金正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金正男
김정남
生年月日 (1971-05-10) 1971年5月10日
出生地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮平壌
没年月日 (2017-02-13) 2017年2月13日(45歳没)
死没地 マレーシアの旗 マレーシア セランゴール州セパン
出身校 金日成総合大学
所属政党 Flag of the Workers' Party of Korea.svg 朝鮮労働党
配偶者 シン・ジョンヒ/ミョンヒ (本妻)[1][2]
李恵慶〈リ・ヘギョン〉(第2夫人)[2][3]
子女 金クムソル (息子) (母ジョンヒ)[1]
金漢率 (息子) (1995年誕生、母恵慶)
金ジミー (息子) (1997年誕生)
金率熙〈ソリ/ソルヒ〉(娘)[4] (1998年誕生、母恵慶)
親族 金正日 (父親)
成恵琳 (母親)
金日成 (祖父)
金雪松 (妹)
金正哲 (弟)
金正恩 (弟)

朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
コンピュータ委員会委員長
在任期間 1988年 -
国家主席 金日成

在任期間 2007年6月 -
党総書記 金正日

在任期間 1995年 -
党総書記 金正日

その他の職歴
金正恩の異母兄弟
( - )
テンプレートを表示
金正男
김정남
渾名 胖熊[5]
生誕 (1971-05-10) 1971年5月10日
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮平壌
死没 (2017-02-13) 2017年2月13日(45歳没)
マレーシアの旗 マレーシアFlag of Selangor.svgセランゴール州セパン
所属組織 Flag of the Korean People's Army (fringed).png 朝鮮人民軍
軍歴 - 2001年
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示
金正男
各種表記
ハングル 김정남
漢字 金正男
発音 キム・ジョンナム
日本語読み: きん まさお
ローマ字 Kim Chŏng-nam
英語表記: Kim Jong-nam
テンプレートを表示

金 正男(キム・ジョンナム、1971年5月10日 - 2017年2月13日[6][7])は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)第2代最高指導者・金正日労働党総書記長男かつ第3代最高指導者・金正恩労働党委員長の異母兄。北朝鮮の元政治家。

経歴[編集]

出生[編集]

1971年5月10日、北朝鮮の初代最高指導者・金日成の息子である金正日を父に、成蕙琳を母に平壌で生まれる。出生当初、父・正日は正男の存在が外部、とりわけ、蕙琳との結婚に反対していた祖父の日成に漏れないように努めていた。しかし、後に日成も娘の金敬姫張成沢夫妻のとりなしを受けて初孫である正男の存在を認め、活動に専念する正日に代わって可愛がるようになったとされ[8]1994年に訪朝したジミー・カーターアメリカ合衆国大統領にも「自分が一番愛する孫」と紹介してる[9][8]。一方で父・正日と後妻の高英姫の間に新たに生まれた孫の金正恩金正哲を祖父・日成は孫として認めなかったという[9][10][11]。異母兄弟の金正恩らは平壌から離れた元山市で生活しており、誕生日を祖父・日成から直接祝福された金正男は謂わば「皇太子」の地位を確定したと当局からみなされていたとされる[12]。金正男の誕生日は豪勢に祝われ、毎年の誕生日プレゼントに100万米ドル(日本円で1億円相当)が費やされたとされる[13]

12歳から14歳まではソビエト連邦の首都モスクワで生活していたという[14]1981年からスイスベルンにあるインターナショナルスクールに留学した後、1980年代後半にジュネーブ大学に入学したという[15]。この際にコンピュータに触れて関心を持ったとされる[16]1995年からは中華人民共和国の首都北京でも暮らし始め、上海の経済発展ぶりを見て北朝鮮の改革開放を志すようになる[17]

母国語の朝鮮語の他に英語フランス語(それぞれ2007年2月12日2007年11月13日フジテレビFNNスーパーニュースで記者とのやり取りが報道された)を話し、またロシア語中国語広東語)もある程度話せるようである。日本語については、日本人記者の「日本語は分かりますか?」という朝鮮語の質問に、日本語で「日本語ワカリマセン」と答えている[18]

職務と生活[編集]

1988年に17歳[19]でコンピュータ委員会委員長に就任して北朝鮮のIT政策の最高責任者となり[16]朝鮮コンピューターセンター(KCC)を設立させ[20][15][21][22]北朝鮮サイバー軍を育成する金策工業総合大学や金日成総合大学などでプログラミングを直接監督して[21]、軍の地下光ファイバーケーブルなど北朝鮮のITインフラの整備に関わったとされる[23]

