国際連合安全保障理事会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国連安全保障理事会から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際連合安全保障理事会
UN security council 2005.jpg
国際連合安全保障理事会会議場
概要 主要機関
略称 UNSC
代表 安全保障理事会議長
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケリー・クラフト
状況 活動中
活動開始 1946年
本部 国際連合本部ビル
米国ニューヨーク
公式サイト UNSC
コモンズ United Nations Security Council
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合安全保障理事会(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかい、: United Nations Security Council、UNSC)は、国際連合(国連)の主要機関の一つ。世界の平和と安全の維持を目的とし、国連の6つの主要機関の中で最も大きな権限を持ち、法的に国際連合加盟国を拘束することができる、事実上の最高意思決定機関である。

日本語では安全保障理事会国連安保理または安保理(あんぽり)とも略称される。

構成[編集]

5カ国の「常任理事国Permanent members, P5)」と、国際連合加盟国の中から国際連合総会で選ばれる10ヶ国の「非常任理事国(Non-Permanent members)」の計15か国から構成されている。1965年の改革以前は、非常任理事国は6か国で、計11か国であった[1]

非常任理事国の任期は2年。現在はアジア2、アフリカ3、中南米2、西ヨーロッパなど2、東ヨーロッパ1の配分になっている。

非常任理事国の選出は総会における選挙で行われる。毎年半数を改選し、投票は国連加盟国の無記名投票による。選出には3分の2の賛成が必要で、どの国も条件を満たさない場合は何度でも再投票を行う。日本は非常任理事国として11期務め、延べ22年間にわたって非常任理事国を務めたことになり、世界最多である。

各理事国の代表(国連大使)は、国際連合本部に常駐することが国連憲章で義務づけられている。これは、緊急事態に際して迅速に集まって会合を開くことができるようにするためである。国際連盟がしばしば緊急時に素早い対応ができず、結果的に第二次世界大戦を防げなかったことへの反省からである。

理事国[編集]

常任理事国と非常任理事国を合わせて15か国である。

  常任理事国
  2017年の非常任理事国

常任理事国[編集]

常任理事国はアメリカ合衆国イギリスフランスロシア連邦中華人民共和国の5か国である。1945年の国連設立時の常任理事国は、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ソビエト連邦中華民国で、いずれも第二次世界大戦に勝利した連合国である。その後、1971年にそれまで中華民国(台湾)が持っていた代表権があらためて中華人民共和国に与えられたこと(アルバニア決議)により常任理事国に移動が発生。1991年にはソ連の解体にともなって同国が持っていた国連代表権がロシア連邦へと引き継がれた。英語の「Permanent members」から、「P5」と呼ばれる。

現在の首脳[編集]

非常任理事国[編集]

非常任理事国は、常任理事国以外の国際連合加盟国の中から選出される。任期は2年で、毎年半数の5か国が改選される。再任は出来ず、必ず退任する。選出の手順は、まず各地域グループが候補を選び、国際連合総会で3分の2以上の支持で承認される。支持が3分の2に満たない場合は、達するまで投票を繰り返す。

地域ごとの配分は、アフリカが3か国、アジア西ヨーロッパその他・中南米の各地域が2か国ずつ、東ヨーロッパは1か国を選ぶ。

非常任理事国一覧
2019年1月1日 - 2020年12月31日
ベルギーの旗 ベルギードイツの旗 ドイツドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 インドネシア 南アフリカ共和国
2020年1月1日 - 2021年12月31日
ニジェールの旗 ニジェールチュニジアの旗 チュニジア ベトナムセントビンセント・グレナディーンの旗 セントビンセント・グレナディーン エストニア
日本の非常任理事国入り
2019年現在、日本は12回非常任理事国選挙に立候補して、1978年に辞退した1度[2]を除く11回当選している[3]。1958年-1959年、1966年-1967年、1971年-1972年、1975年-1976年、1981年-1982年、1987年-1988年、1992年-1993年、1997年-1998年、2005年-2006年、2009年-2010年、2016年-2017年に理事国を務めてきた。2018年現在の通算の期間は22年となった。
日本が12回当選する一方、140か国は1度だけの選出か未選出である。
2008年10月17日に実施された2009-10年の改選にあたっては、アジア・グループ枠では日本のほかにイランが立候補していた。ただし、イランは経済制裁下にあったために、投票前から日本が優位と言われていた。イラン側は日本はモンゴルが立候補を予定していたのを3億5000万円の無償支援により譲って貰ったこと、日本の多選(イランは当時1度だけ)、「米国の傀儡」(対米追従)であることなどを批判していた。
サウジアラビアの辞退
サウジアラビアは2013年10月17日に一度は当選したが、翌18日に、国連安保理のメカニズムや二重基準が国際紛争への適切な対応を不可能にしていると批判して、非常任理事国入りを辞退するとの声明を行った[4][5][6]。このため、サウジアラビアの代わりとなる非常任理事国を選ぶやり直しの投票が12月6日に行われ、ヨルダンが選出された[7]

決議[編集]

意思決定は、9理事国以上の賛成票による。ただし、重要問題である実質事項の決定においては、常任理事国は拒否権を有し、1か国でも反対すると成立しない(大国一致の原則。ただし、紛争の平和的解決及び地域的取極又は地域的機関による地方的紛争の平和的解決に基く決定については、紛争当事国は投票を棄権しなければならない)。これを国家主権の平等に反しているとして疑問視する声も多いが、5か国の一致により決議の実効性を保ち、かつ、常任理事国が世界の安全保障に関し重大な責任を負うためこのような制度が設けられている。しかし、現実には国益偏重の拒否権行使が横行している。

世界の安全保障にとって脅威となる存在・国家が現れた場合、理事会で対応が議論され、しかるべき対応がなされる事になっている。これは、拒否権との矛盾が生じないよう、安全保障に関して理事国間で見解が決裂することはあり得ないという前提に基づくものである。しかし、実際には冷戦中に常任理事国、特に米ソの対立により、意思決定が成されない事態が多く発生した(詳しくは、国際連合の歴史を参照)。

このため、1950年に「平和のための結集決議」が採択され、安全保障に関する一定の権限が総会にも付与された。

議長国[編集]

安全保障理事会の議長国は、構成国の英語名でアルファベット順、1か月単位で交代する持ち回り制となっている。