3時にあいましょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
3時にあいましょう
Kagaku gijyutsukan.jpg
番組の生放送が行われた科学技術館
ジャンル ワイドショー番組
出演者 船越英二
野際陽子
毒蝮三太夫
天地総子
伊丹十三
神煕玲
竹下典子
五十嵐喜芳
野村泰治
遠藤泰子
三雲孝江
野口雅子
岡部達
城戸真亜子
蓮舫
岡田泰典 ほか
オープニング 番組テーマ曲を参照
エンディング 同上
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年7月2日 - 1992年10月2日
放送時間 月 - 金曜 15:00 - 15:55
放送枠 TBSテレビ系列平日午後のワイドショー枠
放送分 55分

3時にあいましょう』(さんじにあいましょう)は、TBS系列で、1973年7月2日から1992年10月2日まで、月曜日から金曜日の15時台に生放送されたワイドショーである。

番組概要[編集]

1968年にスタートしたフジテレビ系列『3時のあなた』に対抗して開始された。当初は、船越英二野際陽子が司会者であり、内容も生活情報が中心だったが[1]、1975年4月[2]から、NHKを退職したばかりの野村泰治が4代目司会者になってからは、鬼沢慶一みといせいこ桂菊丸竹下典子ら個性の強いリポーター陣を配し、スピード感のある凶悪事件・スキャンダル中心の芸能情報中心の内容に路線転換し[1]、長年にわたり『3時のあなた』とともに熾烈なスクープ合戦を行った。

開始して3か月間は15:00 - 16:00と丁度1時間だったが、1973年10月1日から15:55 - 16:00に番宣番組『テレビガイド』を設置したため5分短縮し15:00 - 15:55の放送になる。その後、1975年1月から『テレビガイド』中断で再び1時間に戻るが、3か月後の同年4月から『テレビガイド』再設置で再び5分短縮された。

番組スポンサーは、主に不定期で花王(1992年3月まで[3])が提供した時期があるが、番組の前半のみで、青森テレビ・中国放送では、1時間通して花王に加え、ローカルスポンサーも提供した[4]。他の系列局でも、後半のスポンサーはついた局とつかなかった局もある。なお、花王がスポンサーとなったのは、『3時のあなた』にライオンが提供していたためであり、朝のワイドショーではこれが逆になっていた。

『スーパーワイド』にリニューアル[編集]

1992年4月、司会が蓮舫岡田泰典(TBSアナウンサー)に交代し、タイトルロゴとテーマ曲も一新して若返りを図るが、同年10月2日を以って19年3か月の歴史に幕を下ろす。『スーパーワイド』にリニューアルされた。

その他のエピソード[編集]

ピーコが出演し、服やかばんのファッションを見る「辛口ピーコのファッションチェック」という人気コーナーがあった。これは元々ピーコが出演していたフジテレビの朝のワイドショーで皇室一家や芸能人の装いを見てコメントをしていたのを発展させたものである。後番組『スーパーワイド』に続き、TBSの午後ワイドショーの休止の後、フジテレビ『ビッグトゥディ』→『2時のホント』に移行され、これら番組の終了後、『ジャスト』でTBSに復帰。

一人の芸能人を一週間の行動を尾行する「尾行大作戦」というコーナーがあった。

真理占星学神煕玲が占いのコーナーを持っていた。

番組のラスト近くで報道局からのニュースコーナーがあった[5]。また、占い師・ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベの占いのコーナーもラスト近辺にあった。金曜日のエンディング前には「今週の一曲」として、主に演歌を放送していた時期もあった。

一部のテレビ雑誌新聞で、番組欄の掲載文字に制限があったため(特に地方局でハーフサイズ以下で載せる場合に)、「3時にあい」「3時にあおう」「3時にあいましょ」と略されたことがある。