1995年には朝鮮人民軍の大将となり[24]1996年に新設された秘密警察朝鮮人民軍保衛司令部の責任者になったとされる[25]投資家死の商人という実業家の一面も持ち、スカッドS-16などの武器を輸出して得た元手で株式不動産に投資して、マカオスイス香港・日本・シンガポールイギリスなど、銀行にある保衛司令部の秘密資金を管理し[26][23][24]朝鮮労働党39号室の責任者でもあったという[27][22]。また、 金一族の秘密口座の管理も担当していたとも報じられている[28]1990年代から毎晩平壌高麗ホテルメルセデス・ベンツで乗り付けて豪遊していたとされ、一晩で10万米ドルを浪費することもあったという証言もある[12]

2000年6月の父・正日と金大中大統領南北首脳会談の前に現代グループが行ったとされる5億ドルや4億ドルとも言われる巨額の対北送金は経由地のマカオで秘密資金を管理していた金正男の手にも渡ったとされる[29][30]

2001年1月に父・正日が訪中した際の上海市のIT技術視察にも同行し[16][31]、父・正日は江沢民中国共産党総書記との会談で摩天楼が並び立つ上海の経済発展を「上海は天地開闢した。改革開放が中国の経済発展に重要な役割をしたことが十分に証明された」と絶賛して改革開放に意欲を見せた[32][33][34]。しかし、金正男によれば父・正日の改革開放への警戒心は変わらなかったとされる[35]

2007年1月30日に在香港の複数の情報筋が、金正男と思われる男が、中国の特別行政区であるマカオ入りしたことを明らかにした。アメリカ合衆国の北朝鮮に対する金融制裁により、マカオの金融機関「バンコ・デルタ・アジア (BDA)」にあった約2400万ドルに上る北朝鮮関連口座が凍結されており、中朝関係筋は、北京で同日始まった金融制裁問題に関する米朝専門家会合に関連して、正男がマカオ入りした可能性を指摘している。なお、エレベーター内の取材で「日本の拉致問題」の事を話すとノーコメントだった。同年8月27日大韓民国の「朝鮮日報」は、正男が2007年6月帰国し、以前父親の金正日が所属していた朝鮮労働党組織指導部に所属していると報道した。なお、同時に日本や韓国のメディアで、「金正男とその家族がマカオ市内に住居を構え長期間滞在し、マンダリン・オリエンタルホテルなどでヨーロッパの高級ブランド品などのショッピングを楽しんでいる」と報道された。

2011年当時はマカオに滞在して活動していたとされる。金正日の長男という立場でありながら、後継者問題(後述)を巡り、北朝鮮の政治体制を揺るがしかねない批判、あるいは意見を広く西側に向けて発信していたことから、軍部を中心に北朝鮮側にとって疎まれる存在であるとみられた。2011年時点では父親である正日への接触はもちろん、公式非公式問わず北朝鮮への入国や北朝鮮指導部とも接触が報道されたことはない。同年12月17日正日の死去においても、テレビで初めて知らされたことが伝えられている。しかし正男は直後に「金哲(キム・チョル)」という名義のパスポートを使い、平壌直行便のある北京経由ルートを避けて本国に帰国、正日の霊前との対面を果たし、後継指導者である金正恩を含む家族とともに別れを告げたとみられる。数日後にはマカオに戻った[36]。なお、公式な葬儀への参列は確認されていない[37]

その後、ロシアメディアなどが、正男の妻や子供は中華人民共和国の支援により、マカオ市内の高級マンションに住み、正男本人は北朝鮮支援によるホテル住まいであることなどが伝えられていたが、北朝鮮本国で金正恩体制が確立された2012年に入り、ホテルの1万5000ドルの宿泊代を払えずに退去し、これは北朝鮮側からの送金停止によるものではないかと伝えられた[14]。さらに、4月22日に、朝鮮労働党書記の金永日北京市戴秉国と会談した中で、マカオに住む正男の身柄引き渡しを要求し、中華人民共和国側が拒否したと伝えられた[38][リンク切れ]。これは朝鮮半島で有事が起きた際に、かつて北京に亡命したカンボジア国王ノロドム・シハヌークを保護した理由と同様に金正男を擁立して北朝鮮に傀儡政権を樹立できる手段を保持するためと言われている[39]

暗殺[編集]

暗殺実行[編集]

2017年2月13日午前9時頃(日本時間同10時)に、「キム・チョル(Kim Chol)1970年6月10日平壌生まれ」という北朝鮮国籍のパスポートを持つ男性がクアラルンプール国際空港で、マカオへの出国手続きのためにエアアジアの自動チェックイン機を操作している最中に、ベトナム人とインドネシア人の2人が突然襲いかかり逃げ去った[40][41]。直後に襲われた男性は体調不良に陥り、空港内の医務室から病院へ搬送中に急死した[41]。翌14日に、マレーシア政府が金正男の死亡を発表し、複数の韓国メディアが、「キム・チョル」名義の偽造パスポートを所有した金正男が女2人に殺害され、実行犯がタクシーで逃走したことを報じた[40][6][42][43]

