2017年の政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2016年 | 2017年の政治 | 2018年 >

2017年の政治(2017ねんのせいじ)では、2017年平成29年)の政治分野で起きた出来事についてまとめる。

国旗が無い記述は、日本における出来事である。

出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 1日
    • 小池百合子東京都知事は、この日開催の「都民ファーストの会 都議選総決起集会」に先立ち、党籍が残っていた自民党に対し、離党届を提出[211]。これについて自民党側は「都議選が終了してから判断する」とし、態度を保留した[212]
    • 地域政党・都民ファーストの会は、東京都内で開催した「都議選総決起集会」において、これまで特別顧問を務めていた小池百合子東京都知事が正式に代表に就任することを表明[213]。なお「都議選総決起集会」の中では、48名の都議選公認候補も併せてお披露目された[214]
  • 2日
    • 日本のこころ中山恭子代表は、東京都議選における自民党の公認候補者60人全員に推薦を出すことを決定したことを発表[215]
    • 東京都議会、豊洲市場を巡る一連の問題に対する百条委員会において、浜渦武生元東京都副知事と赤星経昭元都政策報道室理事2人の偽証などを認定する調査報告書を決定した[216]
    • アイルランドの旗 アイルランドにて与党フィナ・ゲール党首選挙英語版が行われ、レオ・バラッカー社会保護相が当選[217]
  • 3日 - マルタの旗 マルタ総選挙投票日。開票の結果翌日、ジョゼフ・ムスカット首相率いる労働党が約55%を得票して勝利[218]
  • 5日 - カタールの旗 サウジアラビアバーレーンエジプトアラブ首長国連邦イエメンの5ヶ国がカタールに対し、テロ組織を支援したとして国交断絶を通告したことを発表[219][220][221]
  • 6日 - ネパールの旗 ネパール首相ネパール会議派シェール・バハドゥル・デウバ党首が就任[222]
  • 7日
    • 参議院本会議にて、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議を巡り法務省刑事局長を政府参考人として常時出席させることを秋野公造法務委員長が職権で決めたことなどに反発し民進党が提出した、委員長解任決議案を与党などの反対多数で否決した[223]
    • 東京都議会にて、豊洲市場を巡る一連の問題に対する百条委員会において浜渦武生元東京都副知事らが虚偽の証言をしたとして地方自治法違反(偽証)の疑いで刑事告発することを自民党などを除く賛成多数で可決した[224]
  • 8日 - イギリスの旗 2017年イギリス総選挙投開票。与党・保守党は第一党を維持するも、選挙前の議席(330議席)を下回り、単独過半数の326議席を維持することには失敗した。一方の最大野党・労働党も議席を増加させるも政権交代はならず、第二次世界大戦後では3度めのハング・パーラメント(宙ぶらりんの議会)となった[225]
  • 9日
    • 今上天皇の退位を認める特例法、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が参議院本会議で自由党(採決時に退席)を除く全会一致を以て可決・成立。同法施行日に天皇退位、皇太子が直ちに即位すること、退位後の天皇・皇后の呼称は、それぞれ上皇・上皇后とすることなど、施行日については公布後3年以内に、内閣総理大臣が皇室会議の意見を聞き、政令で決定すること等を規定。天皇の生前退位が実現すれば、1817年光格天皇以来約200年ぶり[226]
    • 衆議院の1票の格差是正のための改正公職選挙法が参議院本会議において自民・公明両党や、民進党・日本維新の会などの賛成多数で可決・成立。19都道府県で計97選挙区の区割りが変更され、2020年の推計人口に基づく選挙区間の1票の格差は、最大2,552倍から1,999倍に縮小する。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で小選挙区数を各1減。東北、北関東、近畿、九州の比例4ブロックの定数も各1減され、衆院の総定数は現行の476から10削減され、戦後最少の465(小選挙区289、比例176)になる[227]
    • 大阪府議会において大阪都構想の議論を行う法定協の設置議案が賛成多数で可決、成立した。すでに大阪市議会では可決されているため、今後、法定協の場において都構想の議論が再び行われることになる[228]
    • イギリスの旗2017年イギリス総選挙投開票にて、与党・保守党は第一党を維持するも、318議席と選挙前の議席(330議席)を下回り、単独過半数の326議席を維持することには失敗した。一方の最大野党・労働党も議席を262議席と増加させるも政権交代はならず、第二次世界大戦後では3度目のハング・パーラメント(宙ぶらりんの議会)となった。また、第3党のスコットランド国民党は35議席と大幅に減少。右派イギリス独立党は得票率が1.8%に留まり、議席を失った[229][230]
    • ブラジルの旗 ブラジル選挙高等裁判所、2014年の大統領選挙について、不正資金が使われた故に選挙結果は無効だと訴えた野党の主張を退け、ミシェル・テメル大統領とジルマ・ルセフ前大統領の当選を有効とする判決[231]
  • 11日
    • フランスの旗 フランス国民議会選挙第1回投票で、マクロン大統領率いる共和国前進と、共闘する民主運動の得票率が合わせて32.32%の圧倒的多数を占める見通しとなり、これによって獲得する議席数は定数577のうち過半数を大きく上回る400議席以上となった。一方、投票率は過去最低の49%に落ち込んだ[232]
    • イギリスの旗 イギリスのテリーザ・メイ首相は、8日の総選挙の結果を受け、組閣を行い、第2次メイ内閣が発足した。再任が多く小規模な改造にとどめられた[233]
  • 14日
    • 参議院本会議で、民進党と共産党が提出した金田勝年法務大臣問責決議案の採択が行われ、自民、公明両党などの反対多数で否決した。提出理由には「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関して、大臣の「答弁能力の欠如」などを理由に挙げていた[234]
    • 参議院本会議で、国家戦略特区での学校法人「加計学園」の獣医学部の新設をめぐり、民進党が提出した山本幸三地方創生担当大臣に対する問責決議案の採決が行われ、自民・公明両党や日本維新の会などの反対多数で否決された[235]
    • 都道府県議会や市、特別区議会の議員選挙で、選挙運動用のビラ配布を解禁する改正公選法が成立した。候補者1人あたり、都道府県議選では1万6000枚、政令指定都市の市議選では8000枚、それ以外の市の市議選と特別区議選では4000枚を配布できるようになる[236]
    • アイルランドの旗 アイルランド議会にて、辞任したエンダ・ケニー前首相の後任を選ぶ投票が行われ、与党・フィナ・ゲール党首のレオ・バラッカーが選出された[237]
  • 15日
    • 衆議院本会議で、民進、共産、自由、社民の野党4党が提出した安倍内閣不信任決議案が、与党と日本維新の会などの反対多数で否決された[238]
