D album

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
D album
KinKi Kidsスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
プロデュース KinKi Kids
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2001年度年間44位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会[1][注 1]
  • KinKi Kids アルバム 年表
    KinKi KaraoKe Single Selection
    (2000年)
    D album
    (2000年)
    E album
    2001年
    『D album』収録のシングル
    テンプレートを表示

    D album』(ディー・アルバム)は、KinKi Kidsの4枚目のオリジナル・アルバム2000年12月13日発売。発売元はジャニーズ・エンタテイメント

    解説[編集]

    この年ベスト・アルバムKinKi Single Selection』のリリースもあり、オリジナルアルバムのリリースは前作『C album』から約1年4ヶ月ぶりとなった。

    ベストアルバム発売を機に、「夏の王様/もう君以外愛せない」からは作品のプロデュースをKinKi Kids自ら担当し、本作以降一貫してセルフプロデュースとなっている。本作でも堂本剛と堂本光一のソロ曲を1曲ずつ収録している。セルフプロデュースにあたって、光一はアレンジミクスチャーに積極的に関わったが、剛はそもそもセルフプロデュースであることを知らなかったらしく、名義的にはKinKi Kidsだが、実際は光一が主に動いていた模様。次作からは剛もプロデュースに関与している。

    収録曲[編集]

    ※シングル曲の解説は各シングルのページを参照

    1. Burning Love
      (作詞・作曲:オオヤギヒロオ 編曲:宗像仁志
    2. Back Fire
      (作詞:戸沢暢美 作曲・編曲:石塚知生 コーラスレンジ:岩田雅之
    3. 夏の王様
      (作詞:康珍化 作曲:羽田一郎 編曲:船山基紀
      10thシングルの1曲目。
    4. Misty
      (作詞・作曲:堂島孝平 編曲:CHOKKAKU
      自身のベストアルバム『39』にも収録されている。
    5. エンジェル
      (作詞:浅田信一 作曲:谷本新 編曲:白井良明 コーラスアレンジ:松下誠
    6. 十二月 - 堂本剛
      (作詞・作曲:堂本剛 編曲:新川博
      アルバムの発売時期に沿ったタイトル通り、を描いた作品。
    7. ナンとかしましょう
      (作詞:三井拓 作曲・編曲:Face 2 fAKE コーラスアレンジ:佐々木久美
    8. こたえはきっと心の中に
      (作詞・作曲・編曲:堂島孝平)
      サビではファルセットが多用されている。1番を剛、2番を光一、ラストのサビを2人で歌うパート構成。
    9. 永遠の日々… - 堂本光一
      (作詞・作曲:堂本光一 編曲:石塚知生 / 鶴田海生
    10. 欲望のレイン
      (作詞:戸沢暢美 作曲:宮崎歩 編曲:鈴木雅也
    11. KinKi Kids forever
      (作詞・作曲・編曲:Jonas Saeed 日本語詞:尾上一平
      堂本剛・堂本光一出演の森永製菓「ダース」CMソング
      CMは本作収録前から放映されていた。当初のバージョンは全英語詞だったが、フルバージョンとして製作・収録するにあたり、日本語詞が書き加えられている。楽曲自体は本作のみ収録であり、全英語詞のバージョンは2007年ベストアルバム『39』に収録されている。なお、コンサートなどでは披露されている。
    12. もう君以外愛せない
      (作詞・作曲:周水 (canna) 編曲:重実徹)
      10thシングルの2曲目。
    13. Hey!和
      (作詞・作曲:永井真人 編曲:CHOKKAKU)

    出版者 3:日音、12:日本テレビ音楽株式会社&ジャニーズ出版、13:ジャニーズ出版&フジパシフィック音楽出版、その他全曲:ジャニーズ出版

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数40万枚以上の作品に適用。

    出典[編集]

    1. ^ 日本レコード協会 認定作品 2000年12月度認定作品の閲覧。 2018年1月28日閲覧

    外部リンク[編集]