緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
池の水ぜんぶ抜くから転送)
移動先: 案内検索
緊急SOS
池の水ぜんぶ抜く大作戦
ジャンル ドキュメントバラエティ番組 / 特別番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
演出 内田拓志
プロデューサー 伊藤隆行
出演者 田村淳ロンドンブーツ1号2号
田中直樹ココリコ
ほか
ナレーター 田子千尋
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 池の水ぜんぶ抜く:テレビ東京
第1回 - 第5回・第7回
放送時間 日曜ビッグバラエティ (テレビ東京)#放送時間参照
放送期間 2017年1月15日 - 11月26日2018年3月11日
第6回
放送時間 火曜日 17:55 - 21:00(180分)
放送期間 2018年1月2日(1回)
第8回 -
(月1回レギュラー放送)
放送時間 日曜日 19:54 - 21:54(120分)
放送期間 2018年4月22日 - 現在(1回)
テンプレートを表示

緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』(きんきゅうエスオーエス いけのみずぜんぶぬくだいさくせん)[1]は、テレビ東京系列2017年から『日曜ビッグバラエティ』枠[2]で不定期放送され、2018年4月22日からは同枠外にて月1回ペースでレギュラー放送されているドキュメントバラエティ番組である。略称、『池の水ぜんぶ抜く』、『池の水』。

概要[編集]

手付かずに放置していたに対し掻い掘りを行って綺麗にするとともに、そこにはどんな生物が住み着いているのか検証していくと言う番組コンセプトである。

大まかな手順としては、以下のとおりである。

  1. 排水装置で水を下水道や池に接続されている農業用水に流し、魚や水の生物を動けなくする。
  2. そこの一帯から本来その土地に住んでいない外来種の動物や生物を食い荒らす特定外来生物を捕獲、駆除する。
  3. 数日間、池を干上がらせてヘドロから窒素を排出、綺麗な水を入れ完了。

その工程の中で、買ったはいいが、やがて手に負えなくなった外来種生物を殺せないと池や自然の中に放流・放置されて野生化し、周りの生態系・自然・生活を破壊して、その結果、人間の動物を飼う無責任・無頓着さが浮き彫りになっていく企画でもある。

なお、一部の企画(岐阜県羽島郡笠松町トンボ池での外来種駆除)については、準備不足(池が酸欠状態になるほど参加者が多かった一方で事前の現地確認に同行しないなど専門家の関与が不十分で、さらに捕獲した生物を保管する容器が不足していた)を指摘する声もある[3]

出演者[編集]

番組MC[編集]

専門家[編集]

放送回リスト[編集]

日曜ビッグバラエティ』枠&特番時代[編集]

放送日 タイトル 放送内容 レポーター
2017年
1 1月15日 緊急SOS危険生物から日本を守れ!池の水を全部抜いて全滅大作戦![6] 井戸田潤スピードワゴン
的場浩司
2 4月23日 たすけて!住民からの緊急SOS!!“池の水ぜんぶ抜いて”迷惑○○を全滅させよ![7] あばれる君
箕輪はるかハリセンボン
3 6月25日 緊急SOSヤバい現場に行ってみた!池の水ぜんぶ抜く&駆除の達人 伊集院光
あばれる君
サンシャイン池崎
4 9月3日 緊急SOS超巨大怪物が出た!出た!!池の水ぜんぶ抜く大作戦4 芦田愛菜
小島瑠璃子
5 11月26日 緊急SOS史上最大の池に異常発生!怪物10000匹!?池の水ぜんぶ抜く大作戦5 小泉孝太郎
的場浩司
あばれる君
2018年
6 1月2日[8] 緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦6~今年も出た出た!正月3時間スペシャル~[9] 満島真之介
平野ノラ
7 3月11日[11] 緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦7~巨大怪物も絶滅危惧種も出た!出た!~ 池松壮亮
あばれる君

月一回レギュラー放送時代[編集]

放送日 タイトル 放送内容 レポーター
2018年
8 4月22日 緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦~日本三大池だ!小田原城&善光寺&日比谷公園~ 的場浩司
小池百合子
江口洋介
9 5月20日 緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦~凶暴カミツキガメ大捜索スペシャル!~ 的場浩司
あばれる君
箕輪はるか(ハリセンボン)
寿一実

発見された生物[編集]

在来種[編集]

