さて今週は…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さて今週は…
ジャンル 報道番組トーク番組
出演者 黒柳徹子
永井道雄
名和太郎
塩口喜乙
日比野和幸
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年10月2日 - 1978年3月26日
放送時間 日曜 18:25 - 18:55
放送分 30分
テンプレートを表示

さて今週は…』(さてこんしゅうは)は、1977年10月2日から1978年3月26日までテレビ朝日系列局で放送されていたテレビ朝日製作の報道番組トーク番組である。放送時間は毎週日曜 18:25 - 18:55 (日本標準時)。サントリーの一社提供。

概要[編集]

朝日新聞社の全面協力により、同社の記者をはじめとするジャーナリストたちがレギュラー出演していた番組で、彼らが報道できなかったエピソードや後日談などを主に紹介していた。番組は「永井道雄のぶうらん閑話」と「徹子と日曜記者クラブ」の2コーナーで構成されていた[1]。この要素は、同じく朝日新聞社が制作に携わった後番組『日曜夕刊!こちらデスク』の立ち上げに生かされた。 当初は「天声人語」のテレビ版として広告代理店が企画し、朝日新聞社とサントリーの了解を得られていたが、論説委員の反対により企画を変更、「朝日新聞の記者がお酒を飲みながら仕事やニュースの裏話をする」という形でスタートした。また当初、司会はフランキー堺が務める予定であった。

出演者[編集]

司会[編集]

レギュラー[編集]

当番組タイトルの名付け親でもあった。

永井以外のメンバーは全員朝日新聞所属。肩書は放送当時のもの。毎回、このメンバーに加わる形で、現役の朝日新聞記者がゲスト出演していた。

スタッフ[編集]

上記のレギュラーに加え、裏方ではあるが番組のテーマや出演記者を決める企画会議のメンバーも朝日新聞から登用されていた。こちらも肩書は放送当時のもの。

裏方ではあったが、番組内でマリファナを議題に挙げた際に顔出しで出演し、レギュラーの日比野と論争になった。これがテレビで私見、自己主張を述べた初めての体験だと後年自著で語っている[2]。当番組終了後、筑紫を残しメインに据える形で後番組「こちらデスク」がスタートする。

参考文献[編集]

  • 中島清成『無名記者の挽歌』中央公論新社、2009年10月。全国書誌番号:21690360ISBN 978-4-12-004075-7NCID BA91856890OCLC 462791059
  • 筑紫哲也『ニュースキャスター』集英社〈集英社新書〉、2002年6月。全国書誌番号:20314470ISBN 4-08-720145-7NCID BA57253123OCLC 52093544

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞朝日新聞社、1977年10月2日付のラジオ・テレビ欄。 
  2. ^ 筑紫哲也『ニュースキャスター』集英社〈集英社新書〉、2002年6月19日、31-32頁。
  3. ^ 現在の朝日新聞出版(2008年4月より分社化)。
テレビ朝日系列 日曜18:25枠
前番組 番組名 次番組
緊急指令レスキュー+4英語版
(1977年5月22日 - 1977年9月25日)
さて今週は…
(1977年10月2日 - 1978年3月26日)
日曜夕刊!こちらデスク

こちらデスク

(1978年4月2日 - 1982年3月28日)
※18:00 - 18:30
一休さん 再放送
※18:30 - 19:00