有野晋哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有野 晋哉
本名 有野 晋哉
ニックネーム 課長(『ゲームセンターCX』内や同番組ファンによるもの)
生年月日 1972年2月25日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市此花区
血液型 B型
身長 180.6cm
方言 関西弁、標準語
最終学歴 大阪市立汎愛高等学校
コンビ名 よゐこ
相方 濱口優
芸風 コント漫才(ボケ)
立ち位置
事務所 松竹芸能
活動時期 1990年 -
現在の代表番組 ゲームセンターCX
配偶者  北村祐子
親族 娘2人
公式サイト 公式ブログ

有野 晋哉(ありの しんや、1972年2月25日 - )は、日本お笑いタレントお笑いコンビよゐこボケ担当。男性。相方は濱口優大阪府大阪市此花区出身。松竹芸能所属。

人物[編集]

身長180.6[[センチメートル(デビュー時は179cm)、体重65kg。血液型はB型。星座はうお座。趣味はテレビゲームしりとり八段(二、四、九期竜王)。

飄々としたふるまいと淡々としゃべるマイペースなボケが特徴。松竹の松本人志と言われるほどであった。めちゃイケでは天才と言われたほどである。ボケ担当だが、地味なキャラを売りにしている事と、相方の濱口優が強力な天然ボケであるため、おのずとツッコむ機会のほうが多い。しかし番組の流れや、女性に対しては毒舌や皮肉屋な一面を見せることもある。

自他共に認めるアニメ・ゲーム・アイドルオタクである。詳細は後述。

言葉が分からないから怖いという理由で外国が苦手。仕事でフランスに行った際にもロケ以外の時間は観光などを一切せずホテルの部屋にこもって日本から持ち込んだ携帯型ゲームをやって過ごした程である。

当初、喉に大きなホクロがあり、有吉弘行に付けられたあだ名は「ファミコン死にボクロ」などといじられていたが、2009年の夏頃までに除去している。この事は毎週のように顔を合わせているめちゃイケメンバーも長い間気付かなかった模様[1][出典無効]

2013年頃から老眼を訴えるようになり、番組で細かい文字を読む必要が出てきた際などに老眼鏡をかけた姿を見せることが多くなった。本人も『ゲームセンターCX』映画版の舞台挨拶で「分厚い老眼鏡をかけて頑張ります」と語るなど、老眼をネタの一つにしている[2]。めちゃイケメンバーからは老眼鏡をかけた姿を「吉田照美に似ている」などといじられている。

仲の良い芸人はキャイ〜ン(特に天野ひろゆき)、極楽とんぼ加藤浩次アメリカザリガニの平井善之、ロンドンブーツ1号2号田村亮おぎやはぎ矢作兼など。いずれも若手時代から親交のある芸人である。なお、加藤が中心の吉本のグループである「オフィス加藤」のメンバーには入っていない(おぎやはぎは小木博明も含めて入っている)ことになっている。

エピソード[編集]

  • かつて『めちゃ2イケてるッ!』で視聴者から「有野はいつもしゃべらないし陰も薄いので、めちゃイケにいなくてもいいのでは?」という投書があった。そこで番組内で『有野はめちゃイケに必要か!? 存在感CHECK』(1999年1月23日放送)という企画を行い、街に出て有野抜きで「僕たちめちゃイケメンバーです」と言って10秒以内に有野がいない事にどれだけの人が気付くか、検証を行った。しかし朝からロケをしたものの、誰一人と気づく人が出ず、撮影は夜中まで続く。そして挑戦31回目にしてようやく気づかれ、めちゃイケに有野は必要という事になった。
ところが、上記放送を見た有野ファンから、番組HPで有野の扱いに対して「返ってダメな奴・印象が悪くなった」「誤解を解いて欲しい」「責任を取れ」などの抗議が寄せられる。そこで、当時のよゐこHPにて有野ファンを募集し『よゐこ有野ファン感謝デー』(同年7月10日放送)という企画が急遽作られた。有野超カルトクイズ、お宝ハンマープライス、メンバーにリクエスト、(秘)焼き肉パーティーの企画で有野と一緒に1日を過ごす、というもの。オチは有野に内緒で有野邸でのドッキリの打ち上げであったが、岡村が口走ってしまいドッキリではなくなり急遽そのまま有野邸に乗り込んだ。この為尺が余ってしまい、尺埋めに「ヤシ本真也」が登場した。ちなみに、この企画に参加したメンバーの中に現・スタッフである大平智恵(ブースカ)が有野ファンとして参加している。
  • 2008年5月30日肺膿瘍の治療で休養することを所属事務所が明らかにした[3]。有野本人もブログで入院生活について「都内病院にて入院しております」「寝まくってます」などと報告していた[4]。 翌月6月19日に有野本人のブログで前日に退院したことを報告し、自宅療養を経て翌月7月5日、『めちゃ2イケてるッ!』で仕事復帰を果たした[5]。なお、このことは岡村が退院したときにも再度ネタにし、「自分が入院していた時はこんな派手な退院祝いはなかった」など半ば自虐めいて発言していた。

