2017年北朝鮮危機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2017年北朝鮮危機(2017ねんきたちょうせんきき)とは、北朝鮮核実験ミサイル実験を伴ったアメリカ日本への一連の威嚇行動から発した問題である。

概要[編集]

2017年、北朝鮮は急速に核兵器能力を伸ばして、アメリカ合衆国とその同盟国への軍事的な緊張を高めた。北朝鮮は、数回の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に成功し、アメリカの領土や同盟国の韓国日本を攻撃すると脅した。

これに対して米国も、テロ支援国家への再指定[1]国連安保理での連続的な経済制裁強化決議[2][3][4][5]国連軍派遣国の会合や海上封鎖の呼びかけ[6][7][8][9]シリアへの巡航ミサイル攻撃アフガニスタンでの大規模爆風爆弾兵器(MOAB)の投下による牽制[10][11]、アメリカ国民の北朝鮮渡航禁止と北朝鮮籍者の入国禁止や北朝鮮と取引する個人・企業のアメリカ経済からの締め出しといった独自制裁[12][13][14]、各国に国交断絶など北朝鮮との外交・貿易関係の見直しを迫る圧力[15][16]、史上初のICBMを迎撃する実験[17]、韓国との戦術核兵器再配備の協議[18]や軍事的選択肢[19]朝鮮半島沖での軍事境界線を越えた戦略爆撃機の威嚇飛行や3個の空母打撃群などの展開[20][21][22][23]などといった外交・軍事両面で「最大限の圧力」で対応することを方針に位置づけ[24]アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプは「米国は25年間も北朝鮮と対話し続け、脅されて強請られた。対話は答えではない」[25]「軍事的な解決策の準備は完全に整っている」[26][27]「米国を脅し続ければ世界が見たこともない火力と怒りに遭わせる」[28]と発言した。

北朝鮮はトランプ政権がCIAを通じて、北朝鮮の最高指導者の金正恩暗殺未遂を起こしたと主張し[29]、トランプも初の国連演説でアメリカ人大学生オットー・ワームビアの拘束や金正男の暗殺の他、北朝鮮による日本人拉致問題などを挙げて北朝鮮を批判して「米国と同盟国を守ることを迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と強く警告した[30][31]

これに対して金正恩は「トランプが世界の面前で私と国家の存在自体を否定して侮辱し、我が共和国を滅ぼすという歴代で最も凶暴な宣戦布告をしてきた」として「老いぼれ」「」などと罵倒する北朝鮮史上初の最高指導者名義の声明で猛反発し[32]、トランプも「チビのロケットマン」「狂った男」「不気味な犬ころ」と貶すなど激化する米朝の応酬は国家間を超えて政府首脳同士の個人攻撃にも拡大した[33][34][35][36][37][38]

同年9月30日、レックス・ティラーソン国務長官は訪問先の中華人民共和国で「対話の意思があるか打診している。意思疎通できるチャンネルはある」とトランプ政権では初めて米朝の水面下での接触を認めたが[39]、その直後に国務省は「北朝鮮に対話への意思は見られない」と声明し[39]、10月1日にトランプ大統領は「チビのロケットマンとの対話、交渉は時間の無駄である。長官はエネルギーを浪費してはならない」とティラーソンに助言したと述べ[40][41]、2日にはホワイトハウスは「北朝鮮と交渉すべき時ではない」と発表した[42]

同年12月12日、ティラーソン国務長官は「北朝鮮との最初の対話を無条件にすることも可能だ」と述べつつ朝鮮半島有事を想定した核の確保と難民対策や38度線を越えた在韓米軍の撤退など具体的対応を中国と協議してることも初めて表明した[43][44][45]。ただし、北朝鮮からの核・ミサイル開発の破棄や挑発の中止を前提とする方針の転換とも受け取れるこの発言については国務省とホワイトハウスと国家安全保障問題担当大統領補佐官ハーバート・マクマスターやティラーソン国務長官自身[46][47]も修正した[48][49]