マレーシアの華字紙「東方日報」によると、逮捕されたベトナム国籍の女が「1人がハンカチで顔を押さえ、もう1人が顔にスプレーを吹きかけた」と供述していたという[41]。マレーシア政府が死体の指紋照会を14日に行なったので、韓国側が以前採取した金正男の指紋と死体指紋を照合すると「指紋が同一」として「死亡した人物は金正男氏」と断定[7][44][45]。マレーシア警察が24日に解剖して「殺害に使用されたのは致死性があるVXガス」と断定している[46]

暗殺犯と容疑者[編集]

その後実行犯のベトナム人とインドネシア人の2人の女性と、マレーシア在住の北朝鮮人がマレーシア警察に逮捕された。なお、2人の女性に指示や訓練を行うなど殺害の中心的役割を果たしたのは、毒殺専門たる朝鮮人民軍偵察総局19課と見られている[47]。このうち北朝鮮籍容疑者4名が搭乗したと見られる高麗航空JS272便が、ジャカルタドバイモスクワウラジオストクを経て、北朝鮮に入国すると思った韓国情報当局が、ロシア連邦政府に抑留要請したが、ロシア政府は受容せず出国を容認している[48]

両政府間の対立[編集]

事件後にマレーシア当局による事件捜査を北朝鮮が批判したことや、使用されたVXガスを運搬したと思われる在マレーシア北朝鮮大使館二等書記官への面会要請拒否などを受け、マレーシア政府は、駐北朝鮮マレーシア特命全権大使の召喚、北朝鮮人ビザなし渡航制度の廃止や、康哲駐マレーシア北朝鮮特命全権大使に対するペルソナ・ノン・グラータ指定といった対抗措置をとった。

一方、北朝鮮外務次官李吉聖中国外相王毅等との北京での会談や、2月28日からクアラルンプールに派遣されていた前北朝鮮次席国連大使李東一国際機構局長からの金正男の遺体引き渡し、及び北朝鮮籍容疑者の釈放要請のあと3月3日に当該容疑者は「証拠不十分」として釈放された。就労許可証が期限切れしていてマレーシアが国外追放処分を下した同容疑者は、北京の北朝鮮大使館で会見し「証拠捏造などがあった」とマレーシア政府を批判[49][50][51][52][53][54]した。

2017年10月、マレーシア政府は金正男暗殺事件で自国の大使館員の安全を保証できない事態が起きたことを理由に、平壌のマレーシア大使館閉鎖と、北朝鮮との外交業務を北京のマレーシア大使館で執行する方針を決定した[55]

遺体引き渡し[編集]

2017年3月30日朝鮮中央通信で、北朝鮮とマレーシアの間で遺体の引渡しや、出国禁止の解除、ビザなし渡航制度の再導入への協議開始などを行うとの共同声明が出されたと伝えられた[56]。翌31日、陸慷中華人民共和国外交部報道局長により、遺体が北朝鮮に到着したことが発表された。また同日北朝鮮籍の被疑者が中国国際航空で帰国し、北朝鮮で事実上の人質となっていたマレーシア人9名もマレーシアに戻った[57]

暗殺原因[編集]

金正男は暗殺直前に、アメリカ情報機関の関係者と接触して、アメリカ合衆国連邦政府から資金援助も受けていたという報道もされており[58]、マレーシア警察の捜査関係者も金正男は暗殺の4日前に米国人と接触していたことを裁判で証言している[59]。事件後に金正男の長男の金漢率を保護した組織とされる千里馬民間防衛英語版(チョルリマみんかんぼうえい、朝: 철리마 민방위/千里馬民防衛〈チョルリマ・ミンバンウィ〉、: Cheollima Civil Defense)は「金正男の家族の人道的避難を支援した米国政府、中国政府、オランダ政府、匿名の政府に感謝する」と発表してる[60]2017年11月20日ドナルド・トランプ米大統領は金正男暗殺事件を理由に北朝鮮をテロ支援国家に再指定した[61]

韓国の情報機関である国家情報院は、金正恩は5年前から正男の殺害を計画しており、暗殺の理由は金正恩の「偏執的な性格による」とした[62]。また、理由は脱北者亡命政府構想と関係を持ったこととする見方もされている[63][64]

暗殺から1周年となる2018年2月13日、NHKが中国の政府関係者から取材で得た情報として、張成沢の処刑とその後の正男の暗殺の原因は、元中国共産党中央政治局常務委員周永康が、張成沢が正男を後継にしようとしているという情報を金正恩に密告したことにあると報じた。これによると、2012年8月に北京で張と胡錦涛国家主席の会談が行われたが、この際、周永康が部下を使った盗聴により、張成沢が胡錦涛に金正男を後継者に就けようと思っていると発言したことを掴んだ。2013年初頭に周永康がこの情報を金正恩に密告したことで金正恩の逆鱗に触れ、その後の張成沢の処刑と正男の暗殺につながったという。その後、周永康は国家機密漏洩罪と汚職で無期懲役の判決を受けたが、機密漏洩は本件の事であったとされる。密告した理由については、周永康はこの時汚職容疑で捜査を受けており、金正恩が後継者指名を得た2010年に金正日・金正恩親子と肩を並べた唯一の外国人[65]という緊密ぶりを内外に示していた北朝鮮とのパイプを利用することで中国指導部の動きをけん制しようとしたのではないかと推測されている[66]。一方、中華人民共和国外交部はこの報道を「でたらめ」と記者会見で否定した[67]

