北朝鮮の核実験 (2017年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2017年9月の北朝鮮の核実験(きたちょうせんのかくじっけん)とは、2017年9月3日朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)咸鏡北道吉州郡豊渓里付近[1][2]において行われた核実験。北朝鮮が核実験を行ったのは2006年2009年2013年2016年1月2016年9月に続き6度目となる。

概要[ソースを編集]

金正恩が署名した実施命令書(9月3日付)

日本の気象庁は2017年9月3日12時31分頃、北朝鮮付近を震源とする自然地震ではない可能性のある地震波を観測した。気象庁によると当該地震の発生時刻は12時29分57秒、地震の震源は北緯41.3度、東経129.1度、深さ0キロメートル、地震の規模はマグニチュード6.1とされる[3]。一方、韓国気象庁韓国軍合同参謀本部はマグニチュード5.7と発表し、米地質調査所はマグニチュード6.3と発表した[1]。北朝鮮の国営テレビ・朝鮮中央テレビは現地時間同日15時、「大陸間弾道ミサイル搭載のため、水爆実験に完全成功した」と発表した。もし確認されれば、北朝鮮による過去最大規模の核実験となる[4]

同日、ジョセフ・ユンアメリカ合衆国国務省北朝鮮担当特別代表、金杉憲治外務省アジア大洋州局長、金烘均大韓民国外交部朝鮮半島平和交渉本部長が電話会談し、北朝鮮を非難するとともに、対応を協議した[5]

核実験から約1週間後の9月11日、国際連合安全保障理事会は北朝鮮に対する制裁決議を全会一致で可決した[6]

脚注[ソースを編集]