NHKニュースおはよう日本・関東甲信越

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHKニュースおはよう日本・関東甲信越
NHKNEWSOHAYO-NIPPON・KANTO-KOSHIN-ETSU
ジャンル 報道番組 / 情報番組
オープニング 作曲:中村幸代
エンディング 作曲者同上
製作
制作 日本放送協会(NHK)
(放送:総合テレビNHKワールド・プレミアム
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
平日版
出演者 高瀬耕造
和久田麻由子 ほか
放送期間 1993年4月5日 -
放送時間 月曜日 - 金曜日 7:45 - 8:00
放送分 15分
土曜日・日曜日・祝日版
出演者 新井秀和
石橋亜紗 ほか
放送期間 1993年4月10日 -
放送時間 【土曜日】7:30 - 8:00
【日曜日】7:40 - 7:45
【祝日】7:25 - 7:30
放送分 土曜日30分、日曜日5分、祝日5分分
テンプレートを表示

NHKニュースおはよう日本・関東甲信越』(エヌエチケイニュースおはようにっぽん・かんとうこうしんえつ)は、NHK関東・甲信越のNHK各放送局と日本国外向けのNHKワールド)で放送されている地域情報番組

NHKニュースおはよう日本』に内包されている。同番組中ではあくまで『おはよう日本』として放送されており、他の地方のように独自タイトルを冠していない。NHK公式サイトやNHK年鑑には「おはよう日本・首都圏」と表記されている。2014年度からは平日7:45、土曜日7:30に画面右下に「NHKニュースおはよう日本 関東・甲信越」の表示をするようになった。

放送時間[編集]

  • 月曜日 - 金曜日 6:55 - 7:00、7:45 - 8:00
  • 土曜日 6:55 - 7:00、7:30 - 8:00※
  • 日曜日 7:40 - 7:45※
  • 祝日(月 - 土) 7:25 - 7:30※
    • ※印はNHKワールド・プレミアムのノンスクランブル放送で視聴可能な時間帯となっている。なお、2012年ロンドンオリンピック期間中における時差放送では平日7:45 - 8:00枠(実際の放送は7:50 - 8:00)の放送分もノンスクランブル放送を実施。
    • 日曜・祝日の放送が拡大となる場合、最後の5分が首都圏向けとなる。
  • 5時台の関東・甲信越向け気象情報は5:56 - 5:59、6時台の関東・甲信越向けは6:28 - 6:30(土曜日は6:28 - 6:30、6:55 - 7:00)で放送。

2006年度までは、タイトルはつかないものの、全国パート最後のヘッドライン終了後、同じバック映像のまま、関東・甲信越の天気→ローカルニュースへ移行していた。2007年度は、タイトルはつかないものの、全国パート最後のヘッドライン終了後、関東・甲信越のニュースを伝えていた。2008年度・2009年度は、7:44頃に全国の気象情報を伝えた後、7:45からNHKアナウンサー島津有理子気象予報士檜山靖洋が関東・甲信越の天気を伝え、その後、ニュースを伝えるスタイルだった。2009年度まで土曜日は、8:13までの放送だった。

NHK新潟放送局新潟県)・NHK長野放送局長野県)・NHK甲府放送局山梨県)では平日は6:55 - 7:00・7:55 - 8:00に、それぞれの放送局で県内ニュースを放送。2016年度までNHK新潟放送局・NHK長野放送局・NHK甲府放送局では土曜日は6:55 - 7:00・7:55 - 8:00に、日曜日は7:40 - 7:45に、NHK水戸放送局茨城県)では2014年度まで平日6:55 - 7:00と7:56 - 8:00、2015年度から2018年度までは平日7:55 - 8:00に、それぞれの放送局で県内ニュースを放送していた。また、NHK長野放送局は過去に数年間、土曜日の7:30 - 8:13にかけて『おはよう信州』のタイトルで独自の地域情報番組を放送していたことから、NHK首都圏放送センターからの『おはよう日本・首都圏』については全編未ネットであった。なお、2012年4月に県域のテレビ放送を開始したNHK宇都宮放送局栃木県)・NHK前橋放送局群馬県)では当該時間帯における県内ニュースは放送していない。2019年度にはNHK水戸放送局(茨城県)もこの時間の県域放送を取りやめたため、関東地区はすべての時間帯がNHK首都圏放送センターからのネット受けとなっている。

NHKワールド・プレミアムでは、関東地方で政見放送が組まれた場合には全国放送の時間帯では裏送り送出で通常放送されるが、ローカル枠の時間帯では別番組に差し替えられる。