同時期、NNNがマレーシア警察の捜査関係者と捜査資料から得た情報として、暗殺直前の正男はマレーシアのランカウイ島CIA関係者と接触していたと報じた[68]。また、日本円で1300万円相当の米ドルの授受もあったとされる[68]

また、2018年2月14日付の朝日新聞は正男はマスコミを避けるためにシンガポールの代わりにマレーシアを訪れるようになってアメリカ情報機関の関係者と半年に1度は会っており、暗殺前の2017年1月26日にマカオで会った友人の話として正男が「米国のカジノ関係者」なるトランプ米大統領の密使と接触していたことを認めていたと報じた[69]

後継者問題[編集]

朝鮮の儒教では、世襲するのは嫡男であることや、金日成と金正日は何れも家族構成で長男だった経緯から、後継者候補であるとされてきたが、略奪愛である成蕙琳との結婚も公には認められていなかったため、正男は白頭山血統の直系とはいえ事実上の庶長子であり、その存在を金正日はひた隠していた。正日の専属料理人であった藤本健二は「将軍(正日)や軍大将、党幹部らが集まる宴席で彼の姿を見たことはないし、噂話として語られたことは一度も無い」とし、一方「金正哲や金正恩の話は将軍からよく聞きましたし、遊び相手でもありました。きっと彼は長男の存在を隠し通したかったのではないでしょうか」とコメントした。張成沢が金正日に正男を後継者に推薦した際、金正日は「混乱を招く」と拒否したという[70]

2007年2月25日に、日本や韓国のメディアで正男が後継者問題について「関心が無く、させられてもやらない」と知人に述べていることが報道された[71]。ニュースでも「色々な所に行って、後継者になったりするのか」、「後継者とは考えられない」という発言があった。

また、正日にロシア語を教えた金賢植(キム・ヒョンシク)によると、「正男は出生当時、出生が極秘にされたことから、後継者になるのは難しい」との見解を示した[72][リンク切れ]。ところが、次男の正哲の後見役[73]だった軍部の強硬派である李済剛が失脚し、正男を推す正日の義弟の張成沢が権力を掌握、正男が後継者になる可能性が高まったとの報道もある。その後、2008年9月には正日の重病説が流れたこともあり、一部では後継者問題に再び火がついたという見方をされていた[74]

2009年6月5日に、西側諸国のメディアで「金正男が滞在先のマカオから中華人民共和国(もしくはアメリカか韓国)に亡命する見込みが強まっている」との報道がなされた[75] 三男の正恩を後継とする体制づくりが急ピッチで進んでいたとされる。だが、6月9日にマカオでテレビ朝日の「報道ステーション」の単独インタビューに応じ、「後継には興味はない。個人的にこの問題に興味がない。政治には興味がない。後継者については報道で知り、事実だと思う。父が正恩を寵愛している。いかなる決断も父がする。父が決断すれば従わなければならない」と語った[76]。なお、この頃から正恩による正男暗殺が企てられたことがあり[77]、正日が正男の暗殺阻止のため、中国政府に正男の身辺擁護を依頼したとも報じられている。

正男は正恩が後継者となるのに反対していた。反対した主な理由は、天安沈没事件と2009年に行われたデノミ施策が正恩指揮の下で行われたため[78]

2010年9月、正恩への権力世襲について、韓国の民主平和統一諮問会議の李首席副委員長は、正男と親密な関係者から、「正男が『バトンタッチするのは嫌だ。 (北朝鮮は) 滅びるのに。長続きすると思うか』と述べた」と聞いた[79]

2010年10月9日テレビ朝日のインタビューに対し、「1つの家族が3代続いて権力を世襲することに、個人的には反対だ」と述べた上で、正恩が後継者に決定したことについては「ある内部的な事情」が背景にあるとして、「決定には従うべきだろう。(中略)わたしの父(金総書記)が決定したことだと思う。だが、わたしには関係のないことだし、関心もない」と語った[80]。なお、正恩に対しては、北朝鮮人民の生活向上に最善を尽くすことを要望し、必要であれば支援する用意があると述べた[80]

後述する日本への密入国が正日の怒りを買って後継レースから脱落したという見方もされている[81]

またこの後継者問題が正男の暗殺につながったという見方もある(前述)。

日本への密入国[編集]

