2018年のラジオ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Portal:ラジオ > 2018年のラジオ (日本)

2018年のラジオ (日本)では、2018年のラジオ分野(主に日本国内)における動向について記す。


主な番組関連の出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 2日 - 静岡放送(SBSラジオ)は、自局の番組『テキトーナイト!!』と山陰放送(BSSラジオ)の『森谷佳奈のはきださNIGHT!』とのコラボレーション『テキトーにはきださNIGHT!』の第2弾となる『テキトーナイトin山陰』を山陰放送から放送した[64]
  • 7日
    • 文化放送は、アイドルグループ・NEWSメンバーの小山慶一郎が不祥事を起こし謹慎したことを受け、13日〈12日深夜〉放送分であった小山がパーソナリティを務める番組『KちゃんNEWS』(『レコメン!火曜版』〈火曜22:00 - 翌1:00〉の内包番組で、水曜0:05〈火曜深夜〉より放送[注 1])を休止することを発表[注 2]。また、同月20日〈19日深夜〉放送分と同月27日〈26日深夜〉放送分の同番組は、小山と同じくNEWSのメンバーである増田貴久が代行を担当[注 3]
    • 横浜エフエム放送(FMヨコハマ)は、前述の小山慶一郎の不祥事に関連し、ジャニーズ事務所より厳重注意処分を受けたアイドルグループ・NEWSメンバーの加藤シゲアキがDJを担当する『SORASHIGE BOOK』について、これまで通り継続させることを決めたことを発表[70]
  • 9日 - 日本記念日協会は、この日を「つボイノリオ記念日」とすることを発表。CBCラジオ『つボイノリオの聞けば聞くほど』の企画で「つボイノリオ記念日を6月9日に制定しよう!」という動きに賛同したリスナー有志が制定し、翌10日にCBCホールで開催されたイベント『輝け!大・金太まつり』で、同協会から認定証がつボイノリオ本人に手渡された[71]
  • 11日 - ニッポン放送はオールナイトニッポンの50周年と日本映画専門チャンネル開局20周年を記念し、筧利夫広末涼子らが出演するつかこうへい原作のラジオドラマ『ストリッパー物語』を放送する[72]
  • 14日7月15日 - サッカー・FIFAワールドカップロシア大会開催、NHK・民放各局(JC)にて日本代表が出場する試合ならびに決勝戦を放送[73][74]
    • 民間放送は文化放送を制作本部とし、日本戦全試合(決勝トーナメント進出時を含む)と決勝戦を72局(放送を行わない試合が存在するので同時放送は最大71局)が参加して同時放送した。なお、民放での日本代表戦について、19日に行われるグループリーグ初戦のコロンビア戦はTBSラジオ、24日セネガル戦は文化放送、28日ポーランド戦はニッポン放送が、それぞれ当番局を担当。
  • 15日 - 3月末にNHKを退局したフリーアナウンサー・有働由美子が、文化放送のワイド番組『大竹まこと ゴールデンラジオ!』に生出演。なお、有働にとってはNHK退局後、民放ラジオへの出演はこれが初めてで、番組メインパーソナリティーの大竹まこと・金曜日パートナーの室井佑月両名との親交が深いことから、同番組の出演が実現[75]
  • 16日 - 東海ラジオは、この日ナゴヤドームにおいて開催の「第10回AKB48世界選抜総選挙」に関連し、同局におけるSKE48の冠番組『SKE48♥1+1+1は3じゃないよ!』の特別番組として、イベント終了直後のナゴヤドームから生放送された[76]
  • 18日
    • 朝日放送ラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』のメインパーソナリティ・道上洋三(同局エグゼクティブ・アナウンサー)がこの日の番組内で「髄膜腫治療のため7月8日から8月31日まで番組をお休みします」と発表。道上は12年前にも同じ病気で3か月間番組を休んでいた[77]。なお、休養中の代打パーソナリティーには、同じく朝日放送アナウンサーの堀江政生が担当。
    • 文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』の番組メインパーソナリティー・大竹まことが、腰椎分離症であることと、それに伴って番組を休養することがこの日の番組内にて、大竹の代打を務めた太田英明(同局アナウンサー)から公表された。ちなみに、大竹は持病である腰痛が悪化したことにより、15日の同番組を欠席し療養先から電話で出演していた[78]。当初、番組復帰について同月19日を予定していたが、コンディション不良のため同月22日まで休養を延長することを発表[79]。しかし復帰予定の同月25日になっても腰の痛みが引かないため6月一杯休養[80]。そして7月2日、2週間ぶりに生放送に復帰した[81]
  • 20日 - 文化放送の最長寿番組『朝の小鳥』(日曜朝5:25)が放送開始65周年を記念して、この日夜に記念特番『朝の小鳥 65年のコーラス』(20:30 - 21:30)を放送する[82]
  • 25日 - 元衆議院議員で、政界引退後は政治評論家としてアール・エフ・ラジオ日本長野祐也の政界キーパーソンに聞く』及び姉妹番組『長野祐也の医療界キーパーソンに聞く』のメインパーソナリティーを務めていた長野祐也がこの日、膵臓癌のため逝去(78歳没)[83]。同局は両番組について今後も継続することを公式サイトで発表[84][85]。『…政界キーパーソンに聞く』については10月から読売新聞特別編集委員橋本五郎がメインパーソナリティーを務めている[84]
  • 29日 - 文化放送は、27日付で不祥事に伴う謹慎から復帰したアイドルグループ・NEWSの小山慶一郎が、『レコメン!』火曜版(火曜22:00 - 水曜1:00)内でパーソナリティを務める『KちゃんNEWS』(水曜0:05〈火曜深夜〉から)について、7月4日(3日深夜)放送分より復帰することを発表[86]

7月[編集]

  • 1日 - 関ジャニ∞結成時からのメンバーで、グループ脱退ならびに年内一杯でジャニーズ事務所を退所する渋谷すばるがDJを務めたレギュラー番組『関ジャニ∞ 渋谷すばるのスバラジ』(FMNACK5、2010年10月放送開始)が、この日の放送を以て番組終了、約7年の放送に幕[87]
  • 2日 - 文化放送で、新進気鋭の落語家を迎えてトークを繰り広げる新番組『らくごのデンパ』がスタート(18:45 - 19:00)。ナビゲーターは同局アナウンサーの西川文野が務める[88]
  • 4日 - 6月27日付を以て自らの不祥事による謹慎処分から復帰したアイドルグループ・NEWSの小山慶一郎が、自らの冠番組である『KちゃんNEWS』(文化放送)に、3週間ぶりに復帰した。小山は番組の冒頭に「大変なご心配をおかけしてしまいごめんなさい。」とリスナーに対して謝罪した[89]
  • 5日 - フジテレビアナウンサーの宮澤智が、文化放送で2時間生特番『フジテレビアナウンサー・宮澤智 初めてのラジオ』でラジオDJに初挑戦(19:30 - 21:30)。なお、文化放送でフジテレビ所属のアナウンサーの番組が放送されるのは、三田友梨佳松村未央生野陽子に続いて4人目[90]
  • 7日
  • 9日 - この日放送のTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』で豪雨災害の被害地の一つである広島県東広島市から記者がレポートした際、「豪雨災害を狙った窃盗団が出ている」と報じたが、翌10日に「広島県警察はそのような情報を把握しておらず誤報であった」と番組内で訂正、謝罪した[93]
  • 15日 - TOKYOFMをキー局に放送中の『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』にて、同番組DJの鈴木敏夫スタジオジブリプロデューサー)とジブリ作品のファンを公言する米津玄師(アーティスト・歌手)が対談した模様を7月15日・22日・8月5日の3回にわたって放送した[94]
  • 16日 - J-WAVEをキー局とするJAPAN FM LEAGUE(JFL)は、歌手の宇多田ヒカルのデビュー20周年企画として、宇多田がデビュー当時にDJを務めていた番組『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン(1999年10月~2000年9月)』が18年ぶりの復活として特別番組(19:00 - 20:55)を放送する[95][96]
  • 20日
    • ニッポン放送で、歌手・和田アキ子の芸能生活50周年記念番組として、この日22時より『和田アキ子のオールナイトニッポンGOLD』を放送。なお、和田がANNのパーソナリティーを担当するのは初めてとなった[97]
    • 文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』のメインパーソナリティ・大竹まことが、この日の番組内で「昨日腰痛の検査のため東京都内の病院に入院し、本日の放送は病院の外出許可を得てスタジオからやっている」ことを明かした。大竹は持病の腰椎分離症のため6月に2週間番組を休み、7月2日に復帰したばかりだった[98]。なお、当初大竹は当面のあいだ、入院先の病院と浜松町・文化放送を行き来する形で番組出演を続けるとしていたが、同月23日に「本格的な腰痛治療のため8月3日まで番組を休み、8月5日まで入院する」と代役パーソナリティの太田英明(文化放送アナウンサー)、月曜日パートナーの倉田真由美(漫画家)及び同番組公式Twitterから発表された[99][100]。→6月18日の出来事も参照
  • 22日 - ニッポン放送『三宅裕司のサンデーヒットパラダイス[注 4]のこの日の放送で、メインパーソナリティの三宅裕司(俳優・タレント)が、多忙による過労のため当面休養することを電話で明らかにした。前立腺肥大の診断により病院に入院し療養中で手術を受ける予定。この日の同番組は三宅が主宰する劇団のメンバーである小倉久寛が務めた[101]。なお収録済み分については予定通り放送するとしている[102]
  • 27日
    • TOKYO FMで1995年に始まった、木村拓哉(元SMAP)がDJを務める番組『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』がこの日の放送をもって終了。通算23年[注 5]の歴史に幕[103]。同番組終了により、SMAPを冠した番組はすべて消滅した[104]
    • 俳優の竹内涼真が、この日放送のニッポン放送『竹内涼真のオールナイトニッポンGOLD~映画『センセイ君主』スペシャル!~』で、初の地上波ラジオパーソナリティーに挑戦した[105][106]
  • 30日

8月[編集]