年が明けた2018年1月2日には「アメリカ合衆国本土を射程におさめた核のボタンが私の机の上にある」とする新年の辞を述べた金正恩に対して「食料が枯渇し、飢えた北朝鮮の体制よりも私は巨大で強力な核を持ち、私の核のボタンはちゃんと動くことを誰か彼に教えてやれ」[50]とトランプ大統領はTwitter述べて、核戦争まで示唆するに至った。しかし、その後は緊張緩和に向かい、北朝鮮が軍事挑発の凍結や非核化の意思も表明してトランプと金正恩は同年6月12日に史上初の米朝首脳会談を行った[51][52]

2017年当時、ジョン・ボルトン国連大使レオン・パネッタ国防長官などは、今のアメリカと北朝鮮の対立は、「昔のキューバ危機に比肩される深刻な核危機だ」と分析した[53][54]

脚注[編集]

  1. ^ “トランプ政権、北朝鮮をテロ支援国家再指定 9年ぶり”. 日本経済新聞. (2017年11月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23727000R21C17A1000000/ 2017年11月22日閲覧。 
  2. ^ 国連安保理、北朝鮮制裁を拡大 米中協力はトランプ政権下で初”. ロイター (2017年6月3日). 2017年9月27日閲覧。
  3. ^ 国連安保理、北朝鮮制裁決議を採択 石炭や鉄などの輸出を全面禁止”. AFP (2017年8月6日). 2017年9月27日閲覧。
  4. ^ 北朝鮮制裁決議 石油関連輸出に上限・繊維製品は全面禁輸”. 聯合ニュース (2017年9月12日). 2017年9月27日閲覧。
  5. ^ 国連安保理 北朝鮮への制裁決議 中ロを含む全会一致で採択”. NHK (2017年12月23日). 2017年12月23日閲覧。
  6. ^ 北朝鮮のミサイル発射に関するティラーソン国務長官の声明”. 駐日アメリカ合衆国大使館 (2017年11月28日). 2017年12月16日閲覧。
  7. ^ 国連軍派遣国会合、年内見送り=対北朝鮮、日本が難色”. 時事通信 (2017年12月5日). 2017年12月16日閲覧。
  8. ^ 日本政府、米政府「海上封鎖」発言に困惑 手足縛られ協力できず「圧力強化」方針と矛盾”. 産経ニュース (2017年11月30日). 2017年12月16日閲覧。
  9. ^ 「海上封鎖の強行、戦争行為と見なす」 北朝鮮が警告”. 朝日新聞 (2017年12月15日). 2017年12月16日閲覧。
  10. ^ “シリア攻撃、北朝鮮への警告も 対抗措置取ると米長官”. 日本経済新聞. (2017年4月10日). https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK10006_Q7A410C1000000 2017年12月24日閲覧。 
  11. ^ 「MOAB」投下、北朝鮮もにらむ 地下軍施設破壊に有効”. 日本経済新聞 (2017年4月15日). 2017年12月23日閲覧。
  12. ^ 米、対北朝鮮で経済封じ込め強化 追加独自制裁日本経済新聞 2017年9月22日
  13. ^ 米政府、9月から米国人の北朝鮮渡航を禁止”. ロイター (2017年8月3日). 2017年9月27日閲覧。
  14. ^ “トランプ政権が新たな入国禁止令、北朝鮮やベネズエラを追加”. AFP. (2017年9月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/3144120 2017年9月27日閲覧。 
  15. ^ “中南米諸国に北朝鮮との断交要請 米副大統領”. 日本経済新聞. (2017年8月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGT17H0J_X10C17A8EAF000/ 2017年9月29日閲覧。 
  16. ^ “狭まる北朝鮮包囲網 国連制裁決議受け貿易停止・大使追放”. 日本経済新聞. (2017年9月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM26H1K_W7A920C1FF1000/ 2017年9月29日閲覧。 
  17. ^ 米が初のICBM迎撃実験 北朝鮮の脅威にらみ”. 産経ニュース (2017年5月27日). 2017年9月27日閲覧。
  18. ^ 韓国に戦術核再配備、米と協議…マティス氏表明”. 読売新聞 (2017年9月19日). 2017年9月29日閲覧。
  19. ^ トランプ氏「北への軍事的選択肢を協議」”. 日本テレビ (2017年11月16日). 2017年12月16日閲覧。