大半の番組スタッフは、『あさチャン!』(火曜・金曜のTBSビジョンと木曜の泉放送制作は本番組と同じ制作会社)などに移っている。

本番組のオープニングタイトル(提供クレジットの直前)およびCMの直前には、テレビ画面の右下に白丸を表示させていた。これはいわゆる「ネットキュー(信号)[6]」がまだ完全に機能していなかった時代および、ネット受け全局がネットキューを受けられる体制になかった時代の各局へ対する「合図」の役割を果たしていたものである[7]

番組開始当初からアバンタイトルの方式を使い、3時の時報とともに最初の話題の映像資料VTRを流してから[8]その後女性コーラス(後期は男女混声。最末期はMALTA「HAVE A NICE DAY」)が「ル・ル・ル〜、3時に〜あ〜いましょう〜」と歌うタイトルコールとタイトル字幕の大写しを入れて→提供クレジット→スタジオ進行部分(日によってはVTR→スタジオ進行部分→タイトル→提供クレジットと入れ替えることもあった)という流れだった。なお花王が「花王石鹸」から社名を変更した初期の頃の冒頭は1社協賛番組共通のクレジットを使っていた。但し、昭和天皇が倒れられた1988年9月20日以降、しばらくの期間は、3時の時報が流れた直後にアバンタイトル無しで、歌うタイトルコールが流れた。

芸能人に関してのテロップは敬称を使わずに放送していた(後のTBSの情報番組や一部の報道番組も同様)。

この番組はTBS本社のスタジオからの放送ではない(詳細後述)ため、テロップは予め用意できているものを除き、基本的に手書き文字によるものであった(後番組『スーパーワイド』も同じ)。

1989年10月26日、番組スタッフがオウム真理教幹部に弁護士・坂本堤のインタビューを放送前に視聴させ、オウム真理教による坂本堤弁護士一家殺害事件の引き金となった。詳細はTBSビデオ問題を参照。

1981年2月18日に放送された『噂の刑事トミーとマツ』の第60回目「ナヌ!ドラマの犯人が本物だァ?」では、劇中に本番組が登場している。

1978年4月[9]から1979年9月[10]の午前11:00から『11時にあいましょう』という生活情報番組が放送されていた[11]

出演者[編集]

司会[編集]

「3時にあいましょう」歴代司会者
期間 司会者
1973年7月 - 1973年12月 船越英二 野際陽子1 毒蝮三太夫
1974年1月 - 1974年3月 天地総子
1974年4月 - 1974年9月 伊丹十三 竹下典子
1974年10月 - 1975年3月 五十嵐喜芳
1975年4月 - 1978年9月 野村泰治 遠藤泰子
1978年10月 - 1985年9月 三雲孝江
1985年10月 - 1988年3月 野口雅子
1988年4月 - 1992年3月 岡部達 城戸真亜子
1992年4月 - 1992年9月 蓮舫2 岡田泰典2
  • 1 産休のため途中降板。
  • 2 次番組の『スーパーワイド』も続投。

レギュラー[編集]

  • 鬼沢慶一(芸能リポーター、当番組の芸能デスクを兼任)
  • 天地総子(開始初期のみ、コーナー担当として金曜放送分のみ出演→1974年1月より野際の後任の女性司会者として全曜日に出演)
  • 和田アキ子(開始初期のみ、コーナー担当として金曜放送分のみ出演)
  • 竹下典子(1974年4月より3代目の女性司会者としてレギュラー入り。1975年の番組リニューアルに伴い、1年で司会陣からは降板したが、その後も番組末期までリポーターとして出演を継続)
  • 井上加寿子(事件リポーター)
  • 桂菊丸(事件リポーター)
  • みといせいこ(芸能リポーター、のちに『モーニングEye』へ移籍)
  • ピーコ(金曜日の1コーナー「辛口ピーコのファッションチェック」を担当)
  • 岩居由希子
  • 浦口直樹(TBSアナウンサー)
  • 宮内恒雄(リポーター、「尾行大作戦」担当)
  • 多岐川まり子(リポーター)、ほか

コメンテーター[編集]