家族[編集]

結婚
2005年3月1日加藤浩次香織夫妻の媒酌により元タレントの北村祐子と結婚した。北村とは誕生日が1日違いで、有野、北村の誕生日の次の日に入籍している。2人にはゲームという共通の趣味があり、北村が有野の趣味を理解してくれたことから結婚に踏み切った。
結婚披露宴については『めちゃ2イケてるッ!』の番組内で発表・進行が行われた。事前に結婚について知っていたレギュラー出演者は岡村隆史のみで、他のメンバーは媒酌人の加藤も含め知らされていなかった。相方の濱口優に至っては、『いきなり!黄金伝説』で行なっていた企画「1ヶ月1万円節約生活」のアパートから結婚式場まで目隠しで連行され、目隠しを取ると披露宴の真っ最中というドッキリを仕掛けられた。
現在では、加藤家とは家族ぐるみの付き合いをしている。また濱口や、光浦靖子もよく有野家の子どもたちに土産を持参して来訪してくるという。ちなみに、めちゃイケオリジナルメンバーでの男性既婚者は、加藤・有野・矢部の三人であるが、三人の中で夫婦としてイジられることは極めて少なく、2005年の反省ということで有野の結婚式企画が出されスタッフからは、「結婚式をするより海外ロケにいったほうが良かった」と漏らされた。
子供
2006年3月10日に長女が誕生し、出産にも立ち会っている。その日はコンビでの仕事で『クイズ発見バラエティー イッテQ!』の海外ロケの予定だったが、有野が風邪を引き濱口単独のロケとなったため立ち会えることになったという。更に2007年9月2日22時16分に次女が誕生した。なお予定日は9月26日だったとのこと。番組でも時々、2人の娘の話をすることがある。
兄弟
兄弟は姉と兄が一人ずついる。しかし、父や弟がテレビ出演している濱口家とは違い、有野家の家族はテレビなどには出演していない。
同居仲間
松竹芸能の後輩であるアメリカザリガニの平井善之が3年5ヶ月もの間有野のマンションで同居していたが、有野の結婚と同時に追い出された。しかし、平井も有野が結婚してから2年後に結婚している。平井はその後、有野家に訪れることがあるという。

趣味・特技[編集]

自称プロゲーマー[編集]

ゲームセンターCX』の人気に伴い、ゲームで生活できる「プロゲーマー」を自称している。この人気から、最近では「有野」よりも番組内での役職名「課長」で呼ばれることの方が多くなってきているという。

しかしゲームの腕前自体は低く、プライベートでも仲の良い加藤浩次曰く「誰よりもゲーム好きで誰よりもゲームが下手」であり、有野自身も下手の横好きであると認めている。得意ジャンルはパズルゲーム、苦手ジャンルはシューティングゲームである。また、アクションゲームも少しだけ苦手なようである(詳しくは『ゲームセンターCX』の項目を参照)。プライベートでは、「常に最新のゲームをやっている」と語っている。また、有野家のゲーム事情についても語ることがある。

