気象通報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

気象通報(きしょうつうほう)は、気象観測の成果あるいは気象に関する情報を、ラジオ放送無線電話、テレホンサービス、インターネット等により一般に提供するものである。

概要[編集]

日本では気象庁の漁業気象通報、漁業無線気象通報、鉄道気象通報、電力気象通報、大気汚染気象通報、火災気象通報、農業気象通報[1]海上保安庁の船舶気象通報がある[2]。このうち気象庁発表の漁業気象通報等については、毎日、NHKラジオ第2放送で16時から放送されており、その番組名も「気象通報」である。[3]

気象庁の気象通報[編集]

気象庁は気象業務法等の法令に基づいて各種の気象通報を発表している。

気象庁が発表した日本全国各地と周辺近隣諸国主要都市の天気と気温、並びに気象庁海洋気象ブイと船舶からの天気(NHKの気象通報は船舶からの報告のみ)、漁業気象通報については、「気象通報」として毎日、NHKラジオ第2放送(以下、ラジオ第2放送)で1日1回16時から放送されている。[4]

また、船舶航空機などに向け、専門的な気象資料を迅速に提供するための、「気象無線模写通報」(JMH)が、ラジオファクスの送信形式で、短波により放送されており、天気図や予報資料を画像で受信することができる。

以前は航空用気象無線模写放送(JMJ)があったが、2001年に廃止されているため、厳密な意味での航空向けはない。

種類[編集]

気象庁が発表する気象通報には次の7種類のものがある[5]

  • 漁業気象通報
  • 漁業無線気象通報(根拠法令:気象業務法
  • 鉄道気象通報(根拠法令:気象業務法)
  • 電力気象通報(根拠法令:気象業務法)
  • 大気汚染気象通報(根拠法令:大気汚染防止法
  • 火災気象通報(根拠法令:消防法
  • 農業気象通報(根拠法令:気象業務法)

ラジオ番組[編集]

NHKのラジオ第2放送で[6]、1日1回、12時(日本時間。以下、全て24時間表記)発表分の天気を、16時台に放送する(放送時間の詳細は後述)。放送される「各地の天気」と「漁業気象」の原稿は、放送当日の18時10分頃に気象庁のウェブサイトに掲載される[7]。また、1週間分の放送原稿も閲覧することができる(18:10以前に一番古い原稿は消されることに注意)。2016年4月から合成音声による自動放送に変わった[8]

ラジオの気象通報により各地点の実況・天気概況を知ることができる。さらに、放送された各地点のデータを『ラジオ用地上天気図用紙(NHK第2 気象通報受信用)』に記入し地上天気図を作成することにより、天気予報に役立てることができる。

天気図用紙にはNo.1とNo.2さらに携帯用があり、No.1にはデータを記入する一覧表と地図、No.2は地図のみが記載されている。No.1が初心者向けとされている。携帯用は難易度が高く、登山者向きに作られている。

なお、かつてはラジオNIKKEI第1放送でも「気象通報・海上気象解説」として、毎日15分間放送されていた。当初は05時30分-05時45分・12時20分 - 12時35分・23時00分 - 23時15分で、12時台の放送では低気圧や高気圧などの位置や気圧は気象庁発表のデータだったが、5時台のデータは前日21時の位置を元に新日本海洋気象が、推定の位置や気圧についてのデータを放送していた。23時の場合はNHKの10時の漁業気象の原稿を読み上げていた。この時期は固定船ビクターなどのアナウンスもあり、興味深いものであったが、23時台の放送がなくなり、その後、東京証券取引所の後場開始時刻変更に伴って早朝5時30分 - 5時45分(3時発表分)に移行し、その後、2005年3月31日の放送を最後に終了している。また日本山岳会の提供により「夏山高層気象」や「冬山高層気象」が夏冬に5時台の放送前に850mb,700mbの高層天気図作成のための放送もあった。

放送時間[編集]

1928年11月5日にNHKラジオ第2で放送開始[9]。なお、2014年度(同3月31日)の改編により、気象通報の放送が16時からの一日一回のみとなり、9時台(6時発表分)[10]と22時台(18時発表分)の放送枠は同3月30日の放送をもって廃止された[11]。2016年度からは波形接続方式による合成音声に変更された[8]

  • 16時00分 - 16時20分(12時発表分)
放送中止は、緊急警報放送などにより、ラジオ第2放送が緊急放送を行う場合」に限られている。2006年11月15日(水曜日)22時放送分2011年3月11日(金曜日)16時放送分から3月12日(土曜日)は放送中止となった。また、2013年2月6日ソロモン諸島で起きた大地震による津波注意報の発令により、16時から4分間と、16時10分から3分間、ラジオ全チャンネル共通の津波注意報関連の放送を行ったため、漁業気象の一部(等圧線など)が割愛された。