NHKワールドTVは英語放送拡充に伴い、2007年9月29日放送分を最後に土曜日の放送分打ち切りに続き、2008年3月30日をもってNHKワールドTVでの『おはよう日本』の同時放送そのものがすべて打ち切りとなったため[注 1]、NHKワールドTVでの首都圏ローカルニュースの放送もすべて姿を消した。

モバイル放送モバHO!のモバイル.nでは、本番組を含む関東ローカルニュース番組全てが放送されていたが、2008年9月のチャンネル終了に伴い放送終了した。

出演者[編集]

  • 以下は東京スタジオ担当キャスター。甲府・長野・新潟のキャスターは、アナウンサーまたは契約キャスターが持ち回りで担当する。
  • なお、知事選挙や市長選挙などの経歴・政見放送が行われる場合は、別のアナウンサーが担当する場合がある[注 2]

月曜日 - 金曜日(祝日を除く)[編集]

  • 6:55 - 7:00 首都圏の道路交通・鉄道情報

土曜日・日曜日・祝日[編集]

気象情報[編集]

平日[編集]

  • 檜山靖洋(2018年4月2日より、5:56、6:28、6:56と7:55を担当。)

土曜日・日曜日[編集]

  • 南利幸(2007年4月より、早朝の全時間帯担当)

過去の担当[編集]

  • 平日
    • 1993年4月 - 1996年3月 : 折坂章子
    • 1996年4月 - 1999年3月 : 平井信行
    • 1999年4月 - 2007年3月 : 田代大輔(5:56・6:55の気象情報のみ、7:42の気象情報は2004年3月まで担当)
    • 2004年4月 - 2007年3月 : 橋詰尚子(7:42の気象情報のみ)
    • 2007年4月 - 2011年3月 : 加藤祐子
    • 2007年4月 - 2008年3月 : 佐藤公俊(5:56の気象情報のみ)
    • 2011年4月 - 2011年9月 : 渕岡友美(6:56の気象情報のみ)
    • 2011年10月 - 2014年3月 : 弓木春奈(5:56・7:56を担当。2012年3月までは6:56も担当)
    • 2015年3月30日 - 2018年3月30日 : 平井信行(5:56・6:56・7:56を担当)

中継リポーター[編集]

不定期で『ひるまえ ほっと』内11:25頃の関東地方ローカルニュース、12:15の関東地方、15:07の関東・甲信越ローカルニュース、『首都圏ネットワーク』ニュースリーダーを兼任する場合がある。

現在
過去

土曜[編集]

現在

各放送局のアナウンサーが担当。

場合によって首都圏センターのアナウンサーが担当することもある。

過去
  • 入田直子 - 2014年3月の降板まで18年間担当。6時台でも全国放送向けの中継を担当していた。

鉄道と道路の情報[編集]

鉄道の情報[編集]

JR東日本の路線(関東地区(山梨県を含む)・信越地区とJR東日本管内の各新幹線)の最新の運行状況(当日や翌日予定の工事による運休情報も兼ねる)については、JR東日本東京総合指令室と映像回線を結び、指令担当の女性社員[注 3]が直接読み上げている(2013年度から平日は品川駅、土曜日は東京駅の駅に向けたお天気カメラの映像にのせて)[注 4]。2019年度現在、平日6:55、土曜日6:55・7:55に放送している。日曜・祝日は放送していない。2017年度までは平日6:25の枠内でも放送していた。

JR東日本以外の他社鉄道(JR東海が管轄する東海道新幹線、ならびに私鉄地下鉄)各線の運行状況については、JR東日本の運行状況を伝えた後にスタジオにいるキャスターがそのまま伝えている[注 5]。平日7:55のみJR東日本を含めた首都圏のすべての鉄道の運行状況をスタジオにいるキャスターが伝える[注 6]

道路の情報[編集]

鉄道の運行状況を伝えた後、日本道路交通情報センター九段センター(千代田会館内)と映像回線を結び、道路状況を伝えている。内容は、関東・甲信越・静岡の高速道路情報および首都高速、そして東京23区内周辺。

2019年度現在、平日6:55、土曜日6:55・7:55、祝日7:25の枠で放送している。ただし、2019年度の祝日は7:30以降の祝日特集がない日[注 7]は6:55の首都圏ニュース枠で放送する。日曜は放送していない。2016年度までは平日6:25の枠内でも放送していた。

タイムテーブル(2019年度)[編集]

気象情報と鉄道情報のところに※印があるものは、アナウンサーが伝える。

平日[編集]