下手であるにもかかわらずゲームをやり続けた理由は、好きであることに加え本人曰く「(東京に上京したてで)友達がいなかったから」。『ゲームセンターCX』では様々なジャンルのレトロゲームを、AD(スタッフ)等と多々協力しながら攻略している。今では、番組のDVDやゲームソフトが発売されたり、収録中に応援FAXが届いたりと『ゲームセンターCX』は芸能人を含めた様々な人から人気を得ている。このことから、オリコン調べの「ゲームの上手そうな有名人」ランキングで総合1位、男女別ランキング、10代から40代の年代別ランキングでも全てで1位を獲得している。その一方で、当初は加藤浩次や岡村隆史等、「ゲームをやり続けるだけなど誰にでもできる事である」とし、当番組の存在を好ましく思わない旨の発言をした芸能人もいる(加藤は後に、有野以外には出来ない番組であると意義を認めた)。

キャラの濃い濱口が相方のため、どちらかというと有野の存在感が薄くなることをネタにされることもあったが、『ゲームセンターCX』に出演するようになってからは、ネット上や様々な年代のゲームファンを中心に人気が拡大している。最近ではゲーム好きというイメージも定着し、自身のことを半ばギャグで「アキバの神様」、または「スター」と称することがある。濱口からは「CSのプリンス」とも評される。

『ゲームセンターCX』は海外でも人気があるため、フェイスブック等で外国人によるファンサイト等も作られており、これらの影響から有野のtwitterのフォロワーの半分程は外国人である。

有野の青春時代である、1980年代から1990年代のゲームに関するエピソードを、『ゲームセンターCX』で語ることがよくあり、「当時はここまでしかクリアできなかった」と語ったり、芸能界入りしてから特に目立った活躍がなかった1990年代に遊んだゲームに関しては、「芸能界入りしてからは、常に友達がおらず、ゲームが友達だった」と語るなどしているが、「濱口君や加藤さんとゲームをよくしていた」と語るなど、一部の人のみとはゲームで遊ぶなどしていたようである。また『ゲームセンターCX』第80回では、1993年発売の『星のカービィ夢の泉の物語』について「この頃はゲーム離れしていた」と話すなど、ゲームをしていなかった時期もあったようである。

オタク趣味[編集]

アニメ、マンガ、ゲーム、特撮等全般に広く精通している。また、フィギュアプラモデルの収集も趣味のひとつ。独身時代に深夜番組『よるこ』で自宅を取材された際には、1,000冊以上のマンガ、総勢540体以上のフィギュア(中にはプレミア品で、数万円する物もある)、アイドル写真集(観賞用と保存用の2冊)が所狭しと陳列されていた。『スポーン』、『ドラえもん』、『機動戦士ガンダム』、特撮るーみっくわーるどなどカバーするジャンルは多岐に渡る。しかし、『キン肉マン』への思い入れに関しては、濱口に一日の長があるようである。『ねるとんね紅鮭(べにしゃけ)団』に出演した際は、告白タイムで相手の神田うのに『機動武闘伝Gガンダム』のガンプラをプレゼントとして差し出していた。また、ある番組の企画で有野の母親が息子に宛てたビデオレターでTVに出演した際、1/60ゴッドガンダムをかかえて登場していた。ただし、結婚した際にこれらの大半を処分しており(ゲームソフト、マンガ本、アイドルの写真集などは処分していない)、未組立のプラモデルは、後輩のなすなかにしにプレゼントしたりしている。『アメトーーーク』2007年4月19日放送の「ドラえもん芸人」の回(第1回)では、番組中に実施されたドラえもんの秘密道具に関するクイズ「道具・イントロ・ドン!!」で優勝し、『アニメのドラえもん』へゲスト出演できる権利を得た。同年7月13日放送分に本人役で出演を果たす。

そういった趣味から声優とも親しく、過去にラジオで共演した水樹奈々や後述の松風雅也とも親交がある。特に水樹には、ゲームソフト『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』を贈っている。

現在は有野の仕事でもかなりの割合を占め、自他共にこの分野への精通を認めているが、下記のように『めちゃイケ』の「色とり忍者」では、あまりこの仕事ばかりが来るというのも快く思っていないという旨を述べたことがある。