  20. ^ “超異例!米空母3隻臨戦 米祝日狙いミサイル発射、正恩氏“宣戦布告”か 「朝鮮戦争休戦以来、最大の危機」”. ZAKZAK. (2017年5月30日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170530/frn1705301100004-n1.htm 2017年9月27日閲覧。 
  21. ^ “空母3隻、米韓が演習 北朝鮮「理性失ったトランプ」”. 朝日新聞. (2017年11月11日). http://www.asahi.com/articles/ASKCB64W3KCBUHBI019.html 2017年11月22日閲覧。 
  22. ^ “北朝鮮東方を飛行=米B1爆撃機-境界線越え、反発確実”. AFP. (2017年9月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/3144058 2017年9月24日閲覧。 
  23. ^ トランプ大統領、北朝鮮近くに原子力潜水艦を配置していると漏らす”. バズフィード (2017年5月25日). 2017年9月27日閲覧。
  24. ^ 北朝鮮に「最大限の圧力」=トランプ政権、体制転換求めず-米紙”. 時事通信 (2017年4月15日). 2017年10月2日閲覧。
  25. ^ トランプ米大統領:「対話は答えではない!」-北朝鮮の脅威に対し”. ブルームバーグ (2017年8月30日). 2017年10月2日閲覧。
  26. ^ トランプ氏、軍事力行使「準備は万全」 対北朝鮮”. 日本経済新聞 (2017年9月27日). 2017年9月27日閲覧。
  27. ^ “Trump: military solutions 'locked and loaded' against North Korea threat”. ロイター. (2017年8月11日). https://www.reuters.com/article/us-northkorea-missiles-trump-idUSKBN1AR15M 2017年8月12日閲覧。 
  28. ^ トランプ大統領:北朝鮮は「炎と怒り」に遭う、米への脅し続けば”. ブルームバーグ (2017年8月9日). 2017年9月27日閲覧。
  29. ^ “北メディア、トランプ政権が「テロ画策」”. デイリーNK. (2017年5月12日). http://dailynk.jp/archives/88547 2017年12月16日閲覧。 
  30. ^ FULL TEXT: Donald Trump's First Address to UN General Assembly”. ハアレツ (2017年9月19日). 2017年9月27日閲覧。
  31. ^ トランプ氏国連演説、北朝鮮「完全に破壊」警告 日本経済新聞 2017年9月20日
  32. ^ “金正恩氏「声明」でトランプ氏への怨念をさく裂”. Yahoo!ニュース. (2017年9月24日). https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20170924-00076113/ 2017年9月27日閲覧。 
  33. ^ “トランプ大統領と金委員長の罵倒合戦、われ関せずの中国―米メディア”. Record China. (2017年9月24日). http://www.recordchina.co.jp/b188793-s0-c10.html 2017年9月27日閲覧。 
  34. ^ “米朝首脳の応酬は「園児のけんか」 ロシア外相”. AFP. (2017年9月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/3143972 2017年9月27日閲覧。 
  35. ^ “「宣戦布告」に行き着いた米朝非難合戦 出口見えず”. テレビ朝日. (2017年9月26日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000110875.html 2017年9月27日閲覧。 
  36. ^ “【北朝鮮情勢】「奴らは遠からず姿消す」 トランプ氏、北朝鮮の李容浩外相の演説非難”. 産経ニュース. (2017年9月24日). http://www.sankei.com/world/news/170924/wor1709240023-n1.html 2017年9月27日閲覧。 