(番組内で取り上げられたものを記載。)

第1回
第2回
  • 浅野公園【モツゴ:ギンブナ
  • 谷矢部池公園【モツゴ】
  • 沼川地区【ギンブナ】
  • 原の水神池【モツゴ:アズマヒキガエル(おたまじゃくし)】
第3回
第4回
  • 立野台公園【スッポン:モツゴ:ヨシノボリ :メダカ :スジエビ:ヤゴ(種類不明)】
  • 日比谷公園雲形池【モツゴ:ヤゴ(種類不明):テナガエビ:スッポン】
  • 泉自然公園【シマヘビ:モツゴ約:ドジョウ:ギンブナ:ヨシノボリ:スジエビ :ヌマガイ
第5回
第6回
  • 徳生公園【モツゴ:メダカ:モクズガニ:ギンブナ :テナガエビ :ニホンイシガメ】
  • 日向沼【ギンブナ:テナガエビ:スジエビ :ヨシノボリ:ドブガイマメゲンゴロウマツモムシオニヤンマ(ヤゴ):オオヤマトンボ(ヤゴ):コシアキトンボ(ヤゴ)】
  • そうか公園修景池【ヌマチチブ:モツゴ:モズクガニ:テナガエビ】
  • 光明寺【メダカ:ニホンウナギ:モズクガニ:テナガエビ:その他ヤゴなど】
第7回
  • 龍顔寺【ギンブナ:ヨシノボリ属:マツモムシ:オオヤマトンボ(ヤゴ):イトトンボ(ヤゴ):コシアキトンボ(ヤゴ):ミズカマキリタイコウチ
  • 山田池公園【ギンブナ(ゲンゴロウブナとの合算で):タモロコ:ウキゴリ:モツゴ:スジエビ:ニホンイシガメ:スッポン:ギギ】
  • 鳥飼八幡宮【ギンブナ】
  • 笠松トンボ天国【ギンヤンマ(ヤゴ):コシアキトンボ(ヤゴ):オオヤマトンボ(ヤゴ):イトモロコトウカイコガタスジシマドジョウ:ヌマガイ:ニホンウナギ:スッポン】
第8回
  • 日比谷公園心字池【モツゴ:ミナミメダカ:ヨシノボリ:テナガエビ:ヤゴ(種類不明):スッポン】
  • 小田原城【ウグイ:モツゴ:ヌマガイ:ヨシノボリ:マルタニシ:ギンブナ:オイカワ:ニホンウナギ:ヤゴ(種類不明)】
  • 善光寺【ギンブナ:スジエビ:ヨシノボリ:スッポン:コシアキトンボ(ヤゴ):テナガエビ:モツゴ:ヌマガイ:ニホンイシガメ】
第9回
  • 印旛沼佐倉城址公園お堀・角湧水池・鹿島川水域田園地帯【メダカ(加藤秀明による):ヒバカリ(子ども):フナ(ワナに掛かっていた):トウキョウダルマガエル
  • 太宰府天満宮だざいふ遊園地ボート池【ニホンイシガメ(心字池にて発見):ニホントカゲ:テナガエビ:ヨシノボリ:スッポン:ギンブナ:コシアキトンボ(ヤゴ):オオヤマトンボ(ヤゴ):マツモムシ:ヌマガエル:サワガニ】
  • 東京郊外【トビニホンマムシ

番組内で保護された在来種一覧[編集]

哺乳類
  • ニホンアナグマ[12]
魚類
両生類
爬虫類
甲殻類
  • スジエビ[32]
  • テナガエビ
  • モズクガニ
貝類
昆虫類

国内外来種[編集]

(あくまでも、番組内で国内外来種と判断された種類を一覧にしている。在来種として取り上げた種類の魚も場所を移されれば、国内外来種となりうる。また、この一覧の種類の魚も適正な場所に住んでいれば、在来種である。間違えて駆除しないように、努めたい)

