鎌倉千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かまくら ちあき
鎌倉 千秋
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 静岡県焼津市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-11-30) 1978年11月30日(42歳)
血液型 O型
最終学歴

慶應義塾大学総合政策学部SFC)卒業

国立台湾大学大学院 国家発展研究所
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 沖縄→東京アナウンス室→中国総局付→東京アナウンス室
活動期間 2001年 -
配偶者 あり
公式サイト 鎌倉千秋 NHKアナウンス室
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

鎌倉 千秋(かまくら ちあき、1978年11月30日 - )は、NHKアナウンサー

人物[編集]

静岡県焼津市出身[1]

静岡雙葉高等学校を経て[2]慶應義塾大学総合政策学部SFC)へ進学。トリリンガル・アナウンサーとして日本語・英語・中国語を駆使した報道の現場で活動しているが[3]、いわゆる帰国子女ではなく、大学で第二外国語として中国語を選択し、初めて中国語の勉強を本格的に始めた[4][1]。育った環境からか言葉に強い関心があり[5]、平高史也ゼミでは多言語社会・多言語教育の研究に励んだ。近年では同教授との共同執筆論文もある[6]テレビ朝日アスク(アナウンサースクール)の第1期卒業生。同期に村上祐子河野明子(共に元テレビ朝日)、堀潤(元NHK[7]2001年にNHK入局、女性アナウンサーとして初めて沖縄局赴任。アナウンス室[8]所属。2009年に北京の中国伝媒大学(The Communication University of China =CUC)に留学。[1]

嗜好・挿話[編集]

  • 日本人の父と台湾出身の母の間に生まれる[9]
  • 祖父は日本統治時代の台湾出身の医師。静岡で勤務医をしていた時に日本人の祖母と出会った。台湾に戻っている時に日本が敗戦を迎え、日本に帰れなくなり、一族離散の悲劇に見舞われた。その後暫くして、祖父は日本に還り、青森県の無医村地域で医師として生涯を過ごした。
  • 2001年に慶應義塾大学の同窓生と結婚したが、夫の希望で戸籍の筆頭者を妻にしたため、結婚後も鎌倉姓のままである[10]
  • 2004年4月に東京アナウンス室。『NHKニュース10』リポーターに抜擢。以後、『地球アゴラ』・『あなたの街で夢コンサート』・『ABU未来への航海』・『SAVE THE FUTURE』などの番組を担当。『探検ロマン世界遺産』では兵馬俑殷墟麗江武夷山などの中国の世界遺産を多く取材した。
  • 「2007年日中文化体育交流年」では、人民大会堂中国中央電視台のアナウンサー朱迅(しゅじん)(かつて日本でタレントとしても活躍)と、グランドフィナーレ・コンサートの共同代表司会を務めた。
  • 2009年5月、『四川大地震から1年~被災地の人々は今~』では現地レポートを行った。同年夏から中国総局付きとなり、現地で放送研修を受けた[11](アナウンサー初)。研修中、上海国際チャンネルの「中日之橋」にゲスト司会者として出演した。
  • 2010年の上海万博では、NHKの開幕番組(総合、生放送)で司会をつとめた。帰国後の2011年2月には、CCTVの新春特番『行走唐人街』にゲストで生出演するなど、日本人アナウンサーとしてはめずらしく日中メディアをまたにかける働きをみせた[12]
  • 2011年から国際報道番組BS1『ワールドWaveトゥナイト』(平日夜10時~10時50分、現在の『国際報道2020』の前身にあたる)のキャスターを3年間つとめる。
  • 2012年、第18回中国共産党大会を北京から特集する。
  • 2014年からは、NHK総合『NEWS WEB』(平日23時30分~24時)のキャスターに就任。
  • 2015年、台湾の李登輝元総統が訪日した際のNHK単独インタビューを担当[13]
  • 2016年からは国谷裕子(くにやひろこ)が長年キャスターをつとめてきた『クローズアップ現代』の後継番組『クローズアップ現代+』(月~木:22時~22時25分)のキャスターに就任。
  • 2017年、5年ぶりに第19回中国共産党大会(5年に1度開催)を北京から特集した。
  • 元日恒例、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の『ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2018司会。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

同期の女性アナウンサー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「経験と語学生かし挑戦」NHKの新中国語ニュースのキャスター:鎌倉千秋さん” (日本語). nippon.com (2019年2月11日). 2019年2月21日閲覧。
  2. ^ 第1回 「未来への志を育む」講演会” (日本語). 学校法人静岡雙葉学園 静岡雙葉中学校・高等学校. 2020年12月16日閲覧。
  3. ^ 桑子真帆、井上あさひ…鈴木奈穂子アナ「3月産休」でNHK“看板”争い勃発!”. 日刊大衆. 2019年1月30日閲覧。
  4. ^ 「中国語ジャーナル」(2011年10月号)P56、NHK WORLD-JAPAN《波短情長》(2019年1月20日)
  5. ^ NHK総合 『インタビュー ここから「一青窈 ハナミズキ 100年の願い」』(2015年9月22日)
  6. ^ 平高史也/木村護郎クリストフ[編]. 『多言語主義社会に向けて』第4章. くろしお出版 
  7. ^ 入社・内定情報 2001年 テレビ朝日アスク公式サイト
  8. ^ アナウンサー検索結果 鎌倉千秋”. 2018年11月8日閲覧。
  9. ^ 同窓生の一青窈は、父が台湾人、母が日本人。2人は2007年3月『春うた2007』、2015年9月『インタビュー ここから「一青窈 ハナミズキ 100年の願い」』などで共演。
  10. ^ (NHK総合)『NEWS WEB』(2015年12月16日)
  11. ^ NHK鎌倉アナ、中国で研修 スポーツ報知 2009年6月20日
  12. ^ People's Daily Online 人民日報電子版(2012年11月9日)
  13. ^ 民主視野 [第16期-2016冬季刊 | Pubu - 電子書自由閱讀、自由出版]. https://www.pubu.com.tw/magazine/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E8%A6%96%E9%87%8E-%E7%AC%AC16%E6%9C%9F-2016%E5%86%AC%E5%AD%A3%E5%88%8A-86136 
  14. ^ NEWS WEB(2014年4月 - )キャスターNHK橋本奈穂子アナ「首都圏-」メイン 日刊スポーツ 2014年2月4日

外部リンク[編集]