きょうの健康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

きょうの健康( -けんこう)は、日本放送協会(NHK)が1967年4月3日に放送を開始した健康情報番組である。

先どりきょうの健康』(さきどりきょうのけんこう)、『きょうの健康Q&A』(きょうのけんこうキューアンドエー:以下、『Q&A』)および姉妹番組『ここが聞きたい! 名医にQ』(ここがききたい! めいいにキュー:以下、『名医にQ』)についても、併せて記す。

概要[編集]

日本国内向けにはEテレ総合テレビ、海外向けにはNHKワールド・プレミアムで放送される。なお、かつては難視聴対策として衛星第2テレビでも放送されたが、2010年度で放送を終了し、NHKワールドTVは英語放送強化による番組改編で打ち切りとなった。

人間が日常生活で常に付き合わなければならない健康についての正しい知識を、毎週テーマを決めて専門の医師がわかりやすく解説する。また金曜日には、Eテレ限定となるが、その週に取り上げたテーマを基に視聴者からの疑問に医師が回答する(再放送となる週あり)。

テキストの1989年時点での公称発行部数は40万部[1]、2015年10月1日〜2016年9月30日の印刷証明付発行部数は125,833部[2]。 なお、2020年度現在、毎月後半の1~2週間は過去1年以内に放送した内容の再放送(アンコール)が編成されている。

放送時間[編集]

以下4節はいずれも2012年度現在で、それ以降も含めて時刻はJST

きょうの健康[編集]

国内向けは副音声で解説放送あり(モノラル二重音声)。海外向け(NHKワールド)では実施せず。

  • Eテレ
    春の選抜高校野球夏の高校野球が行われる日は時間変更となる。また、総合テレビの特別編成などにより変更される場合もある。
    • 初回放送:毎週月曜日 - 木曜日 20:30 - 20:45
    • 再放送

きょうの健康Q&A[編集]

  • Eテレのみ:毎週金曜日 20:30 - 20:45(再放送 翌週の同じ曜日12:30 - 12:45)
    2010年度で終了。

ここが聞きたい! 名医にQ[編集]

  • Eテレのみ:毎週土曜日 20:00 - 20:54(再放送 翌週金曜日13:05 - 13:59)
    2012年度で終了。

チョイス@病気になったとき[編集]

2013年度から放送。

先どりきょうの健康[編集]

翌月曜日 - 木曜日の放送より1本を選んで先行放送。

  • 総合テレビ
    • 初回放送:毎週土曜日 4:15 - 4:30
    • 再放送:毎週金曜日 14:30 - 14:45(不定期で『ごごウタ』が放送される場合は休止)

かつて放送された時間帯[3][編集]

  • Eテレ
    • 月曜日 - 木曜日 21:25 - 21:40(1988年4月 - 1990年3月)
    • 月曜日 - 木曜日 19:30 - 19:45(1990年4月 - 1992年3月)
    • 月曜日 - 木曜日 6:40 - 6:54(1992年4月 - 1995年3月)
    • 月曜日 - 金曜日 20:45 - 21:00(1995年4月 - 1997年3月)
    • 月曜日 - 金曜日 20:30 - 20:45(1997年4月 - 1999年3月)
    • 月曜日 - 木曜日 19:45 - 20:00(1999年4月 - 2000年3月)
    • 月曜日 - 木曜日 19:10 - 19:25(2000年4月 - 2003年3月)
    • 月曜日 - 金曜日 13:05 - 13:20(2010年3月まで)
  • 総合テレビ
    • 月曜日 - 土曜日 11:00 - 11:19(1967年4月 - 1968年3月)※土曜日のみ11:00 - 11:15
    • 月曜日 - 土曜日 11:00 - 11:20(1968年4月 - 1982年3月)※1971年4月6日よりカラー化
    • 月曜日 - 金曜日 11:00 - 11:20(1982年4月 - 1984年3月)
    • 月曜日 - 金曜日 11:00 - 11:15(1984年4月 - 1988年3月)
    • 月曜日 11:00 - 11:15(1988年4月 - 1989年3月)
    • 月曜日 14:05 - 14:20(1989年4月 - 1990年3月)
    • 月曜日 - 金曜日 11:15 - 11:30(1995年4月 - 1996年3月)
    • 月曜日 - 金曜日 14:35 - 14:50(1996年4月 - 1998年3月)
  • 衛星第2テレビ
    • 集中放送:毎週土曜日 27:00 - 28:00(日曜日深夜3:00 - 4:00)
      基本的に前々週にEテレで放送された分の再放送である。放送時間が短縮されたり、放送されない週もあった。