ニュースコーナー担当[編集]

タイトルロゴ[編集]

  • 1973年7月 - 1988年3月:初代
  • 1988年4月 - 1992年3月:2代目 (一部にメガネをデザイン)
  • 1992年4月 - 1992年9月:3代目 (左上に時計をデザイン)

番組テーマ曲[編集]

  • 1973年7月 - 1988年3月:曲名・作曲者不明。オープニングは女性コーラスあり、エンディングはコーラスの無いスローテンポ。
  • 1988年4月 - 1990年9月:1世代前のアレンジ版。オープニングはジャズ風アップテンポと、悔やみ時のスローテンポの2種類存在した。共に男性コーラス。
  • 1990年10月 - 1992年3月:MALTA「HAVE A NICE DAY」
  • 1992年4月 - 1992年9月:MIEKO「あなたのままで」(エンディング曲)。この曲の一部分は後継番組のスーパーワイドのCM前ジングルにも使われていた。

歴代スタジオセット[編集]

TBSのスタジオではなく千代田区北の丸公園科学技術館内にある千代田ビデオのスタジオから生放送されていた[1]。(『料理天国』の収録もここで行われていた。なお千代田ビデオの関連会社である千代田企画が制作を担当していたフジテレビの一部番組も同所を使用して番組収録を行っていた)。

『スーパーワイド』初期も1994年3月まで同所から生放送されていた(ニュースのコーナーのみTBS局内の報道局から)。1994年4月から最終回まではTBS本社(テレビ局舎のCスタジオ→放送センター稼働後の1994年10月からは放送センターDスタジオ)から生放送されていた。

1988年4月 - 1991年3月
  • 1991年3月までだけ一部改良となった。
1991年4月 - 1992年9月
  • モニターだけ流用。上に「ON AIR NOW」、下に「LET'S GET TOGETHER AT 3.」「TOKYO BROADCASTING SYSTEM」「JAPAN NEWS NETWORK」が書かれていた。

ネット局[編集]

新局開局に伴う開始は●を付加した。

放送対象地域 放送局 備考
関東広域圏 東京放送 制作局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ 1975年3月31日から[12]
岩手県 岩手放送 現:IBC岩手放送
1991年4月1日から[13]
宮城県 東北放送 1975年3月31日から
山形県 テレビユー山形 ●1989年10月2日から
福島県 テレビユー福島 ●1983年12月5日から[14]
山梨県 テレビ山梨
長野県 信越放送 1980年10月1日から
新潟県 新潟放送 1976年4月1日から[15]
静岡県 静岡放送 1978年10月2日から
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
富山県 テレビユー富山 ●現:チューリップテレビ
1990年10月1日から
石川県 北陸放送 1991年10月1日から
近畿広域圏 朝日放送 現:朝日放送テレビ
1975年3月28日まで
毎日放送 1975年3月31日から
腸捻転解消に伴い移行
岡山県
岡山県
香川県
山陽放送 1976年4月5日から[16]
1983年3月までの免許エリアは岡山県のみ
1983年4月から香川県でも放送
広島県 中国放送 1975年3月31日から
愛媛県 伊予テレビ ●現:あいテレビ
1992年10月1日・2日のみ放送
高知県 テレビ高知 開始時期不明[17]
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 1988年10月3日から
熊本県 熊本放送 1986年3月31日から
大分県 大分放送 1975年3月31日から
宮崎県 宮崎放送 1990年4月2日から
鹿児島県 南日本放送 1982年10月1日から
沖縄県 琉球放送 1987年3月30日から[18]

ネット局に関する備考[編集]

青森テレビ等の一部地域の局では、オープニングの提供クレジットが差し替えられていた(中・晩期。初期は不明)。

近畿広域圏では1974年8月まで、朝日放送が全国高校野球選手権大会中継を、1975年3月31日以降、毎日放送が選抜高校野球大会中継を放送する時は、ほぼ大会全期間にわたって休止された。ただし、MBS移行直後まで開催の有無にかかわらずの休止(雨天中止時は再放送番組で埋め合わせ)だった。