    • 参議院本会議で、「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が、自民、公明の与党両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。与党は参院法務委員会での採決を省略する「中間報告」の手続きをとったため委員会採決は行われなかった[239]
  • 16日 - 沖縄県渡名喜村上原昇村長が、村発注の工事の入札で業者に情報を漏らしたとして官製談合防止法違反(入札妨害)と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕された[240]
  • 17日 - バヌアツの旗 バヌアツボールドウィン・ロンズデール大統領が、心臓発作のため入院していた病院で急死した[241]
  • 18日
  • 20日 - 小池百合子東京都知事は、臨時の記者会見を開き、懸案の築地市場の移転問題について、豊洲新市場に移転した上で築地跡地を再開発する方針を正式に表明。再開発する築地市場の跡地は売却せず、東京都がそのまま所有し、食文化や観光の拠点などとして有効活用する方針[244]
  • 21日
  • 22日
    • この日発売の週刊誌に、秘書に対する暴行や暴言疑惑を報じられていた衆議院議員豊田真由子が自民党に離党届けを提出した[247]
    • 日本維新の会は、東京都知事の小池百合子率いる地域政党・都民ファーストの会に合流する意思を示した副代表の参議院議員渡辺喜美を除名処分とすることを発表[248]
    • 秘書に対する暴行や暴言疑惑を週刊誌で報じられた衆議院議員豊田真由子が自民党に離党届けを提出[249]
  • 23日 - 2017年東京都議会議員選挙告示。42選挙区・定数127に対し、259人が立候補。前回2013年の253人から6人増。ちなみに今回の都議選では、女性候補の人数が65人となり、およそ4人に1人が女性候補と過去最多となった[250]
  • 25日
  • 26日
  • 27日 - 無所属で自民党会派所属の和田政宗参議院議員が自民党に入党届を提出した[257]
  • 29日 - セルビアの旗 セルビア議会にて、大統領ヴチッチが指名したアナ・ブルナビッチを首班とする内閣が賛成多数で承認され、同日首相に就任した[258]

7月[編集]

  • 2日
    • 東京都議会議員選挙投開票。都民ファーストの会が、公認候補50人中49人が当選する大勝利。推薦した無所属候補6人の追加公認を含め55議席を確保し、自民党から都議会第一党の座を奪取。また選挙協力を行った公明党・生活者ネットら小池知事を支持する勢力が過半数を超える圧勝。一方、自民党は23議席に終わり、2009年都議選の38議席を大幅に下回る過去最低の大惨敗[259]。その他、共産党は安倍政権と小池都政のどちらにも反対する勢力の票を吸収しさらに勢力を拡大した一方で[260]、民進党・日本維新の会は「都民ファーストVS自民」の構図の中で埋没する形となり、維新は改選前と変わらず1議席にとどまり[261]、民進に至っては改選前に7議席あった議席数は2議席減の5議席に終わり、旧・民主党結党以来最低だった前回(2013年)の15議席を大きく下回る結果となった[262]
    • 兵庫県知事選挙井戸敏三が5選[263]
  • 3日
    • 小池百合子東京都知事が「二元代表制等々への懸念があることも想定し、知事に専念する」と語り、都民ファーストの会の代表を辞任し特別顧問に就任した。後任の代表には野田数幹事長が復帰した[264][265] 。また自民党は、離党届けを提出していた小池都知事と若狭勝衆議院議員の離党を了承した[266]
    • 為公会(麻生派)・番町政策研究所(山東派)・天元会(谷垣グループの一部)が合流し志公会が59名[267]で発足[268]
    • 藤末健三参議院議員が、前日に民進党に離党届けを提出したことを発表[269]
  • 7月8日 - モンゴル国の旗7日に行われた2017年モンゴル大統領選挙英語版決選投票で、野党・ハルトマーギーン・バトトルガ元工業・農牧業相が過半数を獲得して当選を確実にした[270]
  • 9日
  • 10日
    • 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に関する、閉会中審査を開催[274]。なお、この中では前川喜平・前文部科学省事務次官の参考人招致が開催されることになっている。
    • 大阪府議会は、学校法人「森友学園」に関する一連の問題について、籠池泰典・森友学園前理事長の参考人招致を開催[275]
  • 11日 - 都民ファーストの会は、元民進党の増子博樹都議を幹事長、元自民党の山内晃都議を政調会長、初当選した小池氏の元秘書の荒木千陽都議を総務会長とする党役員人事を決定した。3人はそれぞれ都議会都民ファースト会派の3役も兼任する[276]
  • 13日 - ペルーの旗 ペルー検察当局が、マネーロンダリングの疑いでオジャンタ・ウマラ前大統領夫妻の身柄を拘束。2011年の大統領選で、ブラジルの建設会社から300万ドルの選挙資金を受け取り、不法に処理した疑い[277]
  • 14日 - 香港の旗 香港高等法院は議員就任宣誓に不誠実な対応を取ったとして、急進民主派の劉小麗中国語版姚松炎中国語版、羅冠聡、梁国雄の4議員の議員資格を剥奪[278]
  • 16日 - イランの旗イラン司法当局、ロウハニ大統領の弟、ホセイン・フェレイドウン英語版を15日に拘束したと発表。容疑は不明だが、同氏には大統領選挙に絡む汚職などが取り沙汰されていた。同氏は17日に保釈され入院[279]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

出典[編集]

  1. ^ 国連 グテーレス新事務総長 困難な対応迫られる NHK 2017年1月2日
  2. ^ 習主席、スイス連邦新大統領に祝電 CRI 2017年1月1日
  3. ^ セヌリ党の李貞鉉前代表 責任取って離党 KBS 2017年1月3日
  4. ^ 共和、政策転換へ全力=米連邦議会が招集 時事通信 2017年1月4日
  5. ^ ハイチ大統領選、モイーズ氏が当選…再投票で 読売新聞 2017年1月4日
  6. ^ "山形県知事、吉村美栄子氏が無投票3選". 読売新聞. 2017-01-05. 2017-01-05閲覧. 
  7. ^ トランプ氏の勝利が公式に確定 産経新聞 2017年1月7日
  8. ^ "駐韓大使が一時帰国へ 釜山の少女像設置に対抗". 日本経済新聞. 2017-01-06. 2017-01-06閲覧. 
  9. ^ "韓国・釜山の慰安婦像設置に政府が対抗措置 駐韓国日本大使ら一時帰国へ". 産経新聞. 2017-01-06. 2017-01-06閲覧. 
  10. ^ "慰安婦合意 崩壊の危機". NHK. 2017-01-10. 2017-01-10閲覧. 
  11. ^ 「慰安婦像」に統一へ 外務省が方針 毎日新聞 2017年2月2日
  12. ^ 駐韓大使が一時帰国 釜山少女像「極めて遺憾」 朝日新聞 2017年1月9日
  13. ^ カナダ内閣改造、外相に対ロ強硬派フリーランド氏 対米関係を重視 ロイター 2017年1月11日
  14. ^ "「すべて私の不徳の致すところ」辞職表明". 毎日新聞. 2017-01-11. 2017-01-11閲覧. 