  • 4日 - ZIP-FMは、トヨタ自動車豊田章男社長がDJを務める番組『DJ MORIZO HANDLE THE MIC』(毎週土曜19:00 - 19:30)が放送開始[109]。なお、同番組は5月に特別番組として放送されており、豊田社長はレースに出場するときに使うドライバー名「MORIZO(モリゾウ)」としてDJを務めたが、レギュラー放送でも「MORIZO」名義でDJを担当。
  • 5日21日 - 第100回全国高等学校野球選手権記念大会阪神甲子園球場)をNHKラジオ第一(全国ネット)、朝日放送ラジオ(関西ローカル)にて中継放送。
    • 朝日放送テレビ・朝日放送ラジオでは本年度の大会中継放送及び『熱闘甲子園』(後者は朝日放送テレビのみ)のテーマソングについて“2018 ABC夏の高校野球応援ソング”と題して本年度の高校野球スペシャルナビゲーター・相葉雅紀が所属するアイドルグループ・嵐が歌唱する『夏疾風(なつはやて)』(作詩・作曲:北川悠仁ゆず〉)と決定したことが4月26日に発表された[110]
    • NHKは100回記念として同局初となる高校野球中継テーマソングとして、福山雅治(歌手・俳優)による楽曲「甲子園」を大会期間中の放送や大会前の関連番組で使用する[111]。なお、福山によるテーマソングは同年7月5日に公開が解禁された[111]。また今大会では、1999年の藤井彩子以来19年ぶり2人目となる女性実況アナウンサーとして澤田彩香(NHK名古屋放送局所属)が起用されることになった[112]
  • 5日
    • TOKYO FM
      • 7月27日に終了した『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』に代わる木村拓哉の新番組『木村拓哉 FLOW』がスタート(11:30 - 11:55)[103]
      • 作家の村上春樹がDJを務める特別番組『村上RADIO〜RUN&SONGS〜』(19:00 - 19:55)を同局をキーステーションにJFN系列38局ネットで放送。村上がDJを務めるのは初めてのことで、同番組でオンエアする選曲も担当した[113][114]。なお、同番組は10月19日にJFN系列全国38局ネットで再放送される(予定)[115]
  • 6日 - この日放送された文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』で、メインパーソナリティの大竹まことが腰椎分離症の手術を受けることを代役パーソナリティの太田英明(同局アナウンサー)と月曜日パートナーの倉田真由美が明かした。大竹の復帰は最短で8月13日となる[116][117]。→6月18日及び7月20日の出来事参照
  • 8日(7日深夜) - TBSラジオ『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』で、太田光が8日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じた日本大学芸術学部裏口入学した疑惑について番組冒頭から約50分間にわたって強く否定[118][119]。また太田の妻で爆笑問題所属する事務所社長を務める太田光代も自身のTwitterで「(週刊新潮の報道は)許せない」として法的手段に訴えることを表明[119]。その後10月5日に3300万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求めて東京地方裁判所に提訴していたことが判明した。提訴について同社は「事実と確信しており裁判の中で明らかにしていく」とコメントした[120]
  • 10日(9日深夜) - イングランドプレミアリーグ・サウサンプトンFCに所属する、サッカー日本代表DFの吉田麻也が、この日放送の特別番組『吉田麻也のオールナイトニッポン』で初のラジオパーソナリティに挑戦[121]
  • 12日 - 前立腺肥大症の治療のため、7月から入院・休養していたタレント・俳優の三宅裕司が8日に退院し、同日放送のニッポン放送『三宅裕司のサンデーヒットパラダイス』でレギュラーパーソナリティーに復帰[122][123]。→7月22日の出来事も参照
  • 13日 - タレントの大竹まことがメインパーソナリティーを務める文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」で、腰椎分離症の手術による治療のため同番組を休養した大竹が、手術が無事成功し復帰が早くとも15日以降の予定であることが発表され[124]、予告通り15日に番組に復帰した[125]
  • 17日 - ニッポン放送『オールナイトニッポンGOLD』(22:00 - 24:00)は、この日の放送にてスペシャルパーソナリティとして広瀬すず(女優)が登板し、ラジオ生放送のDJに初挑戦した[126]
  • 18日 - NHKラジオ第1放送(NHK総合テレビと同時)にてこの日、"夏の紅白"として知られ、今回で50回目となる夏恒例の音楽特番『第50回思い出のメロディー』(8月4日、東京・NHKホールにて公開収録)を放送(19:30 - 22:00〈途中ニュース挿入中断あり〉)[127]。この年のテーマは「名曲でつなぐ 昭和と平成 わたしと明日」[128]で、木村佳乃(女優)・氷川きよし(歌手)・高瀬耕造(NHKアナウンサー)のトリオが司会を務める。木村は今回が初の音楽番組司会で[127]、氷川は2008年(第40回)と2017年(第49回)に続き3度目(2年連続)の登板となる[128]
  • 30日(29日深夜) - 毎日放送(MBSラジオ)で放送中の『あどりぶラヂオ』はこの日、音声アプリ「Radiotalk」とのコラボを実施[129]。事前にユーザーから募集したトークをオンエアする[129]

9月[編集]

  • 3日 - 朝日放送ラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』のメインパーソナリティーで、持病の髄膜腫(ずいまくしゅ)治療などのため、7月より休養していた道上洋三(同局アナウンサー)が、この日より同番組に復帰した[130]。→6月18日の出来事参照
  • 6日7日 - 6日午前3時8分ごろ、北海道胆振地方で震度7の地震が発生、在道のNHK・民放各局(北海道放送・STVラジオ・AIR-G・FMノースウェーブ)は同日早朝からレギュラー番組の内容をすべて変更し、地震関連のニュースを伝えた。また、一部番組の休止や内容変更など、各局の編成にも影響が出た。
    • 特に、STVラジオ・北海道放送(HBCラジオ)は、すべてのレギュラー番組の内容を差し替え地震関連のニュースを伝えたほか、本来プロ野球のナイター中継を放送する予定であった18時から22時にかけての時間帯において、両局ともに中継予定を返上し、札幌のスタジオから地震関連のニュースを放送した(ちなみに、6日は地元球団の北海道日本ハムファイターズが移動日であり試合が組まれていなかった)。
  • 8日~10日 - 民放ラジオ101局で放送される特別番組『WE LOVE RADIO!』シリーズの最新版として、同月16日に引退する安室奈美恵の引退記念番組『WE LOVE RADIO! WE LOVE AMURO NAMIE』(54分または60分、各局で放送日時異なる)を放送。同番組は、秀島史香(ラジオDJ、2017年に安室が引退発表時にNHKの番組での本人への取材の際にインタビュアーを担当したことがある)が司会を務め、安室本人もゲストとして出演する[131]
  • 12日 - 日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)第2放送(RN2)の音楽番組『Click DE On-Air』(クリック・デ・オンエア)の40歳代担当ディレクターが、連打アプリを使って投票を操作する不正を行っていたことがこの日発覚。8月24日放送分で番組用パソコンからサーバーに接続できなくなり、原因を調べたところ不正が発覚した。同局は7日の放送をもって番組を打ち切ると共に「信頼を裏切る行為で誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。このディレクターは約1年半に渡って同様の行為を行っていたことを認めた[132][133][134]
  • 15日 - 年内で芸能活動を引退してプロデュース業に専念することを発表した俳優で歌手の滝沢秀明が、自身がDJを務めるニッポン放送『タッキーの滝沢電波城』で、自身の引退ならびに「タッキー&翼」の解散について15分間にわたって説明した[135]
  • 16日 - NHKラジオ第1では、この日に音楽界を引退する歌手の安室奈美恵の引退記念特別番組として『安室奈美恵 引退の日特番〜未来へ〜』を3時間スペシャル(13:05 - 15:55)で放送。番組ではNHKアナウンサーの大橋拓沖縄局所属)、早川可奈子(音楽ライター)らが出演し、安室の数々の楽曲をオンエアする[136]。なお同番組は、NHK出身のフリーアナウンサーで、安室のファンを公言する奥村奈津美が企画した[137]
  • 17日(16日深夜) - 2013年4月から開始されたニッポン放送『中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ』がこの日の放送をもって終了。5年半の歴史に幕[138]
  • 26日 - 広島東洋カープ東京ヤクルトスワローズ23回戦で、広島がヤクルトを10-0で破り、3年連続9度目となるセ・リーグ優勝を決める[139]。この試合は、NHKラジオ第一(広島県ローカル)・中国放送(RCCラジオ)の両局で生中継した他、中国放送はナイター中継終了後ただちに優勝記念特番を放送。また、広島エフエム放送は翌27日の昼のワイド番組の内容を優勝記念番組に変更して放送[140]
  • 27日(26日深夜) - 『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』は、2016年9月28日放送分からパーソナリティーを務めた室照美(フリーアナウンサー、元文化放送)が、産前産後休業に入ることを理由にこの日の放送で番組を降板する[141]
  • 28日 - エフエム北海道(Air-G')で2016年11月から開始された10分間[注 6]ミニ番組トーホウリゾート presents 大黒摩季♪大人のBreak Time』がこの日の放送をもって突然終了したことが翌29日に判明。Air-G'は「編成上の都合で番組を終了しました」と公式サイトなどでリスナーに謝罪したが、大黒は当日の番組内では「今回が最終回です」との発言は行っていない[142]
  • 28日(27日深夜) - ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』とTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』が局の垣根を越えてコラボを果たした[143]。これは『女性自身』に報じられた岡村隆史のお泊り報道について、おぎやはぎが本人に直接問いたいとし、それを了承した岡村がTBSラジオに電話をかけたことで実現した[143]
  • 29日 - 日本記念日協会は、この日を東海ラジオのワイドFMにおける周波数・92.9MHzにちなみ「くっつくFM・東海ラジオの日」とすることを認定。それを記念し、同局はこの日の各ワイド番組で「“くっつくFM・東海ラジオの日”特別企画」を実施する[144]

10月[編集]

  • 1日
    • ニッポン放送
      • 『オールナイトニッポン』の夕方版『オールナイトニッポンPremium』を前年に続き、ナイターオフ(10月 - 2019年3月)限定で放送。今回のテーマは「笑い」で、ココリコ中川家中田敦彦オリエンタルラジオ)、よゐこの過去にANNのパーソナリティを担当した経験を持つ4組がパーソナリティを務める(月-木 18:00 - 20:30)[145]。また、金曜日はジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・Kis-My-Ft2が担当。なおジャニーズ事務所に所属するアイドルで、グループのメンバー全員が「オールナイトニッポン」ブランドの番組でレギュラーを担当するのは初となる[146]
    • CBCラジオ
    • 長野エフエム放送
      • 長野エフエム放送(FM長野)はこの日、開局30周年を迎えた。それを記念し、自社制作の『Oasis 79.7』『ラジモ!』の拡大版、特別番組を放送する[148]
  • 2日
  • 3日 - 文化放送『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』は、この日より水曜日パーソナリティーとして五戸美樹(フリーアナウンサー、元ニッポン放送アナウンサー)が登板する[157]
  • 4日 - (3日深夜)文化放送にて、お笑いコンビ・和牛がパーソナリティーを務め、今年3回特番として放送した『和牛のモーモーラジオ』をレギュラーに昇格して開始(2:00 - 2:30)[150]
  • 5日 - ニッポン放送の金曜午後ワイド番組『金曜ブラボー。』(13:00 - 17:20)がこの日よりリニューアル。前週までの上柳昌彦(同局アナウンサー)&望月理恵(タレント・ラジオパーソナリティ)コンビに替わって大橋未歩(フリーアナウンサー、元テレビ東京アナウンサー)が新パーソナリティとして登場、番組名も『大橋未歩 金曜ブラボー』と変更される[158]
  • 6日
    • STVラジオ『ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショーフォーエバー』は、ナイターオフに入るにあたり、放送時間を5時間50分から従来の9時間(8:00〜17:00)に戻す。なお、メインパーソナリティは引き続き、札幌テレビ放送アナウンサー・吉川のりおが担当[159]
    • TBSラジオで、とんねるず木梨憲武がパーソナリティーを務める1時間の生放送番組『土曜朝6時 木梨の会。』(6:00 - 7:00)を開始[160][161]
    • ニッポン放送で土曜夕方枠ワイド新番組『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』(18:00 - 20:30)を放送開始。パーソナリティには「LFのレジェンド」こと高嶋秀武(元ニッポン放送アナウンサー、フリーアナウンサー)と里崎智也(元・千葉ロッテマリーンズ、ニッポン放送専属野球解説者)が起用される[162]
    • 文化放送にてBS11のテレビ番組『Anison Days』とコラボレートするラジオ版新番組『Anison Days+』(土曜18:00 - 18:57)をナイターオフシーズン番組として放送開始。パーソナリティはテレビでもMCを務める森口博子(歌手・タレント)、アシスタントは八木菜緒(BS11アナウンサー、元文化放送アナウンサー)が務める[163][164]
    • 東京のコミュニティーFM・渋谷のラジオで放送中の『福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」』のネット受けを、北海道放送(HBCラジオ)と熊本放送(RKKラジオ)で開始、また同月16日には、RKB毎日放送で放送開始[165]
      • このうち、北海道放送では、同時間帯に放送されていた『ラジ魂!!』を、20:00-22:00に放送枠を移動[166]
  • 7日
    • TBSラジオ
      • 安住紳一郎の日曜天国』で、夏休み中のメインパーソナリティー・安住紳一郎(TBSアナウンサー)の代打として毎日放送(MBS)アナウンサーの福島暢啓が登場。安住は9月23日の同番組内で福島を代打として登場させる旨の発言を行っていた[167]
      • 『大林組 presents 宇宙飛行士・山崎直子の夢の架け橋』(毎週日曜 19:00 - 19:15)を開始。パーソナリティに山崎直子(元JAXA宇宙飛行士)を起用し、アシスタントとして喜入友浩(TBSアナウンサー)が登板する[152]
      • 『住協グループ presents 六平直政の気をつけナイト!』(毎週日曜 23:30 - 24:00)を開始。パーソナリティには六平直政(俳優)を起用し、アシスタントとして山形純菜(TBSアナウンサー)が登板する[152]
  • 10日 - 地方ラジオ局37局が加盟する地方民間放送共同制作協議会(通称:火曜会)は、9月15日に75歳で逝去した女優・樹木希林が語りを務めるラジオドラマ『神田・神保町 レコード屋のおかみさん』を10月13日の山形放送から順次再放送することを発表。各局の放送時間は火曜会のホームページ上で告知される[168]
  • 13日 - プロ野球セ・パクライマックスシリーズ開幕(ファーストステージ:13〜15日、ファイナルステージ:17〜22日、予定)。出場球団地元のNHKや民放各局で中継放送(予定)。
  • 21日(予定) - TOKYO FMを始めとするJFN系列38局で、作家・村上春樹がDJを務める特別番組『村上RADIO』の第2弾「秋の夜長は村上ソングズで」(19:00 - 19:55、一部ネット局は放送時間が異なる)を放送。8月5日に放送した第1弾が好評だったことから第2弾を放送することになったもの。また同局は第3弾も放送する予定があることを明らかにした[169]。→8月5日の出来事参照
  • 30日(予定) - エフエムナックファイブは31日に迎える開局30周年を記念し、エフエムナックファイブ史上初となる30時間特別番組『30年ありがとっ!NACK5祭りだワッショイ!』を放送する[170]。スペシャルゲスト対談コーナーでは大野勢太郎亀梨和也KAT-TUN)の対談、小林克也爆笑問題の対談を放送する予定[171]