番組構成[編集]

各地の天気→船舶からの報告→漁業気象と続く。

番組冒頭で原則、「この時間は、気象庁予報部発表・今日正午の気象通報をお伝えします。まず、今日正午の各地の天気です。石垣島では……」と始める。以前は近隣外国の予報を伝えるところ(大体セベロクリリスクハバロフスクの中間)で「引き続き、今日正午の天気をお伝えしています」と断りを入れる場合もあったが、アナウンスの合成音声化によって現在はなくなっている(外部リンクの放送原稿転載においてもこの文言が入っていた)。

1992年までは冒頭で概況アナウンスを伝えていたが、漁業気象等の情報量の増加に伴い省略され、最初から「今日○時現在の各地の天気」に入る。生読みだった頃には、台風などが接近し情報量が多い場合は「情報量が多いので、少し早口でお伝えしていきます」などと説明することもあった。

  1. 各地の天気
    東アジア各地の天気
  2. 船舶からの報告
    船舶からの報告は、1992年までは「気象庁海洋ブイおよび船舶の報告」と読み上げ、称していた。「この時間は○ヵ所からです」と断りを入れる。船舶からの報告では、気温だけが放送されない。他の要素は陸上の観測地点と同じ。
  3. 漁業気象
    台風や日本近海に接近したハリケーンのほか、低気圧高気圧前線の位置及び海上警報に準ずる風速、濃霧が発生している海域の状況、日本付近を通る等圧線の位置を数本報告。台風が日本に接近または上陸している場合は、定時の発表時刻の1時間後の台風情報も放送する。
  4. 海上保安庁からのお知らせ
    日本付近を航行中の船舶に向けて海上自衛隊アメリカ軍の訓練が行われる海域の詳細(航行警報)、黒潮などの「海流推測」などの情報が提供していたが、2013年3月31日の放送をもって終了した。[12]

2013年5月23日午後10時放送の午後6時の漁業気象の原稿が、当日午前6時の原稿を誤って読み上げた。このことについて、翌24日の午後4時放送の正午の漁業気象の原稿を読み上げる前に、前日午後10時放送の気象通報の中で漁業気象の原稿を誤って読み上げたことについて、お詫び申し上げる趣旨の放送があった。こうした放送原稿の取り違えは、数年に一度の頻度で起こることがある。

終了時には「気象庁予報部発表・今日正午の気象通報をお伝えしました」とアナウンスして番組が終わる(この後番組ではないものの、続けてラジオ第2放送のコールサインが流れる)。

気象通報における気象要素の読み上げには定まった様式がある。なお、気圧の単位には現在は「ヘクトパスカル」が用いられているが、1992年11月30日までは「ミリバール」と読み上げていた。

台風や集中豪雨・大雪の顕著な災害発生した場合でも、気象通報は気圧配置や台風の位置に重きを伝えるのであって、降水量・降雪量や被害状況を伝えるものではない。

各地の天気[編集]

各地の天気は『(観測地名)では、(風向)の風 風力(数値)、(その時点の天気)、(気圧)ヘクトパスカル、(気温)度。』と読み上げる。

(読み上げ例)石垣島では、北東の風、風力4、天気曇り、気圧1016ヘクトパスカル、気温21度。那覇では、北北東の風、風力3、快晴、15ヘクトパスカル、22度。 ・・・ 浦河では、西北西の風、風力9、地吹雪、02ヘクトパスカル、氷点下2度。根室では、西の風、風力5、曇り、997ヘクトパスカル、氷点下4度。 ・・・ ウラジオストクからは入電ありません。 ・・・ 長春では、風向・風力不明、快晴、22ヘクトパスカル、氷点下15度。・・・
  • 風向
北、北北東、北東、東北東、東、東南東、南東、南南東、南、南南西、南西、西南西、西、西北西、北西、北北西の16方位を用いる。
  • 風力
気象庁風力階級による。天気図用紙(No.1様式)には記入例が示されている。
  • 天気
快晴、晴れ、くもり、煙霧、ちり煙霧、砂じんあらし、地ふぶき、霧、霧雨、雨、雨強し、にわか雨、みぞれ、雪、雪強し、にわか雪、あられ、ひょう、雷、雷強し、天気不明の21種類。ただし、自動天気観測の導入されている地点では天気については、「雷」は通報せず、「快晴」は「晴れ」、「ちり煙霧」「砂塵嵐」は「煙霧」、「地吹雪」は「雪」で一律化されている(風向・風力・気圧の測定や天気図の記入方法に特に変更はない)[13]
  • 気圧
1000hPaを超える場合は下二桁のみ、1000hPa以下はすべての数値を読み上げる。ただし、各地の天気の最初の石垣島に限りすべての数値を読み上げている。[14]
  • 気温
マイナスの場合は、氷点下(気温)と読み上げる。[15]

