火星15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
火星15
ファソン15
화성-15
Hwasong-15.svg
種類 大陸間弾道ミサイル
原開発国 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
運用史
配備期間 2017年11月29日(初めての発射に成功)
配備先 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
開発史
製造期間 2017年 - 現在
製造数 不明
諸元
重量 40~50t[1]
全長 22.5m[2]
直径 2.4m[2]

最大高度 4,475-4,500 km[4][5]
炸薬量 不明

エンジン 液体燃料エンジン 白頭山(ペクテゥサン)[2]
推力 788kN/80tf[2][1]
推進剤 液体燃料, 四酸化二窒素/非対称ジメチルヒドラジン
発射
プラットフォーム
9軸18輪 輸送起立発射機
テンプレートを表示
火星14と火星15のロフテット軌道
火星15(型)
各種表記
ハングル 화성-15(형)
漢字 15
2000年式 Hwasong-15
MR式 Hwasong-15
テンプレートを表示

火星15(かせい15、朝鮮語: 화성-15、ファソン15)は、朝鮮民主主義人民共和国が開発した大陸間弾道ミサイル(ICBM)である。NATOコードネームKN-22[6]

発射履歴[編集]

最初の発射[編集]

2017年11月29日未明(現地時間)、北朝鮮が平安南道平城付近から弾道ミサイルを発射し、高度4,475km、水平距離950kmを飛行して日本海日本排他的経済水域(EEZ)内に着水した。ミサイルは通常の軌道より高い軌道をとるロフテッド軌道で飛行し、北朝鮮の弾道ミサイルとしては最高となる高度約4,500kmに到達したが、仮に通常軌道で発射された場合の射程は13,000kmであり、北朝鮮のミサイルのうち初めてアメリカ合衆国東海岸を含む米国全土を射程に収めた弾道ミサイルであるとされる[7][8][9][8][10][11][12]

この発射後に北朝鮮は、火星15は超大型の核弾頭の搭載が可能であり「国家核戦力の完成」を宣言したが[8]、西側からは実際の発射に際して搭載されていたペイロードは軽量の模擬弾頭であった可能性も指摘されている[3]

ミサイルが3つに分離したことや発射翌日の11月30日に放送された朝鮮中央テレビの報道で公開された映像から、火星15は二段式に弾頭部を組み合わせたもので、上下段共に直径が同じなので従来より大型大重量の弾頭を打ち上げ可能であること、一段目のエンジンの噴射口は2つあること、発射は輸送起立発射機(TEL)により行われ、TELは北朝鮮が中国から密輸した8軸16輪の車両を改良国産化した新型の9軸18輪の車両であること、噴射炎の直線状の形状と色から液体燃料を使用していたことが分析された[13]

各国の対応[編集]

  • アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 - ドナルド・トランプ米大統領は北朝鮮のミサイル発射から約2時間後の午後3時30分(現地時間)、ホワイトハウスで「対北朝鮮政策の基本アプローチを変えるか」という記者の質問に対し、「何も変わっていない。私たちは深刻にアプローチしている」と答え、「我々が解決していくとだけ言っておきたい。我々が取り組んでいくべき状況の一つ」だと述べた。また、レックス・ティラーソン米国務長官も同日に声明を発表し、「すべての現存する国連制裁を履行することに加え、国際社会が追加的な措置を取らなければならない」として、独自制裁を各国に求めた。さらに、「国際平和に対する北朝鮮の脅威に対応する案を協議する」と明らかにした[14]
また、米政府は29日、国連安全保障理事会の緊急会合で、「全ての国」に北朝鮮との国交と通商関係を断絶するよう呼びかけた[15]
  • ロシアの旗 ロシア - ロシアのクレムリン宮(大統領府)は、北朝鮮の弾道ミサイル発射を「挑発的行動」と非難した[16]
  • 日本の旗 日本 - 外務省金杉憲治アジア大洋州局長が、ジョセフ・ユン英語版アメリカ合衆国国務省北朝鮮担当特別代表及び李度勲大韓民国外交部朝鮮半島平和交渉本部長と電話会談し、北朝鮮に対する圧力を最大限まで高める必要性があるとの認識で一致した[17][18]
  • 大韓民国の旗 韓国 - 韓国の文在寅大統領と日本の安倍晋三首相は、「安全保障の脅威をこれ以上容認することはできない」と表明。文大統領はまた、中国の習近平国家主席に対し、対北朝鮮圧力でさらに大きな役割を担うよう要請する意向を示した[16]
  • 中華人民共和国の旗 中国 - 中国外交部は29日の記者会見で、北朝鮮のミサイル発射活動に対して「厳重な懸念と反対」を表明。さらに、「中国は、北朝鮮が安保理決議を順守することを強く求めるとともに、朝鮮半島の緊張を高める行為を中断することを望む。同時にまた、関係各方面が慎重に行動し、この地域の平和と安定を共に守るように臨む」と述べた[16]