  15. ^ ブラックリストに作家の韓江さんも 朴大統領が祝電を拒否 朝鮮日報 2017年1月12日
  16. ^ 朴氏疑惑、韓国元文化相ら3人起訴 職権乱用の罪 日本経済新聞 2017年1月30日
  17. ^ 共産党大会 志位委員長「野党連合政権は焦眉の課題」 NHK 2017年1月15日
  18. ^ 自民、こころが統一会派 参院で126人 iza 2017年1月16日
  19. ^ サムスン電子副会長の逮捕状請求 韓国特別検事 日本経済新聞 2017年1月16日
  20. ^ 韓国特検が前保健福祉相を起訴 サムスン合併めぐり不当に圧力 産経新聞 2017年1月16日
  21. ^ 英メイ首相 EU単一市場撤退の意向表明 NHK 2017年1月18日
  22. ^ 「野党共闘を発展」=政策委員長に笠井氏、志位体制続投-共産党大会 時事通信 2017年1月18日
  23. ^ 17年度予算成立、歳出は2兆元弱 RTI 2017年1月19日
  24. ^ 国政介入:サムスン電子副会長の逮捕状請求棄却 朝鮮日報 2017年1月19日
  25. ^ 西アフリカ・ガンビアの独裁者、大統領選に敗れても退陣を拒否 周辺国が軍事介入へ ハフィントンポスト 2017年1月20日
  26. ^ "トランプ氏、第45代大統領に就任". 産経新聞. 2017-01-21. 2017-01-21閲覧. 
  27. ^ "「米国第一」主義を宣言 TPP離脱を正式表明 「米国を再び誇り高く、安全で偉大な国にする」". 産経新聞. 2017-01-21. 2017-01-21閲覧. 
  28. ^ "通常国会召集:野党、対決色強める 天下りあっせん追及". 毎日新聞. 2017-01-20. 2017-01-21閲覧. 
  29. ^ "文科省天下り斡旋問題でいきなり波乱含み 「譲位」「共謀罪」でも与野党対決に… 憲法をめぐっては与党内に溝". 産経新聞. 2017-01-20. 2017-01-21閲覧. 
  30. ^ "前川喜平次官退任を閣議決定 安倍晋三首相、他省庁の調査を指示". 産経新聞. 2017-01-20. 2017-01-20閲覧. 
  31. ^ 文化人「ブラックリスト」作成で逮捕された韓国文化相が辞任 AFPBB News 2017年1月21日
  32. ^ 特検、朴氏最側近を起訴 ブラックリスト作成 直接聴取目指す 産経新聞 2017年2月8日
  33. ^ "ジャメ大統領が退陣…独裁22年、亡命へ". 毎日新聞. 2017-01-21. 2017-01-21閲覧. 
  34. ^ "前大統領が出国=赤道ギニアに亡命へ-ガンビア". 時事通信. 2017-01-22. 2017-01-22閲覧. 
  35. ^ 居座り大統領が国の金を持ち逃げか ガンビア財政難に NHK 2017年1月24日
  36. ^ 沖縄・宮古島市長選 陸自配備容認派の現職が3選 産経新聞 2017年1月23日
  37. ^ "都民ファーストの会、「地域政党」活動発表へ". 読売新聞. 2017-01-23. 2017-01-23閲覧. 
  38. ^ 都議選へ4人を一次公認 小池知事支持の政治団体 朝日新聞 2017年1月23日
  39. ^ "沖縄知事、副知事辞任を発表 安慶田氏「県政運営に混乱」". 日本経済新聞. 2017-01-23. 2017-01-23閲覧. 
  40. ^ 前副知事から働きかけ、前教育長認める 沖縄口利き問題 朝日新聞 2017年1月24日
  41. ^ 第4党「正しい政党」が正式発足 「保守の求心点に」=韓国 聯合ニュース 2017年1月24日
  42. ^ "韓国 キョンサン北道知事が竹島に上陸". NHK. 2017-01-25. 2017-01-25閲覧. 
  43. ^ "平成28年度第3次補正予算案が衆院通過 31日成立へ 安倍晋三首相、長時間労働抑制と規制緩和「整合性ある。いずれも必要」". 産経新聞. 2017-01-27. 2017-02-04閲覧. 
  44. ^ "岐阜県知事選 現職の古田肇氏が4選". 毎日新聞. 2017-01-29. 2017-01-29閲覧. 
  45. ^ 北九州市議選、自民2減 民進維持、公明2増、維新は全7候補落選 西日本新聞 2017年1月30日
  46. ^ "上告中の藤井・前美濃加茂市長(32)が再選確実 刑事被告人のまま続投へ 5月にまた選挙". 産経WEST. 2017-01-29. 2017-01-29閲覧. 
  47. ^ "西之表市長選、再選挙に…法定得票に達せず". 読売新聞. 2017-01-29. 2017-01-29閲覧. 
  48. ^ トランプ米大統領、入国制限に反対した司法長官代行を解任 ロイター 2017年1月31日
  49. ^ 第3次補正予算が成立 赤字国債1.7兆円を追加発行 朝日新聞 2017年1月31日
  50. ^ モロッコの加盟承認=西サハラ問題で30年超対立-AU AFPBB News 2017年1月31日
  51. ^ 潘前国連事務総長が立候補断念=帰国後3週間で挫折-韓国大統領選 時事通信 2017年2月1日
  52. ^ 金正恩氏、実力者・金元弘国家保衛相を電撃解任 朝鮮日報 2017年2月3日
  53. ^ 千代田区長選:小池氏支援の現職が勝利…自民推薦に大差 毎日新聞 2017年2月5日
  54. ^ 長谷川豊氏 炎上で収入「0円」に 次期衆院選、日本維新の会から立候補正式表明 デイリースポーツ 2017年2月6日
  55. ^ "党名「日本のこころ」に 党名短縮で浸透狙う". 産経新聞. 2017-02-07. 2017-02-08閲覧. 
  56. ^ "ソマリア大統領に元首相 「過激派との闘いの始まり」". 朝日新聞. 2017-02-09. 2017-02-12閲覧. 
  57. ^ 麻生派に甘利氏ら5人「久しぶりスタート台に」 読売新聞 2017年2月9日
  58. ^ "【日米首脳会談】予定外のハグ、ゴルフ…親密さ高まった両首脳 トランプ大統領「安倍首相とはケミストリー(相性)がいい」". 産経新聞. 2017-02-11. 2017-02-11閲覧. 
  59. ^ "カンボジア最大野党、党首が辞任表明 サム・レンシー氏、海外に滞在中". 産経新聞. 2017-02-11. 2017-10-08閲覧. 
