バイきんぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バイきんぐ
VIKING
メンバー 小峠英二
西村瑞樹
結成年 1996年5月
事務所 ワタナベエンターテインメント
吉本興業
フリー
ソニー・ミュージックアーティスツ
活動時期 1997年 -
出身 NSC大阪校17期
出会い 大分県自動車教習所
旧コンビ名 バイキング
めすどり同好会
現在の活動状況 テレビ、ライブ
芸種 コント
ネタ作成者 小峠英二
過去の代表番組 イツザイ
イツザイS
同期 ヤナギブソンザ・プラン9
あべこうじ
井上マー
くまだまさし
佐久間一行
カラテカ
ハローバイバイ
ニブンノゴ!
ロビンフット
パイレーツ
ドランクドラゴン
黒瀬純パンクブーブー
平子祐希(アルコ&ピース
ガリットチュウ
松田洋昌(ハイキングウォーキング
バッドボーイズなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2011年 オンバト+第2回チャンピオン大会 3位
2012年 キングオブコント 優勝
2012年 第8回決戦!お笑い有楽城 優勝
テンプレートを表示
バイきんぐ Official YouTube Channel
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年 -
ジャンル コメディ
登録者数 18.3万人
総再生回数 25百万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年1月21日時点。
テンプレートを表示

バイきんぐは、ソニー・ミュージックアーティスツSMA NEET Project)に所属する日本のお笑いコンビ1996年5月結成。NSC大阪校17期出身。吉本時代の同期にはヤナギブソンザ・プラン9)などがいる[1]

キングオブコント2012王者。コンビ名の名付け親は藤井ペイジ(飛石連休[2][3]

メンバー[編集]

小峠 英二(ことうげ えいじ 1976年6月6日[4] - )(45歳)
福岡県田川郡大任町出身。福岡県立東鷹高等学校[5]卒業。
ツッコミ(時々ボケ)・ネタ作り担当、立ち位置は向かって左。
西村 瑞樹(にしむら みずき 1977年4月23日[4] - )(44歳)
広島県広島市出身、同県安芸郡府中町育ち。兵庫県立尼崎稲園高等学校卒業[6]
ボケ(時々ツッコミ)担当、立ち位置は向かって右。

略歴[編集]

  • 2人が初めて出会ったのは大分県自動車教習所における合宿。当時はあまり会話も交わさなかったが、後にNSC大阪校での面接の際に再会し「これは運命だ」と思い、1996年5月結成[7]
  • 1996年、NSC大阪校へ17期生として入学。後に活動へのモチベーションを保つのが難しくなったのをきっかけに上京。
  • 1999年頃はワタナベエンターテインメントに所属、2004年頃に東京吉本へ所属するもどちらも1年ほどで解除となっている[8]
  • 結成当初は『バイキング』表記だったが、後に現在のものへ改名。改名の理由はネット検索にて食べ放題の飲食店と間違えられないようにするため[9]。ワタナベ、吉本と事務所を転々としていた低迷期の一時期には、事務所主催ライブ以外のフリーライブへ出演するためコンビ名を『めすどり同好会』に改名し、個々の芸名も小峠がクロヒョウ、西村がバードマンとしていた時期があった[10]
  • 事務所ライブへの出演の他に、かつては同事務所の先輩であるハリウッドザコシショウとのユニットライブ『やんべえ』を2005年から2か月に1度のペースで開催していた[11]
  • キングオブコント』では2008年と2011年に準決勝進出。2012年に決勝へ初進出し、優勝。
    • 1stステージにて『卒業生』を披露し、当時の歴代最高得点である967点(1000点満点)を獲得[12]
    • 2ndステージでは『帰省』を披露。974点とさらに記録を更新し、総合でも歴代最高得点の1941点を獲得した。このネタで小峠が発した「なんて日だ!」というフレーズは本人の持ちギャグにもなっている。

芸風[編集]

主にコント。店などの日常的なテーマ設定で、非常識な振る舞いをする西村のボケに対して小峠が怒り口調でツッコむのが特徴。ネタによっては奇妙な味の雰囲気や設定のコントも存在する(『店じまい』『以前の住人』『マキガミ』など)。この他にはファミコンを故人に見立てた遺影を持ってのコント、『コンビニ強盗』『処方箋』『セールスマン』『口パク落語』『雨の日サービス』『ぼったくりバー』『有休』『交通量調査』『クイズ番組』などがある。

