与次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 与次郎
与次郎
—  町丁  —
鹿児島県立鴨池陸上競技場
与次郎の位置(鹿児島県内)
与次郎
与次郎
座標: 北緯31度34分7.4秒 東経130度33分40.3秒 / 北緯31.568722度 東経130.561194度 / 31.568722; 130.561194
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 中央地域
地区 鴨池地区
人口 (2009年(平成21年)9月末現在)
 - 計 969人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 890-0062

与次郎(よじろう Yojirō)は鹿児島県鹿児島市町名。与次郎一丁目及び与次郎二丁目があり、全域で住居表示を実施している。郵便番号は890-0062。人口は969人、世帯数は397世帯(2009年9月末現在)[1]。元は下荒田町の一部。

「与次郎」という町名は、百姓の平田与次郎が荒田浜に塩田を拓き、いつしか一帯が「与次郎ヶ浜」と呼ばれた事に由来する[2]

地理[編集]

鹿児島市中部、甲突川の下流域に位置している。町域の北方には天保山町、南方には鴨池、西方には下荒田とそれぞれ接しており、東部には錦江湾に面している。

与次郎一丁目にはフレスポジャングルパークなどの複合商業施設や南日本新聞社KKBKYTの本社が所在する。与次郎二丁目の半分近くを鹿児島県立鴨池陸上競技場が占めており、残部は高層マンションが建設されている。

歴史[編集]

1972年に行われた太陽国体に合わせ与次郎ヶ浜を埋立て、現在の与次郎に当たる区域に鹿児島県立鴨池陸上競技場などのメイン会場となる施設が建設された。

1976年(昭和51年)10月12日に下荒田町の一部から分割され、与次郎一丁目及び与次郎二丁目が設置された[3][4]

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
与次郎一丁目及び与次郎二丁目 1976年昭和51年) 下荒田町の一部

施設[編集]

公共
報道
商業

ギャラリー[編集]

世帯数・人口[編集]

世帯数・人口[表注 1]
世帯数 人口
与次郎一丁目 7 10
与次郎二丁目 774 1,933
781 1,943

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[5]

町丁 小学校 中学校
与次郎一丁目 全域 鹿児島市立八幡小学校 鹿児島市立天保山中学校
与次郎二丁目 全域

交通[編集]

道路[編集]

国道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統計情報 - 鹿児島市ホームページ。
  2. ^ 鹿児島港の歴史遺構 NPO法人ゆめみなと鹿児島
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.657
  4. ^ 昭和51年鹿児島県告示第1017号(町区域の新設及び変更、昭和51年9月22日付鹿児島県公報第6983号所収)
  5. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2010年8月29日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度34分7.4秒 東経130度33分40.3秒