  60. ^ "カンボジア最大野党の新党首にケム・ソカ氏". 産経新聞. 2017-03-02. 2017-10-08閲覧. 
  61. ^ "浦添市長選、政権支援の松本氏再選 知事派破る". 日本経済新聞. 2017-02-12. 2017-02-12閲覧. 
  62. ^ "大阪維新の会推薦の冨宅氏初当選 自民推薦破る 大阪・柏原市長選". 産経WEST. 2017-02-12. 2017-02-12閲覧. 
  63. ^ "ドイツ新大統領にシュタインマイヤー氏 外相など歴任". 朝日新聞. 2017-02-12. 2017-02-13閲覧. 
  64. ^ トルクメニスタン大統領選、得票率98%で現職が圧勝 AFPBBNews 2017年2月13日
  65. ^ フリン米大統領補佐官が辞任 後任は不倫(フリン)問題で執行猶予中のあの人? ハフィントンポスト 2017年2月13日
  66. ^ 韓国与党セヌリ党が「自由韓国党」に党名変更=1990年以降5度目 朝鮮日報 2017年2月14日
  67. ^ a b "北朝鮮:マレーシアで金正男氏殺害される 正恩氏の異母兄". 毎日新聞. 2017-02-14. Archived from the original on 2017-02-14. 2017-02-14閲覧. 
  68. ^ "‪金正男氏殺害、VXガス使用=マレーシア警察‬". 時事通信. 2017-02-24. 2017-02-24閲覧. 
  69. ^ 都議会 民進党の2会派 小池知事支持で合流へ NHK 2017年2月14日
  70. ^ 米労働長官候補が指名辞退=議会承認見通せず、政権に打撃 時事通信 2017年2月16日
  71. ^ サムスントップ拘束 朴大統領の捜査に注力=韓国特別検察 朝鮮日報 2017年2月17日
  72. ^ 都議会「百条委員会」設置で合意 豊洲移転 日テレNEWS24 2017年2月20日
  73. ^ 都民ファーストに合流=自民離党の2都議 時事通信 2017年2月20日
  74. ^ マレーシア、駐北朝鮮大使を召還 金正男氏殺害で抗議 日本経済新聞 2017年2月20日
  75. ^ 豊洲市場問題、都議会 百条委員会の設置案を可決 TBS 2017年2月22日
  76. ^ 「都議会のドン」内田茂氏、7月都議選に立候補せず 朝日新聞 2017年2月25日
  77. ^ "アゼルバイジャン大統領、妻を副大統領に 一族支配強化". CNN. 2017-02-25. 2017-03-19閲覧. 
  78. ^ 2017年度政府予算案が衆院通過、年度内成立へ 朝日新聞 2017年2月27日
  79. ^ "「うつ病」と診断、秋田・大仙市長が辞任届を提出". 朝日新聞. 2017-02-27. 2017-2-27閲覧. 
  80. ^ "Somali Parliament confirms Hassan Ali Kheyre as PM". Africa Review. Africa Review. 2017-03-01. 2017-10-14閲覧. 
  81. ^ ムバラク元大統領に無罪 エジプトの最高裁 終身刑から一転 軍出身シシ政権誕生後に司法判断変化 産経新聞 2017年3月3日
  82. ^ たつの市長、有印私文書偽造容疑で書類送検 神戸新聞 2017年3月2日
  83. ^ 【豊洲問題 石原元知事会見】石原慎太郎元都知事の記者会見始まる 「座して死を待つつもりはない」 産経新聞 2017年3月3日
  84. ^ 北朝鮮大使を国外追放 ロイター 2017年3月4日
  85. ^ 【金正男氏殺害】北朝鮮が対抗措置、マレーシアの駐北朝鮮大使を追放措置 産経新聞 2017年3月6日
  86. ^ 北アイルランド、自治停止の可能性 議会選挙の結果受け 朝日新聞 2017年3月4日
  87. ^ 自民党大会、来年3月5日に 日本経済新聞 2016年9月23日
  88. ^ 自民党大会で総裁任期を3期9年に延長 日テレNEWS24 2017年3月5日
  89. ^ 北朝鮮、マレーシア人の出国を一時禁止 マレーシアも対抗措置 ロイター 2017年3月7日
  90. ^ "北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議". 参議院. 2017-03-08閲覧. 
  91. ^ "参院、北朝鮮ミサイルに抗議決議". ロイター. 2017-03-08閲覧. 
  92. ^ "北朝鮮によるミサイル発射に抗議する決議". 衆議院. 2017-03-09閲覧. 
  93. ^ "衆院も抗議決議 参院に続き、全会一致". 毎日新聞. 2017-03-09. 2017-03-09閲覧. 
  94. ^ 民進、新ゆるキャラは「ミンシン」 民主くんは… 朝日新聞 2017年3月10日
  95. ^ 民進公認の現職都議2人が離党届 産経新聞 2017年3月9日
  96. ^ "フィリピンのヤサイ外相、議会が承認拒否 就任8カ月後". ロイター. 2017-03-08. 2017-03-09閲覧. 
  97. ^ "比外相、更迭へ". 時事通信. 2017-03-08. 2017-03-09閲覧. 
  98. ^ "ASEAN議長国フィリピンの外相辞任、南シナ海や北朝鮮問題に影 ドゥテルテ大統領の「女房役」". 産経新聞. 2017-03-09. 2017-03-11閲覧. 
  99. ^ 朴大統領を罷免、5月にも大統領選 韓国憲法裁 朝日新聞 2017年3月10日
  100. ^ 務台政務官辞任を決定=菅官房長官「国民におわび」 時事通信 2017年3月10日
  101. ^ 長坂政務官「地域に寄り添う」 引責辞任の務台氏後任 日本経済新聞 2017年3月10日
  102. ^ 都議会 証人喚問 「豊洲移転 石原氏が決定」 テレビ東京 2017年3月11日
  103. ^ 民進党大会、3月12日に開催 日本経済新聞 2017年1月17日
  104. ^ "民進党大会 蓮舫氏「原発ゼロ、法案に」目標前倒し目指す". 毎日新聞. 2017-03-12. 2017-03-13閲覧. 
  105. ^ 公明と都民ファーストの会が政策合意 選挙協力へ NHK 2017年3月13日
  106. ^ "アーデル大統領を再選 ハンガリー議会". 産経新聞. 2017-03-13. 2017-03-15閲覧. 
  107. ^ “제19대 대통령 선거일은 5월 9일 (화요일)” (韓国語) (HTML) (プレスリリース), 大韓民国行政自治部, (2017年3月15日), http://www.moi.go.kr/frt/bbs/type010/commonSelectBoardArticle.do;jsessionid=PnfedA8joP2wwkN860b5Q7dIYSg23zrz1xdoN0LFZRsr4qQ2gGc8o0ifgw8RPi0p.mopwas51_servlet_engine1?bbsId=BBSMSTR_000000000008&nttId=57901 2017年3月15日閲覧。 
  108. ^ "5月9日に大統領選=黄首相は不出馬-選挙運動本格化・韓国". 時事通信. 2017-03-15. 2017-03-15閲覧. 
