豊渓里核実験場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊渓里核実験場の位置(北朝鮮内)
豊渓里核実験場
北朝鮮内の位置

豊渓里核実験場(プンゲリかくじっけんじょう、朝鮮語: 풍계리 핵 실험장、漢字表記: 豊溪里 核 實驗場)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験場である。北朝鮮北部の咸鏡北道吉州郡[1]豊渓里にあり、衛星画像に基づく正確な座標は、北緯41度16分41秒 東経129度05分15秒 / 北緯41.2780677度 東経129.087408度 / 41.2780677; 129.087408座標: 北緯41度16分41秒 東経129度05分15秒 / 北緯41.2780677度 東経129.087408度 / 41.2780677; 129.087408である。付近の収容所に収容された政治犯らによって建設されたとされる[2]

2006年から2017年までに北朝鮮が行った全6回の核実験はここで行われてきた。内部の正確な構造はよくわかっていないが、万塔山にたくさんの坑道が掘られていると推測される[3]

地理[ソースを編集]

万塔山英語版만탑산)から2キロメートル南、化成強制収容所から12キロメートル西、豊渓里の12キロメートル北にある。衛星画像からは3つの隧道が視認できる[4]。また、承旨白岩という集落が、2013年の実験の際の震央から24キロメートル離れて立地されている[5]中朝国境英語版に位置する恵山市と鉄路で結ばれた[3]豊渓里駅英語版北緯41度07分51秒 東経129度09分49秒 / 北緯41.130833度 東経129.163611度 / 41.130833; 129.163611に立地している[6]。交通の便の良さから、核実験に必要な資材の搬入が容易にでき、人員も収容所から調達できると考えられる[3]

沿革[ソースを編集]

2013年1月、Google マップが更新され、北朝鮮の様々な施設が見られるようになった[7]。2013年2月4日、韓国国防省は一部の坑道構造図と思われる写真を公開した[8]。この写真によれば、坑道の長さは1キロメートルに上り、放射線の漏えいを防ぐための遮蔽壁が9箇所にあるという[8]。2013年4月8日、韓国軍は豊渓里周辺での活動を看過し、4度目の実験準備が進行しているのではないかという推測を立てた[9]。後に、この活動は長期活動によるものではないかと考えられるようになり、すぐさまの実験はないだろうと結論付けられた[10]。2016年1月6日、平壌放送は、2013年から準備していた場所で水爆実験を行ったと公表した[11]。当初は、観測された爆発の規模から水爆ではないという疑いを日米は持っていた[12][13]が、その後の解析から、実験場所が当初想定の2倍深いところにあることが判明し、水爆の部品が一部だけ作動した失敗の疑いが持たれている[14][15]

2017年1月と4月には、38ノース提供の衛星写真から活動が示唆され[16]、同年9月3日に実験があった。中国地震局は、この核実験の10分後に、豊渓里核実験場付近でマグニチュード4.6・震源の深さ0キロメートルの地震を観測しており、周辺の地盤が陥没した可能性を指摘している[17]。また、サウスチャイナ・モーニング・ポストは同年9月4日付の紙面にて、これ以上の核実験は山体自体の崩壊を招き、放射性物質の拡散が懸念されるとした、中国の専門家の意見を掲載した[18]。このような懸念は同年9月20日に北京で開催された中朝の地質学者の会合にて中国側から北朝鮮側に伝えられたと報じられている[19]