観光などを目的に偽造パスポートを使い、1990年代[25][82]から日本に何度か不法入国していた。本人も日本には5回から6回は訪れたとして秋葉原赤坂などを挙げており[83]、来日時には東京ディズニーランドや赤坂の韓国人クラブ[82]を出入りして秋葉原の電気街に複数回訪れては大量に購入したコンピュータの部品を北朝鮮に輸入したとも伝えられているほか[23]、韓国メディアの東亜日報によれば住吉会系の暴力団朝鮮総連の関係者から麻薬、偽造パスポートと偽札焼肉店やパチンコ店の経営、売春貸金業など合法・非合法活動で稼いだ資金の一部が東京で金正男に渡されていたとされる[84]。また武器密輸の代金回収が不法来日の目的ではないかとも報じられた[85]

2001年平成13年)5月1日に、「金正男と見られる男性」が新東京国際空港東京入国管理局成田空港支局に拘束されるという事件が発生した。男は妻子を連れており、ドミニカ共和国の偽造パスポートを使用して、中国語名の『胖熊[5]という偽名で日本入国を図ったところを、入管難民法違反で拘束・収容され、その際に背中に刺青が施されていることが判明。

5月3日に、身柄拘束の事実が報道によって明らかとなったが、外交問題に発展することを恐れたことと、当時北朝鮮にいた日本人観光客の人命を保護するため、日本国政府の判断により国外退去処分(事実上の超法規的措置)とされ、翌4日に、2階席を貸し切り状態にされた全日本空輸 (ANA)ボーイング747-400型機で中華人民共和国北京首都国際空港に向けて出国させた。なお同社の同路線は通常ボーイング767型機で運航されていることから、[要出典]金正男とその家族の移送のために、予備機として成田空港にあったボーイング747-400型機に振り替えて運行されたものと思われる。[独自研究?]

この際、北京市に移送される際の映像が、世界中のテレビ局で何度もテレビ放映された[注釈 1]。この男について、日本及び北朝鮮政府いずれからも、金本人かどうかの正式な発表はないが、韓国政府筋は「金正男本人」であるとした。この男は、「東京ディズニーランドに行きたかった」と語った。

