平城市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平城市
Pyongsong-Street-2014.jpg
位置
DPRK2006 Pyongnam-Pyongsong.PNG
地図
平城市の位置(北朝鮮内)
平城市
平城市
平城市 (北朝鮮)
各種表記
チョソングル: 평성시
漢字: 平城市
片仮名転写: ピョンソン=シ
ローマ字転写 (MR): Pyŏngsŏng-si
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

平城市(ピョンソンし)は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平安南道道都1965年平壌市の一部を分割し、平壌市から道都を移して成立した都市である。

産業[編集]

北朝鮮の科学技術研究の中心であり、国家科学院の大規模な研究所が所在する。工業や畜産業なども行われる。大学には、平城理科大学などがある。

地理[編集]

首都平壌の北方30km程にある。周辺にはいくつか山がそびえる。

行政区域[編集]

20洞・14里を管轄する。

  • 九月洞(クウォルトン)
  • 徳性洞(トクソンドン)
  • 杜茂洞(トゥムドン)
  • 冷泉洞(レンチョンドン)
  • 文化洞(ムヌァドン)
  • 保徳洞(ポドクトン)
  • 鳳鶴洞(ポンハクトン)
  • 三花洞(サムァドン)
  • 上次洞(サンチャドン)
  • 松嶺洞(ソンニョンドン)
  • 陽地洞(ヤンジドン)
  • 駅前洞(ヨクチョンドン)
  • 五里洞(オリドン)
  • 玉田洞(オクチョンドン)
  • 恩徳洞(ウンドクトン)
  • 周礼洞(チュレドン)
  • 中徳洞(チュンドクトン)
  • 平城洞(ピョンソンドン)
  • 下次洞(ハチャドン)
  • 鶴水洞(ハクスドン)
  • 敬信里(キョンシンニ)
  • 古泉里(コチョンニ)
  • 栗花里(リュルァリ)
  • 栢松里(ペクソンニ)
  • 三龍里(サムニョンニ)
  • 御重里(オジュンニ)
  • 雲興里(ウヌンニ)
  • 月浦里(ウォルポリ)
  • 慈母里(チャモリ)
  • 慈山里(チャサンニ)
  • 青玉里(チョンオンニ)
  • 下端里(ハダンニ)
  • 和浦里(ファポリ)
  • 厚灘里(フタンニ)

歴史[編集]

安国寺

この節の出典[1]

  • 1965年 - 平壌直轄市龍城区域下里・下次洞の各一部、平安南道順川郡舎人里・鳳鶴里・㯖山里、順安郡上次里をもって、平安南道平城区を設置。(2洞4里)
    • 鳳鶴里が鳳鶴洞に昇格。
    • 舎人里が舎人洞に昇格。
    • 下次洞が下次里に降格。
  • 1967年 (8洞8里)
    • 順川郡月浦里・三龍里・青玉里・厚灘里、江東郡下端里・漢王里を編入。
    • 下次里が上次里に編入。
    • 舎人洞が分割され、玉田洞・平城洞・杜茂洞・臣陪洞が発足。
    • 鳳鶴洞の一部が分立し、周礼洞・蓮合洞が発足。
    • 下里が裴山洞に昇格。
  • 1969年 - 平城区が平城市に昇格。平安南道庁が市内に移る。(22洞6里)
    • 鳳鶴洞・周礼洞の各一部が合併し、九月洞が発足。
    • 鳳鶴洞の残部・周礼洞の一部が合併し、保徳洞が発足。
    • 㯖山里が分割され、㯖山洞・三花洞・松嶺洞が発足。
    • 裴山洞の一部が分立し、地境洞が発足。
    • 上次里が分割され、上次洞・下次洞が発足。
    • 臣陪洞が分割され、文化洞・五里洞が発足。
    • 平城洞・玉田洞の各一部が合併し、恩徳洞が発足。
    • 平城洞・玉田洞の各一部が合併し、徳性洞が発足。
    • 玉田洞の一部が分立し、陽地洞・中徳洞が発足。
    • 蓮合洞が分割され、鳳鶴洞・鶴水洞が発足。
    • 青玉里の一部が分立し、冷泉洞が発足。
  • 1972年4月 - 順安郡御重里・栗花里を編入。(22洞8里)
  • 1974年5月 - 順川郡慈山里・慈母里・栢松里・和浦里・雲興里・古泉里を編入。(22洞14里)
  • 1981年 - 漢王里が敬信里に改称。(22洞14里)
  • 1989年 - 中徳洞の一部が分立し、駅前洞が発足。(23洞14里)
  • 1995年5月 (20洞14里)
    • 㯖山洞・裴山洞および地境洞・松嶺洞の各一部が新設の平壌直轄市恩情区域に編入。
    • 地境洞の残部が下次洞に編入。
  • 1999年12月 (20洞14里)
    • 下端里の一部が敬信里に編入。
    • 敬信里の一部が平壌直轄市江東郡東里・香木里に分割編入。
  • 2000年11月 - 松嶺洞の一部が平壌直轄市恩情区域光明洞に編入。(20洞14里)

友好都市[編集]

ペルニクブルガリア

交通[編集]

首都平壌から平羅線が通る。

脚注[編集]

関連項目[編集]