北朝鮮の核実験 (2016年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USGSによる2016年9月の北朝鮮核実験の地図

2016年9月の北朝鮮の核実験(きたちょうせんのかくじっけん)とは、2016年9月9日朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)咸鏡北道吉州郡豊渓里付近[1]において行われた核実験。北朝鮮が核実験を行ったのは2006年2009年2013年2016年1月に続き5度目となる。

概要[編集]

9月9日は北朝鮮の建国記念日にあたる。日本の気象庁は同日午前9時30分ごろ、北朝鮮付近で自然地震と異なる地震波を観測した。震源はごく浅く、マグニチュードは5.3と推定される[1]朝鮮中央テレビが、9日「核爆発実験を実施した」と発表した[2][3]

分析[編集]

韓国国防省は今回の爆発規模は、過去の核実験では最大規模のTNT火薬換算10キロトン程度とみている。

韓国気象庁は爆発地点は前回から西に9キロほど離れており、爆発エネルギーは前回の2倍程度としている[4]

国際社会の反応[編集]

国際機関の反応[編集]

  • 国際連合の旗 国際連合 - 9日午後に安全保障理事会が非公開の緊急会合を開き、実験は一連の安保理決議と核の不拡散体制に「明白に違反している」として、「強く非難」する報道機関向けの声明を全会一致でまとめた。今後、対北朝鮮の追加制裁を視野に協議する姿勢も示された[5]

各国の反応[編集]

影響[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “北朝鮮、5回目の核実験実施を発表 過去最大規模”. 日本経済新聞. (2016年9月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09H2E_Z00C16A9MM0000/ 2016年9月9日閲覧。 
  2. ^ “北朝鮮「核弾頭の爆発実験」 朝鮮中央テレビが報道”. 朝鮮日報. (2016年9月9日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/09/2016090901620.html 2016年9月9日閲覧。 
  3. ^ 日本をはじめとする諸メディアは一様に「核実験」という単語を使っているが、北朝鮮国内では「核爆発実験の実施」という単語が用いられている。
  4. ^ 牧野愛博 (2016年9月9日). “北朝鮮、5度目の核実験 爆発、過去最大級か”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJ993CV1J99UHBI00N.html 2016年9月12日閲覧。 
  5. ^ 金成隆一 (2016年9月10日). “国連安保理、北朝鮮を「強く非難」 追加制裁も視野”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJ9B2H1XJ9BUHBI00F.html 2016年9月12日閲覧。 
  6. ^ “安倍晋三首相「断じて許容できない」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年9月9日). http://www.sankei.com/politics/news/160909/plt1609090013-n1.html 2016年9月9日閲覧。 
  7. ^ 「北朝鮮制裁「最も強力な措置」=中国に協調促す-日米高官」時事通信2016/09/11
  8. ^ 「日中政府高官が新たな対北制裁に連携を確認」産経ニュース2016.9.13 23:19
  9. ^ “北朝鮮核実験 オバマ大統領が声明で強く非難”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2016年9月9日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160909/k10010679041000.html 2016年9月12日閲覧。 
  10. ^ a b ビエンチャン=東岡徹、鈴木暁子、ワシントン=杉山正、北京=延与光貞 (2016年9月9日). “韓国「正恩政権の無謀さ証明」 北朝鮮核実験に各国反発”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160909/k10010679041000.html 2016年9月12日閲覧。 
  11. ^ 原克彦 (2016年9月10日). “ロシア外相、北朝鮮の核実験「国際法を無視」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM10H1V_Q6A910C1NNE000/ 2016年9月12日閲覧。 
  12. ^ “日本、放射性物質検出されず 分析センター”. 共同通信 (毎日新聞社). (2016年9月10日). http://mainichi.jp/articles/20160910/k00/00e/040/232000c 2016年9月12日閲覧。