2017年10月31日、テレビ朝日が、北朝鮮消息筋の情報として同年9月、核実験後の地下坑道で大規模な崩落事故が起き、200人余りが死亡した可能性があると報道した[20]。これに対して同年11月2日、朝鮮中央通信は、実験場の崩落報道が虚偽であると反論。日本当局がテレビ朝日に、虚偽報道・謀略報道をさせたとして批判した[21]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 豊渓里核実験場”. 時事通信社 (2017年9月3日). 2017年9月9日閲覧。
  2. ^ 豊渓里 ブンゲリ デジタル大辞泉の解説”. 朝日新聞社. 2017年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c “北朝鮮核実験:険しい山々に複数の坑道 豊渓里の実験場”. 毎日新聞. 共同通信社 (毎日新聞社). (2017年9月3日). https://mainichi.jp/articles/20170904/k00/00m/030/039000c 2017年9月9日閲覧。 
  4. ^ Punggye-ri Nuclear Test Facility - Facilities - NTI”. NTI: Nuclear Threat Initiative. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月6日閲覧。
  5. ^ M5.1 – 24km ENE of Sungjibaegam, North Korea”. USGS (2013年2月12日). 2013年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月12日閲覧。
  6. ^ P'unggye-yok, North Korea”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月6日閲覧。
  7. ^ Cavan Sieczkowski (2013年1月29日). “Google Maps North Korea: Prison Camps, Nuclear Complexes Pinpointed In New Images (PHOTOS)”. The Huffington Post. オリジナル2013年2月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130209195946/http://www.huffingtonpost.com/2013/01/29/google-maps-north-korea-prison-camps-nuclear-complex-gulags_n_2573238.html 2013年5月20日閲覧。 
  8. ^ a b “前回核実験場の坑道構造図か 韓国国防省が公開 北朝鮮、全長1キロ”. 朝日新聞 朝刊 (朝日新聞社). (2013年2月5日) 
  9. ^ Activity at North’s nuke test site-INSIDE Korea JoongAng Daily”. Koreajoongangdaily.joinsmsn.com (2013年4月8日). 2013年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月16日閲覧。
  10. ^ 38 North (2013年6月25日). “New Tunneling Activity at the North Korean Nuclear Test Site”. 38 North. 2013年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  11. ^ North Korea claims Thermonuclear Test”. britainscoldwar.uk (2016年1月6日). 2016年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月6日閲覧。
  12. ^ “北朝鮮の「水爆実験」、専門家は懐疑的な見方”. CNN.co.jp (CNN). (2016年1月7日). https://www.cnn.co.jp/world/35075886.html 
  13. ^ “北朝鮮「水爆実験」:日本政府内に懐疑的な見方も”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年1月6日). http://mainichi.jp/articles/20160107/k00/00m/010/020000c 2017年9月8日閲覧。 
  14. ^ 和田浩明 (2016年1月29日). “北朝鮮核実験:水爆一部作動か 米報道”. 毎日新聞 (毎日新聞社). http://mainichi.jp/articles/20160130/k00/00m/030/084000c 2017年9月8日閲覧。 
  15. ^ “北朝鮮の核実験、「水爆の部品」のみ試験か 米当局者”. NCC.co.jp (CNN). (2016年1月29日). https://www.cnn.co.jp/world/35077047.html 
  16. ^ Davis, William J. Broad, Kenan; Patel, Jugal K. (2017年4月12日). “North Korea May Be Preparing Its 6th Nuclear Test”. The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナル2017年4月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170414091841/https://www.nytimes.com/interactive/2017/04/12/world/asia/north-korea-nuclear-test.html 2017年4月13日閲覧。 
  17. ^ “北朝鮮核実験場付近で複数の土砂崩れか 米大学が分析”. NHK NEWS WEB (NHK). (2017年9月6日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011128551000.html 2017年9月8日閲覧。 
  18. ^ “北朝鮮の核実験、山頂付近で複数の「地滑り」発生か”. BBC. (2017年9月7日). http://www.bbc.com/japanese/41183327 2017年9月9日閲覧。 
  19. ^ “北核実験:「豊渓里、もう1度実験すれば放射能漏れる」”. 朝鮮日報. (2017年10月29日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/29/2017102902144.html 2017年10月30日閲覧。 
  20. ^ 北朝鮮 6回目の核実験後に大規模崩落 200人死亡か ANN NEWS(2017年10月31日)2017年11月3日閲覧
  21. ^ 「核実験場崩落報道は虚偽」北朝鮮がテレビ朝日を猛非難 朝鮮日報(2017年11月2日)2017年11月3日閲覧