石垣島(と船舶の報告における最初の報告地点)は放送の最初に伝える観測地点であるため、後続の地点の参考になるよう各気象要素名(天気/天候、気圧、気温)を告げる。なお、観測状況により部分的な記録不明となる場合があるが、「不明」として放送する。そもそも報告がない場合は「入電なし」として放送する。

各地点
観測地 位置 備考
石垣島 沖縄県石垣市
那覇 沖縄県那覇市
南大東島 沖縄県島尻郡南大東村
名瀬 鹿児島県奄美市奄美大島
鹿児島 鹿児島県鹿児島市
福江 長崎県五島市五島列島福江島 2009年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
厳原 長崎県対馬市対馬 2009年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
足摺岬[16] 高知県土佐清水市 2007年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
室戸岬 高知県室戸市 2008年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
松山 愛媛県松山市 以前は広島
浜田 島根県浜田市 2007年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
西郷 島根県隠岐郡隠岐の島町隠岐島島後島) 2008年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
大阪 大阪府大阪市
潮岬 和歌山県東牟婁郡串本町 2009年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
八丈島 東京都八丈町 2009年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
大島 東京都大島町 2009年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
御前崎 静岡県御前崎市 2010年10月1日付の通報より自動天気観測導入。
銚子 千葉県銚子市
前橋 群馬県前橋市
小名浜 福島県いわき市 2008年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で被害を受け、入電が3月11日18時から12日12時まで、および15日18時から18日12時まで途切れた。
輪島 石川県輪島市能登半島 2010年10月1日付の通報より自動天気観測導入。
相川 新潟県佐渡市
佐渡島
2007年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
仙台 宮城県仙台市 以前は石巻
宮古 岩手県宮古市 2007年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で被害を受け、入電が3月11日18時から4月1日12時まで、および4月8日12時から11日12時まで途切れた。
秋田 秋田県秋田市
函館 北海道渡島総合振興局管内函館市
浦河 北海道日高振興局管内浦河郡浦河町 2009年10月1日付けの通報より自動天気観測導入。
根室 北海道根室振興局管内根室市 2010年10月1日付の通報より自動天気観測導入。
稚内 北海道宗谷総合振興局管内稚内市
ポロナイスク ロシア連邦サハリン州、南樺太地域[17] 旧地点名シスカ(敷香)のロシア名。代替地点はアレクサンドロフスク
セベロクリリスク ロシア連邦サハリン州千島列島[17] 旧地点のマツア島(松輪島)やウルップ島より北東寄りで、旧副通報地点の「パラムシル島」にある日本領時代には柏原と呼ばれた街。代替地点はオゼルナヤ
ハバロフスク ロシア連邦ハバロフスク地方
ルドナヤプリスタニ ロシア連邦沿海地方 1995年、観測所の移設に伴い、旧地点名「テチューヘ」を改名[18]
ウラジオストク ロシア連邦沿海地方 旧地点名「ウラジオ」(浦塩)。
ソウル 大韓民国ソウル特別市 代替地点は仁川(インチョン)。
ウルルン島 大韓民国慶尚北道 鬱陵島」の韓国語読み(以前は「ウツリョウトウ」)。代替地点は浦項(ポハン)。
プサン 大韓民国釜山広域市 「釜山」の韓国語読み(以前は「フザン」)。
モッポ 大韓民国全羅南道 木浦の韓国語読み[19]
チェジュ島 大韓民国済州道 済州島」の韓国語読み(以前は「サイシュウトウ」)。
台北 台湾中華民国
恒春 台湾 代替地点は台中
長春 中華人民共和国吉林省
北京 中華人民共和国北京市
大連 中華人民共和国遼寧省
チンタオ(青島) 中華人民共和国山東省
上海 中華人民共和国上海市 毎月30日の18時の発表は入電なし。
武漢 中華人民共和国湖北省 旧地点名「漢口」の現市名
アモイ(廈門) 中華人民共和国福建省
香港 中華人民共和国香港特別行政区 現在は香港国際空港
バスコ フィリピン共和国 代替地点はラワーグ(2010年10月5日バスコからの入電が再開されるまで、ラワーグからの入電のみが続いた)。
マニラ フィリピン共和国 観測場所はニノイアキノ国際空港
父島 東京都小笠原村
南鳥島[20] 東京都小笠原村 2001年12月3日から追加[21]。天気の入電はない。
富士山 静岡県富士宮市 2004年より気温のみ。富士山測候所稼動時は風向・風力・風速・天候(12時のみ)の入電があった。
船舶の報告[編集]

