やっさんのはちゃめちゃ捕物帖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やっさんのはちゃめちゃ捕物帖
ジャンル コントバラエティ番組お笑い番組
出演者 横山やすし
木村進
間寛平
木村一八
製作
制作 朝日放送(ABCテレビ)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年9月25日 - 1985年7月1日
放送時間 日曜 12:00 - 12:45
放送枠 日曜笑劇場
放送分 45分
テンプレートを表示

やっさんのはちゃめちゃ捕物帖』(やっさんのはちゃめちゃとりものちょう)は、1983年9月25日から1984年7月1日まで朝日放送(ABCテレビ)で毎週日曜 12:00 - 12:45 (JST) に放送された公開バラエティ番組お笑い番組)。『日曜笑劇場』の第2作目で、大阪なんば花月劇場(旧)からの中継録画で行われていた。

概要[編集]

当時人気絶頂期だった横山やすし主演による捕物コメディーであり、基本的に銭形平次をはじめ数ある捕物劇のパロディ要素が含まれていた。前作『あっちこっち丁稚』からの続投である木村進間寛平をはじめとする吉本新喜劇のメンバーが脇を固めていた。オープニングでは、やすしがモーターボートで犯人を追いかけるも犯人を追い越してしまう演出が取り入れられていた。

番組内容[編集]

  • 江戸時代大坂を舞台にした捕物劇。“やっさん親分”こと、はちゃめちゃの目明かし・安次(やすし)が2人の子分(木村、間)を従え、大坂の町で起こった数々の事件を解決していくストーリーとなっている。毎週のお約束となった事件解決後の安次の締めの決め台詞は「まっかせなさ〜い!!」。

その他[編集]

出演者[編集]


朝日放送 日曜笑劇場(1983.9 - 1984.7)
前番組 番組名 次番組
やっさんのはちゃめちゃ捕物帖
(第2作)
  • ※『お笑い花月劇場』から改題
    ※土曜13:00 - 13:55から枠移動・10分短縮