田邊昭知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田邊 昭知
生誕 (1938-11-15) 1938年11月15日(79歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 高千穂商科大学付属高等学校卒業
ジャンル グループ・サウンズ
職業 ドラマー
田辺エージェンシー代表取締役社長
芸能プロモーター
放送作家
担当楽器 ドラムス
活動期間 1950年後半-1970年
事務所 新興楽譜出版社・ホリプロ→スパイダクション
共同作業者 スウィング・ウエスト
ザ・スパイダース
米軍キャンプ廻り

田邊 昭知田辺 昭知、たなべ しょうち、1938年11月15日 - )は、日本芸能プロモーター放送作家、元音楽家俳優田辺エージェンシー代表取締役社長。元田辺昭知とザ・スパイダースのリーダー兼ドラマー日本音楽事業者協会(JAME)会長。

東京都出身。愛称はショー坊昭坊)、ショウちゃん昭ちゃん)。妻は元歌手の小林麻美

来歴・人物[編集]

高千穂商科大学付属高等学校卒業。

10代の頃から米軍キャンプ廻りによりドラムを始め、オールスターワゴン、スウィング・ウエストにて活躍。1961年に「田辺昭知とザ・スパイダース」を結成。1966年には日本ビクターレコード事業部内のフィリップスレーベル(現:ユニバーサルミュージック)及び新興楽譜出版社と契約と同時に、グループ名を「ザ・スパイダース」に正式変更する。

同年ホリプロダクションから独立し、スパイダクションを設立。メンバーのプレイングマネージャーとしても先見の明を大いに発揮し、現在の田辺エージェンシーの基盤を創ることになる。 メンバー主演映画数本にて親分肌な役柄で人気を得る上、加賀まりことも映画で共演したり、役者も志したが、1970年にマネージメントに専念するため、シングルをリリースして第一線から引退。

1973年にスパイダクションの規模を拡大し、田辺エージェンシーに改称。その後はタモリらを見い出し、芸能界のスターに育てている。1991年には同事務所に所属していた小林麻美(小林は芸能界から引退)と結婚。小林との間に1男を儲ける。

また、自社所属タレントのタモリの番組(『タモリ倶楽部』『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』など)を手がけたこともある。

近年は表舞台に登場することはあまりないが、2017年にかまやつひろしが逝去した際にはそのお別れの会でザ・スパイダースのメンバーを引き連れてドラム演奏を披露している[1]

エピソード[編集]

1967年、スパイダースのハワイツアーコンサートの際、堺正章かまやつひろしらメンバーが英語で流暢な自己紹介をする中、緊張が頂点に達した田邊は英語が頭から飛んでしまい、思わず「This is 昭知 of 田邊!」と挨拶してしまったと、タモリがラジオで暴露したことがある。

「This is」は許容できるとしても、姓名の間に「of」を入れるってなんだよ、とタモリが述懐していた。

作品[編集]

※いずれも、「田辺昭知」名義。

楽曲[編集]

番組[編集]

バラエティ
ドラマ
  • 青春の影(テレビ朝日) - 企画・プロデュース
  • レッスンC(テレビ朝日) - 企画・プロデュース

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]