山神明理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山神 明理(やまがみ あかり、1988年9月 - )は気象予報士防災士株式会社ウイング所属。

略歴・人物[編集]

香川県仲多度郡満濃町(現・まんのう町)出身[1]

京都女子大学発達教育学部教育学科(音楽教育学専攻)に入学[2]。小さい頃から植物が好きで、食べられる草を探すことを趣味とし、通学の折に、カラスノエンドウについて調べるため書店に入り、「自然」のコーナーに向かったところ、気象予報士の本があった。読んでみるとこれが面白く、ハマってしまい気象に関する仕事なら何でもやってみたいと思うようになる。2010年に気象予報士試験に合格する[1]

同大卒業後、東京都新宿区内の小学校教諭を務める。教諭となってからも天気に関心を抱き続け、朝の会でも天気に関して話すことが楽しかった。子どもたちとの生活を送る中で、その一生懸命に学ぶ姿に触れ、自分ももっと学びたい。挑戦したいと思い、気象会社を受け入社する[1]

気象会社在職中はテレビ局向けの気象情報の原稿執筆や、データ放送の仕様の決定などを手がけた後、テレビ出演もこなすようになり[1]2014年日本海テレビのニュース番組『エブリワン』の気象コーナーに千葉県幕張より中継で(株式会社ウェザーニュース所属)出演した。

気象コーナーを担当し、自分で伝えられる楽しさを知り、NHK大阪放送局の気象キャスターオーディションを受け合格[1]2016年 - 2017年度の『NHKニュースおはよう関西』、『ぐるっと関西おひるまえ』で気象キャスターに起用される。

2018年度から『NHKニュースおはよう日本』で全国の気象情報を担当。このほか、2016年には防災士の資格を取得している。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『NHKウイークリー ステラ』、日本放送協会、2018年12月7日、 4 - 7頁。
  2. ^ キャリア開発Ⅱにゲスト講師が来られました!”. 京都女子大学 (2017年6月30日). 2018年10月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]