発射台[編集]

火星15輸送起立発射機

9軸の輸送起立発射機(TEL)は、火星14発射時の8軸に比べて大きい。しかし、発射映像によると、火星14発射時と同様にミサイルが車両からではなく固定された発射台から発射されていることが分かる[19][20][21][22]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The New Hwasong-15 ICBM: A Significant Improvement That May be Ready as Early as 2018 - 38 North: Informed Analysis of North Korea” (2017年11月30日). 2017年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c d Hwasong-15 ICBM”. 2017年12月4日閲覧。
  3. ^ a b North Korea says new missile puts all of US in striking range BBC 2017年11月29日
  4. ^ 속보 북 “신형 ICBM 시험발사 성공”…화성-15형 첫 공개”. ハンギョレ (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。 (朝鮮語)
  5. ^ 북, 국가핵무력 완성 선포… “신형 ICBM 화성-15 발사 성공”” (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。 (朝鮮語)
  6. ^ 米、北朝鮮のICBMを「KN22」と分類、新型の見方強める CNN 2017年12月1日
  7. ^ Latest North Korean ICBM can hit Washington, DC — and much of rest of US CNBC 2017年11月29日
  8. ^ a b c 北朝鮮、新型IBCM発射 青森沖EEZ落下 高度4500キロ「火星15」 北「米本土攻撃できる」主張”. 産経新聞社 (2017年11月29日). 2017年11月30日閲覧。
  9. ^ North Korea announces successful missile test sky news 2017年11月29日
  10. ^ U.S. warns North Korean leadership will be 'utterly destroyed' in case of war Reuters 2017年11月29日
  11. ^ 北朝鮮による弾道ミサイル発射事案について”. 首相官邸 (2017年11月29日). 2017年12月2日閲覧。
  12. ^ North Korea tests 'new long-range missile' capable of striking anywhere in US as Donald Trump says he will 'take care of it'”. The Telegraph (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  13. ^ 北朝鮮の新型弾道ミサイル「火星15型」の映像を徹底分析する ホウドウキョウ 2017年12月1日
  14. ^ 米日「北朝鮮に対する最大の圧迫政策を維持」”. CNN (2017年11月30日). 2017年12月3日閲覧。
  15. ^ 米政府、全ての国に北朝鮮との関係断絶呼びかけ”. BCC News (2017年11月30日). 2017年12月3日閲覧。
  16. ^ a b c 北朝鮮のミサイル発射、日米中韓露はどう反応したかー米華字メディア”. Record China (2017年11月30日). 2017年12月3日閲覧。
  17. ^ 「対北朝鮮「圧力最大限に高める」 日米韓高官が電話協議 」日本経済新聞2017/11/29 7:00
  18. ^ 「金杉アジア大洋州局長(六者会合首席代表)と米国及び韓国の六者会合首席代表との意見交換」外務省平成29年11月29日
  19. ^ Hwasong-15 ICBM November 29, 2017”. 2018年1月4日閲覧。
  20. ^ Lewis, Jeffrey (2017年11月29日). “The missile checkout before the launch was done at the March 16 Factory, which Kim Jong Un visited early in November. This is probably where North Korea manufactures the 9-axle TEL.”. 2018年1月4日閲覧。
  21. ^ Majumdar, Dave. “Hwasong-15: North Korea's New Missile That Shocked the World”. 2018年1月4日閲覧。
  22. ^ Dempsey, Joseph (2017年11月29日). “9 axles indicated for Hwasong-15 TEL - #NorthKorea has previous utilised an 8 axle TEL derived from #China origin WS51200 trucks for their tested and untested ICBM designs.pic.twitter.com/SLcuC2T3Tk”. 2018年1月4日閲覧。