主なその他ラジオ関連の出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 1日 - エフエム香川が、同日正午より「radiko」通常版(無料、香川県内のみ)ならびに「radikoプレミアム・エリアフリー」(有料会員制、全国で聴取可能)共に配信開始[182]
  • 4日 - NHK仙台放送局が仙台市青葉区本町2丁目に完成した新放送会館へ移転、翌5日より同会館より放送を開始[183]。前日の3日には開館記念特番としてNHK-FMで『今日は一日“勇気うた”三昧 in SENDAI』が同会館から公開生放送された。
  • 5日
    • NHK宮崎放送局のFM補完中継局(ワイドFM)五ヶ瀬局が本放送を開始[184]
    • エフエム富士が、開局30周年を迎えるにあたり、プロ、アマを問わず、社名ロゴのデザインを募集することを発表した[185]
  • 12日 - 『スタジオTODAY ホットに語ろう!』(1979年10月 - 1995年3月)など、実弟の西條笑児と共に長年ラジオ関西のパーソナリティーとして活躍した西條遊児が、この日の朝番組出演のため滞在していた同局の社屋内で倒れているのが見つかり、神戸市内の病院に搬送されたが心筋梗塞のため逝去(80歳没)[186][187]
  • 20日 - 南日本放送(MBC)のFM補完中継局・種子島局が放送を開始[188]
  • 23日 - 日本民間放送連盟は本年6月で任期切れとなる井上弘会長(TBSテレビ名誉会長)の後任を選出するための会長推薦委員会を開き、第15代会長に大久保好男(日本テレビ放送網社長)を推薦することを全会一致で議決。6月の連盟理事会並びに定時総会を経て大久保新体制を発足させることとしている[189][190]

3月[編集]

4月[編集]

  • 1日
    • この日の5時より、ジャニーズ事務所に所属するタレントが出演する番組のradikoでのタイムフリー機能、エリアフリー機能を使った聴取が解禁される[208]
    • 朝日放送(ABC)が商号を「朝日放送グループホールディングス」(ABCGHD)に変更し放送持株会社へ移行すると共に、放送事業を分割準備会社に承継し、テレビ放送事業を担う朝日放送テレビ(ABCテレビ)とラジオ放送事業を担う朝日放送ラジオ(ABCラジオ)が発足し、同社傘下に入る[209]。また朝日放送では持株会社発足に伴い、同日(2018年4月1日)付で朝日放送グループホールディングス代表取締役社長に沖中進(発表時:朝日放送常務取締役)[210]、新設の朝日放送テレビ代表取締役社長に山本晋也(発表時:朝日放送常務取締役、朝日放送グループホールディングス代表取締役副社長を兼務)[211][212]、朝日放送ラジオ代表取締役社長に勝山倫也(発表時:朝日放送ラジオ局長)[213]がそれぞれ就任する人事を決定し、2017年12月6日に発表した。
    • エフエム富士は、同年2月より募集していた開局30周年記念に伴う新ロゴキャンペーンのグランプリ受賞作品を、この日よりコーポレート・ロゴとして使用。なお、新ロゴは東京都在住の男性デザイナーの作品で、FMFUJIの頭文字「F」の2番目の横線を波状とし、富士山やラジオの電波を表現[214]
  • 2日
    • この日の正午よりエフエム山口(FMY)のradiko.jpでの県域及びradikoプレミアムによるエリアフリー配信を開始[215]
    • この日の9時より京都放送(KBS京都)のFM補完中継局(ワイドFM)が放送を開始[216]
  • 3日
    • 1983年からSTVラジオ『ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』のパーソナリティを35年間続けたほか、九州朝日放送(KBCラジオ)・CBCラジオ・ニッポン放送でもレギュラー番組を歴任した俳優・声優の日高晤郎がこの日午前、悪性腫瘍脂肪肉腫)により札幌市内の病院で逝去(74歳没)。訃報はSTVラジオの公式サイト上で発表された[217][35]。なお、これを受けSTVラジオは、日高へのメッセージを受け付ける追悼記帳台を、局舎内にあるSTVホール(同所は『日高晤郎ショー』の公開生放送や日高晤郎関係の特別番組放送に度々使用された)に設置した[218]
    • エフエム東京(TOKYO FM)、ジャパンエフエムネットワーク、ジグノシステムジャパンの3社が全国のFM39局のサイマル配信を無料かつエリアフリーで聴取できるラジオプラットフォーム「WIZ RADIO」のサービスを開始し、この日よりAndroid向けアプリの提供を開始(iOS版は同月17日提供開始)。レコチョクとの連係によるオンエア楽曲の試聴・購入機能やオンデマンドコンテンツの配信、アプリ上で直接リクエストやメッセージを送れるコミュニケーション機能、有料コンテンツサービスなども盛り込む[219][220]
  • 5日 - 東北放送(TBC)でテレビ局長を始めとする幹部職を務め、2005年から2010年まで同社社長を務め、その後は会長及び相談役を歴任した永野為光がこの日、心不全のため逝去(78歳没)[221]
  • 11日 - 山口放送(KRY)のFM補完中継局(ワイドFM)宇部局が放送を開始[222]
  • 12日 - NHK・民放連共同ラジオキャンペーン第7弾の一環として、3月30日まで一部地域にて行われてきた『radiko.jp』でのNHKラジオ第1・第2・FMの3局の実験配信をこの日の正午から再開し2019年3月末(予定)まで実施するともに、配信エリアを全国に拡大。ラジオ第1は全国を8エリアに分け各放送局の放送を配信(北海道:札幌放送局、東北:仙台放送局、関東・甲信越:放送センター、中部:名古屋放送局、近畿:大阪放送局、中国:広島放送局、四国:松山放送局、九州・沖縄:福岡放送局)、ラジオ第2は全国放送、FMは東京局のいずれも1コンテンツ配信となる[223][224]。なお、NHKの放送についてはエリアフリー・タイムフリーともに対象外。また、NHKが配信する同様のサービス『らじる★らじる』についても、『radiko.jp』での配信開始以降もそのまま利用可能となる。
  • 18日 - NHKはこの日、6月の『2018 FIFAワールドカップ・ロシア大会』の中継主題歌を歌唱するアーティストとしてロックバンドのSuchmos(サチモス)を起用することを発表[225]。なお、W杯中継放送のテーマ曲には「VOLT-AGE」が使用される[226]
  • 23日 - 広島東洋カープ内野手としてプロ野球記録の2215試合連続出場を持つことで『鉄人』の愛称で知られ、引退後は東京放送(後のTBSラジオ・TBSテレビ)の専属解説者としてプロ野球中継の他、「サンデーTOKYO(1989年4月 - 1990年9月)」・「衣笠祥雄のほっとひといき(1991年10月7日 - 1992年4月3日)」・「鉄人ミュージック(2007年より不定期で放送)」などTBSラジオの番組DJを担当した経験を持つ衣笠祥雄がこの日の夜、上行結腸がんのため東京都内で逝去(71歳没)[227][228]
  • 25日 – TOKIO(ジャニーズ事務所所属)メンバー(当時)でFM NACK5『山口達也 TOKIO WALKER』のDJを担当していた山口達也が強制わいせつの容疑で、20日警視庁に書類送検されていたことがこの日明らかとなった[229][230][231](出演番組対応については「主な番組関連の出来事」の4月29日ならびに5月2日・5月6日を参照)。
  • 26日 - 元NHKアナウンサーの有働由美子がこの日、芸能事務所ナチュラルエイトに所属、フリーアナウンサーとして活動することが明らかとなった[232]

5月[編集]

  • 1日
    • V-Low帯マルチメディア放送i-dioの仙台局・喜多方局が開局し、東北地区での放送を開始。同時に北海道・東北地区のソフト事業者である北日本マルチメディア放送も東北地区での放送業務および北海道・東北のJFN系FM7局のサイマル放送を開始[233]
    • 三原テレビ放送や三原商工会議所が中心となって設立したコミュニティFM局「FMみはら」が、広島県三原市を主な放送エリアとして開局・放送開始[234]
  • 2日 - 日本テレビ系テレビドラマ『太陽にほえろ!』、『傷だらけの天使』などのテーマ音楽演奏を担当した井上堯之バンドのリーダーを務め、α-stationの番組『MOJO WEST MUSIC SELECTION 井上堯之「人生っていいもんだ」』のDJを担当した経験を持つギタリストでバンドマスターの井上堯之がこの日逝去(77歳没)[235]
  • 14日 - アール・エフ・ラジオ日本は、この年に開局60周年を迎えることを記念し、放送局のロゴマークとコミュニケーションマークの刷新を実施。なお、新ロゴは先代のもの同様、親会社の日本テレビと同じ字体を使用[236]
  • 15日 - TBSテレビ『NEWS23』のアンカーマンや、『サンデーモーニング』『みのもんたの朝ズバッ!』、TBSラジオ『森本毅郎・スタンバイ!』のコメンテーターなどを務め、晩年はTBSスペシャルキャスターも務めた毎日新聞社特別編集委員の岸井成格がこの日、肺腺癌のため自宅で逝去(73歳没)[237]
  • 16日
    • 激しい恋』、『傷だらけのローラ』、『若き獅子たち』などのヒット曲で知られる歌手で、斎藤こず恵(子役・女優)と共にDJを担当した『ヒデキとこず恵の楽しいデート』(文化放送、1973年 - 1978年)や『青春のリターンマッチ』(TBSラジオ、1986年)でのパーソナリティ担当など数々のラジオ番組に出演した西城秀樹がこの日の夜に急性心不全にて逝去(63歳没)[238]
    • NHK松山放送局のFM補完中継局(ワイドFM)宇和島補完ラジオ局が本放送を開始[239]
  • 25日 - 山陽放送(RSK)が認定放送持株会社に移行する計画であると発表。同日、山陽放送分割準備株式会社を設立し、各種諸手続を進めた上で2019年4月1日に、山陽放送を「RSKホールディングス」に商号変更し、放送事業等を継承した山陽放送分割準備が「RSK山陽放送」となりRSKHDの傘下に入る。なお、既に放送持株会社体制に移行したRKB毎日放送や毎日放送と同じくテレビ・ラジオの分社は行わない[240]
  • 30日 - 元NHKアナウンサーの大成安代がこの日、自身のTwitterを更新し、NHKを退職していたことを明らかにした[241]

