この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

渡邊佐和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

わたなべ さわこ
渡邊 佐和子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1984-01-02) 1984年1月2日(34歳)
最終学歴 日本女子大学卒業
勤務局 NHK大阪放送局
職歴 熊本福岡東京アナウンス室→大阪
活動期間 2006年 -
ジャンル 不定
配偶者 あり
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
その他 福岡局地上デジタル放送推進大使

渡邊 佐和子(わたなべ さわこ、1984年1月2日 - )は、NHKアナウンサー

人物

日本女子大学附属高等学校日本女子大学卒業後、2006年入局。

挿話

現在の担当番組

過去の担当番組

報道
※守本奈実が『NHKニュースおはよう日本』の応援を行った関係で、2007年9月10日から2週間代行出演。
バラエティー
※四国・九州ブロックの熊本県代表として、『球磨拳』を紹介した。
※2009年度は持ち回りで“お客さん”と当時の担当に伴う立ち会いを1回ずつ、2010年6月からは“雌猫の声”。
地デジ推進関連
  • スポットCM「さわこのデジ・アナチェック」1分版(福岡県内向け、随時)
※ほかに地デジカだけが出ている30秒版があったが、内容はほぼ同じで、1分版ではこれに簡単な地デジの特徴解説が入る。
  • アナログ放送終了のお知らせ
※2010年4月半ばから福岡県内のアナログ放送限定で随時放送開始。地デジ切り替えを呼び掛けるものと集合住宅における対応を説明するものとの2パターン(1分)、及びビル陰共聴対策に関する2分ものの3本があった。2011年は鈴木奈穂子出演の全国版に移行。
  • ぐるっと8県 九州沖縄 - 福岡県域枠で、地デジ関連の告知コーナーを担当。
  • 地デジ侍 再び「画面の忍者 ビル影参上!」- 2010年制作の10分番組で、地デジ侍シリーズ第2弾。ビル陰共聴問題をテーマにしており、第1弾にも登場した“アンテナ侍”(技術職員)の聞き手を務めた。
  • 福岡6社局合同アナログ放送終了啓発CM「地デジバンド」2シリーズ
2010年2月25日以降は一部こちらに切り替え。地デジ大使仲間では立花麻理新垣泉子も参加。ただし、ドラムの高島宗一郎が突然KBCを退社したことでお蔵入りとなり、一時島津有理子出演の全国版を電話番号部分の差し替えにより放送していた。その後民放では高島の同期・宮本けいすけに差し替えたバージョンで再開したが、15秒ものであるためNHKでは枠処理の都合により一時放送されなかった。後に「路上ライブ」編がアヤカ・ウィルソン出演の「生物多様性」について考える「地球エコ」スポットとの組み合わせで放送。
その他
小田切千とともに総合司会を担当した。
  • 第7回NHK福岡朗読と音楽の夕べ『サーカスの世界へようこそ』(2008年12月開催)
※守本たち福岡局のアナウンサーや当時佐賀局の原田裕和と参加。後日テレビとFMでその模様を放送。
※同じ福岡の三瓶宏志(現・大阪局)と担当。

同期の女性アナウンサー

脚注

  1. ^ 朝日新聞西部夕刊2010年8月7日付紙面のインタビュー記事より。
  2. ^ 同窓会”. 末高斗夢オフィシャルブログ (2009年12月13日). 2010年2月22日閲覧。
  3. ^ 同じく地デジ大使の三輪秀香合原明子を従えてのトリオ出演。

外部リンク