小野塚康之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おのづか やすゆき
小野塚 康之
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都大田区
生年月日 (1957-05-23) 1957年5月23日(61歳)
血液型 B型
最終学歴 学習院大学文学部卒業
勤務局 NHK大阪放送局
部署 編成部アナウンスルーム
職歴 鳥取金沢札幌大阪東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→福岡→大阪→広島神戸→大阪
活動期間 1980年 -
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

小野塚 康之(おのづか やすゆき)は、NHKシニアアナウンサー

人物[編集]

東京都大田区出身[1]学習院高等科を経て学習院大学卒業後[2]1980年(昭和55年)入局[1]鳥取金沢札幌大阪東京アナウンス室、大阪、東京アナウンス室、福岡(2003年 - 2007年)[3]、大阪、広島[4]神戸放送局[5]を経て、2016年6月23日現在、大阪放送局勤務。

一貫してスポーツ中継、特に野球実況で活躍。野球中継における看板アナウンサーの一人であろうといわれるが、5月定年を迎える。小野塚は記憶に残る試合として1998年横浜明徳義塾戦をあげた。2017年4月からは毎週金曜日「ごごナマ助けて!きわめびと」のMC就任[6]

2017年6月、60歳の定年規定により一旦定年退職後、嘱託契約アナウンサーとして引き続きNHK大阪に残る[7]

エピソード[編集]

1986年春(第58回選抜高等学校野球大会)から高校野球の全国放送を担当[8]

  • 初任地の鳥取では、「野球中継がやりたい」という思いを胸に、全国高等学校野球選手権大会鳥取大会で、当時全国最少の参加20校全てを取材[2]
  • 1999年春の沖縄尚学2004年夏の駒大苫小牧の決勝戦の実況を担当[8]
  • 常に野球場が見渡せるところに部屋を借りているという[9]。神戸局においても「甲子園に終の棲家を求めた」と記していた[4]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

福岡局時代
神戸局時代
大阪放送局異動後

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 詳細”. アナウンサー. 日本放送協会. 2007年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 小野塚 康之”. アナウンサー勢揃い. 日本放送協会. 2007年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。
  3. ^ 小野塚康之 (2015年6月11日). “第3回「世界のホームラン王・ナンバーワンが原点に立つ」”. 高校野球100年のものがたり. 日本放送協会. 2015年8月14日閲覧。
  4. ^ a b 小野塚 康之(おのづか やすゆき)”. アナウンサー・キャスター. 日本放送協会. 2013年11月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月14日閲覧。
  5. ^ 小野塚康之 (2015年4月30日). “第2回「大記録はあまりにも突然に!」”. 高校野球100年のものがたり. 日本放送協会. 2015年8月14日閲覧。
  6. ^ “【甲子園百景・春】実況人生32年…名物アナの“ラストゲーム””. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月31日) 
  7. ^ 浜風が呼んでいる 定年NHK小野塚アナ、甲子園実況へ(バーチャル高校野球)
  8. ^ a b 小野塚康之 (2015年3月12日). “第1回「30年前の春・・・私の原点」”. 高校野球100年のものがたり. 日本放送協会. 2015年8月14日閲覧。
  9. ^ 広島局時代の公式サイトより。

外部リンク[編集]