  • ツチフキ[39](野生では、近畿以西の本州、四国、九州に自然分布。第6回の横浜市徳生公園で採取された個体が、国内外来種と判断された)
  • ゲンゴロウブナ[40](野生では、琵琶湖及び淀川水系に自然分布。琵琶湖及び淀川水系以外に居る個体は、国内外来種。第5回及び第7回の枚方市山田池公園で採取された個体は、在来種として判断された)
  • ギギ[41](野生では、新潟県阿賀野川より以南、九州東部まで自然分布。第1回の高山市美女ヶ池で採取された個体が、国内外来種として判断された。
    第7回の大阪府牧方市山田池では、在来種として156匹が保護された。因みに、第7回放送時ギギという魚の種類が番組初登場であるという台詞が司会者から聞かれたが、第1回目にすでに登場しておりそれは誤りである。)
  • オイカワ[42](野生では利根川水系と信濃川水系以西の本州各地、四国の吉野川水系、九州に自然分布する。第1回の高山市美女ヶ池で採取された個体が、国内外来種として判断された)
  • タナゴ[43](日本固有の在来種で、本州の関東地方以北の太平洋側だけに分布する。分布南限は神奈川県鶴見川水系。しかし、第1回の静岡市麻機遊水地で採取された個体はアジア大陸からの外来種だと紹介された。採取された本種がタナゴであれば、外来種であるオオタナゴタイリクバラタナゴと混同した可能性がある。ただし、神奈川県が南限なので静岡県にいた本種は、国内外来種といえる)
  • マナマズ[44](現代の日本では沖縄諸島などの離島を除く全国に分布しているが、本来の生息域は西日本に限定されていたとみられている。しかし、西日本以外で絶滅危惧種に指定されている地域がある(例:千葉県:絶滅危惧I類、埼玉県:準絶滅危惧種、神奈川県:注目種[45]など)ので、駆除等は慎重に検討するべきである。第2回の一宮市浅野公園では、在来種として保護。第2回の静岡県富士市沼川地区では、在来種として保護。第3回の習志野市藤崎森林公園では、在来種として保護。第6回の横浜市徳生公園では、外来種として駆除対象となっている)

外来種[編集]

(番組内で捕獲された種類を取り上げる。)

第1回
第2回
  • 浅野公園【ミシシッピアカミミガメ:ハス
  • 谷矢部池公園【アリゲーターガー:ミシシッピアカミミガメ:ウシガエル:コイ(コイは、他の池に移したとナレーションあり)】
  • 沼川地区【スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ):ライギョ:コイ:ウシガエル:ブラックバスアメリカザリガニ:ミシシッピアカミミガメ】
  • 原の水神池【クサガメ:キンギョ:コイ】(→在来種、外来種すべて池に戻したとナレーションあり)
第3回
第4回
  • 立野台公園【コイ:ワニガメ:ミシシッピアカミミガメ】
  • 日比谷公園雲形池【コイ(公園の意向により、池に戻したとナレーションあり):ミシシッピアカミミガメ:クサガメ】
  • 泉自然公園【コイ:ブルーギル:ウシガエル(おたまじゃくし)】
第5回
  • 光の丘水辺公園の四季の池【コイ:ブラックバス:アメリカザリガニ:メキシコサラマンダー(ウーパールーパー)】
  • 山田池公園【コイ:ライギョ:ミシシッピアカミミガメ:クサガメ:ブルーギル】
  • 太秦2号公園【ウシガエル(成体・おたまじゃくし):コイ:アメリカザリガニ:アリゲーターガー:ロングノーズガーキバラガメ
  • 鹿島川排水機場【ライギョ:コイ:ブラックバス:ブルーギル:ミシシッピアカミミガメ】
第6回
  • 徳生公園【コイ(ほとんどを駆除とナレーションあり):ブルーギル:ミシシッピアカミミガメ:ミシシッピニオイガメフトマユチズガメ:ブラックバス:ソウギョ】
  • 日向沼【コイ:ウシガエル:アメリカザリガニ】
  • そうか公園修景池【コイ:ブラックバス:ブルーギル:ミシシッピアカミミガメ 】
  • 光明寺【コイ:クサガメ:ミシシッピアカミミガメ:ソウギョ】
第7回
  • 龍顔寺不動池【ソウギョ:コイ:ウシガエル(成体・おたまじゃくし)】
  • 山田池【ライギョ:コイ(公園側の意向で池に戻す事に):ミシシッピアカミミガメ:クサガメ:ウシガエル:ブルーギル:タウナギ
  • 鳥飼八幡宮放生池【ブルーギル:ミシシッピアカミミガメ:クサガメ:アメリカザリガニ】
  • 笠松トンボ池【ライギョ:コイ:ブルーギル:ミシシッピアカミミガメ:クサガメ:アメリカザリガニ:ウシガエル】
第8回
  • 日比谷公園心字池【コイ:ミシシッピアカミミガメ:タイリクバラタナゴ:クサガメ:アメリカザリガニ】
  • 小田原城【コイ:ブラックバス:ミシシッピアカミミガメ:ナマズ(国内外来種):ハナガメ
  • 善光寺【コイ:タイリクバラタナゴ:クサガメ:ミシシッピアカミミガメ:アメリカザリガニ】
第9回
  • 印旛沼佐倉城址公園お堀・角来湧水池・鹿島川水域田園地帯【コイ:ブラックバス:アメリカザリガニ(成体・子ども・ワナに掛かっていた):ブルーギル:ツチフキ(国内外来種):ウシガエル(おたまじゃくし):カダヤシ:カミツキガメ(ワナを仕掛けて捕獲)】
  • 太宰府天満宮だざいふ遊園地ボート池【コイ(心字池でも発見):ミシシッピアカミミガメ(心字池でも発見)】