  109. ^ <社説>オランダ下院選 楽観できぬ極右の失速 毎日新聞 2017年3月17日
  110. ^ 23日に籠池氏の証人喚問 衆参の予算委で議決 NHK 2017年3月17日
  111. ^ 自民・白石徹衆院議員が死去、60歳 愛媛3区、10月補選へ 産経新聞 2017年3月18日
  112. ^ 西之表市長に八板氏初当選=米軍機訓練の移転反対-鹿児島 時事通信 2017年3月19日
  113. ^ 慎太郎元都知事、百条委で衝撃告白「すべての字を忘れた。ひらがなさえも忘れました」 スポーツ報知 2017年3月20日
  114. ^ 新大統領にルオロ氏=独立闘争の戦士-東ティモール 時事通信 2017年3月25日
  115. ^ "【籠池泰典氏証人喚問】「私だけ悪者にされた」持論展開 “保守の同志”と徹底抗戦辞さず…恨み節連発も核心は触れず". 産経新聞. 2017-03-23. 2017-03-23閲覧. 
  116. ^ "名刺の裏面は渡船料1割引き 「名刺割引」問題で横須賀市長に問責決議". 産経新聞. 2017-03-25. 2017-05-27閲覧. 
  117. ^ 維新代表「都議選へ力結集」=東京で初の党大会 時事通信 2017年3月25日
  118. ^ 維新、党勢拡大を明記 党大会で活動方針決定 日本経済新聞 2017年3月25日
  119. ^ 千葉県知事選挙 現職の森田健作氏が大差付け3選 テレビ朝日 2017年3月27日
  120. ^ 静岡市議48氏決まる 投票率41.16%、過去最低 静岡新聞・SBS 2017年3月27日
  121. ^ "香港行政長官選挙で当選の林鄭氏 難しい政権運営に". NHK. 2017-03-27. 2017-03-28閲覧. 
  122. ^ ブルガリア:親EUの与党勝利 総選挙 毎日新聞 2017年3月27日
  123. ^ "97.4兆円の新年度予算成立 5年連続で過去最大に". 朝日新聞. 2017-03-27. 2017-03-29閲覧. 
  124. ^ "【朴政権崩壊】韓国検察が朴槿恵前大統領の逮捕状を請求 地裁が30日に審査". 産経新聞. 2017-03-28. 2017-03-28閲覧. 
  125. ^ "イギリス、EU離脱を正式に通告 2年間の交渉に立ちはだかるハードルは何か". ハフィントンポスト. 2017-03-29. 2017-04-01閲覧. 
  126. ^ a b "朴槿恵氏逮捕 大統領経験者では3人目=韓国". 聯合ニュース. 2017年3月31日3時20分. 2017-03-31閲覧. 
  127. ^ "親EUのブチッチ首相当選=「ロ中とも関係維持」-セルビア大統領選". 時事通信. 2017-04-03. 2017-04-05閲覧. 
  128. ^ "エクアドル大統領選決選投票、モレノ前副大統領が勝利宣言". ロイター. 2017-04-03. 2017-04-05閲覧. 
  129. ^ "駐韓大使、3カ月ぶり帰任=少女像撤去働き掛けへ". 時事通信. 2017-04-04. 2017-04-06閲覧. 
  130. ^ ""언젠간 朴 전 대통령을 당수로" 친박단체, '새누리당' 창당…대선 후보에 변희재·정미홍·정광용 거론("いつかは朴元大統領を党首として"親朴団体、'セヌリ党'創党…大統領選候補にピョン・ヒジェ、チョン・ミホン、チョン・グァンヨン取り上げ)". 朝鮮日報 (ハングル). 2017-04-05. 2017-04-11閲覧. 
  131. ^ "旧維新グループが分裂=民進・江田氏と松野氏". 時事通信. 2017-03-16. Archived from the original on 2017-03-17. 
  132. ^ あす初の米中首脳会談 北朝鮮への対応など焦点 NHK 2017年4月6日
  133. ^ 連合東京、都議選で「小池新党」支援へ 合意書締結 日本経済新聞 2017年4月7日
  134. ^ "秋田県知事選 佐竹敬久氏が3選". 産経新聞. 2017-04-09. 2017-04-10閲覧. 
  135. ^ "「『アベ政治を許さない!』と叫ぶことを求められた。熟議も提案もない」と痛烈批判". 産経新聞. 2017-04-10. 2017-04-10閲覧. 
  136. ^ “アラバマ州知事が辞任、不倫隠し疑惑で追及受ける”. CNN. (2017年4月11日). https://www.cnn.co.jp/usa/35099567.html 2018年3月14日閲覧。 
  137. ^ 都民ファーストの会が勉強会 党の綱領も発表 NHK 2017年4月11日
  138. ^ "民進・細野豪志氏が代表代行辞任届提出". 産経新聞. 2017-04-13. 2017-04-13閲覧. 
  139. ^ 高齢女性はねられ死亡 京都府議を容疑で逮捕 産経WEST 2017年4月15日
  140. ^ "トルコ、大統領に強権…「改憲」僅差の勝利". 読売新聞. 2017-04-17. 2017-04-17閲覧. 
  141. ^ メイ英首相、解散・総選挙を発表 6月8日に投開票 BBC 2017年4月18日
  142. ^ "中川・経産政務官が辞任 女性問題原因か、後任は大串氏". 朝日新聞. 2017-04-18. 2017-04-18閲覧. 
  143. ^ 中川 俊直 - 心よりお詫び申し上げます。 中川俊直Facebookアカウント 2017年4月18日
  144. ^ 衆院、見直し対象97選挙区 「0増6減」区割り勧告 日本経済新聞 2017年4月19日
  145. ^ "自民・中川衆院議員が離党 女性問題報道で引責". 京都新聞. 2017-4-21. 
  146. ^ "生活者ネットと政策協定=候補1人推薦-都議選で小池新党". 時事通信. 2017-4-21. 2017-5-30閲覧. 
  147. ^ 名古屋市長選、河村たかし氏が4選確実 前副市長ら破る 朝日新聞 2017年4月24日0時23分
  148. ^ うるま市長選、現職・島袋氏3選…政府与党支援 読売新聞 2017年4月24日
  149. ^ 仏大統領選 マクロン氏とルペン氏が決選投票へ NHK 2017年4月24日
  150. ^ 4月の衆参補選なし 時事通信 2017年3月15日
  151. ^ "今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭". 産経新聞. 2017-04-25. 2017-04-25閲覧. 
