小野塚康之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おのづか やすゆき
小野塚 康之
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都大田区
生年月日 (1957-05-23) 1957年5月23日(60歳)
血液型 B型
最終学歴 学習院大学文学部卒業
勤務局 NHK大阪放送局
部署 編成部アナウンスルーム
職歴 鳥取金沢札幌大阪東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→福岡→大阪→広島神戸→大阪
活動期間 1980年 -
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

小野塚 康之(おのづか やすゆき)は、NHKシニアアナウンサー

人物[編集]

東京都大田区出身[1]学習院高等科を経て学習院大学卒業後[2]1980年(昭和55年)入局[1]鳥取金沢札幌大阪東京アナウンス室、大阪、東京アナウンス室、福岡(2003年 - 2007年)[3]、大阪、広島[4]神戸放送局[5]を経て、2016年6月23日現在、大阪放送局勤務。

一貫してスポーツ中継、特に野球実況で活躍。野球中継における看板アナウンサーの一人であろうといわれるが、5月定年を迎える。小野塚は記憶に残る試合として1998年横浜明徳義塾戦をあげた。2017年4月からは毎週金曜日「ごごナマ助けて!きわめびと」のMC就任[6]

2017年6月、60歳の定年規定により一旦定年退職後、嘱託契約アナウンサーとして引き続きNHK大阪に残る[7]

エピソード[編集]

1986年春(第58回選抜高等学校野球大会)から高校野球の全国放送を担当し[8]、長らく野球実況に携わってきたが故に、それにまつわるエピソードは枚挙に暇がない。

  • 初任地の鳥取では、「野球中継がやりたい」という思いを胸に、全国高等学校野球選手権大会鳥取大会で、当時全国最少の参加20校全てを取材[2]。自らの実況に生かした。
  • 大阪では、主に阪神タイガース戦の実況を、福岡では、主に福岡ソフトバンクホークス戦の実況を、それぞれ担当。そのスタイルは一部で、地元チーム寄りの「ひいき実況」だと指摘されたことがある。その影響か、スポーツニュースは『情報ワイド福岡いちばん星』など、地元局の番組担当となることが多かった。
  • 阪神甲子園球場で開催される春・夏の高校野球の実況も務めている。やはりここでも、その時点における勤務地ブロックの高校出場時の実況のケースが目立つ。
  • 中継開始の挨拶は常に「プロ野球(高校野球)ファンの皆様、こんにちは(こんばんは)」、終了の挨拶は「ごきげんよう」。これらは学習院での教育の影響を受けているという。しかし、最近では場合によってはごきげんようとは言わず、さようならと言うことも多くなっている。
  • 福岡局での最後の日に、プロ野球交流戦「福岡ソフトバンクホークス対中日ドラゴンズ」戦の全国中継実況を担当。試合は小久保裕紀の逆転満塁ホームランでホークスが勝利した。
  • 2004年10月11日福岡ダイエーホークス最後の試合を実況(プレーオフ第2ステージ最終第5戦)。結果は、延長10回に犬伏稔昌の犠牲フライにより4-3で西武の逆転優勝、これによりダイエーは身売りをすることになる。
  • 1999年春の沖縄尚学2004年夏の駒大苫小牧の決勝戦の実況を担当[8]。南北の優勝シーンを伝えた。
  • 1999年後期連続テレビ小説・『あすか』のドラマ中、主人公・宮本あすか(竹内結子)がかじりついて聴くラジオの野球中継の実況アナウンサーとして声の出演。当時、江川卓江川事件(空白の一日)にまつわるトレードで阪神タイガースに移籍してきたばかりの小林繁巨人相手に力投する様子を演じた。
  • 福岡在勤時は土地を借りて家庭菜園をしていた。
  • 常に野球場が見渡せるところに部屋を借りているという[9]。神戸局においても「甲子園に終の棲家を求めた」と記していた[4]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

福岡局時代
神戸局時代
大阪放送局異動後

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 詳細”. アナウンサー. 日本放送協会. 2007年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 小野塚 康之”. アナウンサー勢揃い. 日本放送協会. 2007年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。
  3. ^ 小野塚康之 (2015年6月11日). “第3回「世界のホームラン王・ナンバーワンが原点に立つ」”. 高校野球100年のものがたり. 日本放送協会. 2015年8月14日閲覧。
  4. ^ a b 小野塚 康之(おのづか やすゆき)”. アナウンサー・キャスター. 日本放送協会. 2013年11月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月14日閲覧。
  5. ^ 小野塚康之 (2015年4月30日). “第2回「大記録はあまりにも突然に!」”. 高校野球100年のものがたり. 日本放送協会. 2015年8月14日閲覧。
  6. ^ “【甲子園百景・春】実況人生32年…名物アナの“ラストゲーム””. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月31日) 
  7. ^ 浜風が呼んでいる 定年NHK小野塚アナ、甲子園実況へ(バーチャル高校野球)
  8. ^ a b 小野塚康之 (2015年3月12日). “第1回「30年前の春・・・私の原点」”. 高校野球100年のものがたり. 日本放送協会. 2015年8月14日閲覧。
  9. ^ 広島局時代の公式サイトより。

外部リンク[編集]