寺澤敏行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てらざわ としゆき
寺澤 敏行
プロフィール
愛称 きれジャイ・きれいなジャイアン
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
生年月日 (1971-12-01) 1971年12月1日(46歳)
最終学歴 明治大学卒業
勤務局 NHK大分放送局
部署 放送部
職歴 富山名古屋→東京アナウンス室→報道局国際部記者→アジア総局記者(バンコク 2010年8月 - 2013年6月)→東京アナウンス室→大分(2017年3月 - )
活動期間 1995年 -
ジャンル 地域
公式サイト NHK
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
備考
2007年8月から2013年6月まで記者

寺澤 敏行(てらざわ としゆき、1971年12月1日 - )は、NHK大分放送局アナウンサー大分市民農園を借りている[1]ニックネームは「きれジャイ」(『ドラえもん』の「きれいなジャイアン」を略したもの)。

人物[編集]

名古屋市立菊里高等学校[2]を経て明治大学卒業後、1995年にNHK入局。

嗜好・挿話[編集]

  • 新人時代は芸能・司会の仕事が多かったため、「ゆくゆくは紅白の司会やりたい」と思っていたが、その後報道の仕事が増え、ニュースキャスターがメインとなる[3]。取材好きで時間を見つけてはスタジオを飛び出していたという。早朝のニュースキャスターをしていた頃は、出社が深夜1時だったため、取材が長引くと寝る時間がないほど多忙であった[3]
  • 2007年8月より、東京勤務の時に自ら志願して国際部に異動。東南アジア特派員として国際部記者となる。タイバンコク勤務を希望し、その後念願叶って2010年8月バンコク特派員になる。タイには3年滞在した[3]
  • 2008年11月にムンバイ同時多発テロが発生したとき、寺澤は24日から26日まで行われていた第19回インド原子力学会年次総会を取材するため、各国メディアの一員として会場となっていたムンバイに滞在。このためテロ発生後、27日放送の『NHKニュースおはよう日本』での電話リポートを皮切りに、危険な状況の中で急遽活動をその取材に切り替え、緊迫する現地の状況を報告し続けた[4]。アジア総局時代はアウンサンスーチー解放の速報などを現地より伝えたほか、2011年秋にはタイを襲った大洪水の状況を伝え続けた。
  • 2013年7月に帰国し、6年ぶりにアナウンス職に復帰した。ジョギングコースは多摩川河川敷[5]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

モットー[編集]

「声は人なり、言葉は心なり」[4]

脚注[編集]

  1. ^ 公式ホームページ
  2. ^ 出典不明 NHKアナウンサー柘植恵水TBSテレビプロデューサー今井夏木は高校時代の同級生。
  3. ^ a b c 自分流泰的生活web477号・寺澤敏行”. web(ウェブ)ナムジャイ・Communication Service & Support (Thailand) Co.,Ltd.. 2014年3月4日閲覧。
  4. ^ a b NHKアナウンスルーム”. NHK. 2014年3月4日閲覧。
  5. ^ NHKアナウンスルーム”. NHK. 2014年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]