  37. ^ “トランプ氏、また金正恩氏を揶揄「チビのロケットマン」「あちこちにミサイル発射、のさばらせない」”. 産経ニュース. (2017年9月23日). http://www.sankei.com/world/news/170923/wor1709230015-n1.html 2017年9月27日閲覧。 
  38. ^ 「ちびのロケットマンは不気味な犬ころ」 トランプ大統領非難”. 産経ニュース (2017年11月30日). 2017年12月14日閲覧。
  39. ^ a b “「北に対話の意思なし」 米国務省報道官、対話のチャンネル存在は確認”. 産経ニュース. (2017年9月30日). http://www.sankei.com/world/news/171001/wor1710010031-n1.html 2017年10月1日閲覧。 
  40. ^ “米大統領、北朝鮮との対話は「時間の無駄」 国務長官に助言”. ロイター. (2017年10月2日). https://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-trump-idJPKCN1C61WN 2017年10月2日閲覧。 
  41. ^ “トランプ氏、国務長官の北朝鮮交渉は「時間の無駄」”. BBC. (2017年10月2日). http://www.bbc.com/japanese/41464299 2017年10月2日閲覧。 
  42. ^ “ホワイトハウス、北朝鮮との交渉を否定-「対話すべき時ではない」”. ブルームバーグ. (2017年10月3日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-02/OX7RLL6TTDS001 2017年10月2日閲覧。 
  43. ^ 米、中国に約束「有事で休戦ライン越えても必ず韓国に戻る」”. 朝鮮日報 (2017年12月14日). 2017年12月14日閲覧。
  44. ^ 朝鮮半島有事で協議 核確保手段など詳細に”. 朝鮮日報 (2017年12月14日). 2017年12月14日閲覧。
  45. ^ 朝鮮半島有事の対応、中国と協議…米国務長官”. 読売新聞 (2017年12月14日). 2017年12月14日閲覧。
  46. ^ 北朝鮮と対話「挑発の停止が必要」 米長官、軌道修正か”. 朝日新聞 (2017年12月16日). 2017年12月16日閲覧。
  47. ^ 米国務長官、河野外相に釈明 北朝鮮と「前提条件なし」対話”. 日本経済新聞 (2017年12月17日). 2017年12月17日閲覧。
  48. ^ 米国務省やホワイトハウス 北朝鮮との 「無条件対話」を否定”. テレビ東京 (2017年12月14日). 2017年12月14日閲覧。
  49. ^ 米高官 北朝鮮への対応方針に変わりないと強調”. NHK (2017年12月14日). 2017年12月14日閲覧。
  50. ^ Trump to North Korean leader Kim: My ‘Nuclear Button’ is ‘much bigger & more powerful’”. ワシントン・ポスト (2018年1月2日). 2018年1月4日閲覧。
  51. ^ 米朝首脳会談、6月12日開催あり得る トランプ大統領”. AFPBB News. AFP (2018年5月25日). 2019年10月12日閲覧。
  52. ^ “北朝鮮の金委員長が13日に帰国、米朝首脳会談終え=KCNA”. ロイター. (2018年6月14日). https://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-statesman-idJPKBN1J937F 2019年10月11日閲覧。 
  53. ^ “John Bolton: North Korea standoff comparable to Cuban Missile Crisis”. Fox News. (2017年8月11日). http://www.foxnews.com/politics/2017/08/11/john-bolton-north-korea-standoff-comparable-to-cuban-missile-crisis.html 2017年8月12日閲覧。 
  54. ^ “Panetta: North Korea 'most serious crisis' involving nukes since Cuba”. CNN. (2017年8月12日). http://edition.cnn.com/2017/08/11/politics/leon-panetta-nuclear-war/index.html 2017年8月12日閲覧。 

関連項目[編集]