6月[編集]

  • 7日 - ジャニーズ事務所に所属するグループ、NEWSのメンバーで、文化放送『KちゃんNEWS』のDJを担当する小山慶一郎が、前年末に東京都内で未成年女性と飲酒した件が同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて報道されたことを受け、同事務所は小山と当時同席していたメンバーで、横浜エフエム放送SORASHIGE BOOK』のDJを担当する加藤シゲアキの両名に対する処分を発表。小山を一定期間の活動自粛(事実上の謹慎処分)、また加藤には厳重注意を処した[242]。なお、小山は27日より活動再開[注 8][243]。→「主な番組関連の出来事」の6月7日の記事も参照。
  • 14日 - 和歌山放送(WBS、和歌山県)は、この日に開催予定の株主総会及ぶ取締役会にて同社社長の中島章雄が相談役に退き、専務の中村栄三を社長に昇格させる人事を決定する[244]
  • 15日 - 朝日放送テレビアナウンサーの平岩康佑が、この日付を以て同社を退職。今後はエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)を実況する“eスポーツキャスター”として活動する[245]
  • 18日 - RKB毎日放送福岡県)にて、この日の午前9時30分頃からAMラジオ電波が正常送出されなくなり、復旧まで凡そ8時間を要する放送中断及び障碍事故が発生。原因は福岡市東区の同社送信所での設備の接続トラブルと見られる[246]
  • 20日 - 信越放送(SBC、長野県)のFM補完中継局(ワイドFM)・高ボッチ局と飯田局が本放送を開始[199]
  • 26日 - i-dioの広島親局が開局し、中国・四国地区での放送を開始。同時に同地区のソフト事業者である中国・四国マルチメディア放送の放送業務およびエリア内のJFN系FM8局のサイマル放送を開始[247]
  • 28日 - 東京放送ホールディングス(TBSHD、TBSラジオの親会社)は、この日付を以て同社社長の武田信二が会長に就き、専務の佐々木卓を社長に昇格させる人事を4月24日の同社取締役会にて決定。尚、社長人事と同日付で取締役名誉会長の井上弘、会長の石原俊爾がTBSHDの取締役を退任して共にTBSテレビ相談役に就任することも併せて決議した[248]

7月[編集]

  • 2日 - 福井エフエム放送(FM福井)が、同日正午より「radiko」通常版ならびに「radikoプレミアム・エリアフリー」(有料会員制、全国で聴取可能)共に配信開始[249]
  • 11日 - ニッポン放送と山陽放送(RSK)は、「西日本豪雨」の被災地となった岡山県の被災者支援のため、携帯ラジオ200台を無償で提供することを発表[250]。なお、これはニッポン放送の社長定例会見で発表。ニッポン放送側が用意したラジオを、RSKを通じて被災地に提供することとしている。
  • 18日 - 1975年から1994年まで毎日放送制作・TBS系で放送された『まんが日本昔ばなし』の語り手を市原悦子(女優)と共に務め、また俳優として数々のテレビドラマ・映画にも出演。『常田富士男のごきげんさん』などラジオでも活躍した常田富士男が、この日脳内出血のため東京都内の病院で逝去(81歳没)[251][252][253]
  • 23日 - i-dioの関東・甲信越ブロックにおいて、ハイレゾ級音質チャンネル「i-dio HQ Selection」を開局し、96kHzサンプリングHE-AACフォーマットの高音質放送を開始。当初は『OTOTOY RADIO』(毎日17:00 - 18:00)においてのみハイレゾ級放送を行うが、今後順次放送時間帯や放送エリアを拡大していく[254]
  • 24日 - ヤマハは、情報通信研究機構(NICT)や全国の放送局16社(テレビ朝日、フジテレビジョン、テレビ東京、中京テレビ放送、福島中央テレビ、テレビ埼玉、テレビ神奈川、群馬テレビ、千葉テレビ、とちぎテレビ、サンテレビジョン、京都放送、エフエム東京、J-WAVE、エフエムナックファイブ、放送大学学園)と連携し、テレビやラジオの放送内容を視聴者のスマートフォンで字幕表示する取り組みに着手すると発表[255]
  • 29日 - この日3時30分頃、大阪府高石市にある毎日放送(MBSラジオ)の送信用アンテナに落雷があり、6時10分頃までの2時間40分余りに渡ってAM波による放送が中断した。急遽大阪・茶屋町の本社から予備送信したが、聴取できたのは大阪市内などごく一部にとどまった。同局で詳細な原因を調査している[256]

8月[編集]

  • 1日 - 南海放送(RNB)のFM補完中継局(ワイドFM)野村補完ラジオ局が開局。当初は西予市野村町を中心としたエリアの難聴取解消を理由に年内に開局予定だったのが、7月の西日本豪雨で同エリアが甚大な被害を受けたため、南海放送が四国総合通信局に早期開局を要請、臨機の措置として早期に免許が交付されたことによって繰り上げ開局が実現した[257][258]
  • 4日 - 数々のテレビドラマや映画などで活躍し、ラジオでは『MBS競馬中継(当時)』(毎日放送)の司会を担当した経験を持つ俳優の津川雅彦がこの日、心不全のため逝去(78歳没)。訃報は7日に明らかになった[259]
  • 9日 - TOKYO FMは同日に東京都中央区銀座、数寄屋橋交差点に開園するGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)内にサテライトスタジオ『TOKYO FM | Ginza Sony Park Studio』をオープン[260]
  • 10日 - 朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系『必殺シリーズ』で藤田まこと(2010年没)演ずる「中村主水」をいびる姑役で人気を博した他、数々のテレビドラマや映画に出演。ラジオでは朝日放送(当時)のラジオドラマに出演した経験を持つ女優の菅井きんが、この日東京都内の自宅で心不全のため逝去(92歳没)。逝去は8月23日に公にされた[261][262]
  • 15日 - フジテレビ系アニメーション『ちびまる子ちゃん』原作者として知られ、1991年から1992年にかけては夫である『りぼん』の編集者・宮永正隆とともに『オールナイトニッポン』月曜1部のパーソナリティを担当した経験を持つ漫画家のさくらももこがこの日、乳癌のため逝去(53歳没)[263]。訃報は8月27日に公式サイトなどで告知された[263]
  • 28日 - 北海道放送(HBCラジオ)と日本コミュニティ放送協会北海道地区協議会に加盟するコミュニティFMラジオ局22社は、災害時における放送体制の連携について協定を締結[264]

9月[編集]

10月[編集]

  • 1日
    • 日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)は、同日より第一放送・第二放送とも放送送信体制を従来の3MHz・6MHz・9MHzの3つの周波数帯での同時放送から、6MHzを中心に送信し、一部時間帯は3MHzで補強・代替、残りの9MHzは通常は休止し、大地震など大規模災害の発生時などに緊急放送に利用する体制に移行[274][275]
    • 山陰放送のFM補完中継局(ワイドFM)・松江局が本放送を開始[276]
  • 5日
    • この日トルクメニスタンの旗 トルクメニスタンの首都アシガバードで開かれたアジア太平洋放送連合(ABU)の年次総会最終日にて、NHK会長の上田良一が新たなABU会長に選出された。任期は2021年末まで予定。なお、NHKからは上田で6人目となり、かつて副会長を務めた今井義典(2008年11月 - 2011年1月ABU会長在任)以来約7年10か月ぶり、また会長としては橋本元一(第18代会長、2005年11月 - 2008年1月ABU会長在任)に続き5人目且つ約10年10か月ぶりとなる[277]
    • 京阪電車の車内で乗客の女性を傘で殴打し左目打撲などの軽傷を負わせたとして、京都府警東山署は大阪放送(ラジオ大阪)ニュース情報部次長の男を傷害容疑で現行犯逮捕[278]
  • 7日 - 信越放送のFM補完中継局(ワイドFM)・善光寺平飯山野沢の各局が本放送を開始[199]
  • 9日 - NHK金沢放送局が、金沢市広岡3丁目に完成した新放送会館に移転、同会館から放送開始[279]
  • 15日 - 山形放送のFM補完中継局(ワイドFM)・山形局が本放送を開始[280]
  • 31日(予定) - 毎日放送(MBS)で1981年入社以来、スポーツアナウンサーとしてプロ野球ラグビーなど数多くの試合の実況を担当してきた赤木誠24日で60歳となるためこの日付で定年退職[281]9月27日に放送したプロ野球中継阪神DeNA戦(阪神甲子園球場)が最後のラジオ実況となった[282]。退職後もフリーのスポーツアナウンサーとして活動する[281]
北海道放送(HBC)社屋に隣接する「HBCパーキング」(新社屋建設予定地)

年内[編集]

  • 北海道放送(HBC)が、札幌市中央区にある本社屋(HBC放送会館、1959年竣工・1967年増築)の改築工事に着手。計画は、現・放送会館に隣接する立体駐車場(HBCパーキング)を解体した跡地に、地上9階建、延床面積は現会館と同規模の約12,000m2ほどの新社屋を建設するもので、2020年の春ごろに完成の予定[283]

節目[編集]

開局周年[編集]

※NHKについての「開局」は、ラジオ第1放送ラジオ第2放送を指し、当該放送局に第1放送・第2放送が存在しない場合はFM放送開始の時期を指す。

番組周年[編集]

記念回[編集]

主な放送番組[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 公式サイトでは「火曜日 24:05すぎ〜24:30ごろ」と記載[65]
  2. ^ 休止発表報道…[66]
    • 放送開始時間について「火曜深夜0時5分」と記載[66]
  3. ^ 参考(増田の代行について):
    • 20日の放送を伝えた記事(放送時間について「19日深夜」と記載[67]
      • 一部報道では「18日深夜」と誤記[68]
    • 27日の放送については、21日に文化放送から発表された(放送時間について「26日深夜」と記載[69])。
  4. ^ 一部放送局でも編集の上、遅れネットで放送。
  5. ^ 一時1997年4月から同年9月まで番組を中断。
  6. ^ 番組開始から2017年3月までは5分間。同年4月から10分間に拡大していた。
  7. ^ この当時の「株式会社ラジオ東京」はテレビ部門が「ラジオ東京テレビ」、ラジオ部門が「ラジオ東京」という二つの社名が並立しており、云わば分社状態のようになっていた。「東京放送」としてテレビ・ラジオの両部門が一本化されたのは1960年11月29日である。
  8. ^ 6月27日はNEWSの最新シングル「BLUE」のリリース日であった。
  9. ^ 開局当初の名称は「ラジオ長崎」。
  10. ^ 開局当初の社名は「ラジオ高知」。
  11. ^ 開局当初の社名は「ラジオ四国」。後に「ラジオ香川」を経て、1956年10月1日に現在の「西日本放送」に変更。
  12. ^ 開局当初の名称は「ラジオ南海」。
  13. ^ 開局当初の社名は「ラジオ熊本」。1961年6月に現在の「熊本放送」に変更。
  14. ^ 開局当初の名称は「ラジオ大分」。
  15. ^ 開局当初の社名は「ラジオ南日本」。1961年10月に現在の「南日本放送」に変更。
  16. ^ 開局当初の社名は「ラジオ青森」。
  17. ^ 開局当初の社名は「ラジオ関東」。1981年10月1日に現在の「アール・エフ・ラジオ日本」に変更。
  18. ^ 開局当初の社名は「ラジオ栃木」。
  19. ^ 開局当初は、TOKYOFMをキー局とするJFN系列局として開局。その後、1992年(平成4年)にJFNを自主脱退し、独立局となって現在に至る。
  20. ^ 開局当初の社名は「エフエムジャパン」(愛称・J-WAVE)。2003年10月1日に社名を愛称と同じ「J-WAVE」に変更。
  21. ^ 開局当初の社名は「エフエム埼玉」(愛称・FM795)。2001年7月に現在の「エフエムナックファイブ」(愛称・NACK5)に変更。
  22. ^ 1993年9月1日に「エフエム九州」(愛称・CROSS FM)として開局。2008年4月10日にエフエム九州の経営破綻により、新旧分離による新法人「株式会社CROSS FM」に放送免許を委譲。
  23. ^ 開局当初の社名は「エフエム名古屋」(愛称・ZIP-FM)。2004年10月1日に社名を愛称と同じ「ZIP-FM」に変更。