山陰放送ではドラマの再放送枠であった。

信越放送静岡放送北陸放送南日本放送テレビ朝日系列新局開局による移行である。また長崎放送熊本放送宮崎放送テレビ朝日系列平日昼の情報番組枠の時間枠変更による移行である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 東京放送(編集) 『TBS50年史』、2002年、279頁。 
  2. ^ 関西地区のネット局が朝日放送から毎日放送に変更されたほか、青森テレビ東北放送中国放送でネットが開始した。
  3. ^ 花王のスポンサー撤退の理由は、1992年4月から最終回まで司会を担当した蓮舫が当時、ライオンのデオドラント商品「Ban」のCMに出演していたため。
  4. ^ オープニングでは花王とローカルスポンサーが一緒に紹介された一方、エンディングではローカルスポンサーのみが紹介されていた。1990年代半ばまで広島・呉地域(JOER-TV/広島4ch)と備後地域(JOEE-TV/尾道10ch)でスポンサーが異なっていたが、末期は広島・呉・備後地域の企業の共同提供となっていた。
  5. ^ ただし、JNN完全ネットではなかった当番組内では「JNN」の名称を出さなかった(名称を出せば、TBS自身が「加盟全局での同時一斉放送」を謳ったJNN排他協定に抵触するため)。この形式は、後の『はなまるマーケット』でも見られた(同番組は2009年4月からJNN協定適用となった)。
  6. ^ 映像信号に組み込まれた制御信号のこと。ネットで受けている各局がこの信号を受信することで、各局は自動的に映像を切り替えたり、ローカルCMを放送させることができる機能。現代においては、この信号を受けることで例えば「何分後にはネットに復帰する」などの細かな設定も可能となっている。
  7. ^ 「ネットキュー」については、『放送技術』2008年11月号他の記事より要約・引用。
  8. ^ そのためタイトルコールが入るのが3時20分頃にずれ込むことがよくあった。これは後の『ザ・ワイド』(読売テレビ・日本テレビ)も同様であった(1時55分開始、2時20分〜30分あたりにタイトル→提供)。
  9. ^ 1978年4月1日 毎日新聞朝刊11面
  10. ^ 1979年9月28日 毎日新聞朝刊24面
  11. ^ 関東ローカルと思われるが、系列各局のネット状況は不明。
  12. ^ ANN離脱とJNN正式加盟によるNETとのクロスネット解消・TBS単独系列局化実現を機にネット開始(出典:青森テレビ社史本『青森テレビ十年の歩み』『ATV20年のあゆみ』より)。
  13. ^ 以前はフジ系の『3時のあなた』→『タイム3』をネット。岩手めんこいテレビ開局に伴いネット開始。
  14. ^ 開局前のJNN加盟局であった福島テレビは、FNSとのクロスネット局で(1983年4月にフジテレビ系フルネット局化)、『3時のあなた』を最後までネットしていた。11月28日から12月2日まではサービス放送期間内でのネット。
  15. ^ 富山新聞 1976年4月1日付朝刊テレビ欄より
  16. ^ 読売新聞・岡山版。1976年4月5日、16ページ、テレビ・ラジオ欄。
  17. ^ 1975年3月末の時点ではネットされていなかった。
  18. ^ 前番組は、ローカル情報番組『RBCジャーナル』だった。

関連項目[編集]

TBS 平日15時台
前番組 番組名 次番組
ザ・ガードマン
(ここまでドラマ再放送枠)
3時にあいましょう
スーパーワイド
※14:00 - 16:00
TBS 平日15:55 - 16:00枠
ザ・ガードマン
※14:00 - 16:00
3時にあいましょう
(1973年7月 - 9月)
【5分短縮して継続】
テレビガイド
※一旦休止
3時にあいましょう
(1975年1月 - 3月)
【5分拡大→5分縮小】
テレビガイド
※再設置