「船舶の報告」では、遠洋漁業従事船などから漁業無線局経由で上がって来る報告を読み上げる。(海域名)、(緯度・経度)、以下気温の報告がない他は陸上の観測と同じ。海洋気象ブイは気圧のみ観測するなどの理由により、不明箇所が多い。

(読み上げ例)南シナ海の北緯16度、東経117度では、北北東の風、風力6、天気曇り、気圧1015ヘクトパスカル。フィリピン東方の北緯17度、東経129度では、北北西の風、風力3、晴れ、14ヘクトパスカル。 ……北海道東方の北緯43度、東経150度では、南南東の風、風力8、天気不明、998ヘクトパスカル。
漁業気象[編集]

漁業気象では、台風・低気圧・高気圧の位置と勢力、進行方向が、前線の場合は位置のみが報じられる。なお、前線を伴った低気圧については、低気圧の位置とは別に前線の位置を放送する場合もある。他には、強風が吹いている海域や濃い霧が発生している海域(海上警報)も報じられる。台風や勢力の強い低気圧(最大風速が25メートル以上)及び勢力が強くなる可能性がある低気圧の場合は予報円の位置と大きさも発表される(12時間後[22]、24時間後 台風と熱帯低気圧の場合は「70パーセントの確率で」[23]というアナウンスも入る)。最後に日本付近を通る主な等圧線の位置を報じる。

(読み上げ例)三陸沖の北緯39度、東経146度には、988ヘクトパスカルの低気圧があって、東北東に毎時45キロで進んでいます。中心から温暖前線が北緯38度、東経151度に伸び、寒冷前線が北緯32度、東経142度、北緯29度、東経138度に達しています。中心から半径900キロの円内では、15メートルから20メートルの強い風が吹いています。南シナ海の北緯20度・東経118度、15度・116度、14度・112度、17度・112度および元の北緯20度・東経118度の各点で囲まれた海域では、ところどころ濃い霧のため見通しが悪くなっています。…華北の北緯41度・東経117度には、1046ヘクトパスカルの高気圧があって、南東に20キロで移動しています。…日本付近を通る1016ヘクトパスカルの等圧線は、北緯16度・東経118度、23度・124度、…の各点を通っています(等圧線が一周りする場合は「…を通って、元の北緯16度・東経118度に戻っています」となる)。
  • なお、北緯と東経は2つ目以降は読み上げを省略することが多いが、西経は誤認を防ぐため省略せずに必ず読み上げる。2つ以上等圧線を紹介する場合は区切りをつけて紹介する。

気象無線模写通報[編集]

通報の受信例

気象庁が日本列島近海を航行する船舶向けに各種通報を画像にて放送している。
ただし、電波法令上は特別業務の局による同報通信。 [24]

1958年3月 臼井送信所千葉県佐倉市 NTTファシリティーズの「F佐倉太陽光発電所」に変わっており現存しない)から送信開始
1986年7月 名崎送信所(現茨城県古河市)に移転
2009年3月4日 鹿児島県漁業無線局鹿児島県南九州市)に移転 名崎は廃局
  • コールサイン JMH、JMH2、JMH4
  • 周波数 3622.5kHz,7795.0kHz,13988.5kHz
  • 送信時刻は、外部リンクを参照
  • 復調するには以下の機材が必要。
    • 音源ボードを装着したうえでFAXデコードソフトをインストールしたパソコンおよび、SSBもしくはRTTYの信号を用いた短波帯の電波が受信可能な無線機/受信機。

日本以外にも、気象無線模写通報を送信している国が多く、条件がそろえば日本内陸でも受信することができる。

海上保安庁の気象通報[編集]

海上保安庁は、海上保安庁法第5条第23号に基づき灯台その他の航路標識の附属の設備において気象観測を行って船舶気象通報を発表しており、無線電話、テレホンサービス、インターネット等により一般に情報提供されている[25]。2016年9月30日をもって、無線電話による船舶気象通報が廃止された。[26]