出典[編集]

  1. ^ “斉藤由貴“休演中”ラジオ降板 後任は渡辺満里奈、ニッポン放送29年ぶりレギュラー”. ORICON NEWS. (2017年12月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2103188/full/ 2017年12月28日閲覧。 
  2. ^ MBSラジオ:沖縄巡り不適切発言 後日現地取材し報告へ 毎日新聞2018年1月18日
  3. ^ 埼玉ラジオフェス NHKさいたま放送局
  4. ^ “東海ラジオ昼番組の男性アナ、1カ月お休み「妻が出産」”. Yahoo!ニュース. (2018年2月1日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000028-asahi-soci 2018年2月4日閲覧。 
  5. ^ 代打20人が30分トーク!? 東海ラジオ放送・2018年1月31日・2018年2月4日閲覧
  6. ^ “北海道のたかじん”日高晤郎 入院でラジオ欠席 35年で初「来週必ず元気に戻る」 - スポーツニッポン、2018年2月3日配信
  7. ^ “北海道のたかじん”日高晤郎 手術からラジオ復帰「取ったのは片方だけ」 - スポーツニッポン、2018年2月10日配信、同日閲覧
  8. ^ 安東弘樹アナ 3月末でTBS退社 フリー転身「限界を感じて」決断 スポーツニッポン、2018年2月9日配信、同日閲覧
  9. ^ 千葉県内のFM6局が力をあわせてラジオの魅力を発信! NHK千葉×bayfm同時生放送や防災トーク&ライブも
  10. ^ 文化放送「ライオンズナイター」放送継続!3・30開幕戦は清宮日ハム戦を実況中継2018年2月20日 報知新聞
  11. ^ RCC公式ツイッターより
  12. ^ HBC公式ツイッターより
  13. ^ ANN50周年記念で「ビートたけしのオールナイトニッポン」が一夜限りの復活! ニッポン放送 2018年2月5日配信・閲覧
  14. ^ 在名民放ラジオ5局共同企画-Yume Anime~あなたの夢をラジオがつなぐ~@FM(FM愛知)
  15. ^ 欅坂46レギュラーラジオ「こち星」メインパーソナリティをバトンタッチ、平手から長濱へ音楽ナタリー、2018年3月10日閲覧。
  16. ^ この度こち星のメインパーソナリティーを、平手友梨奈さんから長濱ねるさんへバトンタッチすることになりました。…欅坂46こちら有楽町星空放送局 公式Twitter、2018年3月10日閲覧。
  17. ^ AM・FMで非サイマル(別番組)放送 〜南海放送ラジオで全国初!〜,南海放送,2018年2月9日
  18. ^ 外山は2018年4月より『金曜たまむすび』に異動予定である
  19. ^ 毒蝮三太夫 ミュージックプレゼント『たまむすび』への引っ越しを語る”. miyearnZZ Labo (2018年3月12日). 2018年3月13日閲覧。
  20. ^ 松井玲奈、5年間レギュラー出演したラジオ番組を卒業 オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93
  21. ^ 福山雅治と菅田将暉が春分の日にラジオ初共演、民放101局特番で弾き語りセッションも
  22. ^ ニッポン放送・文化放送・TBSラジオ共同制作『ラジオのみらい』放送決定!
  23. ^ “TBS吉田明世アナ「産休…行ってきます!!」4月から赤江珠緒アナ「たまむすび」復帰”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年3月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180326-OHT1T50157.html 2018年3月28日閲覧。 
  24. ^ NHK公式サイト内番組表にて確認
  25. ^ 海保知里ラスト火曜日! 乱入したのはもちろん…… TBSラジオ『たまむすび』2018年3月27日付
  26. ^ 「大吉先生!“宝物”をありがとう」笹川アナ、明るくハイタッチでお別れ TBSラジオ『たまむすび』2018年3月28日付
  27. ^ 外山アナ木曜ラスト! エプロン着てパフェ食べて終わり!! TBSラジオ『たまむすび』2018年3月29日付
  28. ^ 関ジャニ∞村上信五「レコメン!」卒業発表 来年4月に新番組スタート
  29. ^ 今井翼のラジオ番組が終了 メニエール病再発で治療に専念デイリースポーツ
  30. ^ 「高嶋ひでたけのあさラジ!」が3月30日で終了…「長い間ありがとうございました」 - サンケイスポーツ、2018年2月19日配信、同日閲覧
  31. ^ 山下智久、ラジオ番組終了を発表モデルプレス
  32. ^ 王貞治氏、TBSラジオのプロ野球中継撤退に「惜しいですね、なくなるっていうのは」サンケイスポーツ
  33. ^ STVファイターズLIVE STVラジオ
  34. ^ 「ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」3/31(土)放送につきまして”. STVラジオ編成制作部 (2018年3月30日). 2018年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月2日閲覧。
  35. ^ a b 日高晤郎さん死去 74歳 STVラジオ看板パーソナリティ 35年生放送続ける - デイリースポーツ、2018年4月3日配信、同日閲覧
  36. ^ 4月からの、春の改編情報!STVラジオ
  37. ^ 赤江珠緒アナ、4月2日から『たまむすび』復帰 以前通り月〜木曜担当ORICON NEWS 2018年2月5日配信・閲覧
  38. ^ TBSラジオ、ナイター中継の後継番組は、ライムスター宇多丸が担当!タマフルは3月いっぱいで終了!,TBSラジオ,2018年1月28日
  39. ^ エンゼルス・大谷翔平のデビュー戦 ニッポン放送で中継!
  40. ^ a b 春の新番組のご案内,ニッポン放送,2018年3月14日
  41. ^ DeNA 4月からラジオ日本で冠番組、グループの手掛けるスポーツ情報発信 スポーツニッポン、2018年3月30日
  42. ^ MBS『ヤンタン』18年半ぶり金曜枠復活 アリスがパーソナリティー就任(『ORICON STYLE2018年3月23日付記事)
  43. ^ “バナナマン日村、神田愛花アナと結婚!“美女と野獣”交際3年…ラジオで生報告”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年4月7日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180407/mrg18040705050003-n1.html 2017年4月7日閲覧。 
  44. ^ STVラジオ 日高晤郎さん追悼特番 7日に公開生放送 スポーツニッポン 2018年4月4日配信 同日閲覧
  45. ^ Da-iCE工藤大輝、TBSラジオ土曜22時枠新番組で等身大の10代に迫る音楽ナタリー 2018年2月18日配信・閲覧
  46. ^ 福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」 NBC長崎放送
  47. ^ “STVラジオ「日高晤郎ショー」“継続”「フォーエバー」と題し14日開始 吉川典雄アナ涙の誓い”. スポーツニッポン. (2018年4月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/07/kiji/20180407s00041000206000c.html 
  48. ^ AKB48選抜総選挙、開催地は3都市に絞られる日刊スポーツ 2018年4月17日
  49. ^ “AKB48選抜総選挙、ナゴヤドームに決定”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2018年4月19日). http://www.news24.jp/articles/2018/04/19/08390906.html 2018年4月19日閲覧。 
  50. ^ RCCカープナイター追悼特別番組 ありがとう!鉄人・衣笠祥雄さん | RCC イベント
  51. ^ “TBSラジオ、27日に衣笠さん悼む「追悼 鉄人 衣笠祥雄」を放送”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年4月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180425-OHT1T50138.html 2018年4月26日閲覧。 
  52. ^ “4月29日(日)の「山口達也 TOKIO WALKER」について” (日本語) (HTML) (プレスリリース), FM NACK5, (2018年4月25日), https://www.nack5.co.jp/information_1465.shtml 2018年4月26日閲覧。 
  53. ^ “「山口達也 TOKIO WALKER」終了のお知らせ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), FM NACK5, (2018年5月2日), https://www.nack5.co.jp/information_1467.shtml 2018年5月2日閲覧。 
  54. ^ 第180回 お伺いキスはOK?NG? ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』公式サイト、2018年4月26日
  55. ^ NEXT - 2018年5月4日(金) NHKオンライン『シブヤノオト』公式サイト
  56. ^ “新番組「TOKIO WALKER」開始のお知らせ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), FM NACK5, (2018年5月6日), https://www.nack5.co.jp/information_1468.shtml 2018年5月6日閲覧。 
  57. ^ TOKIO・松岡、新ラジオスタート朝日新聞 2018年5月13日
  58. ^ “先輩”三四郎・小宮が厳しく適正チェック、NGT48中井りか単独パーソナリティお笑いナタリー 2018年5月9日配信 2018年6月15日閲覧。
  59. ^ 『ラジオ深夜便』(2018年5月18日) NHKラジオオンライン
  60. ^ ロマンチック・コンサート 追悼:西城秀樹 NHKラジオオンライン
  61. ^ #ティーサージパラダイス と #ゴールデンアワー が“禁断”のコラボ!? 本日25日正午~午後4時まで、那覇市泉崎の琉球新報本社で公開生放送♪… - 琉球新報 2018年5月25日閲覧。
  62. ^ POWER FILE★1143 Vol.783 熱パの風が京都に上陸! ラジオ実況生中継も (PDF) KBS京都ラジオ編成、2018年5月30日配信、2018年6月26日閲覧
  63. ^ a b あいはらMCラジオ特番、山里、赤江珠緒、コンちゃんらパーソナリティに質問 - お笑いナタリー 2018年6月1日閲覧。
  64. ^ 来週の放送はBSS山陰放送から森谷佳奈ちゃんと「テキトーにハキダサナイト!」の第二弾「テキトーナイトin山陰」を山陰放送からお送りします。… - テキトーナイト!! 公式Twitter 2018年5月27日閲覧。
  65. ^ 文化放送『レコメン!』公式サイト内『KちゃんNEWS』情報サイト
  66. ^ a b 小山慶一郎「KちゃんNEWS」12日の放送は休止2018年6月7日 日刊スポーツ
  67. ^ NEWS増田貴久、小山代役ラジオで謝罪 オンエア曲にSNSで感激の声続々 | ORICON NEWS 2018年6月20日11時15分付
  68. ^ NEWS増田、活動自粛の小山代役ラジオで冒頭謝罪日刊スポーツ 2018年6月20日
  69. ^ 文化放送「KちゃんNEWS」増田貴久が代役で出演日刊スポーツ 2018年6月21日
  70. ^ NEWS新曲は予定通り発売、番組対応は各局協議日刊スポーツ 2018年6月8日
  71. ^ 6月9日「つボイノリオ記念日」日本記念日協会から登録証授与 RadiChubu-ラジチューブ-
  72. ^ 広末涼子が喘ぐ… ラジオドラマ「ストリッパー物語」の放送が決定 - ニッポン放送 2018年5月25日配信 2018年6月7日閲覧。
  73. ^ (報道発表)2018 FIFA ワールドカップ ロシア 全国各地の民放ラジオが日本戦と決勝戦を実況中継! - 日本民間放送連盟 2018年5月22日
  74. ^ 2018 FIFA ワールドカップNHKスポーツオンライン 2018年5月22日
  75. ^ 有働アナ 15日に文化放送で生トーク、NHK退局後民放ラジオ初登場 スポーツニッポン 2018年6月2日
  76. ^ 東海ラジオ特別企画!AKB48総選挙終了後のナゴヤドームから生中継でランクインメンバーの声を放送!SANKEIBIZ 2018年6月9日
  77. ^ “ABCラジオ道上洋三アナ、髄膜腫治療のため休養へ”. 日刊スポーツ. (2018年6月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806180000124.html 2018年6月19日閲覧。 
  78. ^ 大竹まことは腰椎分離症 文化放送・太田アナは笑って「基本、ひねくれ者だからな」サンケイスポーツ 2018年6月18日
  79. ^ 腰椎分離症の大竹まこと、「ゴールデンラジオ」今週いっぱい休み サンケイスポーツ 2018年6月20日
  80. ^ 腰椎分離症の大竹まこと 痛み引かず復帰予定のラジオ欠席 今週いっぱい休演 復帰はさらに延期 スポーツニッポン 2018年6月25日配信 同日閲覧
  81. ^ 大竹まこと 2週間ぶりにラジオ復帰「俺を笑わせるなよ」 - スポーツニッポン、2018年7月2日配信、同日閲覧
  82. ^ 文化放送の最長寿番組『朝の小鳥』65周年特番 水曜の夜に野鳥のさえずり 岩手日報、2018年6月4日