5時台
関東・甲信越 5:56 気象情報、東京の日の出・日の入時刻の表示
6時台前半
関東・甲信越 6:28 気象情報
6時台後半
首都圏 6:55 鉄道・道路情報
6:56 気象情報
甲府 6:55 外の様子、ニュース
6:58 きょうの動き、気象情報※
長野 6:55
新潟 6:55 ニュース、交通[注 8]・気象情報※
7時台
関東・甲信越
7:45 ニュース
7:48 リポート・中継
7:53 ニュース
7:54 各地の今の様子
首都圏 7:55 気象情報
7:59 鉄道情報※(フェリー欠航の場合のときは読み上げる)、エンディング
甲府 7:55
長野 7:55
新潟 7:55 ニュース、交通[注 8]・気象情報※

土曜日[編集]

関東・甲信越 6時台前半
6:28 気象情報
6時台後半
6:55 鉄道・道路情報
6:56 気象情報
7時台
7:30 今日の天気・ニュース
7:35 中継
7:40 土曜すてき旅/特集リポート(月1回)
7:50 くらしり/特集リポート(月1回)
7:55 鉄道・道路情報
7:56 気象情報
7:59 エンディング

日曜日[編集]

関東・甲信越 7:40 ニュース
7:43 気象情報・エンディング

祝日[編集]

関東・甲信越 7:25 ニュース
7:27 気象情報※

備考[編集]

2017年4月以降、平日版(後述)のエンディングでキャスター陣(高瀬[注 9]・和久田・豊原謙二郎または酒匂飛翔[注 10]・檜山の4人)が後座番組『連続テレビ小説』の宣伝を行うことがある[1][2][3][4][注 11](土曜・祝日は原則実施しない[注 12])。締めの挨拶として高瀬が「さあ、○○(朝ドラ題名)の、そして新しい一日の始まりです」と言って番組が終了する場合もある。首都圏で鉄道ダイヤが乱れている場合や悪天候時は、その情報を繰り返し伝え、「『おはよう日本』、今日はこのへんで失礼します」[注 13]と言って番組が終了する[5]

  • これ以前も極稀にエンディングで朝ドラの内容に触れることもあった[6]
  • 「朝ドラ送り」をする頻度は『ひよっこ』時に比べ『わろてんか』時は少なかった[7]
  • 和久田はあまり朝ドラに興味を示すことはない一方、和久田の休暇時に代理出演した石橋が積極的に朝ドラに関するコメントを述べたこともある[8]
  • 檜山によると、番組終了後キャスター陣はスタジオ内のモニターで朝ドラの冒頭部分を少し視聴することがあるという[9]
  • 朝ドラの後座番組『あさイチ』(2010年開始)では、朝ドラを観たキャスター陣やコメンテーター、ゲストが朝ドラの感想を述べる「朝ドラ受け」が行われている。なお、『あさイチ』のキャスター陣は本番組の「朝ドラ送り」も視聴することがあり、これに触れたこともある[10]
  • NHKの他地区の『おはよう日本』ローカル枠(『NHKニュースおはよう関西』等)のエンディングでもキャスターが「朝ドラ送り」を行うようにもなっている[11]
  • 本番組は首都圏ローカル放送のため、本番組およびこの演出を視聴できるのは首都圏のみである。一方2019年9月26日、同年度上期『なつぞら』の「朝ドラ送り」の模様をスタッフが番組公式Twitterで「今回は特別に!」という触れ込みでアップ[12]し、視聴者・閲覧者・朝ドラファンから「毎回とは言いませんのでちょこちょことお願いします!」「いつも見られないので嬉しい」などの声があり、これを受ける形で同年度下期の『スカーレット』初回(9月30日)から同Twitterで本格的に「朝ドラ送り」の投稿が開始された。これに「初めて見ました」「朝ドラ送り配信ありがとうございます」「地方は見られないのでうれしいです」「毎回頼みます」など感謝の声が上がっている[13][14][15]
  • 朝ドラは『スカーレット』まで長らく月曜日 - 土曜日で放送されたが、2020年度上期の『エール』から平日のみとなる[16][17][18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英語放送強化による番組改編に伴うもの。ただし、BS1のNHK BSニュースの同時放送がスポーツ中継の関係で放送できない場合のみに限られるが、ローカル枠は放送されない。
  2. ^ 2014年2月3日他の東京都知事選挙経歴・政見放送時などにこのケースが発生。
  3. ^ 2019年度より指令担当の男性社員も担当するようになった。
  4. ^ 通常時の例として担当キャスターが「(現在時刻名)になりました鉄道の情報です。JR東日本の○○さん(当日の指令担当者名が入る)、今朝はいかがでしょうか?」と言った後に東京総合司令室より担当者が「はい、首都圏(関東・甲信越)のJR各線は順調な運転を行っています。また、東北・上越・北陸の各新幹線の運転も平常どおりです。JR東日本からお伝えしました」と読み上げる。
  5. ^ 通常時の例として「東海道新幹線やこのほかの鉄道各線の運行も6:40(平日・土曜前半のみ、土曜後半は7:45)現在概ね平常どおりです」と保里小百合または林田理沙、土曜は新井秀和が読み上げる。
  6. ^ 通常時の例として「では鉄道の情報です。首都圏のJRや主な鉄道各線の運行は7:45現在概ね平常どおりです」と高瀬耕造が読み上げる。
  7. ^ 7:30で終了の場合、または重要ニュースによる拡大版で8時まで放送の場合
  8. ^ a b 鉄道・道路情報と合わせて佐渡汽船の運行情報も伝える。
  9. ^ 連続テレビ小説』の大ファンであり、またかつて朝ドラ再放送後の平日13時からの『NHKニュース』担当時は冒頭で朝ドラを観た高瀬の表情が話題となっていた。
  10. ^ 豊原・酒匂ともに不在時は北野剛寛。2018年3月30日までは上原光紀
  11. ^ この演出は「朝ドラ送り」「朝ドラ前受け」「朝ドラ渡し」「朝ドラ振り」との俗称が付いている。
  12. ^ 作品の最終回時は、担当アナがコメントする場合がある(後述)。
  13. ^ 阿部渉時代でも2016年度の1年間は「今朝の『おはよう日本』、このへんで失礼します」と番組の最後に述べた。

