バイきんぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バイきんぐ
VIKING
メンバー 小峠英二
西村瑞樹
結成年 1996年
事務所 ワタナベエンターテインメント東京吉本フリーSMA NEET Project
活動時期 1997年-
出身 大阪NSC17期生
影響 東京03
出会い 大分県の自動車教習所
旧コンビ名 バイキング
めすどり同好会
現在の活動状況 テレビ、ライブ
芸種 コント
ネタ作成者 小峠英二
過去の代表番組 イツザイ
イツザイS
同期 ヤナギブソンザ・プラン9)、青空、梶本貴史(シェーン)、ゴリけん
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
キングオブコント2008』 準決勝進出
キングオブコント2011』 準決勝進出
第2回オンバト+チャンピオン大会』 3位
キングオブコント2012』 優勝
テンプレートを表示

バイきんぐは、SMA NEET Project所属のお笑いコンビである。共に大阪NSC17期生。吉本時代の同期には、ヤナギブソンザ・プラン9)などがいる[1]

キングオブコント2012』王者。コンビ名の名付け親は飛石連休の藤井ペイジ[2]

メンバー[ソースを編集]

小峠 英二(ことうげ えいじ、1976年6月6日 - [3])主にツッコミ担当(時々ボケ担当)。

西村 瑞樹(にしむら みずき、 (1977-04-23) 1977年4月23日(39歳) - [3])主にボケ担当(時々ツッコミ担当)。

略歴[ソースを編集]

  • 二人が初めて出会ったのは大分県の自動車教習所の合宿とのこと。この時はあまり話もしなかったが、後に大阪NSCの面接の時に再会し、「これは運命だ」と思って結成を持ちかけた[7]
  • 1996年5月結成。芸歴の浅い芸人が多いSMAにおいて数少ない結成15年を超えるコンビである。
  • 1996年、NSC17期生としてNSCへ入学する。後に、活動へのモチベーションを保つのが難しくなった事をきっかけに上京。
  • 1999年頃、ワタナベエンターテインメントに所属、2004年頃に東京吉本へ所属するも、ともに1年ほどで契約解除となっている[11]
  • 結成から数年間は『バイキング』の表記だったが、後に『バイきんぐ』に改名。改名の切っ掛けはホームページの作成で、『バイキング』だとレストランが多数ヒットしてしまうので検索されやすいように『バイきんぐ』にしたという。2005年頃は『めすどり同好会』と名乗って活動した時期もあった[要出典][12][出典無効]
  • 事務所ライブへの出演の他に、かつては同事務所の先輩であるハリウッドザコシショウとのユニットライブ『やんべえ』を2005年から2か月に1度のペースで開催していた[13]
  • キングオブコント』では2008年と2011年に準決勝進出。2012年に決勝に初進出し、5代目チャンピオンに輝いた。
    • 1stステージで『卒業生』というネタを披露し、当時の歴代最高得点である967点(1000点満点)を獲得[14]
    • 2ndステージで『帰省』というネタを披露し974点とさらに記録を更新し、総合でも歴代最高得点の1941点を獲得した。なお、このネタで小峠が発した「なんて日だ!」というフレーズは本人の持ちギャグにもなっている。
  • 『第2回オンバト+ チャンピオン大会』に年間ランキング3位で出場。ファイナルステージに進出。(結果は3位)
  • また、小峠はピンで『R-1ぐらんぷり2011』で準決勝に進出している。ネタは美味しすぎるロールケーキに文句を付けるという内容。
  • 前述のKOC優勝後はメディアへの露出が増えたが、小峠がピンで出ることが増加した。

芸風[ソースを編集]

ネタは主にコント。これまでの持ちネタの中には、ジージャンジーパンサングラスという姿でワイルドな一言を言うネタがあった一方で、SMを思わせるようなネタや、紙おむつで顔を叩いたり、小峠が西村の足の裏を舐めたりするなどという芸を披露したことがあり、これら一連のネタは「汚ねぇ系コント」と言われたことがあった[15]。上記のネタでは小峠がボケを担当している。

現在のネタは小峠の怒り口調のツッコミが特徴。この他には、ファミコンを故人に見立てて遺影を持ってのコント、『何度も強盗に入られるコンビニ』、『帰省』、『処方箋』のコントなどがある。

元々ボケ・ツッコミが逆であった[16]ためか、今でも小峠がボケに転じたり、ボケを交えたツッコミをすることがある。小峠はこのコンビを「西村は“いかにも言いそうなことを言うバカの役”で、自分はそれを注意する役」で“バカと注意のコンビ”でもあるといったことを語っている[16]

ネタ作りは小峠が担当しており、西村がアイデアを出すこともあるがあまり採用されていない[17]。小峠曰く「ボケ・ツッコミというよりも、バカと注意」ということを意識してネタを書いているという。特に「ボケにならないバカのラインを見つけるのは大変」とのこと[18]