雑誌『SWITCH』にて「よゐこ有野の繁栄!オタク王国」という連載を持ち、Mobageより配信された同名のタイトルを冠した王国育成シミュレーションのソーシャルゲームのプロデュースに関わっている。

アイドル専門家[編集]

女性アイドル好きでも有名。『MBSヤングタウン』でのフリートークで、学研発行のアイドル雑誌『BOMB』の読者投稿コーナーで、「有野さん見てますか」という投稿があったことをリスナーから知らされたことがキッカケで、同誌で「棚からボム餅」という連載を持つようになった。

アイドル写真集を買い集めており、『BOMB』での連載開始以降は本人からサイン入りで直接貰うことも多いという。結婚後も上記のフィギュアとは異なり収集を続けており、夫人から文句が出た際には「これがおれの仕事」としてこれを突っぱねている。2009年5月30日放送の『もっともゴチャ・まぜっ!』ではストックが320冊を突破し、娘が成長する前に引っ越ししなければいけないと夫人から言われたことを語っている。

アイドルへの観察眼は鋭く、自身のブログでは「質問を質問で返す」保身的で上昇志向なアイドルに対して「そういう“フリ”で展開して結果的に受けた話を、自分のおかげで盛り上がったと勘違いするな」「ゲストで出演しているのなら、面白いエピソードがあるなしに関わらず、有るなら有る。無いなら無い、で正直にトークして欲しい。面白い話をするのは芸人の仕事」と独自のアイドル観を展開している。

アイドルのメル友には中川翔子がいる。最近は「アキバ系の代表」的なポジションで共演する機会も多い。

番組共演者からは、今後ブレイクするアイドルについて尋ねられる事も多いという。収録の空き時間には浜田雅功ダウンタウン)に時東ぁみを、『めちゃイケ』のコーナー「やべっち寿司」では佐藤寛子秋山莉奈などを、ブレイク前にそれぞれ紹介している。

包帯を巻いたアイドルを「ケガドル」・会話が訛っているアイドルを「ナマドル」とそれぞれ名づけている。

一方で、AKB48などのアイドルグループにはあまり詳しくないようで、『ゲームセンターCX』でADの高橋純平が大島優子が好きであることを言ったのに対し、高橋が「有野さんの推しメンは誰ですか?」という質問で、「渡辺麻友かなあ」と「強いて言うなら」の雰囲気で言っている。

その他[編集]

インテリアの匠
意外に潜在的な能力があり『いきなり!黄金伝説』の「よゐこの無人島0円生活」ではテーブルやイスなどを自ら組み立てた。その能力はスタジオで「匠」と呼ばれたほど。無人島で材料を集めて、ブルーシートを使ってインテリアを作るのを得意としている。また自身も特技は「」、趣味は「鉈」と言ったこともある。また同じような趣味を持つ声優俳優松風雅也と親交があり、有野の家の家具は殆どが松風特製のものである。
「よゐこの無人島0円生活」では、丸3日寝ずにインテリアを作っていたことがあり、濱口から丸1日寝なかった有野に対して、「有野徹夜」と言われ、2日目は「有野二徹夜(もしくは有野二徹)」、最終日である3日目には、「有野三徹夜(もしくは有野三徹)」と言われている。
絵本作家
2004年11月1日絵本冷蔵庫』を発売し、作家としても活躍している。絵のセンスがあり、『ゲームセンターCX』では、いくつかのミニコーナーの題字(有野のもしもし大作戦など)を担当することもある。
地味な作業
『ゲームセンターCX』や『いきなり!黄金伝説』で、「地味な作業を淡々と続ける」ということに対してかなりの集中力を見せることが多い。『ゲームセンターCX』では、同じステージやボスに何時間も挑み続ける集中力、残機の無限増殖には労を惜しまず続けることなど(一部のソフトではADが代わりに無限増殖している)、『いきなり!黄金伝説』では、練った小麦粉を千切ってリゾーニ状の“ちねり米”にする作業で凄まじい作業精度と根気(場合によっては半分寝ながらも続行する)を見せる、離島の外周を濱口とは別方向から歩きはじめて合流するという企画では外周距離の8〜9割を有野が歩いた(濱口はそのかわり山登りをしている)といったものがある。
また、濱口とともに挑んだ内職でも有野の方が成績が上だった。『ゲームセンターCX』ではナレーションで度々言及されており、『いきなり!黄金伝説』でも、濱口からは「世界のチネラー」「よく歩く芸人」という肩書きをつけられ、田中直樹は、「離島一周で一番歩くのは有野さん」と語っている。

