平壌国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平壤際空港
평양순안국제공항
Pyongyang International Airport
国際線旅客ターミナル到着フロア
国際線旅客ターミナル到着フロア
国際線旅客ターミナル
国際線旅客ターミナル
IATA: FNJ - ICAO: ZKPY
概要
国・地域 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
所在地 平壌
種類 民間
所有者 国有
ターミナル 2
拠点航空会社 高麗航空
標高 36 m (117 ft)
座標 北緯39度13分26秒 東経125度40分12秒 / 北緯39.22389度 東経125.67000度 / 39.22389; 125.67000
地図
空港の位置
空港の位置
FNJ
空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
01/19 3,800 コンクリート
17/35 3,435 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
平壌国際空港
各種表記
ハングル 평양국제비행장
漢字 平壤國際飛行場
発音 ピョンヤン ククチェ ピヘンジャン
日本語読み: へいじょうこくさいひこうじょう
英語表記:
MR式
Sunan International Airport
P'yŏngyang Kukche Pihaengchang
テンプレートを表示

平壌国際空港(ピョンヤンこくさいくうこう、: Pyongyang International Airport)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)平壌市順安区域にある国際空港である。所在地から「順安空港(スナンくうこう、Sunan Airport)」とも呼ばれる。

概要[編集]

市中心部から北に約24kmの地点に位置する。北朝鮮唯一の航空会社である高麗航空ハブ空港である。2015年に供用が開始された国際線旅客ターミナルと国内線旅客ターミナル、国賓専用ターミナルが供されている。なお滑走路を2本有するがうち1本は現在使用されておらず、一時は高麗航空の地上保管機が置かれていた。

旅客にかかる空港施設利用料は10ユーロであり、11アメリカドルもしくは100人民元でも支払い可能である。以前はエプロン・ターミナルともに撮影が厳禁されていたが、2000年代中頃から乗客が出発・到着時にエプロンで撮影しても特に問題にされなくなった。

歴史[編集]

大日本帝国陸軍の飛行場として第二次世界大戦中に供用が始まった。第二次世界大戦後に起こった朝鮮戦争では国連軍の基地としても使用された。朝鮮戦争終結後に北朝鮮に正式に編入され、北朝鮮政府により修復され民間用の空港としての供用が開始された。

平壌最大かつ唯一の国際空港として、高麗航空がモスクワウラジオストク東ベルリン北京に定期便を就航させていたほか、冷戦時代にはアエロフロート・ソビエト航空ソビエト連邦各地からの定期便を運航していたほか、インターフルーク中国民航などの諸外国の航空会社も乗り入れていた。

冷戦終結後も中国南方航空中国国際航空などが乗り入れていたが、2017年4月17日をもって、中国国際航空の北京線が廃止された[1]ため、外国籍の航空会社は一切乗り入れていない。中国国際航空の便は2008年から開設されて、月・水・金の週3便が就航していたが、搭乗客の不足のためしばしば欠航されていた[2]

ターミナル[編集]

国際線旅客ターミナル[編集]

2014年9月には、旧旅客ターミナル跡地に建設された新国際線旅客ターミナルの建設工事はほぼ完成していた[3]。しかし10月にターミナルを視察した金正恩第一書記は、「主体性、民族性が示されていない」という理由で、工事の設計をやりなおすよう命じた[4]。2015年7月1日に、正式に竣工した[5][6]

この新しい国際線旅客ターミナルは北朝鮮の空港として初めて出発と到着階が分かれている構造となっており、また北朝鮮の空港として初のボーディング・ブリッジが3本完備している。12か所のチェックインカウンターが備えられており、ほかにも、入国審査所税関検疫所両替所ATM(Ryugyong Commercial Bank、ただし海外の銀行キャッシュカードの利用はできない)[7]を備える他、免税店レストランバービジネスクラスラウンジ地下駐車場タクシー乗り場が完備されているなど、国際空港としての設備を備えている[8]

国内線旅客ターミナル[編集]