日本国外の気象通報[編集]

韓国でもKBS第1ラジオで午前4時42分から気象通報が送信されている。日本でも一部地域で受信可能であり、KBSのインターネット放送でも聴取できる。韓国に加え、日本の各地の気象も送信される(ただし一部省略)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 予報用語 気象通報 気象庁
  2. ^ 船舶気象通報 海上保安庁
  3. ^ 2014年3月30日までは9時10分(6時発表分)と22時(18時発表分)を含めて1日3回放送されていた。
  4. ^ 2014年3月30日までは9時10分と22時と合わせ、1日3回の放送だった。
  5. ^ 予報用語 気象通報 気象庁
  6. ^ ただし、1960年台ころまで、16時の放送(厳密には16:00からNHKニュースを放送した後)はラジオ第1で放送されていた。このため、該当時間に放送されるスポーツ中継(大相撲・プロ野球・競馬)は、ラジオ第2で放送されていた(出典:1959年10月と1960年9月・10月の秋田魁新報ラジオ欄(大館市立中央図書館で閲覧))。
  7. ^ 過去1週間の「各地の観測値と低気圧や前線の位置」
  8. ^ a b 技研だより2016年4月 - NHK放送技術研究所
  9. ^ 世木寛之, 田高礼子, 清山信正, 都木徹, 斎藤英雄, 小澤愼治「音声合成のためのテンプレートを用いた録音文セット生成システムとラジオ番組「気象通報」への適用について」『映像情報メディア学会誌 Vol.65(2011) No.1』、映像情報メディア学会、2001年
  10. ^ 但し、1971年頃は15分番組、また1970年代前半頃までは、火曜と木曜・金曜のみの放送で9:15~9:45(1974年1月1日は9:30まで)の放送だった。
  11. ^ 平成26年度放送番組時刻表
  12. ^ ただし、ラジオ第1では引き続き、海上自衛隊や外国軍の訓練が行われる地域については、地域放送(ローカルニュースや天気予報。主に18:50、21:55、23:10<土曜・日曜・祝日23:05>の時間帯の末尾)に告知される場合がある。
  13. ^ 気象庁のリリース (PDF)
  14. ^ 生読みだった頃には「このあと、気圧の方は1000hPaを超える場合は末尾2桁をお伝えしてまいります」などといった断りのアナウンスを入れていた。
  15. ^ 生読み時代、氷点下の地点が続いた後に気温がプラスの地点を読み上げる時は、「プラスの(温度)」と言う場合もあった。
  16. ^ 足摺岬は正確には「清水特別地域気象観測所」と称し、国際名は「清水」で扱っている。以前は「清水測候所足摺分室」だった。
  17. ^ a b サハリン州の2地点ポロナイスクとセベロクリリスクについては日本政府は「国際法上所属未定地」との立場をとっているが、ロシア連邦実効支配しており、日本・ロシア以外でロシア連邦の主権を認めている国もあるため、ここではロシア連邦に分類する。
  18. ^ テチューヘとは、日本海に面したルドナヤプリスタニから30km以上山中に入った町「ダリネゴルスク」の旧名であるため、テチューヘという町が「改名」してルドナヤプリスタニになったわけではない。
  19. ^ ソウルを除く他の韓国地点名が日本語読みだった頃も「モッポ」と読まれていた。
  20. ^ 南鳥島測候所は2006年8月下旬に南鳥島に接近した台風12号により、事前に観測員が避難したため、しばらく入電なしの状態が続いていたが、同年9月末ごろより復帰した。休止の報道リンク観測再開の報道リンク
  21. ^ 平成13年12月3日 午後4時の気象通報 通報地点見直し後最初の気象通報の録音です。この気象通報からセベロクリリスクと南鳥島が通報地点に加えられ、テチューヘがルドナヤプリスタニ、漢口が武漢に置き換わりました。放送の冒頭と最後に、通報地点変更の旨のアナウンスもあります。
  22. ^ ただし、2013年10月23日9時10分の放送で、「台風27号」の12時間後の予報円は放送されなかった。
  23. ^ ただし、発達する可能性が無い熱帯低気圧は進路予報は入らず、発達しない普通の温帯低気圧と同じ扱いとなる。
  24. ^ 電波法施行規則第2条第1項第20号 「同報通信方式」とは、特定の二以上の受信設備に対し、同時に同一内容の通報の送信のみを行う通信方式をいう。(送り仮名の表記は原文ママ)
  25. ^ 船舶気象通報 海上保安庁
  26. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧)

外部リンク[編集]