付・演出とともに主演も務めた。

1947年には小牧バレエ団を結成して、さまざまなバレエ作品を上演し、多くの人材を育てた。1954年に日劇で上演された『火の鳥』では、当時の世界的バレリーナ、ノラ・ケイタイトルロールを踊り、小牧がイワン王子を踊って、公演期間中の24日間を通して満席になったという。1958年の日本バレエ協会設立に当たっては、発起人の一人を務めている。

長きにわたって日本バレエ界で活躍を続け、2006年にその生涯を終えた[2]

主な振付作品[編集]

  • バラード(1947年)
  • 受難(1949年)
  • 日輪(1955年)
  • パガニーニ幻想(1956年)
  • お蝶夫人(1963年)
  • やまとへの道(1979年)

出演[編集]

映画[編集]

  • 幸運の椅子(1948年)
  • 覗かれた足(1951年)
  • 女性に関する十二章(1954年)
  • 少年探偵団・第一部 二十面相の復讐(1957年)[3]
  • 少年探偵団・第二部 夜光の魔人(1957年)
  • 壊音 KAI-ON(2002年)

著書[編集]

  • 『ペトルウシュカの独白』(1975年、三恵書房
  • 『バレエと私の戦後史』(1977年、毎日新聞社
  • 『バレエへの招待』(1980年、日本放送出版協会
  • 『舞踏家の汗の中から晴れた空に…』(1984年、未來社
  • 『劇場芸術への道 - オペラ・バレエ・演劇を志す人のために』(1984年、未來社)

主な受賞歴[編集]

  • 第1回毎日演劇賞演出賞(1946年)
  • 紫綬褒章(1978年)
  • 舞踏功労賞(東京新聞社、1983年)
  • 勲四等旭日章(1986年)

脚注[編集]

  1. ^ 現在の東京バレエ団とは直接の関係はない。
  2. ^ 小牧正英氏(舞踊家)が肺炎のため死去 - おくやみ(nikkansports.com)2010年5月1日閲覧
  3. ^ 「仮面の男」を始めとして、7役を演じている。

外部リンク[編集]