ネタ作りは小峠が担当しており、西村がアイデアを出すこともあるがあまり採用されていない[13]。小峠はこのコンビを「西村は“いかにも言いそうなことを言うバカの役”で、自分はそれを注意する役」で“バカと注意のコンビ”でもあるといった旨を語っている[14]。特に「ボケにならないバカのラインを見つけるのは大変」とのこと[15]

かつての持ちネタの中にはジージャンジーパンサングラスという姿でワイルドな一言を発するネタや、SMを思わせるようなネタや紙おむつで顔を叩いたり、小峠が西村の足の裏を舐めたり亀甲縛り状態になったりするなどを披露したことがあり、これらのネタは「汚ねぇ系コント」と言われたことがあった[16]。結成当初はボケ・ツッコミが逆で[14]、上記のネタでは小峠がボケを担当していた。現在でも小峠が途中からボケに転じたり、ボケを交えてツッコむことがある。

逸話[編集]

NHK突撃!アッとホーム」の「ファミリー トレジャー ハンティング」コーナーにおいて、ロケ中に坂本龍馬直筆の手紙を発見している。時期的に見て暗殺直前の手紙ではないかと考えられるもので世紀の大発見であった。発見の一部始終は番組で放送され、所有者に小峠がしつこく食い下がった末に世に出たことから小峠の功績を評価する声は大きい[17]

キングオブコントで優勝する直前までは、2ヵ月に1回新ネタを6本披露するライブを4年間開催していたが小峠は3年経った時に一旦辞めようと決意した際、ハリウッドザコシショウに「辞めるのは駄目だよ、もう1年頑張ればキングオブコントの決勝に行ける」と激励され、小峠も「ザコシさんがそこまで言うのならあと1年頑張ります」と続行を決意。小峠によるとその残りの1年で完成したネタが「帰省」だったという。

出演[編集]

メンバー単独での出演はそれぞれ、小峠英二・西村瑞樹の項を参照。

テレビ[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー(または不定期出演)[編集]

  • 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!テレビ東京)- レポーター
  • 水曜日のダウンタウンTBS)- 小峠はプレゼンター(準レギュラー)、西村も主にドッキリ要員として不定期出演している。
  • タモリ倶楽部テレビ朝日)- 不定期出演 
    • 小峠のみの出演も含む
  • 芸能人格付けチェック(テレビ朝日)- 大予選会に出場
    • 芸能人格付けチェック2014 お正月スペシャル 結果は予選敗退。
    • ABC創立65周年 芸能人格付けチェック 2016お正月スペシャル 結果は予選敗退。
    • 芸能人格付けチェック 2017 お正月スペシャル 結果は予選敗退。
    • 芸能人格付けチェック 2018 お正月スペシャル 結果は決勝敗退。
    • 芸能人格付けチェック 2019 お正月スペシャル 結果は予選敗退。

過去のレギュラー[編集]

過去の準レギュラー[編集]

  • 趣味バカサンテレビ)- 小峠のみ準レギュラー。西村も料理のミニコーナーのレギュラーを持つなど出演経験あり。小峠は「バイきんぐ小峠」名義で「CP」、西村は「カリー西村」名義で「ケータリング」としてエンドロールにクレジットされている。

その他の出演[編集]

