スウィング・ウエスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スウィング・ウエスト
Swing West
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロカビリー
グループ・サウンズ
活動期間 1957年 - 1970年
レーベル 日本コロムビア
ビクターレコード
ユニオンレコード(テイチク
メンバー 湯原昌幸(ボーカル)
梁瀬トオル(ギター、ボーカル)
西口弘孝(ドラムス)
飯田隆二ベース
横山博二キーボード
坂本隆則(ギター)
旧メンバー 堀威夫(リーダー)
寺本圭一ボーカル
清野太郎(ボーカル)
佐川ミツオ(ボーカル)
守屋浩(ボーカル)
田邊昭知ドラムス
喜多村次郎サイドギター
植田嘉靖ギター

スウィング・ウエスト(もしくはザ・スウィング・ウエストスイング・ウエスト)は日本ロカビリーバンドおよびグループ・サウンズバンドである。

1957年結成。当初はロカビリーのバンドとして活躍したが、1960年代中期にエレキバンドに転身、さらにグループ・サウンズのスタイルとなって1966年にレコードデビュー。

メンバー[編集]

来歴[編集]

ワゴン・マスターズを脱退した堀威夫(後のホリプロ社長)によって1957年3月に結成され、ロカビリーのバンドとして暫く活動した。

エレキブームの到来を受けて、1964年頃にエレキバンド化を図り、1965年12月ポリドールから発売されたオムニバスLPにインスト2曲で参加する。その後、湯原昌幸らバンドボーイなど3人をボーカルに加え、1966年7月15日日本ビクターより、歌入りの曲「流れ者のギター」でシングルデビューした。

1967年、バンド再編でメンバーを入れ替えグループ・サウンズのスタイルになり、同年9月10日テイチクの洋楽レーベル・ユニオンから「恋のジザベル」で再デビューした。その後、シングルとアルバムを相次いでリリースしたが大きなヒットには結びつかず、バラード路線に転換。1968年5月10日に発売された「幻の乙女」のB面収録曲・「雨のバラード」がヒットした。その後は大きな結果を出すことなく1970年に解散した[2]

2000年5月30日ヤクルトホールで開催された寺本圭一のデビュー50周年記念コンサートにて、オリジナルメンバー8人により一日だけ再結成した[3]

ディスコグラフィー (ロカビリー期)[編集]

シングル[編集]

  • トニー・パークス / 東京カリプソ/ウイロー・ツリー (1957年12月、日本コロムビア SB-36。B面のバックがスイング・ウエスト)
  • 清野太郎 / ダイアナ/ドント (1958年5月、日本コロムビア SB-39。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 清野太郎 / 流れ星を拾って (1958年5月、日本コロムビア SB-40。堀威夫とスイング・ウエスト。B面はトニー・パークス「君はわが運命」)
  • 清野太郎 / クレイジイ・ラブ/思い出の指環 (1958年6月、日本コロムビア SB-41。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 清野太郎 / 冷い女/ロックを踊る宇宙人 (1958年6月、日本コロムビア SB-42。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 大野義夫 / 山の人気者/インディアン・ラブ・コール (1958年7月、日本コロムビア SA-99。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 中島そのみ / ハイティーン・ベビー (1958年6月、日本コロムビア SA-105。堀威夫とスイング・ウエスト。A面は神戸一郎「俺はハイティーン」)
  • 清野太郎 / 月と太陽のフラ/大野義夫 / テキサスのミルクマン (1958年8月。日本コロムビア SA-116。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 清野太郎 / お尋ね者の唄/大野義夫 / 僕のエデン (1958年11月。日本コロムビア SA-146。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 中島そのみ / 月は地球をまわってる/フラ・フープ・ソング (1958年11月、日本コロムビア SA-149。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • フレディ・クイン / アット・ザ・トップ/ストッド・アップ (1958年、ポリドール DP-1062。スイング・ウエスト、フォア・コインズ)
  • 守屋浩 / 檻の中の野郎たち/俺のあの娘 (1959年7月、日本コロムビア SA-201。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 中島そのみ / 真夏の磯の昼下り/守屋浩 / 恋の渚 (1959年9月、日本コロムビア SA-234。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 守屋浩 / 達者でいるよお母さん/あの娘が空から降って来た (1959年10月、日本コロムビア SA-253。A面のバックが堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 守屋浩 / 夜のため息/想い出は消えはしない (1959年11月、日本コロムビア SA-286。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 小林旭 / 口笛が流れる港町/泣きたい街角 (1959年11月、日本コロムビア SA-309。A面のバックが堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 守屋浩 / ボン・ボヤージ/二十四条知ってるかい (1960年2月、日本コロムビア SA-315。B面のバックが堀威夫とスイング・ウエスト)
  • トミー藤山 / テネシー・ヨーデル・ポルカ/カウボーイ・エレジー (1960年2月、日本コロムビア SA-316。A面のバックが堀威夫とスイング・ウエスト。B面のバックがコロムビア・オーケストラ)
  • 守屋浩 / 癪な雨だぜ/おヽ青春 (1960年3月、日本コロムビア SA-347。A面のバックが堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 守屋浩 / 俺のあの娘/こんな恋だってあるんだぜ (1960年4月、日本コロムビア SA-381。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 小坂一也 / ローハイド/連邦保安官(1960年5月、日本コロムビア SA-382。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 中島そのみ・重山規子・団令子 / お姐ちゃんに任しとキ (1960年7月、日本コロムビア SA-420。堀威夫とスイング・ウエスト。B面は神戸一郎「海にゃ俺らの夢がある」)
  • 佐川ミツオ / 二人の並木路/恋をしようよ (1960年7月、ビクター VS-366。堀威夫とスイング・ウエスト)
  • 佐川ミツオ / 可愛いあの娘は拾と六/僕の夢 (1960年9月、ビクター VS-386。スイング・ウエスト)
  • 小坂一也 / 遥かなるアラモ/アラモの歌(1960年12月 SA-506。大森俊夫とスイング・ウェスト)
  • 佐川ミツオ / 熱海ブルース/湯島の白梅 (1961年4月、ビクター VS-494。大森俊雄とスイング・ウエスト)
  • 佐川ミツオ / 船頭小唄/波浮の港 (1961年5月、ビクター VS-514。B面のバックが大森俊雄とスイング・ウエスト)
  • 佐川ミツオ・渡辺マリ / ほんとかい、かい節 (1962年1月、ビクター VS-620。原田良一とスイング・ウエスト。A面は佐川ミツオ「波止場仁義」)
  • 佐川ミツオ / 山男の唄/星空のあなた (1962年5月、ビクター VS-700。A面のバックが原田良一とスイング・ウエスト)
  • 瀬川純子 / ある恋のバラード/人魚が町にやって来た (1962年、キング EB-711。B面のバックがスウィング・ウエスト)

