バイきんぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイきんぐ
メンバー 小峠英二
西村瑞樹
結成年 1996年
事務所 ワタナベエンターテインメント東京吉本→フリー→SMA NEET Project
活動時期 1997年-
出身 大阪NSC17期生
出会い 大分県の自動車教習所
旧コンビ名 バイキング、めすどり同好会
現在の活動状況 テレビ、ライブ
芸種 コント
ネタ作成者 小峠英二
過去の代表番組 イツザイ
イツザイS
同期 ヤナギブソンザ・プラン9)、青空、梶本貴史(シェーン)、ゴリけん
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
キングオブコント2008 準決勝進出
キングオブコント2011 準決勝進出
第2回オンバト+チャンピオン大会3位
キングオブコント2012 優勝
テンプレートを表示

バイきんぐは、SMA NEET Project所属のお笑いコンビ。共に大阪NSC17期生。吉本時代の同期には、ヤナギブソンザ・プラン9)などがいる[1]

キングオブコント2012王者。コンビ名の名付け親は飛石連休の藤井。[2]

メンバー[編集]

  • 小峠 英二(ことうげ えいじ、1976年6月6日 - )[3]主にツッコミ担当
福岡県田川郡大任町出身。
身長170cm、体重55kg。O型。
福岡県立東鷹高等学校[4]卒業。
趣味:音楽鑑賞・映画鑑賞、特技:ギター。
中学時代は野球部。3年間補欠だった。
芸人になりたいと思い始めたのは高校生の時だった[5]
年齢の割に老けた顔とスキンヘッドが特徴。梶本貴史(シェーン)とトークライブ「同期の動機」を行っている。
害虫駆除のアルバイトをしており、キングオブコントの決勝当日も朝6時まで働いていた[6]大和一孝スパローズ)のバイト先の害虫駆除会社に駆除数で勝った。
同じくキングオブコントのチャンピオンである東京03のファンである。仕事で彼らに会った際には、握手を求めたり「単独ライブの準備はどれ位前から始めるんですか?」と質問するなど、一般人のファンのような振る舞いをしてしまった。
かつては尋ねられたら月収の額を答えていたが、ブレイクしテレビ出演などが増えたことにより50万円を超え、答え難くなってきた。「言わない人の気持ちが分かってきた」とのこと。(2013年3月)
「Tシャツを4秒以内に畳むことが出来る」という特技を持っている。この特技を「アメトーーク!」の「一人暮し長~い芸人」で披露したが、やり方を忘れてしまい4秒以内に畳むことは出来無かったため、エンディングでもう一度挑戦するが結局成功できず「うわぁ~何で畳めないんだ!」と嘆いた。
水曜日のダウンタウン」(TBS)にプレゼンターとして出演する際に松本人志から毎回自身の頭が亀頭に似てることを驚かれるようなリアクションで弄られるのがお約束となっている。本人曰く「町歩いていたら一般人にち○ち○って言われる」「松本さんが余りにも言うからち○ち○のWikipediaに名前が載ってる」とネタにしてる。さらに同番組で2014度ドッキリに一番引っ掛かった「ドッキリキング」の称号を獲ている。
2015年、サンプラザ中野くんとユニット「坊坊主(ボーボーズ)」を結成し、8月26日にアルバム「励ます」をリリース[7]
2014年11月頃、タレントの坂口杏里との交際が報じられ、テレビ出演時には坂口から「ことぅーげ」という愛称で親しまれてる事に関して弄られていたが、2015年6月頃に破局したと2015年7月14日放送の「有田チルドレン」で告白し、破局の深層を語った。[8]
  • 西村 瑞樹(にしむら みずき、1977年4月23日 - )主にボケ担当
広島県広島市出身。同県安芸郡府中町育ち。
身長171cm、体重64kg。O型。
兵庫県立尼崎稲園高等学校卒業。
趣味:映画・TVゲーム、特技:野球・カラオケ、休日の過ごし方:寝ること。
コールセンターのクレーム処理のアルバイトをしていた際、長い経験の結果スーパーバイザーという立場になっていた。
熱狂的な広島東洋カープファン[9]。左利き。
内村さまぁ〜ず」に出演した際は内村光良さまぁ〜ずから司会進行の上手さを褒められ、オープニングで司会を務めた小峠が何度もカンニングペーパーを読み間違えていたことから、大竹一樹に「オープニングも逆(西村が司会)でやればスムーズにいったんじゃないの」と突っ込まれた[10]

略歴[編集]