  • オンバト+NHK総合)戦績7勝3敗 最高521KB
    • 第2回チャンピオン大会 ファイナルステージ3位
    • キングオブコント優勝後にも通常回(2012年11月10日、2013年3月9日放送回)に出場してオンエアを勝ち取っている。これは歴代王者の中でも唯一バイきんぐしか達成していない記録となっている[18]
  • 虎の門(テレビ朝日、テレビ初出演)
  • ワッチミー!TV×TV(2008年4月28日、BSフジ
  • あらびき団(2008年5月14日、TBS)
  • お台場お笑い道フジテレビ721
  • お笑い図鑑 ハマヌキtvk
  • エンタの天使日本テレビ
    • 2008年7月27日(第5回)、キャッチコピーは「神出鬼没な笑金稼ぎ」
    • 2010年3月24日(第15回)、キャッチコピーは「葬式中に喜ぶ男」。元々は『エンタの神様』の番組中で収録されたものだったが、未放映だったためこの回にこちらで放送。
  • イツザイ(2008年9月27日・10月18日、テレビ東京)- キャッチコピーは「あと一歩で本格派」
  • キングオブコント(TBS)
    • 2008年、セミファイナリスト。
    • 2011年、セミファイナリスト。
    • 2012年、優勝。
  • 爆笑レッドカーペット(2008年11月18日、フジテレビ)- キャッチコピーは「おもしろさ食べ放題」
  • 新春ゴールデンピンクカーペットSP(2009年1月1日、フジテレビ)- キャッチコピーは「おもしろさ食べ放題」
  • イツザイS(テレビ東京)
  • バカヂカラTOKYO MX
  • 超能力スペシャル2010 今夜奇跡が?世界最強超能力者×最新脳科学 ナゾ解明プロジェクト(2010年1月4日、TBS)
  • 芸人報道(日本テレビ)- 2012年4月2日 小峠のみ
  • 新進気鋭(2012年8月11日、日本テレビ)
  • サタネプ☆ベストテン (2012年9月1日、TBS)
  • オールスター感謝祭
    • オールスター感謝祭'12秋超豪華!クイズ決定版
    • オールスター感謝祭'14秋アノ話題の人がナマで大暴れSP
    • オールスター感謝祭2016春
    • オールスター感謝祭2016秋
    • オールスター感謝祭2017春
    • オールスター感謝祭2017秋
  • 笑点 (日本テレビ)- 2012年10月28日
  • アメトーーク!(テレビ朝日)
    • ○○じゃない方芸人 2017(2017年6月1日)
    • 女性人気ない芸人(2018年2月22日)
    • 相方向上心ない芸人(2018年10月11日)
  • 関ジャニ∞のジャニ勉(テレビ朝日)- 2013年3月27日
  • ゴッドタン(テレビ東京)
    • 第3回バカヤロウ徒競走(2012年12月1日・8日)
    • DVD発売記念 第2のヒム子オーディション(2015年5月17日)
    • マジギライ1/5(2015年11月14日)
    • コンビ芸開発委員会(2016年10月16日)
    • キモンスターズ・チャンプ7(2017年8月13日)
  • 内村さまぁ〜ず(2013年3月4日・2014年4月28日・2015年3月2日、内さま.com・TOKYO MXほか)
  • 小力の小部屋 第162回(2013年6月17日、マシェリバラエティ、ニコニコ生放送、スカパー!275ch
  • 突撃!アッとホーム(2014年3月22日 - 2015年3月7日、NHK総合)- 「ファミリー トレジャー ハンティング」コーナー
  • ごちそんぐDJNHK Eテレ) - ナレーション
  • とんねるずのみなさんのおかげでした(2014年5月8日、フジテレビ)
  • みんなの大喜利(2018年7月1日、日本テレビ)
  • はじめまして!一番遠い親戚さん(2018年8月12日、日本テレビ)
  • A-Studio (2018年9月21日、TBS)
  • 大漁JAPAN(テレビ東京)- 小峠:MC、西村:レポーター
    • 大漁JAPAN【地引網で海の底のウマい魚、全部獲って食う!】(2019年12月3日)- 小峠のみ
    • 大漁JAPAN〜地引網で海の底のウマい魚、全部獲って食う!〜(2020年8月14日)
    • 大漁JAPAN〜お祭り地引網でモンスター魚を大漁捕獲!〜(2020年12月11日)
    • 大漁JAPAN【すごい漁でモンスター巨大魚&絶品珍魚を大量捕獲!】(2021年4月23日)
  • 逆襲のビリーちゃん 〜最下位に学ぶ人生の歩き方〜(2019年2月18日、テレビ東京)[19]- 小峠:MC、西村:ビリーちゃんの声
  • 三国志「徹底解明! 英雄たちの真実」(2019年8月3日、NHK-BSプレミアム)- 小峠のみ
  • お先に!ニューノーマル 〜山陰発の新しい日常 調べてみた〜(2020年10月11日、BSS山陰放送[20]
  • ウラ撮れちゃいました(2021年5月9日、テレビ朝日)- 小峠:MC、西村:レポーター