デビュー前[編集]

高校時代
高校時代にはアマチュアバンドをやっていた。また、同時期に後に相方となる濱口の祖父が経営する工務店や大阪市内のステーキ屋のアルバイトも経験。また、このころは公務員を志望していた。
帰宅部
運動神経抜群の業界人が多いお笑い界では珍しく、180cmという長身の割にはスポーツとは全く無縁。中学時代に卓球部だったものの、学生時代は「1、2年上ぐらいの人間からバカにされるのが嫌」という理由で帰宅部だった。『ゲームセンターCX』では、『アドベンチャークイズ カプコンワールド ハテナ?の大冒険』の回でスポーツ問題が全然わからないこともあった(『ワールドスタジアム』をプレイした際は「駒田って誰?」と発言したほど)。また『突撃!風雲たけし城』では体を使うゲームのため最初のプレイだけで疲労困憊していた。
高校時代の一発芸
高校3年生のとき濱口に誘われ、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!1990年2月25日放送分の「カメラに向かって一発大会」コーナーに出演。固定カメラの前で「走行中の自転車から飛び降り、それを追いかけて再度乗る」という一発芸を披露する予定だったが、カメラのフレームに収まりきらないため「無人で走る自転車の後を有野が追いかける」という非常にシュールな映像に仕上がった。これが功を奏し、この回の優秀賞をもらった。
コック見習い
松竹芸能に入る前はホテルレストランに勤務していた。『愛のエプロン』2006年9月6日放送分出演時には、「打倒・梅沢富美男の秘密兵器!!」と紹介されたが、テーマのエビピラフは調理方法を間違えてエビリゾットを作り、エビマカロニグラタンはホワイトソースすら作れなかった。結果、有野は「下エプ」で終った。実際に勤務していたのは半年で、調理できるまでには上達していないとみられる。

嗜好[編集]

理想の女性のタイプは『うる星やつら』のラムちゃんだと公言しているが、それは建前で、実際はミンキーモモが本命である[6][出典無効]

愛車はボルボ・V60 T4 Rデザイン。以前はランチア・デルタハリアー・ハイブリッドアウディ・RS4 AVANTなど。MTで運転出来る車を欲しがるなど、主にスポーツカーを好む。使っているパソコンはiMac G5。

濱口と同様にタバコ嫌いである。お酒はビールが全く飲めないが、焼酎ならある程度いけるという。

KinKi Kidsがデビューする前からのファンで、当時、KinKi Kidsのファンクラブの前身である「KinKi Kids 情報局」の会員であり、コンサートにも行っていることを『笑っていいとも』の増刊号で語った。

裸エプロン
裸エプロンで前転が4回できる。裸エプロンで足ひれを着けて、レッドブルを買いに行った。裸エプロンで前屈を5秒間できる。
この「裸エプロン」の話は、フジテレビのCS放送の番組『よゐこの企画案』#16で、よゐこ本人達が書き込み、書き込んだ事を実行したものである。ちなみにレッドブルを買いに行った際に、ケンドーコバヤシに見られている。

その他[編集]

デビュー当時の漫才、めちゃイケの前身番組『とぶくすり』時代はキレのあるボケの連発で天才の名をほしいままにした。そのシュールな芸風から「松竹の松本人志」と呼ばれた時期もある。相方の濱口とのバラエティ番組『よるこ』(毎日放送)において、当たり付き自動販売機で1回目で当たりを出すという事を2度達成するなど、運が強い一面もある。『虎の門』(テレビ朝日系列)の「しりとり竜王戦」の常連であり、板尾創路に次ぐ歴代2位の好成績を収めている。