番組の中で発見された特定外来生物[編集]

  • カミツキガメ
  • ブルーギル
  • ブラックバス
  • カダヤシ
  • ウシガエル
  • アムールハリネズミ
  • タイリクバラタナゴ(重点対策外来種)
  • ハナガメ

アリゲーターガー及びロングノーズガーは、2018年2月にガー科単位で特定外来生物に指定された。施行は2018年4月に予定されている。

特定外来生物について、販売・頒布目的での飼養、不正な飼養、許可のない輸入や販売、野外へ放つなどの行為に対しては、個人には3年以下の懲役や300万円以下の罰金、法人には1億円以下の罰金が科される。また、特定外来生物について販売・頒布以外の目的での飼養、未判定外来生物について通知なしの輸入に対しては、個人には1年以下の懲役や100万円以下の罰金、法人には5000万円以下の罰金が科される。

スタッフ[編集]

※(数字=回数)=月一レギュラー時から加入
  • ナレーター:田子千尋
  • 構成:松田敬三、村松浩介
  • リサーチ(※1):フリード(第4弾までと※1)、A-flag(第1弾と※1)
  • 技術
    • CAM:<スタジオ>矢田部修(※1、以前も担当)、後藤弘幸(第7弾-、第5弾はロケ)、松下謙二(※1、第3弾・スタジオ)、縄誠幸(※1)<ロケ>新井直樹(第3、6、7弾-、第4弾はスタジオ)
    • CA:加藤寛己(第2、5、6弾と※1)
    • VE:<スタジオ>小林寿恵(第3、4弾と※1、第5弾は音声)、霜崎愛実(第4、6弾と※1、第1弾はスタジオ・音声)<ロケ>小笹直樹(※1、第2弾はロケVE、第5、6弾は音声、第7弾はVE)
  • ドローン撮影(第5弾 - ):藤沢航空撮影隊(第5弾-)、Sky shot(Sky→第7弾-)
  • 技術協力:港家、テクノマックス
  • 撮影協力:丸三興業、NPO birth(NPO→第7弾-)、東京清掃、菅清工業、東武商事、緑生研究所(東京以降→※1)
  • 車両(第6弾-):アイベックス
  • 編集:井上達生(すたじおましゅ)
  • MA:八嶋未菜(第7弾-、すたじおいろは)
  • メイク:前澤三恵子(第2弾 - )
  • 音効:飯塚優也(アッパーアローズ)
  • CG:永井秀実
  • 番宣:澁谷牧代
  • デスク:後藤由枝(第7弾-、第6弾まではAP)
  • AP:竹内美佳(第7弾-)
  • AD:弦巻陽平、杉町優理(第2、4弾-)、奥村 祐矢
  • ディレクター:西岡正純(第1、2、4弾-)、小宮弘之(※1)
  • チーフディレクター:西村陸平(第5弾-、第2 - 4弾はディレクター)
  • 演出:内田拓志
  • プロデューサー:伊藤隆行松澤潤(松澤→※1、第2、3弾はラインナッププロデューサー)、薮内智子(第5弾-、第4弾まではAP)、角田康治(第5弾 -)
  • チーフプロデューサー:村上徹夫(第4弾 - )
  • 制作協力:hu
  • 製作著作:テレビ東京

過去のスタッフ[編集]

