佐藤龍文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さとう りゅうぶん
佐藤 龍文
プロフィール
愛称 R・S(アールエス) りゅうぶん
出身地 日本の旗 日本 岩手県花巻市
生年月日 (1976-07-31) 1976年7月31日(42歳)
血液型 A[1]
最終学歴 早稲田大学第一文学部卒業
勤務局 NHK盛岡放送局
部署 放送部副部長
職歴 山形札幌東京アナウンス室→札幌→盛岡(放送部副部長業務)
活動期間 1999年
ジャンル 地域
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
その他 花巻イーハトーブ大使

佐藤 龍文(さとう りゅうぶん 1976年7月31日 - )は、NHK盛岡放送局放送部副部長でアナウンサー

人物[編集]

岩手県立花巻北高等学校を経て早稲田大学第一文学部卒業後、1999年入局。

嗜好・挿話[編集]

  • 出身地の岩手県で勤務している。
  • 出身地のゆかりから「花巻イーハトーブ大使」の肩書を持つ。[2]
  • ファーストネームの「龍文」は1976年(辰()年)7月(月)生まれに由来する[3]。本人のイニシャル「R・S」と共に、愛称にもなっている。
  • 2011年3月11日国会中継の実況担当者の1人。東日本大震災緊急地震速報では、大きく揺れる国会議事堂で、視聴者に注意の呼びかけを行った。
  • 2013年2月20日BSプレミアムで放送された『80年後のKENJI~宮沢賢治映像童話集』にて、宮沢賢治の『雨ニモ負ケズ』の朗読を担当。当時、ニュース番組を中心に担当していたなか、普段とは異なる故郷の岩手弁での朗読を行った。[4]

現在の担当番組・業務[編集]

過去の担当番組・業務[編集]

山形放送局時代
  • 山形県のニュース・中継・リポート
  • きらり!やまがた
  • やまがたゆうがた600
  • ひるどき日本列島
  • ふだん着の温泉
  • 紅花の国 咲かそう文化 ときめく未来 第18回国民文化祭・やまがた2003開会式 2003年10月5日総合 10月6日デジタルBS Hi
札幌放送局時代(1度目)
東京アナウンス室時代
  • NHKニュースおはよう日本
    • 平日4時・5時台キャスター(高瀬耕造アナウンサーと隔週交代・2008年4月~2009年3月)
    • 平日6時台ニュースリーダー(2009年4月~2010年3月)
  • 月刊とれたてマイビデオ (2008年4月~2009年3月)
  • NHKニュース(平日午前10時)(2009年4月~2010年3月)
  • NHKニュース(土日正午、午後1時、午後3時、午後6時)(2010年4月〜2012年3月)
  • 首都圏ニュース(2010年4月〜2012年3月)
  • 80年後のKENJI~宮沢賢治 映像童話集~(ナレーション)(BSプレミアム)(2013年2月20日、2月27日、3月6日)
  • 第23回参議院議員通常選挙(選挙速報)(サブキャスター)(2013年7月22日)
  • NHKニュース7(土曜、日曜、祝日): サブキャスター (2012年4月〜2014年3月)
    • ニュース・気象情報(午後8時45分)(土曜、日曜)(2012年4月〜2014年3月)
    • ニュース845(関東甲信越ローカル)(祝日):キャスター (2012年4月~2014年3月)
  • 国会中継(不定期)ディレクター兼務(2012年度~2013年度)
  • 全国戦没者追悼式 進行(2013年8月15日)
札幌放送局時代(2度目)
盛岡放送局時代

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典不明
  2. ^ アナウンスルームブログで言及。
  3. ^ 出典不明
  4. ^ 「『訛り』で伝えるもの」

外部リンク[編集]