柴崎行雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しばさき ゆきお
柴崎 行雄
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 埼玉県大宮市
(現・さいたま市
生年月日 (1978-07-10) 1978年7月10日(40歳)
最終学歴 九州大学大学院修了
勤務局 NHK鹿児島放送局
部署 放送部
職歴 沖縄北九州福岡東京アナウンス室→鹿児島
活動期間 2002年
ジャンル 地域
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

柴崎 行雄(しばさき ゆきお、1978年7月10日 - )は、NHK鹿児島放送局アナウンサー

人物[編集]

埼玉県立浦和高等学校を経て[1]国際基督教大学卒業後、2002年入局。九州大学大学院比較社会文化学府にて博士号取得[2]。 

嗜好・挿話[編集]

  • これ迄20年近く働き、西日本の4ヶ所に赴任。北海道・東北地方・山陰・北陸地方等、雪の多い地域の勤務経験は1度もない。
  • 九州沖縄地方での勤務が多い。但し、太平洋側の宮崎大分に赴任した事はない。
  • 北九州では夕方のニュースを担当していたが、その中で環境問題への意識を深め、NHKが全局規模で募集した『エコ大紀行』リポーターに応募、ただ1人選ばれ、南半球を巡った。[3]
  • 高校在学時はラグビー部に所属(出典不明)。 

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

北九州放送局時代
福岡放送局時代
東京アナウンス室時代
鹿児島放送局時代

同期のアナウンサー[編集]

小郷知子・浅野達朗・田代杏子河村太朗内藤雄介松田利仁亜赤松俊理礒野佑子高井正智飯島徹郎大槻隆行中澤輝 他 

脚注[編集]

  1. ^ 五転六起 アナウンスルームBLOG、2013年12月19日
  2. ^ https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1297
  3. ^ 制作発表時の報道によると、北半球を担当した田代杏子アナは正確には応募しておらず、選考過程において海外在住経験や外国語力を買われて“スカウト”された(出典不明)という。公募で起用されたアナウンサーは柴崎アナのみであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
古賀一
オンバト+3代目司会者
柴崎行雄
(2013年4月~2014年3月)
次代:
----