出典[編集]

  1. ^ 視聴者の間で話題 NHK高瀬アナに期待される“朝ドラ送り”,日刊ゲンダイ,2017年4月4日
  2. ^ 松坂桃李のダメ男ぶりに視聴者騒然⁉︎ 『わろてんか』第5週を振り返る,Real Sound,2017年11月5日
  3. ^ 朝ドラ『半分、青い。』ネタバレとの闘い。SNS時代の広報戦略をプロデューサーに聞いた,木俣冬,2018年9月28日
  4. ^ 『まんぷく』NHK高瀬耕造アナ、マニアがうなる「朝ドラ振り」,日刊大衆,2018年10月29日
  5. ^ 高瀬アナ、久々の朝ドラ送りも「暑さへの警戒呼び掛けないと」,デイリースポーツ,2018年7月23日
  6. ^ イノッチとNHK高瀬アナの「朝ドラ」コメントから目が離せない!,堀井憲一郎,2017年10月11日
  7. ^ NHK高瀬アナのコメントでわかる「ひよっこ」と「わろてんか」の差,堀井憲一郎,2018年4月7日
  8. ^ 高瀬アナ、しみじみ 和久田アナ代打・石橋アナと朝ドラ送りに「新鮮でなりません」,デイリースポーツ,2019年9月3日
  9. ^ 檜山靖洋さんのツイート
  10. ^ 高瀬アナ、9時のニュースで粋なアドリブ ひよっこ愛に有働アナ「あんな真顔で…」,デイリースポーツ,2017年9月29日
  11. ^ 『まんぷく』の“朝ドラ送り” 高瀬アナだけではなく関西でも!,NEWSポストセブン,2018年11月10日
  12. ^ NHK おはよう日本 公式
  13. ^ NHK おはよう日本 公式
  14. ^ NHK おはよう日本 公式
  15. ^ 高瀬アナの“朝ドラ送り”が全国で 公式ツイッター投稿開始で地方ファン「初めて見た!」 ,デイリースポーツ,2019年10月3日
  16. ^ “朝ドラ週5日プラン 物語見応えに影響?総局長「絶対にあり得ない」”. デイリースポーツ online. (2019年5月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/22/0012354847.shtml 2019年5月23日閲覧。 
  17. ^ “NHK 朝ドラ週5化へ「検討も煮詰まっている」 4Kでの制作が大きな要因”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/22/kiji/20190522s00041000215000c.html 2019年5月23日閲覧。 
  18. ^ “NHK朝ドラ週5に短縮、働き方改革の流れで判断”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年7月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907240000524.html 2019年7月24日閲覧。 

外部リンク[編集]


NHK総合 関東・甲信越向け朝のニュース&情報番組
前番組 番組名 次番組
おはよう日本・首都圏

NHKニュースおはよう日本・関東甲信越
-