逸話[ソースを編集]

NHK突撃!アッとホーム」の「ファミリー トレジャー ハンティング」コーナーにおいてロケ中に坂本龍馬直筆の手紙を発見している。時期的に見て暗殺直前の手紙ではないかと考えられるもので世紀の大発見であった。発見の一部始終は番組で放送され、所有者に小峠がしつこく食い下がった末に世に出たことから小峠の功績を評価する声は大きい。 [19]

出演[ソースを編集]

小峠単独での出演は、小峠英二の項を参照。

テレビ[ソースを編集]

レギュラー
準レギュラー(または不定期出演)
過去のレギュラー
その他の出演

映画[ソースを編集]

  • 海すずめ(2016年7月2日) - 編集者・三井 役(小峠)、編集者・小林 役(西村)

ネット配信[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

DVD[ソースを編集]

  • 『まめ』Vol.1 〜若手芸人コンプリート・カタログ〜(2005年9月21日、徳間ジャパンコミュニケーションズ TKBU-5211)
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル(2006年6月7日、日本クラウン CRBP-10042)
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル2(2007年10月24日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2291)
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル3(2008年10月22日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2292)
  • 伊集院光のばらえてぃーポニーキャニオン
    • だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻(2012年2月24日 PCBG-11141) - 小峠のみ
    • ラジオの魅力に迫りまSHOW!〜投稿しNIGHT〜巻(2012年4月27日 PCBG-11143) - 小峠のみ
    • 裸・裸・裸フィッシングの巻(2012年5月25日 PCBG-11144) - 小峠のみ
    • ノンアルコールドミノ毒入りの巻(2012年6月29日 PCBG-11145) - 小峠のみ
    • 体内時計でぴったんこの巻(2012年7月27日 PCBG-11146)
  • ちょっぴり恥ずかしいけど笑ってほしいから見てほしい ―SMAお笑いカーニバル総集編―(2017年2月17日、ゴマブックス[20]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヤナギブソンのブログ 2006年8月15日(2013年5月1日時点のアーカイブ
  2. ^ 藤井のtwitter 2012年9月22日
  3. ^ a b SMA NEET Project バイきんぐ
  4. ^ 1994年校名改称のため、2年生までは田川東高等学校。
  5. ^ a b 「土曜プレミアム」 2013年3月23日(土)放送内容『さんま&くりぃむの第14回芸能界(秘)個人情報GP』”. カカクコム (2013年3月23日). 2016年12月19日閲覧。
  6. ^ いつも!ガリゲル 『キュンキュングランプリ2』後編”. gooテレビ (2015年5月31日). 2016年12月19日閲覧。
  7. ^ a b De☆Viewオリコン・エンタテインメント)2012年12月号でのインタビューより。
  8. ^ 次回「同期の動機」のお知らせ”. バイきんぐ小峠オフィシャルブログ「見ル前ニ跳べ」 (2013年5月22日). 2016年12月19日閲覧。
  9. ^ サンプラザ中野くんとバイきんぐ小峠、新ユニット「坊坊主」結成”. お笑いナタリー (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  10. ^ 「"お笑い氷河期"が溶ける兆しは全くない」単独ライブ前にバイきんぐが語った"シビアな現状"!!(2014年6月2日時点のアーカイブ
  11. ^ コメ旬によるインタビュー(2013年7月1日時点のアーカイブ
  12. ^ 有名人データベース PASONICA JPN「バイきんぐ」[出典無効]
  13. ^ 何が面白いのか分からない? 『R-1』王者・ハリウッドザコシショウの“正体””. Yahoo!ニュース (2016年3月8日). 2016年12月19日閲覧。
  14. ^ 2013年大会でかもめんたるが982点を獲得し更新。
  15. ^ 「ファンがいない」「需要がない」でも“コント日本一”バイきんぐの多忙で穏やかな日常”. ニコニコニュース (2012年12月14日). 2016年12月19日閲覧。
  16. ^ a b 『コメ旬』Vol.005(キネマ旬報社)内「バイきんぐインタビュー」より。
  17. ^ バイきんぐ:解散危機5回、コンビ結成は偶然 いまさら聞けないネクストブレーク芸人(MANTANWEB、2013年1月1日)
  18. ^ 2012年11月15日創刊コメ旬Vol.005
  19. ^ バイきんぐ発掘“龍馬の手紙”の価値は1500万円!”. スポーツニッポン (2014年4月12日). 2016年12月19日閲覧。
  20. ^ バイきんぐ等人気芸人のレア映像を収録! DVD『ちょっぴり恥ずかしいけど笑ってほしいから見てほしい ―SMAお笑いカーニバル総集編―』が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!”. ゴマブックス ポータルサイト (2017年2月1日). 2017年3月14日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]