鎌田靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鎌田 靖(かまだ やすし、1957年5月5日 - )は、NHK出身のフリージャーナリスト。NHKへの在籍中には、報道記者・デスクなどを経て、解説委員や報道局の記者主幹を務めた。

人物[編集]

福岡県出身で、福岡県立嘉穂高等学校を経て早稲田大学政治経済学部へ進学。大学卒業後の1981年に、記者としてNHKに入局した。

NHKへの入局後は、社会報道へ従事していた。NHK神戸放送局に勤務していた1995年には、当時家族と共に住んでいた神戸市東灘区阪神・淡路大震災に遭遇[1]。その後の関連報道でデスク業務に当たったことも相まって、阪神・淡路大震災の取材をライフワークに定めた[2]。家族は震災後も神戸市内に住んでいるため、鎌田自身はNHK放送センターへの異動を機に、東京での単身赴任生活に入った[2]

NHK放送センターで解説委員に転じてからは、池上彰の後任として、2005年4月から『週刊こどもニュース』の「お父さん」役に起用。記者時代に視聴者が理解しやすいニュース原稿を書いてこなかったことへの反省から、児童書を読みあさるなどの工夫を重ねながら、2009年3月まで出演した[3]

2009年4月からは、報道色の強い『追跡!AtoZ』のメインキャスターに抜擢。追跡するテーマによっては、自身で現場へ足を運んでいた。また、『NHKスペシャル』などのドキュメンタリー番組で災害や貧困問題に関する特集を放送する場合に、キャスターを務めることもあった。

2017年の誕生日でNHKの定年(60歳)に達することから、同年5月で退職する予定だったが、実際には3月3日付で退局。2005年に退局した池上に続いて、フリージャーナリストとしての活動を開始した。『あさチャン!』(TBSテレビ)のプロデューサーから、「現場を歩くコメンテーター」という役割で、2017年4月改編からのレギュラー出演を打診されたことによる。鎌田自身も、「60歳を迎える今が最後のチャンス」として、この打診を受諾。『あさチャン!』では、スタジオでのニュース解説に加えて、自然災害・事件現場での取材にも携わる[3]

出演番組[編集]

現在[編集]

NHK時代[編集]

著書[編集]

  • 週刊こどもニュースのお父さんが教えるニュースのことば(2010年11月15日発売、角川つばさ文庫

出典[編集]

  1. ^ 鎌田靖キャスター日記 NHK『追跡!AtoZ
  2. ^ a b KKベストセラーズ月刊「CIRCUS2010年5月号
  3. ^ a b 鎌田靖氏「あさチャン!」夏目とタッグ “ポスト池上彰”期待 (『スポーツニッポン2017年3月7日付記事)