ラジオテレタイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラジオテレタイプ(Radioteletype : RTTY)とは、2台のテレタイプ端末無線で接続した電気通信システムである。

概要[編集]

さまざまな変調方式が使われているが、最も一般的なのは周波数偏移変調(FSK)[1]である。

  • 一般的に使われている符号化方式は 5bit の「ITA2 コード」(Baudot Code)で、スタート・ストップビット付きの非同期(調歩同期)である。
  • 6bit の ITA2 キャラクタコードを使っている RTTY システムも一つは存在する。
  • より現代的なシステムでは、7bit や 8bit のバイトが使われている。

RTTY は現代の標準としては極めて遅く、一般的なボーレイトは 45.45 ボー[2]である(約 60 語/分)。

FSK 変調の堅牢性とボーレイトの低さにより、RTTY は無線妨害の影響を受けにくい。

主な用途[編集]

堅牢な短波通信が必要とされる用途が大部分である。

発音[編集]

RTTY の発音には論議がある。

  • 利用者のごくわずか、特に米軍では、RTTY ではなく RATT の頭字語で呼ばれている。
  • アマチュアの RTTY 通信を活発に行なっている人々は、RTTY の頭文字ではなく "ritty" と発音している。

メディア[編集]

"Welcome to Wikipedia, the free encyclopedia that anyone can edit." というテキストを RTTY で送ったもの。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

参考情報[編集]

  1. ^ RTTY では、170Hz や 425Hz の偏移幅を用いることが殆ど。
  2. ^ 他には、50 ボーや 75 ボーなども存在する。

関連項目[編集]