  152. ^ 民進、除籍処分を正式決定 産経新聞 2017年4月26日
  153. ^ "偽証認定に反対 百条委員長辞任 豊洲問題". 産経新聞. 2017-04-28. 2017-04-30閲覧. 
  154. ^ "書類送検の神戸市議は4人 政活費不正流用疑い". 神戸新聞. 2017-04-29. 2017-08-04閲覧. 
  155. ^ 「ミニ統一地方選」終了 対決型、与党3勝1敗 日本経済新聞 2017年5月1日
  156. ^ "与謝野馨氏、7年ぶり復党 自民党紀委員会が了承". 産経新聞. 2017-05-01. 2017-05-02閲覧. 
  157. ^ 英下院解散 選挙戦が本格化 テレビ東京 2017年5月3日
  158. ^ 【東京都議選】「都民ファーストの会」が公約発表 知事の反問権など議会改革が柱 議員公用車廃止や政務活動費での飲食禁止も… 産経新聞 2017年5月3日
  159. ^ "ソマリア治安部隊、「誤って」大臣を殺害 過激派と勘違いか". BBC News. BBC. 2017-05-03. 2017-05-04閲覧. 
  160. ^ プエルトリコが財政破綻 負債8兆円、デトロイト上回る 朝日新聞 2017年5月4日
  161. ^ "自由韓国党が離党した14人の復党認め親朴派の懲戒を解除". 中央日報. 2017-05-07. 2017-11-11閲覧. 
  162. ^ "ハマス新指導者にハニヤ氏、パレスチナ自治政府首相の経験も". CNN. 2017-05-07. 2017-05-07閲覧. 
  163. ^ 仏大統領選 マクロン氏勝利 極右政党のルペン氏破る NHK 2017年5月8日
  164. ^ フランス大統領選、マクロン候補が勝利 TBS 2017年5月8日
  165. ^ “「知日派」ホーチミン市トップ、党政治局員解任 ベトナム共産党、異例の更迭”. 産経新聞. (2017年5月8日). http://www.sankei.com/smp/world/news/170508/wor1705080031-s1.html 2018年5月9日閲覧。 
  166. ^ "首相、改憲質疑で深入り回避 立場使い分け". 日本経済新聞. 2017-05-08. 2017-10-07閲覧. 
  167. ^ 【韓国大統領選】文候補が事実上の勝利宣言 日本テレビ 2017年5月9日
  168. ^ 都議選:民進党都連が七つの重点政策を柱に公約発表毎日新聞 2017年5月9日
  169. ^ "鈴木淳司法務委員長解任決議案を否決 テロ等準備罪審議再開へ 政府与党は18日衆院通過目指す". 産経新聞. 2017-05-09. 2017-06-07閲覧. 
  170. ^ 市長に辞職勧告決議 名刺問題で横須賀市議会 東京新聞 2017年5月11日
  171. ^ 「統合大統領になる」文在寅新大統領 国民融和訴え テレビ朝日 2017年5月10日
  172. ^ コソボ 国境問題巡り、議会解散 首相不信任案が可決 毎日新聞 2017年5月11日付
  173. ^ "うぐいす嬢と市議逮捕、選挙買収疑い 限度額超える現金支払う 大分・佐伯". 産経新聞. 2017-05-11. 2017-08-04閲覧. 
  174. ^ "美濃加茂市長に藤井氏が3選 在任中に有罪確定なら失職". 朝日新聞. 2017-05-14. 2017-05-21閲覧. 
  175. ^ 民進、離党組の公認取り消し決定 東京都議選 産経新聞 2017年5月15日
  176. ^ "自民派閥3派の合流決定 会長は麻生氏、党内第2勢力に". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2017-05-15閲覧. 
  177. ^ "兵庫・三木市長が辞職届 業者と飲食めぐり虚偽説明". 朝日新聞. 2017-5-16. 2017-5-16閲覧. 
  178. ^ 市長辞職に同意=受注先と慰労会-兵庫県三木市議会 時事通信 (2017年5月25日) 2017年5月28日閲覧。
  179. ^ ロシア疑惑で特別検察官を任命 オバマ政権のFBI長官 朝日新聞 2017年5月18日
  180. ^ 「共謀罪」採決強行へ 金田法相の不信任決議案を否決 朝日新聞 2017年5月18日
  181. ^ アイルランド・ケニー首相が辞任へ 求心力低下で 朝日新聞 2017年5月18日
  182. ^ 共謀罪 採決強行 民進反対「一般人対象」 自公維賛成、衆院委可決 毎日新聞 2017年5月19日
  183. ^ "細野氏 グループ代表辞任へ 混乱引責". 毎日新聞. 2017-05-19. 2017-05-19閲覧. 
  184. ^ "和歌山県議に有罪=寄付偽装脱税-大阪地裁". 時事通信. 2017-05-19. 2017-09-24閲覧. 
  185. ^ "ロウハニ師再選 国際協調を継続". 毎日新聞. 2017-05-21. 2017-05-21閲覧. 
  186. ^ イラン大統領選 候補者決まる 対米関係占う試金石に 産経新聞 2017年4月21日
  187. ^ "台湾の野党・国民党、新主席に前副総統の呉敦義氏". 朝日新聞. 2017-05-21. 2017-05-21閲覧. 
  188. ^ "国民党主席選挙、初の政見発表会 現職が李登輝氏を批判". 中央社フォーカス台湾. 2017-04-29. 2017-04-30閲覧. 
  189. ^ "イラン大統領選、ロウハニ氏が再選". AFPBB NEWS. 2017年5月20日. 2017年5月21日閲覧. 
  190. ^ さいたま市長選、清水氏が3選 2新人を破る 産経新聞 2017年5月21日
  191. ^ "さいたま市長選、清水勇人氏が3選". 読売新聞. 2017-05-21. 2017-05-22閲覧. 
  192. ^ エルドアン党首が復活=大統領に権力集中-トルコ 時事通信 2017年5月21日
  193. ^ 元航空幕僚長の田母神俊雄被告に有罪判決 都知事選めぐる公選法違反事件 東京地裁 産経新聞 2017年5月22日
  194. ^ 都民ファーストの会が公約発表「議会棟で禁煙実施」日刊スポーツ 2017年5月24日
  195. ^ 「共謀罪」法案が衆院で可決 “将来に禍根を残す”野党4党は反発 ハフィントン・ポスト 2017年5月23日
  196. ^ "朴前大統領の18件の容疑に対する裁判が開始…判決はいつ?". 中央日報. 2017-05-23. 2017-05-27閲覧. 
  197. ^ "朴被告、職業は「無職です」 起訴内容を全面否認 崔順実被告とは目を合わせず 朴槿恵初公判". 産経新聞社. 2017-05-23. 2017-05-27閲覧. 