2011年7月15日に、旧旅客ターミナル横に新たに建造され供用を開始した[9]2012年から始まった旧旅客ターミナルの取り壊しと、新国際線旅客ターミナルの建設開始後は、唯一の旅客ターミナルとして国内線、国際線の両方で使用されたが、2015年の新国際線旅客ターミナルの完成後は国内線専用となった。なお国際線旅客ターミナルと接続している。

営業時間[編集]

時刻は全て朝鮮標準時(平壌時間UTC+9)。

  • 手荷物の保管
サービス時間 8:00-21:00
料金 1.5北朝鮮ウォン(公認外貨であるユーロでの決済額および決済可能かどうかは不明)

旧旅客ターミナル(閉鎖)[編集]

2011年まで利用されていた旧旅客ターミナルの建物は、地上1階建てで税関手続き、搭乗手続き、出国手続き、搭乗口が同じフロアにあり、見渡せる単純で簡素な構造だった。飲食施設は、建物入口付近にあるカフェのみであった[10]。正面には金日成の肖像画が掲げられていた。

就航航空会社[編集]

旧旅客ターミナル周辺(2008年)

国際線定期旅客便[編集]

国内線定期旅客便[編集]


アクセス[編集]

平壌市中心部まで約24キロで車で約20分。現在鉄道や地下鉄でのアクセス、また空港アクセス専用バスは擁されておらす、外国人観光客の移動には送迎車かツアーバスが使われることが多い。なお新旅客ターミナルの供用開始と同時期に高麗航空が「高麗タクシー」の運営を開始した。なおレンタカーは同国では用意されていない。

2014年に、北朝鮮の最高指導者である金正恩は、新旅客ターミナル建設現場指導において「ターミナルの周辺にホテルバス停留所」を建設しなければならないと述べ、空港地域の旅客サービス拡充を指導した[12]。2015年6月に、金正恩は高速道路高速鉄道の建設を指示している[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田辺義明「最新・中国航空・軍事トピック 北朝鮮路線を廃止」、『航空ファン』第66巻第7号、文林堂2017年7月
  2. ^ 国航暂停飞平壤 国航不愿 “空着飞”” [中国政府は平壌への飛行を中断する 中国国際航空はフライトが “不本意”] (中国語). 搜狐媒体平台. 搜狐 (2017?-04-16). 2018年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  3. ^ 平壌空港新ターミナルが完成間近 北朝鮮、24時間態勢で工事”. 47news.jp. 47NEWS共同通信 (2014年9月19日). 2014年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  4. ^ 平壌国際空港新ターミナル完工=金第1書記叱責でやり直し-北朝鮮”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2015年7月2日). 2015年7月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  5. ^ 平壌国際空港第2ターミナルが完成 7月1日に竣工式”. japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/. 聯合ニュース (2015年6月25日). 2015年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  6. ^ 平壌国際空港、新ターミナルが営業開始 外貨獲得目指す 北朝鮮製化粧品販売、すしも提供”. 産経ニュース. 産経新聞 (2015年7月1日). 2015年7月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  7. ^ 平壌国際空港の新ターミナルの両替カウンターと銀行のATM”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2016年5月3日). 2017年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  8. ^ 福田恵介 (2015年7月11日). “平壌国際空港が「普通の空港」になった!”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2015年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  9. ^ 新ターミナル供用開始に関する情報”. 高麗航空Facebookページ. Facebook. 2018年5月1日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 福田恵介 (2015年7月11日). “平壌国際空港が「普通の空港」になった!7月に開業した新ターミナルの様子とは?”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2015年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。
  11. ^ 中国国際航空、北京と北朝鮮・平壌結ぶ路線を再開へ
  12. ^ “金正恩元帥が平壌国際空港の航空駅舎建設場を現地指導”. 朝鮮中央通信. (2014年7月11日) 
  13. ^ 新ターミナルに金正恩氏満足「現代と民族性が調和」妹の与正氏も同行”. 産経ニュース. 産経新聞 (2015年6月25日). 2015年6月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]