実際、2009年(平成21年)1月24日に北京首都国際空港に現れた金本人が、日本のマスメディアインタビューを受けた際のやり取りにおいて、2001年に日本に不法入国しようとした理由につき、「日本に興味があったので旅行に行ったが、現在は簡単に行けない。日本はとても清潔で美しい。また、経済的にも非常に発展している国だと思う。」と答え、日本へ入国した過去があることと、2001年5月に新東京国際空港で拘束された「金正男とみられる男性」が、本人であることを事実上認めている。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ これが西側のテレビ映像に捉えられた初のケースといわれている。[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b “姿現した正男氏息子のハンソル氏とは? 新世代の留学組”. 聯合ニュース. (2017年3月8日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/03/08/0300000000AJP20170308003600882.HTML 2017年3月11日閲覧。 
  2. ^ a b “【金正男氏殺害事件】中韓が“悲劇のプリンス”争奪戦”. エキサイトニュース. (2017年2月23日). http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20170223/TokyoSports_654865.html 2017年3月9日閲覧。 
  3. ^ “金正男 元女優にCAも…“妻は4人”の知られざる逃亡生活”. エキサイトニュース. (2017年2月23日). http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20170223/Jisin_27824.html 2017年3月9日閲覧。 
  4. ^ 金正男有三個女人 年生活費逾五十萬美元(圖),中國評論新聞,2010年6月7日。
  5. ^ a b ピン音: Pàng Xióng パン・シォン - 『太った熊』の意。(Death of Kim's consort: Dynastic implications アジア・タイムズ 2004年9月2日付)
  6. ^ a b “北朝鮮:マレーシアで金正男氏殺害される 正恩氏の異母兄”. 毎日新聞 (THE MAINICHI NEWSPAPERS). (2017年2月14日). オリジナル2017年2月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170214124141/http://mainichi.jp/articles/20170215/k00/00m/030/092000c 
  7. ^ a b ソウル 聯合ニュース (2017年2月14日). “北死亡した北朝鮮男性 正男氏と確認=ロイター通信”. 朝鮮日報オンライン (the Chosun Ilbo & Chosunonline.com). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/14/2017021403234.html 
  8. ^ a b 金正男氏暗殺の謎:「白頭の血統」の視点から--平井久志”. ハフィントン・ポスト (2017年2月18日). 2017年5月9日閲覧。
  9. ^ a b 金正男暗殺事件はテロ行為と見なして対応すべき”. ハフポスト (2017年3月4日). 2018年2月3日閲覧。
  10. ^ "北 김일성, 김정은 손자로 인정안했다" 경향신문 2012년 2월 15일
  11. ^ PHP研究所『Voice』平成29年4月号
  12. ^ a b 殺害された金正男氏、波乱の生涯 一晩10万ドル浪費も”. 朝日新聞 (2017年10月5日). 2018年1月6日閲覧。
  13. ^ 塀で隠され育った長男、正男 「こんな生活嫌だ」迫る内妻をピストルで脅し”. 産経ニュース (2015年6月30日). 2018年1月30日閲覧。
  14. ^ a b 金正男氏 送金中断でホテル代にも困窮=露週刊誌”. 聯合ニュース (2012年2月17日). 2012年4月26日閲覧。
  15. ^ a b 北김정은 이복형 김정남, 말레이시아서 여성 2명 독침에 피살(종합2보)”. 聯合ニュース (2017年2月14日). 2018年1月6日閲覧。
  16. ^ a b c 金正日の長男がIT政策の最高責任者(2006年7月14日時点のアーカイブ)North Korea Today
  17. ^ 五味洋治「父・金正日と私 金正男独占告白」2012年1月 文藝春秋 ISBN 978-4163751900
  18. ^ 金総書記急死で“長男・金正男待望論”再燃か!”. zakzak. 産経デジタル (2011年12月25日). 2012年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月11日閲覧。
  19. ^ 正男の3人の夫人と 2男2女は中国に居住”. デイリーNK (2009年7月21日). 2016年9月29日閲覧。
  20. ^ “조선컴퓨터센터의 비밀”. NK Chosun. (2001年5月11日). http://nk.chosun.com/news/articleView.html?idxno=6764 2018年1月6日閲覧。 
  21. ^ a b サイバー戦争核心KCC、金正男氏が設立主導”. 中央日報 (2009年7月12日). 2016年9月29日閲覧。
  22. ^ a b 해외 떠돌던 '비운의 황태자'…”. ハンギョレ (2017年2月14日). 2018年1月6日閲覧。
  23. ^ a b c “金正男, 北の海外武器販売責任者””. デイリーNK (2007年2月13日). 2017年2月21日閲覧。
  24. ^ a b 殺害された金正男氏はどんな人物だったのか”. 朝鮮日報 (2017年2月14日). 2017年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月21日閲覧。
  25. ^ a b 北朝鮮秘密警察の責任者だった金正男氏”. デイリー新潮 (2001年5月). 2017年2月21日閲覧。
  26. ^ . http://www.segye.com/Articles/News/Article.asp?aid=20070212000563&cid=0101020200000&dataid=200702122136000514 
  27. ^ . http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=033&aid=0000002928 
  28. ^ 【寄稿】 王朝の息子が死去 金正男氏はなぜ殺害されたのか”. BBC (2017年2月15日). 2018年1月6日閲覧。
  29. ^ 『激動!!北朝鮮・韓国そして日本 歴史的必然と日本の選択』第5章 実業之日本社、2013年5月。ISBN 978-4-408-10994-7
  30. ^ 【取材日記】マカオの金正男に注目する理由”. 中央日報 (2011年12月30日). 2018年2月4日閲覧。
  31. ^ Ryall, Julian (2017年2月14日). “Profile: Who was Kim Jong-nam, the exiled half-brother of North Korean dictator Kim Jong-un?”. テレグラフ. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/02/14/profile-kim-jong-nam-exiled-half-brother-north-korean-dictator/ 2018年1月6日閲覧。 