映画[編集]

  • 田沼旅館の奇跡(2015年12月5日)- 本人 役
  • 海すずめ(2016年7月2日)- 編集者・三井 役(小峠)、編集者・小林 役(西村)

劇場アニメ[編集]

ネット配信[編集]

ラジオ[編集]

レギュラー[編集]

その他の出演[編集]

CM[編集]

DVD[編集]

単独公演[編集]

  • バイきんぐ「King」(2012年12月26日、アニプレックス ANSB-55116)
  • バイきんぐ単独ライブ「エース」(2013年9月25日、アニプレックス ANSB-55148)
  • バイきんぐ単独ライブ「Jack」(2014年9月24日、アニプレックス ANSB-55174)
  • バイきんぐ単独ライブ「クィーン」(2015年9月30日、アニプレックス ANSB-55199)
  • バイきんぐ単独ライブ「ハート」(2016年10月26日、アニプレックス ANSB-55227)
  • バイきんぐ単独ライブ「クローバー」(2017年10月25日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2630)
  • バイきんぐ単独ライブ「ROYAL」(2018年10月31日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2649)
  • バイきんぐ単独ライブ「ぺあ」(2019年10月23日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2666)

その他[編集]

  • 『まめ』Vol.1 〜若手芸人コンプリート・カタログ〜(2005年9月21日、徳間ジャパンコミュニケーションズ TKBU-5211)
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル(2006年6月7日、日本クラウン CRBP-10042)
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル2(2007年10月24日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2291)
  • 群雄割拠!SMAお笑いカーニバル3(2008年10月22日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2292)
  • 「イツザイ」 インディーズ芸人スペシャル(2009年3月4日、ワーナーミュージック・ジャパン B001OGTWSU)
  • 伊集院光のばらえてぃーポニーキャニオン
    • だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻(2012年2月24日 PCBG-11141)- 小峠のみ
    • ラジオの魅力に迫りまSHOW!〜投稿しNIGHT〜巻(2012年4月27日 PCBG-11143)- 小峠のみ
    • 裸・裸・裸フィッシングの巻(2012年5月25日 PCBG-11144)- 小峠のみ
    • ノンアルコールドミノ毒入りの巻(2012年6月29日 PCBG-11145)- 小峠のみ
    • 体内時計でぴったんこの巻(2012年7月27日 PCBG-11146)
  • 伊集院光のばらえてぃーぷらす(ポニーキャニオン)
    • 本当は怖い話だった話の巻(2013年1月25日 PCBG-11183)- 小峠のみ
    • ランナーズハイでわっはっはの巻(2013年2月20日 PCBG-11184)
    • おぼえて おぼえて 6ヶ月!!の巻(2013年3月20日 PCBG-11185)
  • 田沼旅館の奇跡(2016年6月29日 よしもとアール・アンド・シー B01FDO3CP2)
  • ちょっぴり恥ずかしいけど笑ってほしいから見てほしい ―SMAお笑いカーニバル総集編―(2017年2月17日、ゴマブックス[23]
  • ベストネタシリーズ バイきんぐ(2017年8月23日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2621)

単独公演[編集]