  • 技術
    • CAM:白井宗敏(第1弾・スタジオ)、野崎誠弘(第1、2弾・ロケ)、松岡周錫(第1、5-7弾)、渡辺勝見、中道勇然(第3弾・ロケ)、北條英樹(北條→第1弾はスタジオ、第5弾)、金子徹、宮川量康(宮川→第1-3、6弾・スタジオ、第4弾・ロケ)、小川正資(第3、6弾・スタジオ)、高橋勇士(第1弾・スタジオ音声、第5弾・音声、第6弾・スタジオ)、川島孝夫(第6弾・ロケ)、小川正明(第7弾・スタジオ、以前も担当)、佐藤正(第7弾・スタジオ)、柾木達也(第7弾・ロケ)、溝尻明(第7弾・ロケ、以前も担当)
    • VE:實田真沙美(第1弾はCA、第2弾・スタジオ)、霜崎愛実(第4、6弾、第1弾はスタジオ音声)、長谷川将太(第6弾、第3弾は音声、第4弾はCA)、水野秀樹(第7弾)
    • 音声:鈴木一篤(第1弾はCA、第2弾・スタジオ)、宮村哲夫、川越広之、小林大海(第3弾)、山崎遥樹(第5、7弾)、長沢篤、内田丈也(長沢・内田→第6弾)、大原貴志(第7弾、第1、2弾はロケ音声)
    • CA:三芳藍花(第3弾)、永沼咲優(第5、7弾、第3弾はロケ音声、第6弾は照明)、吉田祐麻(第6弾)
    • 照明:尾山隆之(第1弾)
  • ドローン撮影(第5弾):メディアクト(第5弾)、福岡空撮、東海空撮(福岡・東海→第7弾)
  • 技術協力:エムズプロ(第1、2、5-7弾)、レックイルージョン(第3弾)、東洋放映(第3、7弾)、メージランド(第6弾)
  • 撮影協力:新栄重機(第2、5-7弾)、神島組、盛永建設、武蔵野大学静岡大学、防除研究所、伊豆急行株式会社(第3弾)、北九州テクノサービス(第7弾)
  • MA:村上敏之(第2弾)、大前智浩(第1、3、4弾)、東麻奈美(第6弾まで)(テクノマックス)
  • メイク:山田かつら(第1弾)、梅原麻衣子(第3弾)
  • デスク:永倉晴日(第5弾まで)
  • AD:立川大成(第1弾)、神谷采佳(第3弾)
  • ディレクター:渡部修平(第1弾)、工藤和彦(第2,5弾)、五十嵐優人、小池裕志、吉澤弘介(第3弾)、太田和騎(第1、4弾)、太田誠、渡部敏文(太田・渡部→第6弾)、鳥谷一郎(第7弾)
  • プロデューサー:越山進、米倉伸、牧野良美(第3弾)
  • チーフプロデューサー:深谷守(第2、3弾)
  • 制作協力:KABUTO(第3弾)

視聴率と評価[編集]

日曜ビッグバラエティ』枠の視聴率は通常平均5 - 6%であるが、2017年1月の第1回放送は8.3%、第2回では8.1%を記録し(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)、さらに第1回放送後、水抜き依頼の募集をかけた所予想を遥かに超える依頼が殺到。第3回では千葉県習志野市の市長自らが依頼という出来事も起きた。第4回では、視聴率11.8%を記録し[46]、第5回ではシリーズ最高の12.8%を記録した[47]。第6弾は19時から21時までの第2部において平均13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)の高視聴率をマークした。各局の正月特番が居並ぶ激戦区で、『しゃべくり007 新春4時間半SP・第2部』(日本テレビ)、『めちゃ2イケてるッ! 新春3時間半SP・第2部』(フジテレビ)といった裏番組の視聴率を上回り、前回の12.8%を0.7ポイント上回り、またも自己最高を更新した[48]

伊集院光は、パーソナリティを務めている『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ、2017年4月25日放送分)で、この番組を大絶賛。自ら志願し、番組に出演した[49]

お笑い評論家のラリー遠田は、この番組が大うけした理由に、シンプルでわかりやすい企画だが圧倒的なオリジナリティがあるところとテレビ東京独自の「視点」のユニークさを挙げた[50]

脚注[編集]

