小郷知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こごう ともこ
小郷 知子
プロフィール
本名 不明
愛称 こごたん
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
生年月日 1978年7月22日(38歳)
最終学歴 早稲田大学商学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 宮崎福岡→東京アナウンス室
活動期間 2002年 -
ジャンル 主として報道・情報系担当
配偶者 あり
公式サイト NHK
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
その他 福岡局初代地上デジタル放送推進大使

小郷 知子(こごう ともこ、1978年7月22日 - )[1]は、NHKアナウンサー

人物[編集]

経歴[編集]

東京都立青山高等学校を経て早稲田大学商学部[1]卒業後、2002年入局。2番目の勤務地福岡局時代から『NHKニュースおはよう日本』でレギュラーキャスターの夏休み代理を務め、福岡局の初代地上デジタル放送推進大使にも着任。

つながるテレビ@ヒューマン』のリポーターであったが、1期上の北郷三穂子が『NHKニュースおはよう日本』を産休降板したため2007年1月より同番組5時台6時台キャスターに着任。2008年3月末まで務めた。

2009年4月、『NHKニュース7』隔週担当ニュースリーダー。またこの年より選挙開票速報サブキャスターを務める。

2011年4月、『NHKニュース7』土日のメインキャスターに就任。女性アナウンサーによるNHK午後7時のニュースのメインキャスターは森田美由紀以来12年ぶりで、土日(週末)に限れば1995年4月以来、16年ぶりのことだった。

2016年1月、産前産後休職から復職(Nスペ5min.ナレーション担当)して『NHKニュースおはよう日本』(土曜・日曜・祝日)及び『クローズアップ現代+』を担当することが2016年2月に発表された[2][3]

私人[編集]

趣味は旅行とダイビング。ダイビングのライセンスを持っている。

2012年7月、同い年の大手映画会社社員と結婚した。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

※2012年3月までは、土曜、日曜(土日が祝日の場合も含む)のみ担当。

同期の女性アナウンサー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 伊東敏恵鎌倉千秋松村正代久保田祐佳杉浦友紀井上あさひ京都局)の6人と持ち回りで担当する。

出典[編集]

  1. ^ a b 女性は12年ぶり! 「NHKニュース7」のメーンキャスターに抜擢された小郷知子を直撃! 日経トレンディネット “キーパーソンに直撃 麻生香太郎の業界潜行” 2011年4月8日付インタビュー参照
  2. ^ 平成28年度番組 新キャスター発表! NHK広報 2016年2月2日
  3. ^ 平成28年度 主な番組のキャスター (PDF) 日本放送協会経営情報 2016年2月2日付

外部リンク[編集]