斎藤季夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいとう すえお
斎藤 季夫
プロフィール
生年月日 (1935-03-19) 1935年3月19日(83歳)
最終学歴 慶應義塾大学
勤務局 NHK放送研修センター・日本語センター
ジャンル 報道番組
担当番組・活動

斎藤 季夫(さいとう すえお、1935年3月19日 - )は、NHKの元アナウンサー。現在はNHK放送研修センター・日本語センター在籍。

経歴[編集]

青山学院高等部慶應義塾大学卒業後、1959年入局、1993年に定年退職。

現役時代は『スタジオ102』、『NHKニュース(正午、午後7時)』など、報道番組への出演が多かった。特に、1989年1月7日の早朝、昭和天皇崩御の第一報を伝えたアナウンサーがこの人であった。一方で『訪問インタビュー』ではその淡々とした語り口で好感を得た。

現在は高齢のため放送の現場に立つ機会はなくなったものの、日本語センター所属アナウンサーとして企業・市民向け話し言葉講座などの講師を務めている。

過去の出演番組[編集]

1995年頃から出演したが、高齢となったこともあり、2007年3月22日開始分を最後に降板。余談ではあるが、この日は第82回放送記念日でもある。