  1. ^ 番組タイトルロゴは『緊急SOS』と「!」が入っていない。
  2. ^ 2018年1月2日は火曜のため、同枠外。
  3. ^ "水抜き"準備不足? TVロケ参加者「在来魚が大量死」” (日本語). 岐阜新聞社. 2018年3月26日閲覧。
  4. ^ NPO birth | スタッフ紹介
  5. ^ NPO birthは公園づくりを協働(市民協働、都民協働)による行うNPO法人です。
  6. ^ [日曜ビッグバラエティ 【緊急SOS危険生物から日本を守れ!池の水を全部抜いて全滅大作戦】]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  7. ^ [日曜ビッグバラエティ 【大反響!!“池の水ぜんぶ抜く”!緊急SOS外来種から日本を守れ】]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  8. ^ 火曜放送のため、『日曜ビッグバラエティ』枠外で放送。
  9. ^ “「池の水ぜんぶ抜く」正月特番決定! 奈良・卑弥呼伝説の古墳からSOS”. NewsWalker. (2017年11月27日0時48分). https://news.walkerplus.com/article/129123/ 2017年11月27日閲覧。 
  10. ^ “箸墓古墳隣接の「池の水抜く」放送中止 地元が協力断る”. 朝日新聞. (2017年12月1日). http://www.asahi.com/articles/ASKD16Q85KD1UCVL02D.html 2017年12月2日閲覧。 
  11. ^ 月1回レギュラー放送移行のため、『日曜ビッグバラエティ』枠での放送はこれが最後。
  12. ^ 〔日本レッドデータ〕
  13. ^ 〔日本レッドデータ〕
  14. ^ 〔日本レッドデータ〕
  15. ^ 〔日本レッドデータ〕
  16. ^ 〔日本レッドデータ〕
  17. ^ 〔日本レッドデータ〕
  18. ^ 〔日本レッドデータ〕
  19. ^ 〔日本レッドデータ〕
  20. ^ 〔日本レッドデータ〕
  21. ^ 〔日本レッドデータ〕
  22. ^ 〔日本レッドデータ:キタノメダカ〕
  23. ^ 〔日本レッドデータ:ミナミメダカ〕
  24. ^ 〔日本レッドデータ〕
  25. ^ 〔日本レッドデータ〕
  26. ^ 〔日本レッドデータ〕
  27. ^ 〔日本レッドデータ〕
  28. ^ 〔日本レッドデータ〕
  29. ^ 〔日本レッドデータ〕
  30. ^ 〔日本レッドデータ〕
  31. ^ 〔日本レッドデータ〕
  32. ^ 〔日本レッドデータ〕
  33. ^ 〔日本レッドデータ〕
  34. ^ 〔日本レッドデータ〕
  35. ^ 〔日本レッドデータ〕
  36. ^ 〔日本レッドデータ〕
  37. ^ 〔日本レッドデータ〕
  38. ^ 〔日本レッドデータ〕
  39. ^ 【日本レッドデータ】
  40. ^ 【日本レッドデータ】
  41. ^ 【日本レッドデータ】
  42. ^ 【日本レッドデータ】
  43. ^ 【日本レッドデータ】
  44. ^ 【日本レッドデータ】
  45. ^ 神奈川県レッドデータブック
  46. ^ “テレ東「池の水ぜんぶ抜く」第4弾11・8%!自己最高&初2桁“快挙”「直虎」に勝った”. スポニチアネックス. (2017年9月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/04/kiji/20170903s00041000380000c.html 2017年9月6日閲覧。 
  47. ^ “「池の水ぜんぶ抜く」第5弾、12・8%の好視聴率!また大河「直虎」に勝った!”. スポーツ報知. (2017年11月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171127-OHT1T50124.html 2017年11月27日閲覧。 
  48. ^ テレ東「池の水」右肩上がり 正月SP13・5%!激戦区でまたも自己最高 しゃべくり、めちゃイケに勝利 スポーツニッポン(2018年1月4日) 2018年1月5日閲覧。
  49. ^ 伊集院光、ついにテレ東の「池の水を抜く」企画に参戦! 自ら猛アピール マイナビニュース 2017年6月18日
  50. ^ “テレ東「池の水ぜんぶ抜く」が大ウケする理由”. 東洋経済オンライン. (2017年7月18日). http://toyokeizai.net/articles/-/180549 

外部リンク[編集]