  32. ^ “金正日の訪中の目的が以前とは正反対”. デイリーNK. (2010年4月1日). https://dailynk.jp/archives/8839 2018年2月1日閲覧。 
  33. ^ “北‘新義州(シンウィジュ)特区’霧散 9年ぶりに経済協力 再始動”. ハンギョレ. (2011年6月8日). http://japan.hani.co.kr/arti/PRINT/8294.html 2018年2月1日閲覧。 
  34. ^ “金正日総書記訪中日誌”. 中央日報. (2010年4月1日). http://japanese.joins.com/article/771/127771.html 2018年2月1日閲覧。 
  35. ^ “「 三代世襲はもの笑い、金正男氏告白 」”. 櫻井よしこオフィシャルサイト. (2012年2月2日). https://yoshiko-sakurai.jp/2012/02/02/3386 2018年2月1日閲覧。 
  36. ^ “金正男氏、総書記死亡直後に帰国…国葬は不参加”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年1月1日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130501072002/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111231-OYT1T00563.htm 2013年5月1日閲覧。 
  37. ^ “北朝鮮の金正日総書記が17日に死去、正恩氏が権力継承へ”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年12月26日). http://mainichi.jp/select/world/news/20111226dde007030005000c.html 2011年12月30日閲覧。 [リンク切れ]
  38. ^ “北朝鮮、正男氏引き渡し要求=中国は拒否-韓国紙”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年4月24日). http://jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012042400410 2012年4月26日閲覧。 [リンク切れ]
  39. ^ “金正男氏を担いで“傀儡政権”樹立 中国「正恩体制」崩壊後のシナリオ”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2013年4月17日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130417/frn1304171821009-n1.htm 2017年5月24日閲覧。 。しかし別のメディアでは、5月に平壌に戻って再度出国したと報じられた
  40. ^ a b “金正男氏、偽造旅券の名義は「キム・チョル」”. 朝鮮日報. (2017年2月15日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/15/2017021501148.html 2017年7月5日閲覧。 
  41. ^ a b c “金正男氏殺害 関与の疑いで女逮捕 ベトナム旅券所持 マレーシア”. 毎日新聞. (2017年2月16日). http://mainichi.jp/articles/20170216/ddm/001/030/143000c 2017年7月5日閲覧。 
  42. ^ ソウル 共同通信 (2017年2月14日). “金正恩氏の異母兄、正男氏毒殺か”. 共同通信. https://this.kiji.is/204199279233517047 
  43. ^ “金正恩氏の異母兄、金正男氏殺害か マレーシアで女性2人に 複数の韓国メディアが報道”. 産経新聞社. (2017年2月14日). http://www.sankei.com/world/news/170214/wor1702140052-n1.html 2017年2月14日閲覧。 
  44. ^ “North Korean leader's half-brother murdered in Malaysia: source”. Reuters. (2017年2月14日). http://www.reuters.com/article/us-northkorea-malaysia-kim-idUSKBN15T1DN 2017年2月14日閲覧。 
  45. ^ “韓国政府、金正男氏の暗殺を確認 大統領代行「北の残忍性示す」”. AFPBB News (フランス通信社). (2017年2月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/3117862 2017年2月15日閲覧。 
  46. ^ “‪金正男氏殺害、VXガス使用=マレーシア警察‬”. 時事通信社. (2017年2月24日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022400361&g=prk‬ 2017年2月24日閲覧。 
  47. ^ 「正男氏事件、毒殺専門部署が関与か 97年にいとこ殺害」朝日新聞デジタル2017年2月24日
  48. ^ 「<金正男毒殺>容疑者4人の逃走、4日後に現れたところは…ウラジオストク追撃戦」中央日報日本語版2017年02月28日
  49. ^ 「北朝鮮人のビザなし渡航廃止 マレーシア、事実上の報復」朝日新聞デジタル2017年3月2日21時39分
  50. ^ 「マレーシア政府、北朝鮮大使を退去処分 正男氏事件巡り」2017年3月5日
  51. ^ 「北朝鮮大使の非難受けたマレーシア、在平壌大使を召還」朝日新聞デジタル2017年2月20日
  52. ^ 「マレーシア、北朝鮮に強硬路線 ビザなし往来停止」日本経済新聞2017/3/2
  53. ^ 「北朝鮮の外務次官が訪中、国際機構局長がマレーシアへ…本格的に外交戦へ」中央日報日本語版2017年03月01日
  54. ^ 「強制退去の北朝鮮人「策略だ」と捜査批判 金正男氏殺害」朝日新聞デジタル2017年3月4日
  55. ^ “マレーシアが北からの輸入停止、大使館も閉鎖へ 狭まる包囲網”. 産経新聞. (2017年10月13日). http://www.sankei.com/world/news/171013/wor1710130068-n1.html 2017年10月14日閲覧。 
  56. ^ 北朝鮮とマレーシアの共同声明要旨」日本経済新聞電子版2017年3月31日
  57. ^ 正男氏遺体、北朝鮮に到着 マレーシア外交官ら9人と“人質交換”サンスポ2017/04/01
  58. ^ “金正男氏を米国政府が資金援助か…殺害の引き金に!?”. Yahoo! JAPAN. (2017年5月13日). https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20170513-00070908/ 2017年5月24日閲覧。 
  59. ^ “金正男氏、殺害前に米国人と接触 捜査関係者が認める”. 朝日新聞. (2018年1月30日). https://www.asahi.com/articles/ASL1Y7X0CL1YUHBI035.html 2018年2月3日閲覧。 
  60. ^ “金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオランダが関与か”. ニューズウィーク日本語版. (2017年3月9日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/03/post-7128_4.php 2018年2月3日閲覧。 