出演者[編集]

きょうの健康[編集]

本来、永井と白鳥のいずれかと岩田の二名でキャスターをつとめ、各回ごとに専門の講師が解説を行う形だが、新型コロナウイルス感染拡大防止対応のため一定の期間、専門の講師はリモート形式で、また岩田はナレーションのみの出演としていた。

チョイス@病気になったとき[編集]

 「チョイス@病気になったとき」を参照

過去に出演していたキャスター・リポーター[編集]

※は出演当時の肩書き。「チョイス@病気になったとき」の出演者については当該ページを参照。

  • 上野ゆい
  • 葛西聖司(※NHKアナウンサー) - Q&A
  • 松岡正美ボイスワークス所属、元京都局水戸局契約キャスター) - 本編・Q&A(2007年10月 - 2010年3月)
  • 今泉清保(※フリーアナウンサー) - Q&A
  • 内藤啓史(NHKアナウンサー) - 本編・Q&A(2010年度)
  • 福家睦(当時ボイスワークス所属) - 本編(2008年3月31日 - 2011年3月)
  • 中岡由佳(フリーアナウンサー) - 本編リポーター(アシスタント)として出演( - 2008年3月)/概ね月1回(毎月第1木曜日)のみ出演(2008年12月18日 - 2011年3月)
  • 乙葉(タレント) - 名医にQ(2008年4月 - 2011年3月)
  • 潮香緒里(フリーアナウンサー) - 名医にQ(2008年4月 - 2011年3月)
  • 武藤友樹(NHKアナウンサー) - 本編(2011年度)
  • 杉岡英樹(NHKアナウンサー) - 本編(2012年度)
  • 古屋和雄(※NHKアナウンサー) - Q&Aキャスター/名医にQ(2008年度 - 2012年度)
  • 唐橋ユミ(フリーアナウンサー) - 名医にQ(2011年4月 - 2012年度)
  • 古賀一(NHKアナウンサー) - 本編(2013年度 - 2014年6月)
  • 濱中博久(NHKシニアスタッフ) - 本編(2011年度 - 2014年度)
  • 寺澤敏行(NHKアナウンサー) - 本編(2014年7月 - 2015年3月)
  • 久田直子シグマ・セブン所属、元福島テレビアナウンサー) - 本編(桜井と共に担当)
  • 桜井洋子(NHKアナウンサー) - 本編(2015年度)
  • 中野淳(NHKアナウンサー) - 本編(2015年度)
  • 長野亮(NHKアナウンサー) - 本編(2015年度)
  • 柴崎行雄(NHKアナウンサー) - 本編(2015年度)
  • 黒沢保裕(NHKアナウンサー)- 本編(2016年4月 - 2020年3月)

体操モデル[編集]

近年[いつ?]は病気予防に役立つ体操の紹介だけの回が設けられる。この回では中岡が進行役となり、かつては以下の男性が実技モデルとして出演した。またそれ以外の場合にも出演することもあった。

テーマ音楽[編集]

  • ミトカツユキ(きょうの健康、Q&A、2010年度 - )
  • 冨田勲(きょうの健康、Q&A、2009年度まで。2017年4月~2019年3月は(「きょうの健康50周年」として、エンディングに使用された。)
  • 内池秀和(名医にQ、2008年度 - 2010年度まで)
  • 和泉宏隆(名医にQ、2011年度 - )

その他[編集]

  • NHKが2006年に公開した「ジャンル別番組制作費」によると、当番組の制作費は1本100万円掛かるという。
  • 出演するゲスト(医師など)に対して「○○先生」とは呼ばず、「○○さん」と呼ぶ。

注釈[編集]

  1. ^ 以前にも出演有り。中岡由佳と交替でのリポーター(アシスタント)、後にメイン担当( - 2007年9月)

脚注[編集]

  1. ^ 「NHK教育テレビ30周年 比重増す生涯教育番組」『日本経済新聞』1989年2月10日付夕刊、12頁。
  2. ^ JMPAマガジンデータ : 男女 趣味専門、日本雑誌協会 - 2017年3月23日閲覧。
  3. ^ NHKクロニクル放送記録番組記録検索:”. 2015年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]