  83. ^ 長野祐也氏が死去 元衆院議員 - 日本経済新聞、2018年6月25日配信、2018年6月28日閲覧
  84. ^ a b 長野祐也の政界キーパーソンに聞く~21世紀日本への提言~ - アール・エフ・ラジオ日本番組公式サイト、2018年6月28日閲覧
  85. ^ 長野祐也の医療界キーパーソンに聞く - アール・エフ・ラジオ日本番組公式サイト、2018年6月28日閲覧
  86. ^ 小山慶一郎 7月3日放送分から復帰 文化放送「KちゃんNEWS」 - スポーツニッポン 2018年6月29日
  87. ^ 渋谷すばるラジオ最終回、関ジャニ∞全員“登場” 粋な演出・ラストメッセージに感動広がる<スバラジ>2018年7月1日 モデルプレス
  88. ^ “文化放送 7月から落語新番組「新しいキラーコンテンツ」に期待”. スポーツニッポン. (2018年6月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/19/kiji/20180619s00041000224000c.html 2018年6月19日閲覧。 
  89. ^ NEWS小山慶一郎、冠レギュラーラジオ復帰「心配をかけてごめんなさい」 オリコンニュース 2018年7月4日
  90. ^ フジ宮澤智アナ、初ラジオパーソナリティー「1戦必勝の気持ちで」サンケイスポーツ 2018年6月20日
  91. ^ 大橋未歩が七夕ラジオ特番、テーマはささやかな願い - 日刊スポーツ、2018年6月30日配信、同日閲覧
  92. ^ 鈴木愛理、冠ラジオ番組に意気込み「素の私でおしゃべりできたら…」東奥日報 2018年7月1日
  93. ^ 荒川強啓デイ・キャッチ!西日本豪雨窃盗団は誤報 - 日刊スポーツ、2018年7月10日配信、2018年7月11日閲覧
  94. ^ ジブリ好き・米津玄師が『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』で対談、全3回放送 - CINRA.NET 2018年7月9日配信 2018年8月10日閲覧
  95. ^ 宇多田ヒカルがラジオに帰ってくる!「宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン スペシャル」放送決定! J-WAVE 81.3 FM RADIO 2018年5月14日
  96. ^ 伝説のレギュラー番組が復活「宇多田ヒカルのTRÈS BIEN! BOHEMIAN! SPECIAL」2018年7月16日(月・祝)19:00~20:55 放送決定! PRTIMES 2018年6月12日配信 2018年6月12日閲覧。
  97. ^ 芸能活動50周年・和田アキ子がオールナイトニッポンに初登場!ゲストにハイスタ横山健も オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93 2018年7月12日
  98. ^ 大竹まこと 腰痛検査入院「昨日病院に行ったら…」 - スポーツニッポン、2018年7月21日配信、同日閲覧
  99. ^ 大竹まこと 8・3まで「ゴールデンラジオ」欠席 くらたま報告「本格的な腰痛治療のため」 - スポーツニッポン、2018年7月23日配信、同日閲覧
  100. ^ 大竹まこと、腰椎分離症で8月5日まで入院 - サンケイスポーツ、2018年7月23日配信、2018年7月24日閲覧
  101. ^ 三宅裕司が前立腺肥大症で手術へ ラジオで発表“当面休養”、「おなかぽっこり」で受診し発覚 - スポーツニッポン、2018年7月23日配信、同日閲覧
  102. ^ 三宅裕司、前立腺肥大症で休養&切除手術へ 休養期間「未定です」 - サンケイスポーツ、2018年7月23日配信、同日閲覧
  103. ^ a b 木村拓哉、ラジオ番組『What's up SMAP!』終了 8月から日曜昼に新番組『FLOW』スタート - ORICON NEWS、2018年7月20日配信、2018年7月21日閲覧
  104. ^ キムタク FM番組23年で終了 「夜空ノムコウ」で感謝 - スポーツニッポン、2018年7月28日配信、同日閲覧
  105. ^ 竹内涼真、念願叶う!  “オールナイトニッポン”で初ラジオパーソナリティニッポン放送 2018年07月19日
  106. ^ 竹内涼真、念願叶う!“オールナイトニッポン”で初のラジオパーソナリティー2018年7月19日 報知新聞
  107. ^ “乃木坂がラジオ特番、新内真衣が2時間50分仕切る”. 日刊スポーツ. (2018年7月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807180000884.html 2018年7月19日閲覧。 
  108. ^ 文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」ピンチヒッター決定 8・1は近藤真彦&黒柳徹子2018年7月30日 報知新聞
  109. ^ トヨタ社長、人気DJに ラジオ番組がレギュラー化へ朝日新聞 2018年7月12日
  110. ^ “2018 ABC夏の高校野球応援ソング/熱闘甲子園テーマソングは、「嵐」の『夏疾風』に決定!!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 朝日放送テレビ, (2018年4月26日), https://www.asahi.co.jp/koshien/song/ 2018年4月27日閲覧。 
  111. ^ a b “NHK高校野球テーマソング「甲子園」 作詞・作曲・歌 福山雅治” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会, (2018年7月5日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/kaichou/2018/07/002.pdf 2018年7月5日閲覧。 
  112. ^ NHK澤田彩香アナ 夏の甲子園実況に抜てき、19年ぶり女性…リオ五輪でも話題 デイリースポーツ(神戸新聞社)2018年7月5日発信・閲覧
  113. ^ 村上春樹さんラジオ初出演 8月5日、自ら選曲 - 日本経済新聞 2018年6月5日
  114. ^ 村上春樹氏が初ラジオDJ「僕は文章の書き方を音楽から学んだ」 - スポーツニッポン、2018年8月6日配信、同日閲覧
  115. ^ 村上春樹の初ラジオ番組が再放送、坂本美雨&小川哲の第2弾プレ番組も2018年10月9日 CINRA.NET
  116. ^ 大竹まこと、腰椎分離症の手術 最短13日に復帰予定 - サンケイスポーツ、2018年8月6日配信、同日閲覧
  117. ^ 腰痛治療中の大竹まことが手術へ ラジオ復帰延期を発表 - スポーツニッポン、2018年8月6日配信、同日閲覧
  118. ^ 爆問・太田光 裏口入学報道に猛反論50分 “日大関係者”に激怒「クソガキが!」 - スポーツニッポン、2018年8月8日配信、同日閲覧
  119. ^ a b 太田光、裏口入学報道を真っ向否定 光代夫人も激怒「訴えます」「許さない」 - デイリースポーツ、2018年8月8日配信、同日閲覧
  120. ^ 爆笑問題・太田が新潮社を提訴、損害賠償と謝罪広告の掲載求めて - サンケイスポーツ、2018年10月6日配信、同日閲覧
  121. ^ サッカー日本代表・吉田麻也、オールナイトニッポンに初挑戦! レギュラー獲得にも意欲!?ニッポン放送 2018年8月3日
  122. ^ 三宅裕司がラジオ復帰、前立腺肥大症も8日に退院朝日新聞 2018年8月9日
  123. ^ 三宅裕司が復帰ラジオで病状報告、江口ともみは絶叫 - 日刊スポーツ、2018年8月12日配信、同日閲覧
  124. ^ 大竹まこと、腰の手術「無事成功」 15日から「ゴールデンラジオ!」復帰へ2018年8月13日 報知新聞
  125. ^ 大竹まこと『ゴールデンラジオ』復帰「入院で6.5キロやせました」 - サンケイスポーツ、2018年8月16日配信、同日閲覧
  126. ^ “広瀬すず、生ラジオ初挑戦! 16~20歳の女優人生自ら“生解説””. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年8月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180808/geo18080805030012-n1.html 2018年8月8日閲覧。 
  127. ^ a b 木村佳乃、NHK“夏の紅白”で歌番組初司会!氷川きよしとコンビ サンケイスポーツ、2018年7月4日
  128. ^ a b 司会は木村佳乃と氷川きよし! 名曲で “つながる” 2時間半 NHK PR(NHKオンライン)2018年7月4日
  129. ^ a b 「Radiotalk」に配信したトークが、ラジオでオンエア!?β版公開1周年を記念して、MBSラジオで2時間半の生放送が決定 - PRTIMES 2018年8月9日配信 2018年8月10日閲覧
  130. ^ 病気治療の道上アナが「おはパソ」復帰 「最新式の75歳になって帰って参りました」デイリースポーツ 2018年9月3日
  131. ^ 安室奈美恵、引退直前に民放ラジオ101局特番出演決定2018年8月20日 オリコン
  132. ^ ラジオNIKKEI第2の音楽番組で発覚したリスナー投票操作について (PDF) - 株式会社日経ラジオ社、2018年9月12日発表、同日閲覧
  133. ^ ラジオNIKKEI 音楽番組で投票操作発覚、番組打ち切りし謝罪 - スポーツニッポン、2018年9月12日配信、同日閲覧
  134. ^ ディレクターが投票操作 ラジオNIKKEIの音楽番組で - 産経新聞、2018年9月12日配信、同日閲覧
  135. ^ 滝沢秀明、ラジオで15分引退説明「他人の人生…」2018年9月15日 日刊スポーツ
  136. ^ 安室奈美恵9・16引退日にNHKラジオ特番生放送 - サンケイスポーツ、2018年8月17日配信、同日閲覧
  137. ^ “安室奈美恵引退の9.16にNHKラジオ3時間特番 NW9の奥村奈津美アナが企画”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年8月17日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180817-OHT1T50005.html 2018年8月17日閲覧。 
  138. ^ 中島みゆき「ANN月イチ」9月で終了 5年半の歴史に幕「クールの切れ目だから」 - スポーツニッポン、2018年8月20日配信、同日閲覧
  139. ^ “広島がリーグ優勝 球団史上初の3連覇”. 毎日新聞. (2018年9月26日). http://mainichi.jp/articles/20180927/k00/00m/050/096000c 2018年9月26日閲覧。 
  140. ^ 広島カープの優勝特番、ビールかけから感動シーンまで!放送スケジュールまとめ
  141. ^ ご報告 ムロリン日記(室照美ブログ) 2018年8月3日付
  142. ^ 大黒摩季ラジオ番組 最終回の報告なく突然の終了 エフエム北海道「編成上の都合」リスナーに謝罪 - スポーツニッポン、2018年9月29日配信、同日閲覧
  143. ^ a b 岡村隆史、裏番組『メガネびいき』にまさかの生電話「ラジオの醍醐味」 - マイナビニュース、2018年9月28日配信、2018年10月1日閲覧
  144. ^ 日本記念日協会認定 9月29日は“くっつくFM東海ラジオの日” 東海ラジオ放送
  145. ^ 平日夕方に『ANN』特別版 “お笑い祭り”でココリコ、中川家、オリラジ中田、よゐこが豪華リレー ORICON STYLE、2018年9月12日
  146. ^ キスマイ、10月からオールナイトニッポン…ジャニーズのグループ全員では初2018年9月18日 報知新聞
  147. ^ 宮地佑紀生:CBCラジオで初のレギュラー番組 10月スタート毎日新聞 2018年9月17日
  148. ^ FM長野 さんきゅー・さんじゅう! - 長野エフエム放送、2018年10月1日閲覧
  149. ^ 森久保祥太郎、吉野裕行、福山潤、諏訪部順一…男性声優4人が日替わりで深夜生ラジオ - ORICON NEWS、2018年9月18日配信、2018年9月19日閲覧
  150. ^ a b 文化放送、「和牛のモーモーラジオ」がレギュラー化 - サンケイスポーツ、2018年9月18日配信、2018年9月22日閲覧
  151. ^ “浜辺美波、ナイナイ岡村愛を語る! ニッポン放送で初ラジオレギュラー”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年9月28日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180928/geo18092805030008-n1.html 2018年9月28日閲覧。 
  152. ^ a b c 、2018、「今年の秋を楽しく彩る新番組が続々とスタート!!」、『TBS RADIO Press』(10/11月号)、TBSラジオ pp. 8
  153. ^ 感覚ピエロ初の冠ラジオ「KANERO HZ」、α-STATIONでスタート - 音楽ナタリー、2018年9月4日配信、2018年9月10日閲覧
  154. ^ kanero_hz - エフエム京都、2018年9月10日閲覧
  155. ^ ユーミンのボケ炸裂!ANN放送50周年記念パーティーに爆笑レジェンド集結 (1/2ページ) - サンケイスポーツ、2018年10月3日配信、同日閲覧
  156. ^ 週刊誌報道の桂春蝶、冠ラジオ番組の出演を見合わせ - 日刊スポーツ、2018年10月2日配信、2018年10月3日閲覧
  157. ^ “元ニッポン放送の五戸アナが文化放送の看板番組のパーソナリティーに”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年9月5日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180905-OHT1T50103.html 2018年9月5日閲覧。 
