生き人形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生き人形』(いきにんぎょう)は、工業デザイナータレント稲川淳二が実際に体験したという怪談。またはその作品名。稲川淳二の代表的な怪談の一つ。

概要[編集]

稲川淳二の数ある怪談の中でも、40年以上の長きに渡り現在も進行中という異例の内容を持っている。自身の著書でランキング1位に挙げる程のお気に入り怪談でもあるが、テレビ出演等でこの話に触れると様々な怪奇現象に遭ったことから「今では口にしたくない」と述べている。また、1999年に催された講演では「どこからが怪談で、どこからが現実なのかという話になってしまう」とも語っている。

あらすじ[編集]

1976年のある深夜、ラジオ番組の出演を終えた稲川は、同番組ディレクターと共にタクシーで帰路についていた。その道すがら、通行途中の高速道路で少女のような人影を目撃する。

その後、人形遣いで著名な前野博から「新しく手に入れる人形を使って舞台をやるから、座長として出てくれないか」と誘いを受ける。親しい友人でもあった前野からの依頼ということもあり稲川は快諾するが、その人形の顔が以前に高速道路で見かけた少女と瓜二つであったことに気付き、嫌な予感を覚える。そしてその予感は的中し、人形の製作師が行方不明、台本作家宅が全焼、 前野の従兄弟が急死するといった不幸な出来事が続く。

舞台は公演日を迎え、上々の評判を得てテレビ出演もする。しかし、ある日の公演で、稲川以外の全ての出演者やスタッフに怪我があり、その怪我の箇所が理由は違えど皆揃って右手と右足であることを知る。更にその後、稲川以外の出演者全員が謎の体調不良で倒れてしまい、昼の公演開催が不可能となってしまったことから、稲川の発案で関係者一同の御祓いを霊験あらたかといわれる寺院でしてもらう。幸い当日の夜には出演者の体調も回復し、夜の公演も無事行われる事となったが、その公演中に舞台上の出演者が本来の人数より一人多いことに稲川は気付く。また、少女人形の右手が突然割れたり、小道具の棺桶がビクとも動かなかったり、その棺桶から仕掛けていないが立ち込めてきたりと不可解な出来事が続き、最後には出演者かつらに突然が付くなどして続行は不可能となり、公演は中止となる。

やがて、稲川が懇意にしていた大阪のテレビ局スタッフから、この公演にちなんだ不可解な出来事を某ワイドショー番組で取り上げたいとの依頼が来る。スタッフの熱意に押された稲川は渋々承諾するが、その番組スタッフや出演者の身にも不可解な現象が続々と起こり、番組放送中においても視聴者が認識出来る程の怪奇現象が起きる。更に人形遣い前野の身にも恐ろしい出来事が襲いかかる。

その後、知人の霊媒師に人形を視てもらうと、その霊媒師は「稲川さん、この人形何に使ったんですか?この人形、生きてますよ。たくさんの女の怨念が憑いてる。」と言い、稲川から舞台の内容を知らされると「あなたそんな事やったら、ダメに決まっている!」と告げ、最も怨念が強いのは、赤坂の某料亭の娘であった少女の霊で、太平洋戦争末期の空襲で被弾し、右手と右足を失っている事を明かした。加えてその霊媒師は対の少年人形があることも視透かし、その上で「下手に拝むと襲われる。いいですね、必ず寺に納めるんですよ。」と厳命される。だが、前野が人形を手放す事は無く、その後も少女人形と夫婦のように暮らしていた。が…

エピソード[編集]

  • この話に関わった者には災いが起きると言われており、漫画化した永久保貴一も様々な体験をしている。
    • 稲川への取材インタビュー時に編集担当者や父親、アシスタントが階段で足を踏み外し足を怪我、漫画を描くための机上が水浸しになる、漫画の執筆中に怪音が響き体調を崩す、編集部のミスにより当初40ページだった予定が30ページにまで内容を削除される、右手以外の右半身に痛みを伴う異常などの現象に見舞われた[1]
    • 漫画執筆後も怪現象は続き、右上の奥歯の神経が化膿して痛む、母親の顔の右側が湿疹で腫れ上がる、アシスタント2人の右足に火傷といった症状に遭った。また、『生き人形』の単行本が発売された日には急に体調を崩し、ベッドに入ったまま別の漫画を描いていたという。その後も『生き人形』の原稿が編集部から返却された後に、右上の奥歯が痛み出し、漫画の執筆中に腹部の激痛を感じ診断したところ、十二指腸がねじれており、他にも胃潰瘍が発見されその場で入院する事となった。医師によると血を吐いて倒れる寸前であったという[2]
  • 怪談研究家の小池壮彦による著書では、関係者からの様々な証言がまとめられている[3]
    • ワイドショー・プラスα』のスタッフには現場にいながらスタジオ内の異常に気付かなかった。
    • 3時にあいましょう』でのエピソードはスタジオ内のカーテンがただ落ちただけという。
    • 当時の舞台に出演していた俳優によると、人形の顔が変わったのは確かだが、土が固まる事により変わった可能性がある事や、人形の手足がねじれる事はあったが普通に直して使用していた事、髪の毛が伸びた事もあるが湿気が原因ではないかと述べている。
    • 前野と親交のあった人形師がテレビ番組に少年人形と少女人形を持ち込んだところ、占い師の女性から人形を近づけないよう注意されたことがあるという。
    • 人形の製作者は人形の髪が伸びるという話に関して、髪がずれて伸びたように見えるだけだと仲間内で笑っていたという。また、話中では行方不明になっていた事に関しても、京都に旅行に行っていただけだと証言している。

作品[編集]

アルバム[編集]

ビデオ[編集]

漫画[編集]

  • 『生き人形』永久保貴一(1985年、朝日ソノラマ)
  • 『続・生き人形』永久保貴一(2008年、メディアボーイ社→実業之日本社)

ゲーム[編集]

  • 古伝降霊術 百物語~ほんとにあった怖い話~(セガサターン、1997年、ハドソン)
ゲーム開始時の生年月日入力で18歳未満だった場合隠しシナリオ(18歳以上だと別の話になる。)として101話目に登場。稲川淳二が肉声で語る。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 永久保貴一 「描いた私も呪われた①」『生き人形』 集英社2000年8月16日、83 - 90頁。ISBN 9784834271584
  2. ^ 永久保貴一 「描いた私も呪われた②」『生き人形』 集英社2000年8月16日、283-285頁。ISBN 9784834271584
  3. ^ 小池壮彦 「真説・生き人形-異才の人形師・前野博の原風景」『怪奇事件はなぜ起こるのか』 洋泉社2008年8月13日、92-108頁。ISBN 9784862482921

外部リンク[編集]