  • 2008年3月3日 - バイきんぐ初単独ライブ「鬼火」(Beach V
  • 2008年7月29日 - バイきんぐ第2回単独ライブ「けじめ」(Beach V)
  • 2012年10月29日 - バイきんぐ~ベストネタ収録ライブ~「King」(新宿モリエール)
  • 2013年6月27日 - 28日 - バイきんぐ単独ライブ「エース」(北沢タウンホール
  • 2014年6月4日 - 5日 - バイきんぐ単独ライブ「Jack」(北沢タウンホール)
  • 2015年7月2日 - 3日 - バイきんぐ単独ライブ「クィーン」(北沢タウンホール)
  • 2016年7月16日 - 17日 - バイきんぐ単独ライブ「ハート」(北沢タウンホール)
  • 2017年7月13日 - 14日 - バイきんぐ単独ライブ「クローバー」(きゅりあん小ホール)
  • 2018年8月9日 - 10日 - バイきんぐ単独ライブ「ROYAL」(きゅりあん小ホール)
  • 2019年7月25日 - 26日 - バイきんぐ単独ライブ「ぺあ」(四谷区民ホール)
  • 2021年7月17日 - 18日 - バイきんぐ単独ライブ「STRAIGHT」(日本教育会館一ツ橋ホール)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヤナギブソンのブログ 2006年8月15日(2013年5月1日時点のアーカイブ
  2. ^ 藤井のtwitter 2012年9月22日
  3. ^ 『笑いの聖戦』(スコラムック、スコラマガジン 2011年1月25日刊)、p.4 より。
  4. ^ a b SMA NEET Project バイきんぐ
  5. ^ 1994年校名改称のため、2年生までは田川東高等学校。
  6. ^ 「土曜プレミアム」 2013年3月23日(土)放送内容『さんま&くりぃむの第14回芸能界(秘)個人情報GP』”. カカクコム (2013年3月23日). 2017年5月24日閲覧。
  7. ^ De☆Viewオリコン・エンタテインメント)2012年12月号でのインタビューより。
  8. ^ コメ旬によるインタビュー(2013年7月1日時点のアーカイブ
  9. ^ バイきんぐ:解散危機5回、コンビ結成は偶然 いまさら聞けないネクストブレーク芸人 - MANTANWEB 2018年1月19日閲覧。
  10. ^ 番組情報 2018.04.18”. 高田文夫のラジオビバリー昼ズ. ニッポン放送 (2018年4月18日). 2018年9月21日閲覧。
  11. ^ 何が面白いのか分からない? 『R-1』王者・ハリウッドザコシショウの“正体””. Yahoo!ニュース (2016年3月8日). 2016年12月19日閲覧。
  12. ^ 翌年2013年大会で、かもめんたるが982点を獲得し更新。
  13. ^ バイきんぐ:解散危機5回、コンビ結成は偶然 いまさら聞けないネクストブレーク芸人(MANTANWEB、2013年1月1日)
  14. ^ a b 『コメ旬』Vol.005(キネマ旬報社)内「バイきんぐインタビュー」より。
  15. ^ 2012年11月15日創刊コメ旬Vol.005
  16. ^ 「ファンがいない」「需要がない」でも“コント日本一”バイきんぐの多忙で穏やかな日常”. ニコニコニュース (2012年12月14日). 2016年12月19日閲覧。
  17. ^ バイきんぐ発掘“龍馬の手紙”の価値は1500万円!”. スポーツニッポン (2014年4月12日). 2016年12月19日閲覧。
  18. ^ ただし全国ネットの大型お笑いコンテスト優勝者が優勝後にオンバト通常回に出場するケースは、2001年にM-1グランプリで優勝した中川家も前身番組の爆笑オンエアバトル2002年6月22日放送回で経験している。
  19. ^ テレビ東京・BSテレ東 (日本語), 逆襲のビリーちゃん ~最下位に学ぶ人生の歩き方~(テレビ東京、2019/2/18 24:12 OA)の番組情報ページ | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式), https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/201902/25344_201902182412.html 2019年2月18日閲覧。 
  20. ^ お先に!ニューノーマル ~山陰発の新しい日常 調べてみた~”. BSS山陰放送 (2020年). 2020年10月17日閲覧。
  21. ^ バイきんぐ、アニメ声優に初挑戦 『劇場版 夏目友人帳』の妖怪役”. ORICON NEWS (2018年8月14日). 2018年8月14日閲覧。
  22. ^ BIGLOBEがAbemaTVでバイきんぐ小峠さん出演のキャンプ・バラエティ番組を配信 | プレスルーム | ビッグローブ株式会社” (日本語) (2019年2月15日). 2021年2月21日閲覧。
  23. ^ バイきんぐ等人気芸人のレア映像を収録! DVD『ちょっぴり恥ずかしいけど笑ってほしいから見てほしい ―SMAお笑いカーニバル総集編―』が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!”. ゴマブックス ポータルサイト (2017年2月1日). 2017年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]