  158. ^ “大橋未歩アナ、ラジオ初レギュラー「七夕の願いがかないました」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年9月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180912/geo18091205030006-n1.html 2018年9月12日閲覧。 
  159. ^ 10月からの秋の改編情報!! STVラジオ
  160. ^ とんねるず・木梨憲武が、特別番組『のりたけやま』内で大発表!「10月から、TBSラジオでレギュラー番組やらせてもらいます!」 - TBSラジオ、2018年9月9日配信、2018年9月10日閲覧
  161. ^ 木梨憲武、TBSラジオで新番組 土曜朝6時から生放送 - ORICON NEWS、2018年9月9日配信、2018年9月26日閲覧
  162. ^ “全ラジオリスナー待望のコンビ誕生 新番組「高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク」10月6日(土)スタート” (HTML) (プレスリリース), ニッポン放送, (2018年9月12日), http://www.1242.com/lf/articles/127119/?cat=sports,entertainment&pg=%e9%ab%98%e5%b6%8b%e3%81%b2%e3%81%a7%e3%81%9f%e3%81%91%e3%81%a8%e9%87%8c%e5%b4%8e%e6%99%ba%e4%b9%9f%e3%80%80%e3%82%b5%e3%82%bf%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88 2018年9月12日閲覧。 
  163. ^ Anison Days+ 文化放送
  164. ^ “森口博子、ラジオのアニソン番組に抱負「最大の居場所」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年9月19日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180919/geo18091905000011-n1.html 2018年9月19日閲覧。 
  165. ^ 『福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」』が北海道・福岡・熊本でも放送決定!!” (日本語). 福山雅治オフィシャルサイト. 2018年9月28日閲覧。
  166. ^ HBCラジオ2018年秋改編のお知らせHBC北海道放送
  167. ^ 「安住紳一郎の日曜天国」“代打”はMBS福島暢啓アナ 安住アナ絶賛、関西のホープ - スポーツニッポン、2018年10月5日配信、同日閲覧
  168. ^ 故樹木希林さん語りのラジオドラマ、全国ラジオ局で再放送 - スポーツニッポン、2018年10月10日配信、同日閲覧
  169. ^ 村上春樹さん再びDJに ラジオは「楽しかった」 - サンケイスポーツ、2018年9月3日配信、同日閲覧
  170. ^ ◆10月30日(火)12:00~ FM NACK5 開局30周年記念特別番組 「30年ありがとっ!NACK5祭りだワッショイ!」放送 - エフエムナックファイブ、2018年10月1日配信、2018年10月1日閲覧
  171. ^ 30年ありがとっ! NACK5祭りだワッショイ! - エフエムナックファイブ、2018年10月1日配信、2018年10月1日閲覧
  172. ^ “星野仙一取締役副会長永眠に関して” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 東北楽天ゴールデンイーグルス, (2018年1月6日), https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00000899.html 2018年1月6日閲覧。 
  173. ^ “星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年1月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180105s00001173448000c.html 2018年1月6日閲覧。 
  174. ^ NHKの“麿”こと登坂淳一アナウンサーが11日退局へ サンケイスポーツ 2018年1月10日
  175. ^ 「北朝鮮ミサイル発射の模様」という速報は誤り NHKニュース、2018年1月16日
  176. ^ NHK「北朝鮮ミサイル発射の模様」と誤報 ホームページやプッシュ通知 産経ニュース、2018年1月16日
  177. ^ 「北朝鮮ミサイル発射の模様」 NHK、ニュースサイトなどで誤報「こんなことは初めて」 産経ニュース、2018年1月16日
  178. ^ 「ミサイル発射」NHK誤報、報道局の担当者がミス サンケイスポーツ、2018年1月17日
  179. ^ NHK、ミサイル発射Jアラート誤報で職員3人処分 ニッカンスポーツ・コム、2018年1月30日
  180. ^ rfc金山FM補完中継局開局 - ラジオ福島、2018年1月30日閲覧。
  181. ^ ニッポン放送・師岡アナが退職を発表 今後も同局で活動予定 ショウアップナイター、2018年1月31日
  182. ^ 2月1日(木)12時頃より、エフエム香川が配信を開始 - radiko.jp、2018年1月25日、2018年1月27日閲覧。
  183. ^ NHK仙台局の新会館完成祝う 現地で式典,河北新報,2018年2月4日
  184. ^ NHK宮崎放送局 | 受信情報.2018年2月6日閲覧。
  185. ^ FM-FUJIロゴデザイン募集 - エフエム富士、2018年2月5日、2018年2月5日閲覧。
  186. ^ “パーソナリティー西條遊児さん死去 80歳心筋梗塞”. 日刊スポーツ. (2018年2月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802130000583.html 2018年2月13日閲覧。 
  187. ^ “西條遊児さん死去 ラジオ局の社屋内で倒れ…80歳”. スポーツニッポン. (2018年2月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/13/kiji/20180213s00041000337000c.html 2018年2月14日閲覧。 
  188. ^ ワイドFM  MBCラジオ<鹿児島>
  189. ^ “民放連会長に日本テレビ・大久保社長が内定”. 日テレNEWS24. 日本テレビ放送網. (2018年2月23日). http://www.news24.jp/articles/2018/02/23/04386417.html 2018年2月27日閲覧。 
  190. ^ “民放連会長に大久保好男・日テレ社長が内定 6月就任へ”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2018年2月23日). http://www.sankei.com/entertainments/news/180223/ent1802230015-n1.html 2018年2月27日閲覧。 
  191. ^ a b “ニッポン放送の新保友映アナ、3月いっぱいでの退社を発表”. スポーツ報知. (2018年3月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180306-OHT1T50096.html 2018年3月6日閲覧。 
  192. ^ ぎふちゃんラジオがFM放送でも聴けるようになります - 岐阜放送
  193. ^ NHK静岡放送局 | 新会館情報
  194. ^ “内藤裕子アナ、フリーで再出発 昨年5月NHK退局し「生島企画室」へ”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年3月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180311-OHT1T50295.html 2018年3月12日閲覧。 
  195. ^ “サンモニ初代コメンテーター・新堀俊明さん亡くなる…関口宏「いろいろ教えていただいた」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年3月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180325-OHT1T50040.html 2018年3月26日閲覧。 
  196. ^ “7月4日からソフトB2軍ナイターラジオ生中継 RKB毎日放送「スターの原石発掘を」”. 西日本スポーツ. (2018年3月20日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/402380 2018年3月20日閲覧。 
  197. ^ RSKラジオがFMで聴ける!『ワイドFM』91.4MHzが開局します! - 山陽放送
  198. ^ “放送作家の小山田満月氏死去”. 時事ドットコム. 時事通信. (2018年3月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032301273&g=soc 2018年3月28日閲覧。 
  199. ^ a b c SBCラジオのワイドFMが始まりました
  200. ^ “「天才クイズ」など収録の会館、改修へ 名古屋のCBC”. 朝日新聞. (2018年3月29日). https://www.asahi.com/articles/ASL3W5H5KL3WOIPE01W.html?iref=pc_ss_date 2018年3月29日閲覧。 
  201. ^ FM補完中継局(今治・久万・御荘)開局,南海放送,2018年3月27日
  202. ^ “落語家の月亭可朝さん死去”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年4月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180409-OHT1T50162.html 2018年4月9日閲覧。 
  203. ^ “TBSラジオ、個人調査率100期連続トップを達成 「伊集院光とらじおと」など好調”. スポーツ報知. (2018年3月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180328-OHT1T50125.html 2018年3月29日閲覧。 
  204. ^ “【祝】 おかげさまで、100期連続16年8ヶ月間 個人聴取率No.1!”. TBSラジオ. https://www.tbsradio.jp/237281 2018年3月29日閲覧。 
  205. ^ a b “有働由美子アナがNHK退局「あさイチ」卒業翌日に…「海外で現場取材をしたい」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/03/kiji/20180403s00041000314000c.html 2018年4月3日閲覧。 
  206. ^ a b c “文化放送・小尾渚沙アナ&八木菜緒アナ退社相次ぐ…16年に西川文野アナと3人組CDデビューも”. スポーツニッポン. (2018年3月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/09/kiji/20180309s00041000110000c.html 2018年3月17日閲覧。 
  207. ^ a b “文化放送・八木菜緒アナ、BS11“移籍”を発表「アニメ業界を盛り上げていきたい」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年3月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180327-OHT1T50178.html 2018年3月27日閲覧。 
  208. ^ “ラジコ、4月からジャニーズのエリアフリー&タイムフリー聴取可能に”. マイナビニュース. (2018年3月27日). https://news.mynavi.jp/article/20180327-606965/ 2018年3月27日閲覧。 
  209. ^ “会社分割による認定放送持株会社体制への移行に関するお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 朝日放送, (2017年2月8日), http://file.swcms.net/file/asahi/ja/ir/news/auto_20170207493107/pdfFile.pdf 2017年6月2日閲覧。 
  210. ^ 代表取締役の異動および子会社の役員人事に関するお知らせ (PDF, 朝日放送,2017年12月6日)
  211. ^ “会社分割による認定放送持株会社体制への移行に伴う吸収分割契約締結および定款の一部変更(商号および事業目的の変更)に関するお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 朝日放送, (2017年5月10日), http://file.swcms.net/file/asahi/ja/ir/news/auto_20170510464879/pdfFile.pdf 2017年6月2日閲覧。 
  212. ^ “代表取締役および取締役の異動ならびに子会社の役員人事に関するお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 朝日放送, (2018年2月7日), http://file.swcms.net/file/asahi/ja/ir/news/auto_20180207466151/pdfFile.pdf 2018年2月7日閲覧。 