  198. ^ ネパールのダハル首相が辞任 産経新聞 2017年5月24日
  199. ^ 首脳宣言の分量大幅減 タオルミナ・サミット 日本経済新聞 2017年5月28日
  200. ^ 大阪都構想の法定協、市議会が設置案可決 再び議論へ 朝日新聞 2017年5月27日
  201. ^ "千葉市長選、現職の熊谷俊人氏が3選". 読売新聞. 2017-05-28. 2017-05-29閲覧. 
  202. ^ "千葉市長に熊谷氏3選". 産経新聞. 2017-05-28. 2017-05-29閲覧. 
  203. ^ 小池都知事「都民ファーストの会」代表へ日テレNEWS24 2017年5月30日
  204. ^ 小池都知事「都民ファーストの会」代表に就任へTBSNEWS 2017年5月30日
  205. ^ "ホワイトハウスのダブキ広報部長が辞任、就任から3カ月未満で". ブルームバーグ. 2017-05-30. 2017-08-02閲覧. 
  206. ^ "若狭勝衆院議員が自民に離党届 「総合的に判断した」". 産経新聞. 2017-05-31. 2017-05-31閲覧. 
  207. ^ "浜渦氏らの偽証認定=豊洲問題、刑事告発へ-都議会百条委". 時事通信. 2017-05-31. 2017-06-02閲覧. 
  208. ^ "知日派の李氏、首相就任=国会が任命案可決-韓国". 時事通信. 2017-05-31. 2017-05-31閲覧. 
  209. ^ ALEKSANDAR VUCIC SWORN IN AS SERBIAN PRESIDENT Euronews May 31, 2017
  210. ^ "次期議長にライチャーク氏 国連総会、スロバキア出身". 産経新聞. 2017-06-01. 2017-06-03閲覧. 
  211. ^ 小池知事 自民党に離党届を提出NHK 2017年6月1日
  212. ^ 小池知事が離党届 自民党は都議選後に判断日テレNEWS24 2017年6月1日
  213. ^ 小池氏が代表就任 都民ファーストの会日本経済新聞 2017年6月1日
  214. ^ 小池代表「戦い勝ち抜く」=都議選へ総決起大会-都民ファースト時事通信社 2017年6月1日
  215. ^ 日本のこころ、自民党の都議選候補者全員に推薦TBS 2017年6月2日
  216. ^ "「石原氏の責任重い」百条委が報告書 豊洲移転". 産経新聞. 2017-06-03. 2017-06-05閲覧. 
  217. ^ "ゲイで、移民の子供で、わずか38歳の首相。アイルランドで誕生へ". HuffPost Japan. 2017-6-5. 2017-11-28閲覧. 
  218. ^ "総選挙、与党が勝利=マルタ". 時事通信. 2017-06-05. 2017-06-08閲覧. 
  219. ^ "サウジとバーレーン、エジプトがカタールと国交断絶を発表". AFP BB NEWS. 株式会社クリエイティヴ・リンク. 2017-06-05. 2017-06-05閲覧. 
  220. ^ "カタールと断交 サウジ、UAE、エジプトも 中東計4カ国に". 産経新聞. 2017-06-05. 2017-06-05閲覧. 
  221. ^ "サウジなど中東5カ国がカタールと断交 「テロ集団を支援」と非難". BBC NEWS. 2017-06-05. 2017-06-05閲覧. 
  222. ^ "ネパール新首相に会議派のデウバ氏". 産経新聞. 2017-06-06. 2017-06-09閲覧. 
  223. ^ "参院、法務委員長解任案を否決". 東京新聞. 2017-06-07. 2017-06-07閲覧. 
  224. ^ "浜渦元副知事らを偽証の疑いで告発へ 都議会が動議可決". 朝日新聞. 2017-06-07. 2017-06-07閲覧. 
  225. ^ "英総選挙 与党過半数割れ、EU離脱に影響 首相続投へ". 毎日新聞社. 2017-6-9. 2017-6-10閲覧. 
  226. ^ "陛下、18年末にも退位=光格天皇以来200年ぶり-新元号、準備本格化". 時事ドットコム. 時事通信社. 2017-06-09. 2017-06-09閲覧. 
  227. ^ "97選挙区で区割り変更、格差1・999倍に". 時事通信. 2017-06-09. 2017-06-09閲覧. 
  228. ^ "大阪都構想の法定協設置、27日にも初会合". 読売新聞. 2017-06-09. 2017-06-09閲覧. 
  229. ^ "英総選挙 与党過半数割れ、EU離脱に影響 首相続投へ". 毎日新聞社. 2017年6月9日. 2017年6月10日閲覧. 
  230. ^ "保守党318 全議席確定 開票作業終了". 産経新聞社. 2017年6月10日. 2017年6月10日閲覧. 
  231. ^ "テメル大統領当選は「有効」=選挙高裁判決、政権は危機回避-ブラジル". 時事通信社. 2017-6-10. 2017-6-10閲覧. 
  232. ^ "仏下院選第1回投票、「マクロン党」が圧勝 最終結果判明". AFPBB NEWS. 2017-6-12. 2017-6-13閲覧. 
  233. ^ "テリーザ・メイ英首相 新内閣を組閣完了 ナンバー2は「数少ない盟友」起用 英総選挙". 産経社. 2017-6-12. 2017-6-12閲覧. 
  234. ^ "参院、金田法相の問責決議案を否決". 日本経済新聞. 2017-06-14. 2017-06-14閲覧. 
  235. ^ "山本地方創生相の問責決議案を否決 加計学園めぐり". NHK. 2017-06-14. 2017-06-14閲覧. 
  236. ^ "地方議員選でビラ解禁 改正公選法が成立". 日本経済新聞. 2017-06-14. 2017-06-14閲覧. 
  237. ^ "新首相にバラッカー氏=同性愛公言、「多様性象徴」-アイルランド". 時事通信社. 2017-6-19. 2017-6-15閲覧. 
  238. ^ "内閣不信任決議案、反対多数で否決 「共謀罪」審議巡り". 朝日新聞. 2017-06-15. 2017-06-15閲覧. 
  239. ^ "「共謀罪」法が成立=「中間報告」自公強行-会期延長なしの方針". 時事通信. 2017-06-15. 2017-06-15閲覧. 
  240. ^ "官製談合の疑いで村長逮捕、入札情報を漏洩か 沖縄". 朝日新聞社. 2017-6-18. 2017-6-16閲覧. 
  241. ^ a b "バヌアツ大統領が急死=サイクロン復興に尽力". 時事ドッドコム. 時事通信社. 2017-06-18. 2017-06-18閲覧. 
  242. ^ "通常国会、20日召集を確認 会期は6月18日まで". 朝日新聞. 2017-01-05. 2017-01-15閲覧. 