1994年に放送された『ラスタとんねるず'94』の「ジャイアント将棋」では、相方の濱口が女子プロレスラーの井上京子とスモウ対決(実際の相撲とは若干ルールが異なる)をすることになったが、急遽裏方のひとりとして働いていた有野が呼ばれ、代打として出場。井上の腰にタックルをかけるとそのまま土俵下へ落とし勝利を収めた。

痛快!明石家電視台』(MBS系 他数局ネット)の「クイズ!パァちゃいまんねんペアでんねん」のコーナーに出演した際、英語力に乏しい濱口が読んだ英単語を当てるというコーナーで、「Daughter(ドーター)」を「ドゥゲザー」など濱口が読み違えた英単語を次々と正解するという、相方への理解っぷりを披露した。

『めちゃイケ』内コーナー「色とり忍者2007年4月28日放送分でブルーな気持ちに「仕事が2本決まったけど全部雑誌だった時」と答えており、このことから本当はTVでの仕事が欲しいと望んでいる模様。4月14日放送分では同じお題に「レギュラーが3本減った時」と答えていた。また、6月16日には「一人での仕事がアキバ系ばっかりだと気づいたとき」とも答えている。

お笑いコンビ・ストリークの吉本の顔や声が有野と似ている。『よゐこのワケアリ』で実際に吉本が有野の役を演じていたこともある。極度の怖がりで、ウド鈴木や濱口がヤンキーに絡まれた際、真っ先に逃げ出したという。

ナインティナインの歴代マネージャーのあだ名を命名しており、ナインティナインの岡村隆史に対面させられたり写真を見せられては即座に返答する。2009年2月現在、目黒在住[7][出典無効]。また、霊感があることも公言していて、『よるこ』で濱口と心霊スポットに行った時には「7体はおった」と発言し、濱口を怖がらせている。

運動神経は極度の音痴及び野球やサッカーなどの知識が浅い。特に『ゲームセンターCX』内のコーナー「たまに行くならこんな××」でスポーツに関するゲームをプレイしたが非常に鈍かった。しかし、バッティングセンターで全く球を打てなかったところを、AD浦川にバッティングを教えてもらってからは打率が飛躍的に上昇するなど、飲み込みは決して悪くはないようである。

出演番組[編集]

有野個人での出演番組を記載。コンビでの出演番組はよゐこを参照。

現在[編集]

過去[編集]

吹き替え[編集]

書籍[編集]

  • 冷蔵庫(主婦と生活社、2004年10月1日)
  • 父も育つ子育て攻略本(INFOREST、2010年7月30日)

有野に命名された人物のあだ名[編集]

ナインティナイン岡村隆史矢部浩之)のマネージャーや、ナイナイがパーソナリティを務めるニッポン放送深夜放送ナインティナインのオールナイトニッポン』(木曜 25:00 - 27:00)のスタッフあだ名は、有野が名付けている。以下名づけられた人物とそのあだ名。最近では「考えるのが面倒くさい」・「どうせほとんど使われない」等の理由により、岡村からのメールを放置したりすることがある。

  • 神田比呂志(『ナインティナインのオールナイトニッポン』元ディレクター)→カンダム
  • 石田誠(『ナインティナインのオールナイトニッポン』元ディレクター)→石田タイヤ
  • 角銅秀人(『ナインティナインのオールナイトニッポン』ディレクター)→カタヤマ
  • 伊藤・元ナインティナインマネージャー→イトックス
  • 磯塚・元ナインティナインマネージャー→磯塚センターフライ
  • 中村・元ナインティナインマネージャー→中村お茶娘(おちゃこ)さん
  • 織田(おりた)前ナインティナインマネージャー→オキタさん
  • 坪倉ナインティナインマネージャー(現チーフ)→坪倉大臣
  • 佐藤ナインティナインマネージャー→サトスター
  • 織田吉本興業研修中新入社員→マジコー
  • 新木吉本興業研修中新入社員→平畠さん
  • 岡村隆史ハンドルネーム(めちゃイケ・ヨモギダ少年愚連隊にて)→川島モーツァルト

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]