  213. ^ “朝日放送TV社長に山本氏…来年4月発足の事業会社”. 産経ニュースWEST. 時事通信社. (2017年5月11日). http://www.sankei.com/west/news/170511/wst1705110050-n1.html 2017年6月2日閲覧。 
  214. ^ コーポレート・ロゴの刷新について - 株式会社エフエム富士のプレスリリース
  215. ^ 4月2日(月)12時頃より、エフエム山口が配信を開始,radiko.jp,2018年3月22日
  216. ^ KBS京都、4月2日からワイドFM 94・9メガヘルツ,京都新聞,2018年3月16日
  217. ^ 日高晤郎さん 訃報のお知らせ STVラジオ 2018年4月3日配信
  218. ^ 日高晤郎さん「追悼記帳所」設置のお知らせ”. STVラジオ (2018年4月3日). 2018年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月8日閲覧。
  219. ^ 全国39局のFM番組をスマホからエリアフリー/無料で聴ける「WIZ RADIO」。楽曲購入も,AV Watch,2018年4月3日
  220. ^ 全国39のFMラジオが無料で聴けるアプリ「WIZ RADIO」iOS版リリース,PHILE WEB,2018年4月17日
  221. ^ “永野為光氏が死去 元東北放送社長”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2018年4月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2910654006042018CZ8000/ 2017年4月12日閲覧。 
  222. ^ 宇部市及びその周辺でFM補完放送が始まります,総務省中国総合通信局,2018年4月11日
  223. ^ NHKラジオのradiko.jp配信、4月12日正午から全国へ拡大,AV Watch,2018年3月22日
  224. ^ ラジコでNHKラジオが聴ける4月12日(木)より、全国を対象に2018年度の実験配信を開始,株式会社radiko,2018年3月22日
  225. ^ “2018NHKサッカーテーマ 担当アーティスト決定” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会, (2018年4月18日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/04/007.pdf 2018年4月23日閲覧。 
  226. ^ 2018 NHKサッカーテーマ 2018 FIFA ワールドカップ NHKスポーツオンライン
  227. ^ 【速報】元カープの衣笠祥雄氏が死去、71歳 2215試合連続出場中国新聞 2018年4月24日
  228. ^ “衣笠祥雄さん 死去4日前かすれ声解説 鉄人貫く”. 日刊スポーツ. (2018年4月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804250000068.html 2018年4月25日閲覧。 
  229. ^ TOKIO山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検 日刊スポーツ、2018年4月25日
  230. ^ 山口達也が書類送検でNHK「Rの法則」放送中止 日刊スポーツ、2018年4月25日
  231. ^ 山口達也、出演CM「ソリオ」公式サイトから削除 日刊スポーツ、2018年4月25日
  232. ^ 元NHKの有働由美子氏が事務所所属を報告 マツコやくりぃむらの“仲間入り” ORICON STYLE、2018年4月26日
  233. ^ 東北ブロック2局が本日免許交付を受けました,i-dio,2018年4月27日
  234. ^ 5月1日にFM無線局を開局、免許状を交付(三原商工会議所) - 日本商工会議所
  235. ^ “井上堯之さん死去「ザ・スパイダース」で活躍 マッチ「愚か者」作曲”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年5月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/05/kiji/20180504s00041000425000c.html 2018年5月5日閲覧。 
  236. ^ ラジオ日本開局60周年を記念し、ロゴを刷新! - アール・エフ・ラジオ日本 2018年5月14日閲覧。
  237. ^ 訃報:毎日新聞社特別編集委員 岸井成格さん73歳 毎日.jp(毎日新聞)、2018年5月15日
  238. ^ “西城秀樹さんが死去、63歳 永遠の“ヤングマン”が天国へ旅立つ”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年5月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180517-OHT1T50094.html 2018年5月17日閲覧。 
  239. ^ 岡田留美 - NHK松山放送局アナZONEblog2018年5月20日閲覧。
  240. ^ 山陽放送 吸収分割の決定(臨時報告書)”. IR BANK (2018年5月25日). 2018年5月26日閲覧。
  241. ^ 人生の次のステージへ。 大成安代Twitter 2018年5月30日
  242. ^ ジャニーズ事務所:小山さん活動自粛に 未成年女性と飲酒 毎日.jp(毎日新聞)2018年6月7日
  243. ^ NEWS小山さん、活動再開へ 報道番組は出演自粛継続 朝日新聞デジタル、2018年6月26日
  244. ^ “和歌山放送 中島社長退任、後任に中村氏/和歌山”. 毎日新聞和歌山県版. 毎日新聞社. (2018年5月16日). https://mainichi.jp/articles/20180516/ddl/k30/020/347000c 2018年5月25日閲覧。 
  245. ^ “ABC平岩アナが退社 今後はeスポーツ実況に転身”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806160000008.html 2018年6月16日閲覧。 
  246. ^ “RKBラジオで8時間障害 送信所設備に不具合”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年6月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180618/sot18061820380006-n1.html 2018年7月13日閲覧。 
  247. ^ i-dio、広島など中国・四国で26日放送開始。FM8局サイマル,AV Watch,2018年6月25日
  248. ^ “代表取締役及び役付取締役の異動に関するお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京放送ホールディングス, (2018年4月24日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1574541 2018年4月25日閲覧。 
  249. ^ 【「FM福井」がラジコで配信スタート!】… - radiko.jp Twitter、2018年6月25日、2018年6月25日閲覧。
  250. ^ ニッポン放送、山陽放送と共同で被災者支援 携帯ラジオ200台を提供デイリースポーツ 2018年7月11日
  251. ^ 俳優・常田富士男さん死去「まんが日本昔ばなし」 熊本日日新聞 2018年7月19日発信・閲覧
  252. ^ 「日本昔ばなし」語り手、常田富士男さん死去81歳 - 日刊スポーツ、2018年7月19日配信、同日閲覧
  253. ^ 「まんが日本昔ばなし」語り手 常田富士男さん死去 温かみあった「むかーし、むかし…」 - スポーツニッポン、2018年7月20日配信、同日閲覧
  254. ^ ハイレゾ級[i-dio HQ対応番組「OTOTOY RADIO」7/23 17時放送開始],i-dio,2018年7月19日
  255. ^ テレビやラジオの音声、スマホに字幕表示 ヤマハなど実用化に向け連携ITmedia 2018年7月24日
  256. ^ MBSラジオが落雷で放送一時停止、2時間後に復旧 - 日刊スポーツ、2018年7月29日配信、2018年8月21日閲覧
  257. ^ “被災地にラジオ 野村FM補完局放送開始へ”. NNNドットコム. (2018年7月31日). オリジナル2018年8月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180801064241/https://www.rnb.co.jp/nnn/news1640794.html 2018年9月18日閲覧。 
  258. ^ 南海放送株式会社のFM補完中継局に免許 ≪愛媛県西予市野村地区及びその周辺でFM補完放送を開始≫,総務省四国総合通信局,2018年7月31日
  259. ^ 「マルサの女」俳優の津川雅彦さん死去…78歳 YOMIURI ONLINE、2018年8月7日
  260. ^ TOKYO FM | Ginza Sony Park Studioから生放送!当日特番OA!金曜新ワイド『TOKYO SOUNDS GOOD supported by Ginza Sony Park』 - PRTIMES、2018年7月13日配信 2018年7月1日閲覧。
  261. ^ “女優・菅井きんさん死去 92歳 「必殺」シリーズ姑役など”. ORICON STYLE. オリコン. (2018年8月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2118068/full/ 2018年8月23日閲覧。 
  262. ^ 菅井きんさん死去 92歳 心不全のため都内の自宅で息を引き取る - スポーツニッポン、2018年8月23日配信、同日閲覧
  263. ^ a b “ちびまる子ちゃん原作さくらももこさん乳がんで死去”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年8月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808270000656.html 2018年8月27日閲覧。 
  264. ^ 災害や生活情報で連携 コミュニティFMとHBCが協定HBC北海道放送 2018年08月28日
  265. ^ 「タッキー&翼」が解散 滝沢さんは年内で芸能活動から引退NHKNEWS 2018年9月13日
  266. ^ “浜尾朱美さん死去 乳がんで闘病…57歳「筑紫哲也ニュース23」で8年間サブキャスター務める”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年9月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/14/kiji/20180914s00041000290000c.html 2018年9月14日閲覧。 
  267. ^ 平成30年北海道胆振東部地震における被災地支援のラジオ贈呈についてSTVラジオ
  268. ^ 島津有理子 (2018年9月26日). “ゆりこ 's EYE”. 100分DE名著. 日本放送協会. 2018年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月27日閲覧。
  269. ^ “『西郷どん紀行』ナレ担当、NHK島津有理子アナが退職「医師を目指して大学で勉強」” (日本語). Techinsight. メディアプロダクツジャパン. (2018年9月26日). http://japan.techinsight.jp/2018/09/maki09262007.html 2018年9月27日閲覧。 
  270. ^ 放送授業の地上系放送(TV・FM)からBS放送への完全移行について,放送大学,2016年5月27日。
  271. ^ IBC岩手放送|IBC前沢ラジオ局廃止について
  272. ^ 四国放送ラジオがFMでも聴ける!、2018年10月8日閲覧。
  273. ^ RCC-FM 三次中継局 開局 RCCラジオでは2018秋!三次エリアでもFM放送をスタート!RCCラジオ・中国放送
  274. ^ 放送送信体制変更のお知らせ日経ラジオ社・公式サイト
  275. ^ 短波のラジオ NIKKEI、10月から6MHz中心の送信体制へ変更。背景にradiko利用者増AV Watch 2018年6月29日
  276. ^ BSS松江FM開局(10月1日~)/山陰放送、2018年10月5日閲覧。
  277. ^ 上田会長がABU会長に選出 NHK広報局、2018年10月5日 (PDF)
  278. ^ ラジオ大阪社員を逮捕 電車内で傷害疑い「わざとではない」 - サンケイスポーツ、2018年10月5日配信、2018年10月16日閲覧
  279. ^ NHK金沢放送局 新放送会館オープン記念特設ページ
  280. ^ 山形放送株式会社のFM補完中継局に免許 - 山形県内陸部でAMラジオ放送の難聴が大幅に改善 - - 東北総合通信局、2018年9月28日
  281. ^ a b MBS赤木アナ、10月末で定年退職…24日阪神VS巨人戦で集大成へ - スポーツニッポン、2018年9月21日配信、同日閲覧
  282. ^ 【虎のソナタ】野次馬気分?秋の空に謎の小型機(2/2ページ) - サンケイスポーツ、2018年9月28日配信、同日閲覧
  283. ^ HBCが本社建て替え 札幌・中央区 20年に完成北海道新聞 2017年5月27日
  284. ^ ついに #カムラジ 200回\(^o^)/… - 北乃カムイのもにょもにょラジオ 番組公式Twitter 2018年4月30日閲覧。
  285. ^ 「こんちわコンちゃん」4000回!近藤光史 次の目標は5000回 - スポーツニッポン、2018年6月27日配信、同日閲覧

外部リンク[編集]