  61. ^ トランプ政権が北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定 9年ぶり 化学兵器使用を根拠「残忍な体制」”. 産経新聞 (2017年11月21日). 2017年11月22日閲覧。
  62. ^ 金正恩氏、権力へ執着 正男氏暗殺5年前から指示”. 日本経済新聞 (2017年2月15日). 2018年2月16日閲覧。
  63. ^ 「北朝鮮亡命政府」に担ぎ出されて暗殺された金正男”. WEDGE Infinity (2017年2月16日). 2018年2月16日閲覧。
  64. ^ 亡命政権構想に加担とみなされ暗殺か 叔父のチェコ大使ら擁立の動きに過剰反応?”. 産経新聞 (2017年2月17日). 2018年2月16日閲覧。
  65. ^ 傳金正日曾向周「託孤」”. 東方日報 (2015年2月23日). 2018年2月15日閲覧。
  66. ^ キム・ジョンナム氏暗殺事件 背景に後継問題の密告か NHKニュース 2018年2月13日
  67. ^ 密告で北朝鮮の張成沢氏粛清の報道 「でたらめ」と中国外務省”. 産経新聞 (2018年2月14日). 2018年2月15日閲覧。
  68. ^ a b 金正男氏 殺害前にCIA関係者と接触”. 日テレNEWS24 (2018年2月23日). 2017年11月22日閲覧。
  69. ^ “「弟と関係よくない」 金正男氏、酔ってこぼした秘密”. 朝日新聞 (朝日新聞DIGITAL). (2018年2月14日). https://www.asahi.com/articles/ASL2D4TPFL2DUHBI01N.html 2018年2月15日閲覧。 
  70. ^ “장성택과 포스트 김정일 (3)”. 中央日報. (2009年4月13日). http://news.joins.com/article/3568963 2018年1月8日閲覧。 
  71. ^ “北朝鮮:後継者問題「関心もなく、やらない」金正男氏語る”. MSN毎日インタラクティブ (毎日新聞社). (2007年2月25日). オリジナル2007年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070227120946/http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070226k0000m030037000c.html 
  72. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008101200110 [リンク切れ]
  73. ^ “金正哲後継者、急浮上説・・・信憑性は?”. デイリーNK. (2007年11月26日). http://dailynk.jp/archives/1487 2018年1月8日閲覧。 
  74. ^ “北で重大政変、金正日義弟が権力掌握…軍強硬派失脚か”. ZAKZAK (産経デジタル). (2008年10月21日). http://www.zakzak.co.jp/top/200810/t2008102140_all.html 2017年3月3日閲覧。 
  75. ^ “金正男氏 マカオで亡命の公算 側近らが相次ぎ粛清 金正雲の後継体制作り急ピッチ”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2009年6月5日). オリジナル2009年6月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090606080207/http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090605/kor0906050737001-n1.htm 
  76. ^ 金正男氏「私は政治に興味がない」 中央日報
  77. ^ キム・ジョンウン氏、金正男氏を暗殺しようとした2010年9月30日 中央日報日本語版
  78. ^ 金正男「天安艦は金正恩の仕業」 父に抗議…KBS報道2010年10月15日 中央日報日本語版
  79. ^ “正男氏、北朝鮮崩壊を示唆? =親密な関係者に漏らす”. Yahoo!ニュース. 時事通信 (Yahoo Japan). (2010年10月26日). オリジナル2010年10月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101029223120/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101026-00000086-jij-int 
  80. ^ a b “金正男氏、「3代世襲には反対」”. AFPBB news (フランス通信社). (2010年10月12日). http://www.afpbb.com/articles/-/2765914?pid=6317843 2015年8月25日閲覧。 
  81. ^ “金正男氏、密入国でディズニーランド訪れようとして強制退去の過去も”. サンスポ (産経新聞社). (2017年2月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170214/tro17021421500019-n1.html 2017年10月18日閲覧。 
  82. ^ a b 舞台は90年代、赤坂のクラブ 金正男氏の情報飛び交う”. 朝日新聞 (2017年2月15日). 2018年1月6日閲覧。
  83. ^ “愛されキャラ”金正男が本誌だけに語った本音「私の人生は複雑だ…」”. AERA dot. (2017年2月22日). 2018年1月6日閲覧。
  84. ^ 金正男의 일본내 거점 ‘마루낑 비즈니스호텔’의 비밀”. 東亜日報 (2001年10月). 2018年1月6日閲覧。
  85. ^ “発覚した「太っちょグマ」こと金正男暗殺計画 高英姫は「事故」で重体 後継者めぐる暗闘の行方は…”. 産経ニュース. (2016年2月23日). http://www.sankei.com/smp/affairs/news/160223/afr1602230001-s2.html 2018年1月8日閲覧。 
  86. ^ 「キム・ジョンウン氏、金正男氏を暗殺しようとした」
  87. ^ “金総書記の孫、ボスニアの国際学校に入学”. 朝鮮日報. (2011年9月29日). オリジナル2011年10月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111004144156/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/09/29/2011092900744.html 
  88. ^ “「僕は民主主義がいい」 金総書記の孫が顔写真公開”. 朝鮮日報. (2011年10月1日). オリジナル2011年10月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111002100901/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/10/01/2011100100407.html 
  89. ^ “金正男氏がフェイスブック開設か”. 朝鮮日報. (2011年10月1日). オリジナル2011年10月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111002100907/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/10/01/2011100100408.html 

関連文献[編集]

関連項目[編集]