  243. ^ "仏総選挙 マクロン新党が308議席 与党で6割の大勝". 毎日新聞社. 2017-6-19. 2017-6-19閲覧. 
  244. ^ 小池都知事、豊洲移転を表明 築地も再開発日本経済新聞 2017年6月20日
  245. ^ "サウジアラビア、ムハンマド副皇太子が皇太子に昇格=国営通信". ロイター日本語版. トムソン・ロイター. 2017-06-21閲覧. 
  246. ^ "仏4閣僚が相次ぎ辞任 マクロン氏、内閣改造を実施". AFP. 2017-06-22. 2017-06-22閲覧. 
  247. ^ "豊田真由子議員、自民に離党届 秘書への暴行疑惑報道". 朝日新聞社. 2017-06-22. 2017-06-22閲覧. 
  248. ^ 維新 渡辺副代表を除名処分 都民ファーストの会との連携で NHK 2017年6月22日
  249. ^ "豊田真由子議員、自民に離党届 秘書への暴行疑惑報道". 朝日新聞社. 2017-06-22. 2017-06-22閲覧. 
  250. ^ 小池都政に初の審判、「知事支持」過半数が焦点讀賣新聞 2017年6月23日
  251. ^ 静岡県知事選 現職の川勝氏 3回目の当選.NHK
  252. ^ "川勝静岡県知事3選 全域に浸透、溝口氏かわす". 静岡新聞NEWS. 静岡新聞. 2017-6-26. 
  253. ^ "タレント上地雄輔さんの父、横須賀市長に初当選". 読売新聞. 2017-06-26. 2017-06-26閲覧. 
  254. ^ "英国 保守党政権、存続へ 地域政党と閣外協力合意". 毎日新聞. 2017-06-27. 2017-07-31閲覧. 
  255. ^ "モンゴル大統領選、来月9日に決選投票=野党候補が最多得票". 時事通信社. 2017-6-27. 2017-6-30閲覧. 
  256. ^ "ブラジル・テメル大統領を収賄罪で起訴". BBC. 2017-06-27. 2017-06-28閲覧. 
  257. ^ "和田政宗参院議員、自民党に入党申請 二階俊博幹事長「近く承認」". 産経新聞社. 2017-06-27. 2017-06-28閲覧. 
  258. ^ "女性首相、同性愛公言 保守的なセルビアで波紋". 朝日新聞. 2017-07-05. 2017-07-05閲覧. 
  259. ^ 都民圧勝「小池勢力」で79議席の過半数 自民惨敗、過去最低の23 産経新聞 2017年7月2日
  260. ^ 【都議選投開票】共産・小池晃書記局長「非常に手応え。今後の国政に重大な影響」 共産党2議席増の19議席を獲得 「反与党・非小池」票を巧みに吸収産経新聞 2017年7月2日
  261. ^ 【都議選投開票】維新やっと1議席 「自民vs都民ファ」の構図に埋没 産経新聞 2017年7月2日
  262. ^ 【都議選投開票】「議席ゼロ」回避も民進党は大幅減へ「蓮舫降ろし」には発展せず 産経新聞 2017年7月2日
  263. ^ "兵庫県知事選、現職・井戸敏三氏が5選果たす". 読売新聞. 2017-07-02. 2017-07-02閲覧. 
  264. ^ "小池さんだから投票したのに…圧勝から一夜、都民ファ代表辞任". スポーツニッポン. 2017-07-04. 2017-07-04閲覧. 
  265. ^ "小池氏、再び都民フ特別顧問に 代表は辞任". 日本経済新聞. 2017-07-04. 2017-07-04閲覧. 
  266. ^ "自民、小池百合子都知事の離党了承 若狭勝衆院議員も". 産経新聞. 2017-07-03. 2017-07-04閲覧. 
  267. ^ 志公会発足時の内訳は、為公会(旧麻生派)44名、番町政策研究所(山東派)11名、天元会(佐藤グループ)4名。
  268. ^ "新・麻生派、59人で発足 自民党第2派閥に". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2017-07-03閲覧. 
  269. ^ "藤末健三参院議員が離党届「中道政党立ち上げたい」". 毎日新聞社. 2017-07-03. 2017-07-03閲覧. 
  270. ^ "野党のバトトルガ氏勝利=親ロ派、「ねじれ」継続-モンゴル大統領選". 時事通信社. 2017-7-8. 2017-7-9閲覧. 
  271. ^ 「翁長派」過半数割れ=来年の知事選へ打撃-那覇市議選時事通信 2017年7月10日
  272. ^ "奈良市長に仲川氏が3選 前生駒市長らを破る". 朝日新聞. 2017-07-10. 2017-07-10閲覧. 
  273. ^ "モンゴル大統領に野党のバトトルガ氏 決選投票". 日本経済新聞. 2017-07-09. 2017-07-09閲覧. 
  274. ^ "前川前次官:招致へ 閉会中審査、10日実施 首相は不在". 毎日新聞. 2017-07-04. 2017-07-05閲覧. 
  275. ^ 大阪府議会、籠池氏を午後に参考人招致 小学校認可巡り 朝日新聞 2017年7月10日
  276. ^ "都民ファーストの会、幹事長は元民進の増子博樹氏 党三役が決定". 産経新聞. 2017-07-12. 2017-07-12閲覧. 
  277. ^ "ペルーのウマラ前大統領夫妻を拘束、マネーロンダリングの疑い". 産経新聞. 2017-07-14. 2017-07-15閲覧. 
  278. ^ "民主派4議員資格取り消し=親中派の力強まる-香港". 時事通信社. 2017-7-14. 2017-7-15閲覧. 
  279. ^ "大統領の弟拘束、汚職か=イラン". 時事通信社. 2017-7-16. 2017-7-17閲覧. 
  280. ^ "蓮舫氏を東京地検に告発へ きょう「二重国籍問題」で市民団体代表ら". 産経ニュース. 2017-07-18. 2017-07-18閲覧. 
  281. ^ "都議会、浜渦元副知事らを地検に告発 百条委で偽証容疑". 朝日新聞. 2017-07-20. 2017-07-20閲覧. 
  282. ^ "被差別民出身のコビンド氏が当選 インド大統領選". 朝日新聞. 2017-07-20. 2017-07-20閲覧. 
  283. ^ "中国当局、前天津市長を収賄などで起訴". 日本経済新聞. 2017-07-20. 2017-08-15閲覧. 
  284. ^ "民進・吉田氏が繰り上げ当選=衆院". 時事通信. 2017-07-21. 2017-07-21閲覧. 
  285. ^ "米大統領報道官が辞任=政権内の混乱露呈-ホワイトハウス". 時事通信. 2017-07-22. 2017-07-22閲覧. 
  286. ^ "東ティモール議会選". 時事通信. 2017-07-24. 2017-07-27閲覧. 
  287. ^