アルバム[編集]

  • 堀威夫とスイング・ウエスト / スイング・ウエスト・リサイタル (1959年7月、日本コロムビア AL-159)
  • V.A. / コロムビア・ヒット・メロディー集 (1959年3月、日本コロムビア AL-137) *堀威夫とスイング・ウエスト。「ロカビリー剣法」
  • 守屋浩 / 夜のため息 (1960年1月、日本コロムビア AL-193)
  • 守屋浩 / 青春をうたう (1960年5月、日本コロムビア AL-209)
  • 原田良一とスイング・ウエスト / キミとボクのヒット・パレード (1962年、東芝音楽工業 JPO-1211)

ディスコグラフィー (GS期)[編集]

シングル[編集]

  • 流れ者のギター/待っててシンディー(1966年7月15日、日本ビクター SPV-74)
  • 恋のジザベル/君が好きなんだ(1967年9月10日、テイチク US-545-J)
  • スキーがからだにとっついた/こんこんこなゆきこんばんは(1967年11月10日、UPS-553-J)
  • 君の唇を/さいはての涙(1968年1月10日、テイチク US-562-J)
  • ストップ・ザ・ミュージック/心のときめき(1968年2月15日、テイチク US-568-J)
  • 幻の乙女/雨のバラード(1968年5月10日、テイチク US-579-J)
B面曲だった『雨のバラード』は、発表時のメンバー・湯原昌幸が解散後の1971年4月にリメイクし、これが大ヒットとなった。
  • 涙のひとしずく/渚の乙女(1968年10月25日、テイチク US-601-J)
  • 悲しき天使/ビー・マイ・ベイビー(1969年1月15日、テイチク US-611-J)
  • そよ風のバラード/愛の終り(1969年3月25日、テイチク US-613-J)
『そよ風のバラード』は、テリー・ジャックスの同名の曲とは無関係。
  • レッツ・ダンス/愛の詩(1969年6月25日、テイチク US-624-J)
  • 孤独/白銀のバラード(1969年9月25日、テイチク US-628-J)

EP[編集]

  • ジョンガラ・ビート (1967年、テイチク SUW-73-J) *じょんがら節~そうらん節~津軽よされ節~北海盆唄
  • おてもやん・ア・ゴーゴー (1968年1月、テイチク SUW-76-J) *おてもやん~五ツ木の子守唄~鹿児島小原節~ひえつき節

アルバム[編集]

  • ジョンガラビート エレキによる日本民謡集(1967年12月、テイチク UPS-1009-J)
  • よされでゴーゴー(1968年1月10日、テイチク UPS-1017-J)
  • ゴーゴー勧進帳(1968年2月、テイチク UPS-1024-J)
  • ステッピン・ア・ゴーゴー(1968年5月、テイチク UPS-1053-J)
上記4作は全てインストゥルメンタル。
  • 雨のバラード/ザ・スウィング・ウエスト・オン・ステージ(1969年3月、テイチク UPS-5205-J)
歌と演奏は全てメンバー自身によるものだが、一部の曲は効果音として歓声を加えてライブ風に仕上げている(純粋なライブの音源ではない)。

アルバム (オムニバス)[編集]

  • 狂熱のエレキ・ギター合戦 (1965年12月、ポリドール SLJM-1211) *スイング・ウエスト。「ロックン・ロール・ミュージック」「太陽の彼方に」

脚注[編集]

  1. ^ 植田嘉靖は「恋のジザベル」を最後にプレーヤーから引退(当時植田が務めたバンドマスターは、ボーカルの湯原昌幸が引き継いだ)。その後植田は、マネジメント業を主とする傍ら、作詞家・作曲家としても活動し(作詞のみ「こうじはるか」の筆名を使用)、「雨のバラード」などを世に送った。
  2. ^ 後年の湯原昌幸の証言では、解散については「売れてる時の喧嘩別れではなくて、自然消滅」としている。GSブームも末期となった頃には、スウィング・ウエストも歌謡曲バンドへの転身を図り、「夜の仕事」も始めて「食うため(だけ)というスタイルになっていた」という。そんななかで湯原はソロ歌手への転向を決意し、バンドを離脱。その後もスウィング・ウエスト自体は、他のボーカルを入れて暫く活動を続け、たまにそれを湯原が手伝うこともあったという(黒沢進「熱狂!GS図鑑」より)。
  3. ^ 芸能界のドン 一夜だけの歌手復帰スポニチアネックス、2000年5月24日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]