  • 二人が初めて出会ったのは大分県の自動車教習所の合宿とのこと。この時はあまり話もしなかったが、後に大阪NSCの面接の時に再会し、「これは運命だ」と思って結成を持ちかけた[5]
  • 1996年5月結成。芸歴の浅い芸人が多いSMAにおいて数少ない、結成15年を超えるコンビである。
  • 1996年、NSC17期生としてNSCへ入学する。後に、活動へのモチベーションを保つのが難しくなった事をきっかけに上京。
  • 1999年頃、ワタナベエンターテインメントに所属、2004年頃に東京吉本へ所属するも、ともに1年ほどで契約解除となっている[11][12]
  • 結成から数年間は「バイキング」の表記だったが、後に「バイきんぐ」に改名。改名の切っ掛けはホームページの作成で、「バイキング」だとレストランが多数ヒットしてしまうので検索されやすいように「バイきんぐ」にしたという。2005年頃は「めすどり同好会」と名乗って活動した時期もあった。
  • 事務所ライブへの出演の他に、かつては同事務所の先輩であるハリウッドザコシショウとのユニットライブ「やんべえ」を二箇月に一回ペースで開催していた。
  • キングオブコントでは2008年と2011年に準決勝進出。2012年に決勝に初進出し、5代目チャンピオンに輝いた。
    • 1stステージで「卒業生」というネタを披露し、歴代最高得点の「967/1000点」を獲得。
    • 2ndステージで「帰省」というネタを披露し「974点」とさらに記録を更新し、総合でも歴代最高得点「1941点」を獲得した。なお、このネタで小峠が発した「なんて日だ!」というフレーズは本人の持ちギャグにもなっている。
  • 第2回オンバト+チャンピオン大会に年間ランキング3位で出場。ファイナルステージに進出。(結果は3位)
  • また、小峠はピンでR-1ぐらんぷり2011で準決勝に進出している。ネタは美味しすぎるロールケーキに文句を付けるという内容。

芸風[編集]

ネタは主にコント。これまでの持ちネタの中には、ジージャンジーパンサングラスという姿でワイルドな一言を言うネタがある(『エンタの天使』、『爆笑レッドカーペット』などで披露)一方で、SMを思わせるようなネタや、紙おむつで顔を叩いたりするなどという芸を『イツザイ』などで披露したことがあり、この番組中で「汚ねぇ系コント」と言われたことがあった。上記のネタでは小峠がボケを担当している。

現在のネタは小峠の怒り口調のツッコミが特徴。この他には、ファミコンを故人に見立てて遺影を持ってのコント、「何度も強盗に入られるコンビニ」、「帰省」、「処方箋」のコントなどがある。

元々ボケ・ツッコミが逆であった[13]ためか、今でも小峠がボケに転じたり、ボケを交えたツッコミをすることがある。小峠はこのコンビを「西村は“いかにも言いそうなことを言うバカの役”で、自分はそれを注意する役」で“バカと注意のコンビ”でもあるといったことを語っている[13]

小峠曰く「ボケ・ツッコミというよりも、バカと注意」ということを意識してネタを書いているという。特に「ボケにならないバカのラインを見つけるのは大変」とのこと[14]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

DVD[編集]

  • 『まめ』Vol.1 〜若手芸人コンプリート・カタログ〜
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル2
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル3
  • 伊集院光のばらえてぃー だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻(小峠のみ)
  • 伊集院光のばらえてぃー ラジオの魅力に迫りまSHOW!〜投稿しNIGHT〜巻(小峠のみ)
  • 伊集院光のばらえてぃー 裸裸裸フィッシングの巻(小峠のみ)
  • 伊集院光のばらえてぃー ノンアルコールドミノ毒入りの巻(小峠のみ)
  • 伊集院光のばらえてぃー 体内時計でぴったんこの巻

書籍[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • In 197666『BouQuet』(2014年4月) - 小峠のみ。バンド名と同じ1976年6月6日生まれである縁から出演[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヤナギブソンのブログ 2006年8月15日
  2. ^ 藤井のtwitter 2012年9月22日
  3. ^ SMA NEET Project バイきんぐ
  4. ^ 2年生までは田川東高等学校。
  5. ^ a b De☆Viewオリコン・エンタテインメント)2012年12月号でのインタビューより。
  6. ^ KOC2012 紹介VTR、及び本人の発言より
  7. ^ サンプラザ中野くんとバイきんぐ小峠、新ユニット「坊坊主」結成”. お笑いナタリー (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  8. ^ バイきんぐ小峠、坂口杏里と破局…なんて日だ!ケンコバに暴露された”. スポニチ (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  9. ^ 「"お笑い氷河期"が溶ける兆しは全くない」単独ライブ前にバイきんぐが語った"シビアな現状"!!
  10. ^ 第153回『内村さまぁ〜ず』「テレビで大事な大体の事を教わりたいバイきんぐ達!!」
  11. ^ コメ旬によるインタビュー
  12. ^ M-1GPアーカイブ 2004年10月16日
  13. ^ a b 『コメ旬』Vol.005(キネマ旬報社)内「バイきんぐインタビュー」より。
  14. ^ 2012年11月15日創刊コメ旬Vol.005
  15. ^ バイきんぐ小峠“偶然を愛する”縁でIn 197666のPV主演

外部リンク[編集]